洗濯機を価格別にご紹介【100円~40万まで】どれが欲しい?

毎日活躍している家電と言えば洗濯機ですね、縦型、ドラム式などいろいろな商品が出ているのですが、それ以外にもまだまだ便利な洗濯機があります。今回は価格別に洗濯機についてのメリット・デメリットもご紹介したいと思います。



洗濯機の価格はピンキリらしい…

みなさんお洗濯は好きですか?週末にまとめてする方もいれば、毎日何回もする方もいらっしゃいますよね。私は決してきれい好きではないけれど洗濯をするのが大好きでカーテン・毛布・カーペットなど家中にあるものを洗濯してしまいます。毎日何度も洗うので、やはり洗濯機の寿命は一般的に言われているものよりも短いかもしれません。

今回は話題の洗濯機、そして価格別にわけた洗濯機をご紹介したいと思います。家事が少しでも楽しくなるように、そして次の洗濯機を考える時に参考になればと思います。



まずは100円~5000円までの洗濯機のご紹介

最近はプラスチック製もある昔ながらのあの商品

洗濯板と言えば昔ながらの洗濯法で洗濯機が発明される前はみなさんおじいちゃんもおばあちゃんもこの洗濯法で洗っていたのではないでしょうか。昔の洗濯板は木で出来ていて、ギザギザの部分に乗せてゴシゴシ洗って使うものでしたが、今も意外とたくさんの種類が売られているのです。

安いものですと100円ショップでも売っていますが、現代の洗濯板はプラスチックで出来ていてなかなかデザインもおしゃれなものが多いですね。ワイシャツの襟や袖の汚れ、そしてお子さんの部活動で使う靴下などは頑固な汚れを落とすのには最適です。洗剤をつけて洗濯物同士を押し付けるようにこすって洗うと汚れが取れます。スペースも取らないのでがんこな汚れに困っている方は一度試してみるものいいかもしれませんね。お肌の手荒れが気になる方はゴム手袋をお忘れなく。

一度にたくさん洗ってしまいたいとき、こちらはいかが?

こちらは洗濯機ではありませんが、一回あたりの洗濯方法が5000円以下なのでご紹介します。コインランドリーのいい所は普段の洋服から自宅で洗えない布団なども一度に洗えてしまい、洗った後もカラカラになるので干す手間が省けるというところでしょうか。

コインランドリーと言えば無人で暗くて女性一人だとなんとなく行きづらい…というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、最近のコインランドリーはスタッフの方がいて中には乾燥まで代行してくれるサービスがあるところや、深夜には携帯電話を使って入店するシステムがあったり、明るい店内であったり、キッズコーナーを作っているところもあります。

中でも便利なサービスだなと思ったのは、洗濯機や乾燥機の運転が終わりそうな時にもうすぐ終わるというメールをくれるサービスもあるそうです。これなら時間のない方でもその間に買い物を済ますことができますし、洗濯物をだれかに見られてしまう心配もなくなりますね。

共働きで毎日洗濯ができない方、単身赴任中のお父さん、大家族、花粉症でなかなか外干しのできない方、高層階にお住まいで洗濯物を思うように干せない方など用途は様々です。種類も全自動洗濯機、大型の乾燥機、布団の洗濯機、スニーカー専用の洗濯機などさまざまあります。料金はお店によって様々ですが、7キロタイプで300円、18キロで300円、さらに乾燥機を使うと100円~200円かかります。

忙しい時は洗濯だって代行できます

日々あまりにも忙しすぎて、洗濯機を回している時間もたたむ時間もないという方もいらっしゃるでしょう。そんなあなたには洗濯代行がおすすめです。このサービスはランドリーバックに入れるだけで集荷をしてくれて洗濯、乾燥、たたんで家や勤務先に届けてくれるものです。

朝出したら夜届けてくれるサービスもしている所もあるので急に明日から出張になってしまった!という場合でも安心して出かけることができます。バッグは中身が見えない形式になっているので下着も安心して渡せるので一人暮らしの女性にも人気のサービスです。

さらに自分の好きなようにたたみ方も指定できる場合もあるので家に帰ってきたらタンスにしまうだけです。洗濯機が壊れてしまってすぐに洗濯が必要な方、入院・介護などの看病で自分の家にいる時間の少ない方、怪我をされて思うように家事ができない方にはおすすめの洗濯方法ですね。

