奨学金の利率が低いなら【奨学金は一括返済しない】が賢いかも?

「奨学金は早く一括返済しよう」という情報が多いですが、実は【一括返済しない】選択が賢いパターンもあるんです。貯蓄の使い道をよーく考えると、そのヒントが見えてくるかもしれませんよ!人によってメリット・デメリットもあります。これからの自分のマネープラン、考えてみませんか?



奨学金を返済している方へ

maki.twin2
大学に進学すると、高額な金額を支払わなければならないことがあります。そういった時に家計の負担にならないように「奨学金」を利用したという方も多くいますよね。

もう返済し終わったよという方もいれば、いまもまだ奨学金の返済を続けているという方もたくさんいると思います。その返済、家計の負担になっていませんか?
いま現在の貯金は500万円で奨学金の残金は200万円。すると「早く奨学金を一括返済したほうがいい」と多くの人は思うかもしれません。

けれど、今回ご紹介するのは「奨学金は一括返済しない方がいい場合もある」というお話です。どういうことなんでしょうか?順番に説明していきますね!



奨学金制度について

「日本学生支援機構」の奨学金

奨学金制度には、日本でも最もメジャーな奨学金である「日本学生支援機構」の奨学金の他にも、様々な企業・団体で行われているものがあります。今回メインにお話していくのは、この「日本学生支援機構」です。

日本学生支援機構の奨学金は、大きく分けて2種類あります。1つ目が<第一種奨学金>、2つ目が<第二種奨学金>です。第一種奨学金は無利息、第二種奨学金は利息がありますが、どちらでも必ず返済しなければならない奨学金です。

第一種奨学金の方が審査も厳しく、特に優れた学生で経済的理由も特に困難な人に与えられるもの。第二種奨学金の方がたくさんの人が利用している、審査もややゆるめのものと言われています。

第二種奨学金、利率はいくら?

利息の上限は3%

<第二種奨学金>は在学中は無利息ですが、卒業後は【年利3%が上限の利息】がついてきます。この利率、一般の教育ローンと比較してもかなり低いとされています。

日本学生支援機構は、国から奨学金の資金を借り入れて運営されています。その利率と同じ分で、学生たちに貸し出しをしてくれているんだそう。

第二種奨学金の返済方法は2種類から選択することができます。これが「利率固定方式と利率見直し方式」と言われているものなんです。 「利率固定方式」では、お金の価値が変化したり、市場の金利が変化した場合にも、最初に決められた金利のままです。そのため世間の金融機関との金利のずれが生まれることもあるそう。しかし市場の金利が大きく上がったときにも奨学金の金利が変わらないため、他のローンに比べても金利が低いままで返済できるのがメリットですね。

一方の「利率見直し方式」では市場の金利によって利率も変化していきます。固定よりも世間に見合った利率に変えられるというのがメリットでしょう。

現在の奨学金の利率って?

奨学金の利率は「いつ奨学金をもらうのが終了したのか」によって、利率が細かく決められています。例えば平成26年度の3月に大学を卒業したAくん。卒業と同時に奨学金をもらうことも終了した場合、Aくんは平成27年度から返済がスタートすることになります。

3月に卒業し奨学金を受け取るのも終了した場合、実は返済は10月からなんです。しかし4月から9月までの期間は、利息は計算されることになっています。そのためその期間の利息に関しては、利息を均等に割った金額が返済額にプラスされることになっているそう。 奨学金の<各年度貸与利率一覧>を見てみると、奨学金が終了した平成26年度の3月の「利率固定方式」は0.63%、「利率見直し方式」0.10%とされていますね。

「利率固定方式」を選んだ場合には、返済年数に関わらずずっと0.63%の年利で計算されます。「利率見直し方式」を選ぶと、最初のおよそ5年間は0.10%ですが、5年後に利率が見直しされたときに3.0%になるかもしれないし、0.05%になるかもしれないし、それはわからないということになります。

