【子育てに必要な費用】年齢別まとめ。ママや妊婦さん必見情報!

ママさんや妊婦さんなど、子育てに必要なお金のことが気になる人も多いのではないでしょうか。一人の子どもを中学校を卒業するまで育てるのに平均で1,700万円以上の費用がかかるというデータがあります。実際は子どもの進路などによるところが大きいとは思いますが、子育てに費用の全体像を、データを用いてわかりやすくお伝えします。



いくらかかる!?子育ての費用

結婚や妊娠、出産を経験したりすると、これからの幸せな生活を想像することでしょう。一方で、将来の人生設計について考える機会にもなります。その中で、特にお金のことについては、不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。

子どもを育てるということはとても大きな楽しみですが、「一人の子どもを大人になるまで育てるのに、いったいいくら必要なのか」とか、「子どもが大学生になる時に備えて、貯金は毎月いくらしておくべきなのか」といったことは、子育てをする多くの人にとって不安や心配事の一つではないでしょうか。

「分からない」で大丈夫?

「子どもの進路や将来のことは分からないから、考えても意味がないんじゃないの?」という人もいるかもしれません。私にも小さな子どもがいるのですが、最初は子育て費用について、あまり真剣に考えたことがありませんでした。考えてもどうしようもないとか、将来のことは分からないという理由で考えませんでした。将来の子どもが入学する中学校は私立か公立か、大学に進学するのかしないのかなど、子どもの将来に関するほとんどのことは未知だからです。ですので、せいぜい「できる範囲で節約しよう」とか、その程度しか考えていませんでした。

しかし、子どもの将来や進路が未知だからといって、お金のことを全く考えないというのも親として少し無責任かなと思うようになり、調べることにしました。少しでも調べたり考えることで知識を得ることができれば、貯金の目安や目標金額を決める時に役に立つと考えたからです。なにより、子育てにいくらかかるのかという漠然とした不安があったからです。

この記事では、同じように漠然とした不安を持っている人にむけて、そのような不安を少しでも取り除き、人生設計の助けになるよう、具体的なデータを用いて「年齢別」の子育ての費用について、情報を共有したいと思います。

最初に言っておきますが、ここで取り上げる金額のデータはあくまで平均値です。実際に子育て経験した方から見ると、「その金額よりも、もっと高いはずですよ!」とか、逆に「そんなにかかりませんでした。」という言葉が出てくるでしょう。これは子どもが通う学校が公立か私立かで教育費用には大きく差がでることや、育てる親(世帯)自身の子育てに対する考え方や年収によっても大きく違ってくるためです。あくまで平均値です。

しかし、平均値を知っているということは全体像を知っていることにつながります。自分のケースを考える時にも、全体像を知っていることは、とても参考になると思います。

中学生までに1,700万円!?

驚くかもしれませんが、先に結論を言っておきましょう。一人の子どもが中学校を卒業するまで育てるのにかかる費用は、平均で1,700万円以上にもなるというデータがあるのです。これは実際に子育てしている人を対象にして、国が調査をした調査結果で、「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査(平成21年度 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)」として内閣府のウェブサイトなどで公表されています。以下、この記事におけるデータはこの調査結果を用いています。より詳しい調査結果など、興味があるかたは下のリンク先にある元データを見てみるのも良いと思いますよ。
さらに高校や大学に進学する子どもは多いと思います。進学する場合はさらにお金がかかりますので、そのことを考えると、2,000万円とか3,000万円というお金がかかるのが子育てなのです。子育てには、これほど多くのお金が必要です。「一人の子どもを育てるのに、そんなにお金がかかるの!?」と驚く人が大半かもしれません。私もそのうちの一人です。

ここから先では、一人当たりにかかる子育て費用の全体像を知るために、年齢別にいくらかかるかを見ていきたいと思います。

平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査 全体版(PDF) – 少子化対策:政策統括官(共生社会政策担当) – 内閣府
参照元:内閣府(2015年10月著者調べ)



年齢別でみる子育て費用

0~2歳児(未就園児)

ここで言う「子育て費用」とは、一年間あたりの食費、生活費、教育費などもろもろの金額を含みます。例えば、携帯電話料金や旅行・レジャー、子どものための預貯金や保険にかかる費用も含まれます。またここに出てくる金額は、第一子の場合の金額です。一般的には第二子以降のほうが、保育料等の助成金が増えたり、生活用品のお下がりを使用することなどによって生活費を節約しやすいので、子育て費用が安くなると言えます。

「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」によると(以下、省略します。)、0歳から2歳児(未就園児)にかかる子育て費用は年間で約84万円です。このうち約20万円は、子どものための預貯金や保険が含まれていますので、その分を除くと約64万円が消費財やサービスの購入に使われています。なお年齢別でみると、この時期の預貯金が最も多いことからも、子どもが小さい時期には少しでも貯金しておくことが大切と言えます。

またこのうち、保育費が平均として約6万円含まれています。この時期に、保育所等に通わせない場合の世帯にとっては、約64万円から約6万円を差し引いた約58万円が、預貯金を除いた生活費等の目安と言えるでしょう。保育所等に通わせる世帯の場合ですが、保育所の金額は、自治体や世帯年収で大きく異なりますので、住んでいる自治体のウェブサイトを見てみたりして調べてみて下さい。その場合には、年間の住民税が記載された通知書などの書類を準備しておくとスムーズです。

