【お金の名言】これを知ればお金の価値観が変わるかも!?

人生において切っても切れない『お金』、老若男女誰もが同じように『お金』に関わって生きていますが、『お金』の価値感は人それぞれでネガティブイメージをお持ちの方もいるかもしれません。そこで、偉大な哲学者や思想家、成功者などの『お金』の名言を見てみましょう?『お金』に対する価値観が180度変わるヒントがあるかも知れません。



『お金』って怖くないですか?

我々が生きる上で確実に必要な『お金』ですが、人によっては毎月の経費や支払で頭を抱えていたり、はたまたお金に関することで人間関係が悪くなってしまうようなネガティブなイメージを持ち罪悪感すら感じてしまう方も…。これでは『お金』からどんどん疎遠になってしまいそうです。

大切な『お金』だからこそもっと親しみを感じることで充実した生活を送ることが出来るのではないでしょうか?今回は偉大な先人達のお金に関する名言から『お金』に対して前向きになる為のヒントを見つけてみましょう。



名言でお金にポジティブになろう

『お金』に対してネガティブなイメージをお持ちの方は、まず『お金』に対するポジティブな面を思い浮かべてみては如何でしょうか。その為には有名な哲学者や思想家、成功者の方々が残した名言を見てみるのが好いかも知れません。国や時代が違っていても現在の『お金』の価値観と変わらないものや核心的な意見などの含まれた名言の数々がきっと良いインスピレーションを与えてくれるでしょう。

それでは最初に先人達が残したシンプルかつストレートに『お金』の好ましい機能を表した名言をご紹介したいと思います。

お金があなたを育ててくれる!

『金こそは取るに足らぬ人物を第一級の地位に導いてくれる唯一の道である。』
<フョードル・ドストエフスキー>

『お金』とは物の価値を測る一つの物差しです。必要な日用品を買う時やサービスを受けるときに商品の代償として必ず支払われるものですが、それは何も希少価値の高い物や良質なサービスを受ける時にだけに必要な物指しではないのだと私は思います。それは人の価値までもはかれてしまうかもしれません。

人は生まれながらに平等と言いますが、『お金』もまた然り、人の今まで行った行動を『お金』は平等に評価しています。<フョードル・ドストエフスキー>は『お金』が人を高めてくれると言いますが、『お金』を手にするには頑張って人に必要とされビジネスなどで成功を収めていなければ、それに見合う『お金』を手にしていないでしょう。

つまり、逆説的に考えれば『お金』が人を手軽に高みに持ち上げるのではなく、私は『お金』を持つ人はそれなりの努力をしているので地位を高く評価されるのだと考えることができます。

お金は可能性を広げてくれます!

『金だけが人生ではない。が、金が無い人生もまた人生とは言えない。十分な金が無ければ、人生の可能性のうち半分は締め出されてしまう』
<サマセット・モーム>

『お金など無くても幸せな人生を送れる』と言う言葉はよく聞きます。『お金』以外にも大切なものは沢山あるという道徳的でステキな言葉です。しかし、『お金』が私達に与えてくれる恩恵は計り知れないほどあります。例えば自分の生活費以上のお金があるのであれば世界各地に旅行に行く事も可能でしょうし、色々なレジャーやカルチャーを楽しむことが出来るのではないでしょうか?

他にもビジネスの世界でも可能性は広がります、あなたが素晴らしいアイディアいくら持っていても資金が無ければ会社を展開することは出来ません。『お金』はイメージを具現化し可能性を広げてくれる大切なツールです。

お金は『命』です!

『金は人間にとって血であり、命である』
<アンティファネス>

今や現在社会で衣食住を伴なう活動を行う上で必要不可欠の『お金』。その必要性は身体の一部と言っても良い重要なものです。<アンティファネス>の言葉の通り血であり命と言っても過言ではないのではないでしょうか。この言葉は実にシンプルでストレートに『お金』の存在価値を表していると思います。

教訓が効いたタメになる名言

現在に残る偉人達が残した数々のお金に関する名言は流石に哲学者や思想家が多いだけあって一言でお金のことについて考えさせられる様な言葉が沢山あります。中にはとても何世紀も以前に書かれた言葉だと思えないものもあります。

数あるお金にまつわる名言の中から教訓めいたインパクトのあるものを選んでみました。

悪いのは人!?