だから「どちらがいいか」ということは決められることではありませんが、どちらにしても3%の上限までということは決まっていることなんだそう。

奨学金貸与利率(平成19年4月以降採用者)-JASSO
参照元:日本学生支援機構(2015年11月現在、著者調べ)



返済額の計算方法は?

nino_41617
また、奨学金はローンの返済方法でも使われることの多い【元利均等返済】で計算されることになっています。これは奨学金を返済している間は、同じ金額をずっと返済することになるというもの。だから、今後のマネープランをたてやすいんです。

返済し初めでは、返済額のうち元金が小さく、利息が大きな割合。しかし返済をしていくうちに、元金が大きく、利息が小さな割合になっていきます。

繰り上げ返済をする場合、その返済額はすべて「元金」に充てられることになっています。その期間の利息がなくなるため、元金も早く減らせて利息も少なくてすむということになるんですね!

返還例-JASSO
参照元:日本学生支援機構(2015年11月現在、著者調べ) 奨学金の返済総額の計算は、先ほども説明したように4月から9月の利息分を、返済回数で均等に割ります。そして、元利均等の返済額との合計に先ほどの利息分も足して月々返済していくことになります。

元利均等返済の利息の計算は、<年利の1/12×その時の元金の残高>で求められることになっています。毎月の返済額は同じなので、支払いが続くにつれて、どんどん元金は減っていきますよね。

また、今月の元金の残高から今月の元金の返済額を引くことで、翌月の元金の残高が求められてます。これを繰り返していくうちに、残高が0になる=完済となるという方法なんだそう。

JASSOの事業のご理解のために-JASSO
参照元:日本学生支援機構(2015年11月現在、著者調べ)

利率の変化

奨学金の利率は、かなり細かく変化しているそう。平成20年3月に奨学金が終了した人では「利率固定方式」で1.50%。「利率見直し方式」では0.90%の利率だったものが、5年後の見直しによって0.20%に下げられています。

平成21年3月の場合には0.80%から0.20%へ、平成22年3月の場合には0.60%から0.10%へ下がっています。

平成27年3月となると「利率固定方式」では0.63%、「利率見直し方式」0.10%となっています。平成20年と比べてもかなり利率が下がっていることがわかりますね。

しかしこれから急に上がるかもしれませんので油断は禁物!さらに下がったとしたら嬉しいことですね。

平成26年度(27年)3月貸与終了者の利率について-JASSO
参照元:日本学生支援機構(2015年11月現在、著者調べ)

一括返済した方がいい人も

これからお話するのは、あくまでも一部の人に当てはまることと考えてくださいね。

もし貯金も増え、「これからローンを組んだりはしないし、何かあっても貯金で賄える」という方であれば、奨学金の一括返済をおすすめします。またある程度の貯金が貯まった時点で、返済額を増やしていくという返し方もあります。

奨学金の利率が低いからといっても、払い続けるのはもったいないことです。自分の生活に合わせて決めるといいですね!

【一括返済しない】のが賢い理由

奨学金の【一括返済】、オススメしない理由は?

奨学金の一括返済をオススメしない人とは【これから家を買いたい・車を買い替えたい・なんかあった時、貯金だけだと不安】という方です。あなたには当てはまりますか?

ローンについて様々調べているという方なら、もうわかるかもしれませんね。実は奨学金の利率って、他のローンに比べるとかなり低いんです。そのため奨学金を返済してしまって貯金額を減らすよりも、貯金額は残しておいて他のローンに充てた方が、負担が少なくなるかもしれないんです!