3~5歳児(保育所・ 幼稚園児)

この時期にかかる子育て費用は年間で約122万円です。年間で100万円を超えると聞くと、少し驚く人も多いと思います。私もこの時点でかなり驚きました。

0歳から2歳児の時と同じく、このうち約19万円は、子どものための預貯金や保険が含まれていますので、その分を除くと約103 万円が消費財やサービスの購入に使われていると言えます。

0歳から2歳児の時との違いは、やはりこの時期に多くの子どもが幼稚園等に通うことです。この時期の保育費の平均は約38万円となっており、費用が増えている要因の一つです。一方で、乳幼児の時に何かと多くかかっていた生活用品費は約15万円から約9万円に減少しています。

6~11歳(小学生)

晴れて小学生に入学するこの時期にかかる子育て費用は、年間の平均で約115万円です。3歳から5歳児との金額と比較すると約7万円ほど安くなっています。
成長に伴って食費が約22万円から約28万円に増えます。保育費が約38万かかっていましたが、その代わりに、学校内外の教育費や活動費になり約30万円と安くなっています。例えば、私立の幼稚園から公立の小学校へと行くケースでは、金額としてはこのように安くなる場合が多いと思います。

12~14歳(中学生)

中学生になるこの時期にかかる子育て費用は、年間の平均で約156万円です。小学生時代と比較した場合、金額は約41万円も高くなります。
成長に伴って、色々な費用が少しずつ増加する傾向がみられます。具体的には、食費、生活用品費が増加します。さらには、私立中学に進学する人も多いため、平均としては、学校内外の教育費が増加しています。私立中学校への進学を考える場合は、より多くの費用がかかると思われます。公立中学に進学させるつもりであれば、この金額よりも安く見積もっていても差支えないと思いますが、食費などの増加がありますので、やはり小学生時代よりは多くの金額がかかると考えておくほうが良いでしょう。また、子どものための預貯金や保険は約18万円となっています。

15歳以降(高校から大学まで)

国による「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」は、中学生まで、つまり義務教育までの子育て費用に関するもので、残念ながら、高校生・大学生以降は調査の対象となっていません。

高校生以降は、どのような進路をとるかによる金額の違いが中学生までよりもさらに大きくなります。御自身のケースとして、希望する進学先などをいくつか想定しながら考えることをお勧めしたいと思います。例えば私立高校から私立大学といったケースを基準として考えるとか、高校も大学も公立(国立大学法人)だけを考えるといった具合です。これに関しては、また別の記事に詳しく書いてみたいと思います。

足し算して分かったこと!

それでは、ここで0歳から14歳までの子育て費用の合計(概算)を算出してみたいと思います。

・0歳から2歳児(未就園児)
84万円×3年=252万円

・3歳から5歳児(保育所・ 幼稚園児)
122万円×3年=366万円

・6歳から11歳(小学生)
115万円×6年=690万円

・12歳から14歳(中学生)
156万円×3年=468万円

●0歳から14歳までを合計すると
252万円+366万円+690万円+468万円=1,776万円

なんと、14歳までの子育て費用は平均で約1,776万円かかるという計算になります。ただしこのうち約267万円は子どものための預貯金等が含まれますので、その分を差し引くと、出費としては平均で約1,500万円と言うことができます。この費用が14歳までの約15年間で必要となります。

覚えやすい形で、ざっくりいうと「中学生までの子育て費用は毎年100万円」と言うことができることが分かりました。もちろんこれは平均値をさらにおおまかに表現したものです。

毎月いくら貯金すればいい?

どのように感じたでしょうか?高校や大学に進学することを考えると、それまで以上に教育費が必要となるでしょう。できれば中学生までの時期に、子どものためにある程度の貯金を蓄えたいものです。家計や世帯収入にもよりますので、一概には言えませんが、目安としてはこの調査の平均値である年間20万円くらいは貯金をしてあげていると、高校や大学の進学時に助かると思います。

子ども一人当たり毎月1万円、ボーナスなどの臨時収入から年間8万円をためるといった計画であれば、12万円+8万円=20万円が毎年貯金できます。このくらいであれば、なんとかなりそうという家庭も多いのではないでしょうか?

子育てにお金はつきものです。子育て費用の全体像を聞いて、驚いた方もいるかと思います。あまりお金のことばかり考えて子育てすることも不健康です。適度に節約をしながら、月に1度でも、子育て費用や計画について家族で話しあって、コミュニケーションをとるのはいかがでしょうか。できる範囲で考えて行動することが大事です。
そしてなにより大切なのは子供への愛情ですよね。子育ての最中の方は、愛情たっぷりに子どもを育ててあげてくださいね。



まとめ

ママさんや妊婦さんなど、子育てに必要なお金のことが気になる人も多いのではないでしょうか。一人の子どもが中学校を卒業するまで育てるのにいくら費用がかかのかという国の調査結果をもとに、年齢別の子育て費用をまとめました。実際は子どもの進路などによるところが大きいとは思いますが、貯金の目安や人生設計の参考にしてみてくださいね。

※本記事は一般的な情報にすぎず、個人や世帯による状況の違いおよび経済状況等の変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、必要に応じて、ファイナンシャルプランナー等の専門家に相談されることを推奨いたします。