『諸悪の根源は金そのものではなく、金に対する愛である』
<サミュエル・スマイルズ>

『お金』は大切です。それを欲するが余りに人は犯罪を起こしてしまいます。しかし、『お金』そのものは善でも悪でも無くただの物流の為の物指しでしかありません。<サミュエル・スマイルズ>の言葉からは『お金』を悪にするのはお金を扱う人次第という『お金』に対する道徳的なスタンスを学ぶことが出来るのではないでしょうか?

パンチがあり過ぎる風刺!?

『財布が軽ければ心は重い』
<ゲーテ>

<ゲーテ>のなんとも風刺的なこの名言には痛烈な共感とメッセージ性を感じてしまいます。飲み会明けの次の日や給料日前の財布の中身をみるとなんだかとっても悲しくなってきませんか。今も昔もお財布の中身事情に一喜一憂するのはみんな同じと言うことなのでしょうか…。

ファイナンシャルフリーの概念

『持っている金は、自由への手段であり、求めている金とは、隷属への手段である』
<ルソー>

教訓を感じることができる<ルソー>の一文。生活の為には『お金』を稼がなければなりませんが、いつのまにか『お金』の為の生活になってしまうこともしばしば見受けられます。生活費以上の『お金』を持つ人は労働による時間の制約を受けることを少なくすることも容易くなるのではないでしょうか。人を自由にも奴隷にもしてしまう『お金』の表と裏を表した分かり易い考え方だと思います。



先人達はお金にアグレッシブ!

『お金は天下の回りモノ』よく聞くフレーズではありますが、成功された偉大な先人達はそれぞれ似たようなお金に対するアグレッシブな哲学を持っていたように感じられます。短い内容の言葉の中からでも今のビジネスや投資の世界にも通じる教訓を見つけることが出来るのではないでしょうか。

アグレッシブで深みのある先人達の名言を一部ご紹介致してみようと思います。

持ってるだけでは意味がない!

『金はこやしのようなもので、散布しない場合は役に立たない』
<フランシク・ベーコン>

いくらお金を持っていてもそれを活用しなければ何の意味も持てないでしょう。外国方に比べて日本人はお金を貯め込むことに美徳を感じる傾向にあると言われていますが、『お金』がただ貯金箱に眠っていたりしていることはないだろうか?『お金』は何かと交換することでやっと本来の使命を果たしてくれる物だとおもいます。

散財することを進めているわけではありませんが『お金』に少し余裕があるようなのであれば、何か習い事を始めてみたり、何処か遠くへ旅行に行って見るのは如何でしょうか?そうした使い方をする事で『お金』は後々経験としてあなたのスキルになり、人生の糧となってくれるのではないだろうか・・・。

 

先行投資が鍵!

『金を稼ごうと思ったら、金を使わなければならない』
<プラウトゥス>

ビジネスを加速する為には投資する事が有効と唱えた<プラウトゥス>の名言。もし自分が会社の社長だとしたらもっと会社を発展させて稼ぎを増やしたいと思うはずです。その目的を達成するためには設備投資に『お金』を使い生産性を上げるのも一つの手段かも知れませんし、もっとスケールを変えれば取引先の会社と友好な関係を作る為の接待を沢山催すかもしれません。『お金』を産むには『お金』を使うというアグレッシブな名言には現在のビジネスシーンで活用できそうな教訓が秘められています。

お金を愛す!!

『金を愛するだけではダメだ。金に愛されるようにならないと』
<ネーサン・ロスチャイルド>

銀行家として大成した<ネーサン・ロスチャイルド>の名言。『お金』を欲するだけでは『お金』は増えないとは言うけれど具体的に『お金』を愛するとはどういうことなのでしょうか?

