旬の美味しさを味わう!新玉ねぎの上手な保存方法徹底研究!

新玉ねぎは3月から5月限定の春の味覚です。乾燥をさせていない新玉ねぎは水分が多く表面の皮も薄い為に、傷みやすい食材です。しかし、保存方法を知っていると、旬の新玉ねぎの美味しさをしっかり楽しめます。生食でも加熱しても美味しい、旬の甘味の強い新玉ねぎを味わえるように、新玉ねぎに適した保存方法をまとめてみました。



新玉ねぎを常温保存で長持ちさせる

屋外で吊るして長持ちさせる

新玉ねぎは収穫してすぐに出荷されるので、普通の玉ねぎのように乾燥の過程がありません。水分を多く含んでいる為に、表面の皮の部分がしっとりとしているのが特徴です。みずみずしくて甘味がある新玉ねぎですが、水分が多い為に傷みやすいのが難点です。

新たまねぎは屋外の風通しのよい、直射日光が当たらないところに吊るすと長持ちします。葉が付いている状態の新玉ねぎは葉の部分を結び付けて吊るすと簡単です。葉が切られた状態の場合は、ストッキングなどの柔らかくて風通しのよい素材のものに入れて吊るすと良いようです。

常温でそのまま保存すると2日ともたない新玉ねぎですが、風通しのよい日陰に吊るすとなんと1週間は美味しく食べられます。

新玉ねぎを常温保存するメリット

新玉ねぎは3月から5月の間限定の春の味です。一年中手に入る玉ねぎと違い旬の時期が限られている野菜なので、出来るだけみずみずしい状態で食べたほうが美味しく頂けると思います。

常温保存をすると、みずみずしさを失うことなく収穫した時の状態を保てます。新玉ねぎは辛みや苦みが少なくシャキシャキした食感が特徴なので、スライスして生食がお勧めです。旬の味を生でベストな状態で食べれるのは常温保存のメリットではないでしょうか。

スライスした新玉ねぎはサラダだけでなく刺身のつまの代わりにしても美味しく食べれます。ハムと一緒に挟んでサンドイッチにしても食感がよくお勧めです。



新玉ねぎは優しく冷蔵保存

湿気は大敵

新玉ねぎは水分が多く表面の皮も柔らかい為に、湿気に弱くすぐに傷んでしまいます。冷蔵保存する時に玉ねぎの臭いが他の食材に移らないように、ビニール袋で保存すると中に湿気がたまりすぐに腐敗が進んでしまうようです。

新玉ねぎ同士がくっついて、擦れたキズからも痛み出すほどデリケートな野菜です。屋外に吊るせる場所がない場合は冷蔵保存がお勧めですが、痛まないようにするためには、新聞紙やペーパータオルでふんわりと1つづつ包むと良いようです。

1つ1つ包んでも表面に何かが触れていると痛みが始まってしまうので、冷蔵保存の場合は3,4日で使いきることがおすすめです。

生でも加熱でも美味しい新玉ねぎ

新玉ねぎは生で食べても美味しいですが、加熱するとトロっとした食感と甘味があり、玉ねぎとはまた違った味を楽しめます。冷蔵保存した新玉ねぎは1,2日は生で食べても美味しいですが、3,4日になると少し水分が抜けて味が落ちてきます。

時間がたった冷蔵保存の新玉ねぎは少し加熱すると美味しく食べられるようです。加熱しすぎてしまうと水分が多く溶けてしまうので、加熱しすぎないで旬の新たまねぎの美味しさを満喫する為には、細かく切らないことがポイントだと思います。

丸ごとレンジでチンしてだし醤油をかけて食べる方法や、大きめのくし切りにして、バター醤油でさっと炒める方法がお勧めです。

冷凍保存も出来る新玉ねぎ

切った状態で冷凍保存

新玉ねぎは冷凍保存できますが、水分が多い為に解凍するとベチャベチャで残念ながら生では食べられません。しかし、加熱調理には向いているのでお勧めです。肉じゃがやカレー用など用途に合わせて切った状態で冷凍すると、繊維が切れて甘味が更に増します。用途が決まっていない時は、とりあえずスライスとみじん切りにしたものを小分けにしておくと便利です。

新玉ねぎは香りも強いので、他の食品に臭いがつかないように、臭いが漏れないダブルジップの保存パックを使うと便利です。また、傷まないように空気をしっかり抜くのもポイントです。

水分と甘味をフル活用

新玉ねぎは水分も一緒に凍るので、凍ったまま調理すると新玉ねぎの水分で水の量を減らせます。冷凍保存した新玉ねぎは繊維が切れているので加熱すると溶けやすいので、煮込みすぎには注意が必要です。

早く柔らかくなるので、オニオングラタンスープやカレーの飴色玉ねぎが簡単に作れるのでお勧めです。スープや味噌汁などの汁物には仕上げにさっと加えるだけで良いので便利です。冷凍保存をすると1か月は美味しく食べられるので、小分けにして炒め物や煮込み料理にちょっと加えると甘味がプラスされてお勧めです。



お酢の力で常備菜

酢玉ねぎにして保存

新玉ねぎは苦みや辛みが少なく、生食に向いています。新玉ねぎをスライスして酢に漬けると、血液サラサラ効果が期待できる常備菜が出来ます。酢は保存食に向いているので、一週間は冷蔵庫で充分保存できます。

雑菌の繁殖を防ぐ為に、酢玉ねぎを作るビンは熱湯消毒すると安心です。味付けの配合が難しい時は、市販のらっきょう酢やすし酢を使うと手軽に作れるようです。

酢玉ねぎの使い方

酢玉ねぎは作ったその日よりも2,3日後が味が馴染んで美味しいので、ピクルス感覚でそのまま食べるのもお勧めです。沢山作った時は、酢豚に加えても美味しく食べれます。豚肉と一緒に炒めても、さっぱりと美味しく食べれます。

酢玉ねぎは加熱しても、そのまま食べても美味しいので便利な常備菜になると思います。酢玉ねぎと漬け汁をフードプロセッサーにかけてオリーブオイルと塩コショウで味を調えると、爽やかなドレッシングにもなるので、オリジナルの使い方を楽しめるのもお勧めです。

まとめ

新玉ねぎは春限定の食材なので、旬の美味しさをそのままいただく為には保存方法に工夫が必要です。水分が多く、表面の皮も薄い為にとてもデリケートな食材です。湿気や、表面の擦れに弱い為に、保存方法を間違うと1日で腐敗が始まってしまうこともあります。

保存方法によって適した調理方法は違いますが、生で食べても加熱調理しても新玉ねぎの美味しさが生かせると思います。