意外と知らない?パウンドケーキの保存方法と保存期間

手軽に作れて長持ちするお菓子代表といえば、やっぱりパウンドケーキですよね。でも、楽しみにとっておいたケーキがいつの間にかパサパサでガッカリ……という経験はありませんか?しっとりしたおいしさを長持ちさせるコツと、どれくらいの期間保存できるのかを方法別にまとめました。



パウンドケーキの正しい保存方法


手軽に作れて日持ちもするパウンドケーキは、毎日のおやつに最適です。いろんな具材でアレンジもできるので、何種類か作って詰め合わせてプレゼントにするのも素敵ですね。でも、そんなときに気になるのが賞味期限。プレゼントが傷んでしまっていては台無しです。手作りだと、どれくらいもつのか、そしてどんな風に保存すればいいのかわかりませんよね。

「ケーキなんだしとりあえず冷蔵庫に入れればいいんじゃない」と思ったそこのあなた! もしかしたら、ケーキ本来のおいしさを損なっているかもしれませんよ。せっかく作ったケーキ、一番おいしく食べたいですよね。常温・冷凍・冷蔵それぞれで、おいしく保存するコツと保存できる期間を知っておきましょう。



方法1:常温で保存する

おいしく保存するためには

パウンドケーキは傷みにくく日持ちするお菓子なので、基本的には常温での保存で構いません。常温とは、25度以下の気温のことですので、秋から春にかけてはこの方法でいいでしょう。ただし、使った材料によっては注意が必要です。

生のフルーツ(バナナなど)を入れた場合は、そこに含まれる水分から傷みやすくなります。また、生クリームを使ったり、砂糖やバターの量を減らしたりしたアレンジレシピの場合も、通常よりも傷みやすいので早めに食べきるようにしましょう。逆に、ブランデーなどの洋酒をたっぷり使ったものは傷みにくくなります。

次のようにすると、よりしっとりしたまま保存できます。

・焼きあがったらすぐ型から外す
・粗熱が取れたらラップでくるんで冷ます
・カットしておきたい場合は、一切れずつラップにくるんで密閉容器へ入れる

ポイントは、まだ熱いうちにラップでくるんでしまうこと。これによって蒸気が閉じ込められ、生地がよりしっとりするのです。切ってしまうと乾燥や傷みが速くなるので丸ごとくるむのがオススメですが、あらかじめ小分けにしておきたい場合は密閉容器や脱酸素剤を使いましょう。また、焼き上がり後型に入れたまま冷ましてしまうと、型についた水分がカビの元になってしまいます。手で直接触れたり包丁で切ったりしたところからも傷みやすいので、こういった点にも注意が必要です。

保存したものをおいしく食べるためのコツ

一般的に、パウンドケーキは焼き上がってから1~3日置いた方が、味がなじんでおいしくなると言われています。この寝かせる間も常温の方が、バターと薄力粉がよりなじんでくれるのでオススメです。もし保存している間に乾燥してパサパサになってしまったら、シロップ(ラム酒、砂糖、水を混ぜてレンジで温める)を塗ったりクリームを添えたりして食べるのもよいでしょう。

なお、寝かせておく期間はお好みです。一度、焼きたてと2日ほど置いたものを食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。

保存期間の目安

きちんと密閉してあれば、1週間くらいはもちます。衛生的な環境で作ることができれば2週間以上大丈夫とも言われますが、一般的な家庭では難しいでしょう。前項でも触れましたが、生のフルーツなどを使ったものは傷みやすいので、3~4日程度で食べきった方がよいでしょう。

方法2:冷凍で保存する

おいしく保存するためには

冷凍する場合も常温で保存するとき同様、乾燥を防ぐことがポイントです。焼き上がったらすぐに型から外します。何度かに分けて食べるなら、この段階で切り分けておきましょう。粗熱が取れたらラップでくるみ、密閉容器に入れて冷凍します。生地に洋酒を使っているなら、焼き上がり後全体に塗っておくと、よりしっとりする上、風味も保つことができるのでオススメです。

保存したものをおいしく食べるためのコツ

冷凍したパウンドケーキを食べるときは、自然解凍が基本です。冷凍庫から出して、そのまま数時間かけて解凍しましょう。急いでいる時や今すぐ食べたい時は、電子レンジで温めても大丈夫です。加熱しすぎるとそれも乾燥の原因になるので気をつけましょう。

保存期間の目安

冷凍庫の性能にもよりますが、最低1週間、きちんと密閉されていれば1カ月以上はもちます。逆に密閉が不十分だと、冷凍している間にどんどん乾燥していき、解凍してもパサパサボソボソで食感が悪くなってしまいます。冷凍する場合でも過信せず、なるべく早く食べきった方がおいしく食べられます。



方法3:冷蔵で保存する

おいしく保存するためには

実はパウンドケーキの場合、冷蔵保存はあまりオススメできません。生地にたっぷり使われているバターが冷えて固まり、食感が悪くなってしまうためです。基本は常温、長期保存なら冷凍する方がオススメです。夏場などで冷蔵保存せざるを得ない場合は、冷凍するとき同様、ラップや密閉容器でしっかりと密封しましょう。

夏場以外でも、湿度が高いときや暖房を入れているときなどは、念のため冷蔵(あるいは冷凍)した方がいいかもしれません。

保存したものをおいしく食べるためのコツ


冷たいままだとバターが固まったままなので、食べる2~3時間前に冷蔵庫から出し、室温に戻しておくのがオススメです。すぐに食べるときは、冷凍した場合同様、電子レンジやオーブントースターで軽く温めるとよいでしょう。温め具合はお好みによって調整してみてください。

保存期間の目安

常温同様具材にもよりますが、1週間程度は大丈夫です。水分の多いフルーツなどを使った場合は3~4日程度と考えておいた方がよいでしょう。冷凍と違い、あまり長期保存には向いていません。あくまで気温が高いときの、常温に代わる保存方法と考えた方がよいでしょう。

パウンドケーキの保存について・まとめ


いかがでしょうか。どの保存方法でも、おいしく保存する一番のポイントは乾燥を防ぐことです。熱いうちにラップでくるむ。このひと手間で、しっとりした食感をより長く楽しめるのです。作った後深く考えずに冷蔵庫に入れていたという人も、今回紹介した保存方法を試してみてはいかがでしょうか。いつものケーキが、一味違ったおいしさをみせてくれるかもしれませんよ。