私的な考え方で言うと『お金』から愛されるためにしなければならないことは『お金』を大切に扱うと言うことだと思います。それは、浪費するだけの乱暴な『お金』の使い方をするのではなく、後に資産になる様に投資するなどして『お金』をもっと大事にすることやもっと出費などを気にかけてやることで『お金』から愛されるようになってくるのではないでしょうか。まるで『お金』を生き物のように表現した<ネーサン・ロスチャイルド>の名言からは、なんとも銀行家らしい『お金』対する愛を感じられるのではないでしょうか。

生かすも殺すもあなた次第

これまで沢山の偉人達の『お金』に関する名言を見てきました。その中で『お金』に対する数多くのポジティブなイメージが湧いてきたと思います。しかし、『お金』はそれを持っているだけでは何の作用もしませんし意味もないでしょう。

『お金』をより自由に操り、運営することで『お金』に有意義な意味を見出すことが出来るかどうかはお金の持ち主自信の手腕に委ねられている部分が大きいと思います。『お金』を生かすのも殺すのもあなた次第と言うことです。そんな『お金』に対するセンスの必要性を感じさせてくれる偉人達の名言をご紹介致します。

使い方で決まるステータス!

『金持ちがどんなにその富を自慢しているとしても、彼がその富をどんなふうに使うかが判るまで、彼をほめてはいけない』
<ソクラテス>

お金を沢山持つことは良いことです、その人が人一倍頑張った証がお金として現れているに違いありません。しかしながらそれに甘んじてお金を浪費するだけでは先は見えているのではないでしょうか。自慢げに見せつけられるお金や財産は一見うらやましくも見えます、ただそれは今持っているだけ富に過ぎないでしょう。『お金』はほって置いて増えるものでもありませんし、もちろん使えば目減りするでしょう。『お金』はそれを次にどう有意義に使うかが重要ということを<ソクラテス>の言葉からは感じられます。

お金に縛られない!

『金は、良い召使いでもあり、悪い主人でもある』
<ベンジャミン・フランクリン>

もちろん『お金』自体はあなたを無理やり働かせたり、命じるがままに労働をしてくれる分けではありませんが、『お金』を欲するが余りにどんどん『お金』に縛られてしまうことがあるようです。労働の対価として『お金』を手にすることは出来ますがそればかりに気を取られてしまっていては人生が細くなってしまうような気がします。

『お金』を使えばなんでも買えますしサービスを受けることも出来ます。そして投資運営することで、『お金』が『お金』を稼いでくれるようになります。さながらそれは良い召使の様です。『お金』の呪縛から開放され『お金』を召使の様に扱うためには大きな資産が必要ですが。いつかは『お金』から開放されてファイナンシャルフリーを手に入れたいものです。

本当の豊かさはセンスで決まる

『金持ちに成っても、金持ちに生まれついても、それで優雅な生活が送れるわけではない。そのセンスが必要なのだ』
<バルザック>

世の中には『お金』を沢山稼いでいる方でも毎日があわただしく仕事ばかりに重きを置く人がいます。そんな姿が窮屈に思えて『お金』を稼ぐことやお金持ちに対して抵抗感が生まれてしまうこともあるかもしれません。優雅に暮らしたくて『お金』ばかり追っていても仕方がありません、何事もバランスなのだと思います。

ですので、『お金』を使って優雅に暮らすではなく、今ある『お金』をどう使って優雅に暮らすのかが大切になってくるのではないでしょうか。『お金』使い道のセンスが問われそうです。

センスでお金は”生きる”

偉大な先人達の名言の数々をご紹介致しましたが、『お金』に対するイメージは変わりましたか?

結局のところ同じ『お金』でも持ち主の使い方や考え方のあり方でその価値が大きく変わるように思います。『お金』をよりよい人生のパートナーにする為にはお金を敬遠するのではなく、お金に対して造詣を深め正面から向き合うことでセンスが培かわれれば、あなたのお金はきっと”生きた”お金になり人生をより豊かにしてくれるのではないでしょうか。