【学資保険】ママ必見!選び方のポイントとメリットを教えます

教育費を貯金するのための一つの手段である、学資保険。その特徴や選び方のポイントをまとめました。



学資保険の目的

学資保険とは?

教育費を貯金するのための一つの手段である、学資保険。設定した年齢になったら、給付金として、まとまった額を受け取ることができます。一人につき1,000万円以上はかかると言われる教育費を賄うために、お子様のいらっしゃる方や出産予定の方なら、一度は検討する保険ではないでしょうか。

学資保険は必要?

そもそも学資保険というものが絶対に必要なものなのかと言えば、そうとは限りません。所得の多い家庭であれば、そこから払えばいいわけですし、保険でなくとも、定期預金などで貯金していくことはできます。

そう考えると、学資保険に入るのであれば、それだけのメリットを受け取りたいところですよね。後で「これなら普通に銀行に預けておいた方がよかったじゃないか!」ということにならないように、納得がいくまで検討しましょう。

学資保険のメリット

学資保険はほとんどの場合、満期時に、払い込んだ額よりも大きい額を受け取ることができ、銀行預金などよりも収益性が高いと言えます。普通預金に入れておくとつい使ってしまうという方はもちろん、真面目に預金していける方でも、単に銀行口座に入れておくより、学資保険に支払っておく方が、額としても大きくなる可能性が高いです。

学資保険も保険料控除の対象になるので、少しでも税金を安くするためにもオススメですね。もちろん、必ず教育費に使わなければいけないわけではありませんから、車の買い替えの費用や家族旅行などに充てることもできるわけです。

また、万が一契約者である親が払い込み期間中に死亡した場合、以後の保険料は免除になり、その場合も給付金は支払われるというのも、学資保険のメリットであると言えます。



学資保険の選び方のポイント

返戻率

学資保険を一つの金融商品と考えた時には、払い込んだ額より受け取る額が小さくなる元本割れは避けたいところではないでしょうか。この点から言えば、一般的に、払い込み期間を短くすれば返戻率が上がるので、収入に余裕があって子どもが小さいうちに大きな額でも払ってしまうというのは一つの手です。

逆に、親が亡くなった時や子どもが入院した時など、万が一の時のために特約をつけたいということであれば、元本割れすることも出てきます。もちろん、保険というのは万が一の時のためのものですし、特約をつけた方がいいのではと思われる方もいらっしゃると思いますが、これについては、他の保険で補う方が多いようです。

親の死亡については、学資保険以外の生命保険で保障できますし、子どもの医療費については、各地方公共団体から助成があります。学資保険については、教育費の積み立てのためのものと割り切って、返戻率を重視するのがいいかもしれませんね。

満期の年齢

学資保険の給付金は、いつ受け取りたいですか?大学入学の時でしょうという方もいれば、受験までに必要となる費用を賄いたい方、高校在学中に留学させたいからその時にはという方もいるかもしれませんね。

各保険会社の商品によって、満期時期は異なります。大学入学時にまとまったお金が入るものもあれば、各学校入学時に小学ずつ支給されるものもあります。子どもの将来を想定しながら、希望に見合ったプランを用意している保険会社で、検討してみましょう。

まとめ

家庭の事情による

学資保険の入り方に正解はなく、あくまでもそれぞれの家庭の事情に見合った選択をするしかありません。株などで充分うまく資産運用できている方であれば、銀行の預金と学資保険の返戻率を比べて…という次元ではないところで、お金を殖やして貯めることができるでしょう。

逆に、上手く資産運用もできないし家計にそれほど余裕はないけれど、少し余裕があると無駄なものに使ってしまうという方は、いざ子どもの教育費が必要な場面になって「貯金がない!」と焦らないためにも、強制的に貯金ができる仕組みとして、検討してみるのがいいかもしれません。

「このままで大丈夫だろうか」と思いながら、なんとなく銀行に預けっぱなしにするよりも、コツコツと学資保険に払い込むことで「これである程度は賄える!」と安心して過ごすことができますし、何より、かわいい子どものためと思えば、前向きにお金を預けられますよね。

早いうちに加入した方が月々の支払いが安くなるので、一般的にはオススメです。ただ、生活費に余裕がない家庭であれば、奥様の妊娠中から安い保険料でも無理して支払うべきなのか、あるいは奥様が働けるようになって収入に余裕ができてから加入するのかと考えると、やはり一般的に勧められている選び方が必ずしもどの家庭にも当てはまるとは限りません。

現在の収入状況や将来のプランなど、あらゆる点を考慮して、ご家族で話し合いながら納得のいく選択をしたいところです。

比較が大切

保険に限りませんが、一社の説明を聞いただけでは、プランの種類や保険料など、本当にご自身にあったものなのかを判断するのは難しいと思います。各保険を比較したサイトや、多くの保険を取り扱っている業者などを利用しながら、ぴったりの保険をみつけましょう。 ※本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。