洗濯物を入れる袋の大きさなどは頼む会社によってまちまちですが、一人分の洗濯物が1週間分入る袋に入れると(ワイシャツだと40枚入ります)3580円~という所もあります。

5000円~1万円の洗濯機をご紹介します

力が必要ですが、電気はいりません。

LEADWORKS ランドリーポッド 30191
ここで意外に多かったのが手動式洗濯機です。その名の通り手動ですので電気は必要ありません。お水と洗剤を用意してハンドルを回して遠心力で汚れを落とすタイプです。キャンプに持っていけばその分洋服の持ち物も減りますし、夏はあっという間に乾きますのでとても便利ですね。

その他洗濯機を回すほど量がない場合、赤ちゃんの洋服を洗うため、洗濯機で洗うと生地が傷んでしまうようなデリケートなもの、ペットの洋服やタオル、ブランケットを洗ったりするのに使っている方も多いようです。サイズも小さいので置き場所に困らないので、共同で生活している方で下着だけは自分で洗いたいと考えている方にもおすすめです。

ただ電気を使わない手動式なので洗うのにも脱水にも人力が必要になります。もちろん電動式の洗濯機と比べたら脱水の具合も違いますので、使う道がはっきりしている方にはいいものだと思います。今回こちらで紹介したものはハンドルを手で回すタイプですが、足でペダルを踏んで回転させるタイプの洗濯機もあります。いずれにしても電気を使わないのでエコになりますね。

今でも意外と人気な二層式洗濯機

milimom
二層式洗濯機は洗濯層と脱水層が分かれていて洗濯が終わった後は手で脱水層へ洗濯物を入れます。昭和の洗濯機と言えばこちら、というものですが意外と今も人気です。スイッチも少ないですし、洗濯機の操作が苦手な方へもおすすめです。

洗い方としては、洗濯層に洗濯物を入れて洗剤と一緒に入れる。その後脱水する。そして最後のすすぎと柔軟剤を入れたい方はもう一度洗濯層に戻して、さらに脱水する。という流れです。全自動に慣れてしまっている方はかなり面倒な作業かと思われるかもしれませんね。忙しい主婦には向いていないかもしれません。冬場は水が冷たいので何度も洗濯と脱水を繰りかえすとそれだけで悲しくなってしまうかも知れません。

私の日々の洗濯事情は、白いものと黒いものは分けて洗いたい、作業着や子供がどろんこまみれに汚した洋服も分けて洗いたいけれど、全自動ですとなかなかこれが時間も電気も水もかかるので悩み所でした。この二層式の洗濯機を使えば、汚れ具合によって水の量を調整したりすすぎの回数を変えたりすることができるので魅力的ではあります。ペット用に、タオルの洗濯用にもう一台買ったなど二台目の洗濯機として活用されている人もいるみたいです。

手のひらサイズの洗濯機

【Amazon.co.jp 限定】 AQUA ハンディ洗濯機 COTON リッチブラック HCW-AMHW1
新しいタイプの洗濯機とも言うのでしょうか。水筒の小さなボトルのようなデザインで初めて見る人はわからないかもしれません。COTTON(コトン)と呼びます。シャツの袖や襟などの落ちにくい汚れ、子供が食事の時につけたミートソース、外食の時につけてしまったワインのしみ、うっかりつけてしまったファンデーションや口紅をピンポイントで落とす洗濯機です。

使い方は簡単です、汚れた部分に洗剤を少しつけてコトンで汚れた部分を裏からたたきだして(1分間に700回振動します)汚れを落とします。スプーン1杯のお水で最短で約30秒で汚れが落ちます。デザインもシンプルなものからディズニーキャラクターやスターウォーズがあります。乾電池を入れるタイプで重さは約200gほどなので持ち運びにかなり便利です。

COTON(コトン)手のひらサイズのハンディ洗濯機|AQUA(アクア)
参照元:AQUA(2015年12月時点筆者調べ)



みなさんご存知の2万円~10万円

縦型とドラム式の洗濯機

ne_sang
洗濯機の中で一番持っている方が多いのは、縦型とドラム式の洗濯機なのではないでしょうか。筆者は今までずっと縦型の洗濯機を使っているのでドラム式の洗濯機は憧れでもあります。ドラム式と縦型にはそれぞれ特徴があるので、ざっと大まかに見ていきましょう。