奨学金と銀行ローンの違い

例えば4年間で月50,000円、合計240万円の奨学金をもらっていたAくん。社会人になってから返済が始まりますが、Aくんの奨学金の利率はずっと0.1%だったとしましょう。

すると月々13,440円を15年間、合計2,419,233円を返済することになり、【19,233円】を利率として支払ったということになるでしょう。 240万円を銀行ローンを組み、15年で返済した場合にはどうなるでしょう。

例えば金利が年7.1%のローンから240万円を借りたとしますね。すると、月21,706円の返済額・合計3,906,998円を返済することになります。利息の総額はなんと【1,506,998円】。奨学金と比べるとその違いがはっきりとわかるでしょう。

他のローンを組むなら

もし奨学金の残りが200万円、貯金も200万円あったとして、これから車を買いたいなと思っているとしましょう。先に奨学金を一括返済してから車を買おうとなると、貯金は0円なので車のローンを組む必要がでてきますね。

しかし、車のローンも今どき0.1%という金融機関はほとんどありません。少なくても2.0%からということが多いのではないでしょうか。 金利が上限3.0%という奨学金。奨学金の利率が3.0%になった場合には、3.0%よりも金利の低いローンを組んだ方がオトクな場合もあります。だから「奨学金は必ず一括返済しないほうが良い」ということではないので注意してくださいね。

しかし、現在の金融機関の金利の状況と、奨学金の利率とを考慮してみると「奨学金は一括返済しないで、その分の貯金は他のローンの足しにする方が良い」ということもある!ということは覚えておくといいかもしれません。

何かあったときの貯金は必要

もし貯金が300万円あり、奨学金の残金も300万円だったとしましょう。「しばらくは家を買う予定もないし、車もいらない。早く一括返済してすっきりしておこう!」と考え、奨学金へ300万円返済してしまいました。

しばらくして自分が病気で働けなくなってしまったとき、どうしますか?「病院の入院費・手術費、さらに月々のお給料もない状態・家賃も払えない」という状況になってしまうことも、ないとは言い切れませんよね。 そんなとき金融機関へお金を借りようと思っても、高金利のキャッシング会社からしか借りることができないとしたら悩みますよね。病気が治ってからもまた働けるかも不安な状態で、高い金利のローンを組むのは精神的にも辛いこと。

奨学金へ一括返済していなければ、少し余裕をもって暮らせたかもしれないですよね。お金はとっても大事なもの。だからこそ「万が一何かあったときに大丈夫かな?」と慎重に考えてからお金の使い道を決めることは大切ですね。

奨学金なら減額・猶予も

何かの理由で奨学金を延滞してしまうと、「延滞金」がかかります。他のローンでも、返済をしていないと延滞金がかかってしまうのが一般的。

しかし奨学金には、申請すると一時的に返済額が少なくなったり、返済を一時停止させてもらえるという措置があります。延滞をするよりも、このような措置を利用することをおすすめします! 例えば、災害にあったり病気や失業などの理由で返済が難しくなってしまったという場合にも、一定期間の返済額を減らしてくれるという「減額返還」。

総額が少なくなるというわけではありませんが最長でも10カ月の延長をしてくれるのだそう。月々の返済が少なくなるというだけでも、生活が少し楽になるかもしれないですよね。

減額返還制度-JASSO
参照元:日本学生支援機構(2015年11月現在、著者調べ) また、災害や病気以外に、生活保護や産休・育休などのお給料がない時期に、「今は返済ができないけれどもう少し待ってくれたら返済できる」という方には「返還期限猶予」というものもあります。

返還しないといけない元金や利息が減るというわけではないのですが、延滞金を取られることなく返済を一時停止してくれるので、困ったときに助かる措置ではないでしょうか。

返還期限猶予(一般猶予)-JASSO
参照元:日本学生支援機構(2015年11月現在、著者調べ)

おわりに

いかがでしたか?奨学金は、後輩たちのためにも全員がきちんと返済しないといけないもの。ですが、自分のマネープランと照らし合わせて奨学金の返済も上手に利用してみましょう。

利率の低い奨学金ですが、やっぱり大切なお金だからどうやって使うかはあなた次第。奨学金を早めに返済して、すっきりしてから新しいローンを組むということでももちろんOK。一括返済はせずに貯金を他のローンの足しにする、または他ではローンを組まずに貯金で購入してしまうなど、お金の活用の仕方は様々です。

自分が生活に困らないよう、きちんと返済できるプランを考えてみてくださいね! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・