お金のやりくり上手になりたい!ズボラさんでもできる簡単実践法

給料日になって「今月こそはやりくりがきちんとできるようにしよう」と固い決心をするのですが、給料日前になると「またできなかった」と反省の繰り返し。やりくり上手になればもっとお金を貯めることができるのに、などもう戻らない過去を振り返ってしまいます。やりくり上手が目標だけで終わらないよう、簡単実践法を紹介します。



1か月は5週間だと考える

1年後には驚きの結果に

単純に計算して1か月は4週間だと思うでしょう。しかしやりくりを楽に上手に行うには5週間として考えることが必要になります。

では1か月を5週間で考えた場合、どうなるか例をもとに計算してみましょう。計算自体も非常に簡単です。

仮に1か月の食費が3万円だとします。3万円を4週間で割った場合は、30,000÷4=7,500円。では5週間で割った場合は30,000÷5=6,000円。

この余分に計算している1週間の6,000円が1年後大きな結果を生み出します。6,000円×12か月=72,000円!

おおよそ1か月の食費の2.5倍は貯まるのです。どうでしょうか、毎月5週間でやりくりをすれば1年後にこれだけのお金がたまれば、助かりますよね。

2か月に1回でもOK

もともと4週間でこれまで生活していたものを5週間として考えるのは、はじめはやりくりに苦痛を感じることがあると思います。

月によっては出費が多く、食費やお小遣いなどを削らなければいけない月も当然あると思います。そういった月は無理に5週間で考えなくても、翌月5週間に設定をすればいいでしょう。

やりくり上手はがんじがらめに無理をすることではありません。では2か月に1回の割合で5週間設定を行った場合はどうでしょうか。

単純に先ほどの食費3万円で考えると、毎月行った場合は1年後には72,000円でしたが、その半分の36,000円です。

この金額をみても、1か月の食費分はまるまる余裕ができるのです。



先取り貯金で無理ないやりくり

難しく考えないで!小さな金額でもOK

いままで上手にやりくりできなかった人が、いきなり先取り貯金なんてハードルが高すぎる…と思っていませんか?

先取り貯金の金額は、決して大きく考えなくてもいいのです。あまり余裕がないという人は大げさな話ではなく、1,000円でもいいので先取貯金を必ず実践することをおすすめします。

月1,000円で1年後は12,000円。5年で60,000円。大きいですよね。

後に残ったお金を貯金に回すことができるのは、これまできちんとやりくりができていた人の話。

お金のやりくりが上手でない、と感じている人は、是非先取り貯金を実践してみるとよいでしょう。

引き出しが面倒な口座に預ける

せっかく先取りをしたとしても、手元に置いていると使ってしまうのが目に見えている方は、引き出す際に手数料が都度取られてしまう、もしくはATMが若干不便なところにある銀行に入れておくことがよいでしょう。

先取り貯金はきちんと計画的にお金が貯められなかったり、節約などしてやりくりが上手にできない人には効果的だと思います。

そのため、手元に置いておくと先取りの効果も薄れてしまう可能性がありますので、習慣になるまでは面倒な工夫を一つ入れてみると下ろすのが苦痛になり、貯めることが可能となるでしょう。

細かい収支をつけてゾッとしてみる

やりくり下手はめんどくさがり屋

家計簿をつけようとは思っていても、毎回買い物をするたびに面倒な書き込み作業が待っている…と思うとつい途中でやめてしまって、結果無駄遣いをしてしまった、ということもあるでしょう。

ノートに細かく収支を書くのは非常に面倒です。それができていれば無駄な出費が明確にわかり、お金のやりくりはとっくにできているはず。

そんなお助けアイテムとして家計簿アプリを使う方法があります。家計簿アプリは非常に充実しており、レシートの写メを撮るだけで明細を記録してくれるものもあります。

面倒な作業が原因でやりくりがうまくできない、と感じている人はまず1か月、アプリを試してみるとよいでしょう。

無駄遣いの要因を知る

細かい収支を把握すると、自分の生活習慣も見えてきます。これは翌月のお金のやりくりを見直すとともに、生活習慣も見直す効果が期待できると言えるでしょう。

特にやりくり下手な方は、ついで買いを無意識に行っていることが多いと思います。

どこで何を買ったか、本当にその月に必要だったものなのか見てゾッとすれば、翌月少しでも無駄遣いを抑えようと追う気持ちが働くと思います。

収支を見てゾッとする、これは効果的ではないでしょうか。



安いからといってまとめ買いをしない

まとめ買いも消費量を考えて


意外に感じるかもしれませんが、特売など安くなっているときについやりがちなまとめ買い。これはあまりやりくりを上手に行ううえで、必ずしも全てが役に立つとはいえないでしょう。

1か月以内に消費をしないものが数円安くなっている場合、まとめ買いせずに必要な時に購入すれば、その月はまず困ることはないと思います。

それよりも数円程度の安さにつられ、まとめ買いでその月のやりくりが圧迫されるようでは上手にやりくりができているとは言えません。

その月の消費量が多いものが安くなっている場合に少し多めに買うなど調整すると良いでしょう。

ママ友ランチや飲み会の主催を担う

幹事はやりくりするうえで得

一見面倒なランチや飲み会の幹事。しかしこれは是非積極的にやったほうがやりくりには効果的だと思います。

お店の提案をするのは自分ですので、今月は結構厳しいな、と思う月でも少し安めでお得なコースがあるお店を集めて提案することもできます。

また前から行きたかったけど高くて行く機会がなかった場所でも、ランチ会の幹事をやればリーズナブルに行くことも可能でしょう。

幹事は面倒ですが、やりくりするうえでお金の心配を少なくできるメリットもあります。

まとめ


いかがでしたでしょうか。細かく安いところを把握して、都度細かく家計簿をつけて…などといった気が遠くなるような作業がきちんとできる人は、もともとお金のやりくりが得意な人だと思います。

しかしズボラさんやめんどくさがり屋さんは、細かいことが苦手。少しでも簡単に楽にできるやりくり法をいくつか組み合わせるだけで、いつしか習慣となり、身につけばこっちのものです。

やりくり上手が永遠の目標で終わらぬよう、実践して身に着けていくとよいでしょう。

 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。