タテ型は従来では主流タイプで、縦型の洗濯層に水をためて渦巻き状の水流で洗濯する方式です。水をたくさん使って泡を立てて洗うタイプなので頑固な汚れを落とすにはこちらのタイプがおすすめです。しかし乾燥の使う場合は遠心分離のため乾燥しにくく、シワができやすいのが弱点でもあります。普段乾燥機を使わず外や家の中で洗濯物を干している方にはいいかもしれませんね。

ドラム式は数年前から人気が出ていて、たくさんの商品が出ていますね。真横になったドラムが回転して、洗濯物を上から下に落として洗うたたき洗いの方法です。この方法だと衣類同士がからみにくいので洋服の傷みが少なくなります。そして節水効果が期待できます。

このドラム式の洗濯機の強みはやはり乾燥が得意なことです。梅雨の時期の洗濯物の生乾きの臭いもしなくなりますし、花粉症や高層階で外に干すのが難しい方にもいいですね。洗濯から乾燥まですべてをやってくれるのでやはりドラム式が人気の出る理由がわかりますね。ドラム式洗濯機は縦型の全自動洗濯機よりも大きくて重たいため、備え付けの状況を確認してから購入してくださいね。

変わった形の洗濯機

衣装カバーみたいな形の洗濯機に洋服をかけて空気で洗って消臭するタイプの洗濯機で、こちらもまた新しい発想ですね。アクアからでている衣類エアウォッシャーです。除菌・消臭は約8時間、軽い匂いであれば30分で消臭できてしまいます。

例えば焼肉屋さん、焼鳥屋さんなどでお肉のついてしまったスーツや、なかなか洗うことができないビンテージジーンズ、たばこのにおいの付いたニット、そして結婚式やパーティに着ていくようなシルク素材のおしゃれ着などはクリーニングに出したらとても高くなりますよね、そういった普段なかなかお家で洗うことのできないものを洗うのがこちらの商品です。

スーツも毎日家で洗濯するとボロボロになってしまうし、だからと言ってクリーニングに毎回だすのもお金がかかるし、そしてスパンコールやビジューがたくさんついたお洋服をお持ちの方にはとてもいい洗濯方法かもしれませんね。

衣類エアウォッシャーAHW-SR1|機能特化型洗濯機|洗濯機|AQUA(アクア)|ハイアールアジア株式会社
参照元:AQUA(2015年12月時点著者調べ)

高級品だってあります

洗濯機にまさかの40万円を超えるものもあります。業務用ではないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、実は家庭用なのです。ドイツの「ミーレ」というブランドから出ている洗濯機です。スチーム機能がついているので、洗いあがりのしわが減るためアイロンがけの手間が省けます。

洗濯コースも31種類あり、洗えるものもたくさんあって、シルク、ウール、スニーカー、デニム、アウトドアに着る物、枕などまるで自分の家がクリーニング屋さんになった気分になれるはずです。それぞれの繊維の種類に合わせて水位や洗濯リズム、脱水などを自動で設定してくれます。

洗濯機というのはだいたい8年~10年が寿命と言われていますが、こちらの洗濯機は20年間使用することを目的にしているため、かなりの耐久性があると思われます。

洗濯好きな私としては夢のような楽しい洗濯機ですが、やはり値段が今までご紹介したものに比べると高級品なので、これに出会えたらぜひ一度使ってみたいと思っているものです。

洗濯乾燥機
参照元:miele(2015年12月時点筆者調べ)

最後に

いかがでしたでしょうか。洗濯機といっても手で洗うものであったり、もはや洗濯機の形をしていないものであったりといろいろあったと思います。

今使っている洗濯機を買い替えるにしてもいろんな選択方法がありますね。プラスして別の用途用にするのか、縦型を今お使いの人であれば、次は再び縦型にするのか、ドラム式にするのか、迷って二層式にする方もいらっしゃるかもしれません。お洗濯は人によって洗濯する生地も回数も量もバラバラです。ぜひ自分にあったお気に入りの洗濯機が見つかるといいですね。

最後に、洗濯機や洗剤をいくらいいものにしてもやはり洗濯機自体のお掃除は忘れないようにしましょうね、もちろん洗濯機の内部や蓋の裏など軽くふいてほこりをとったりするのも重要ですが洗濯層の中もこれから大掃除の季節なのでせっかくの機会なのでお掃除してしまいましょう。お洗濯が楽しくなりますように。