おしゃれ&簡単なワイヤーアクセサリーの作り方!基本編

アクセサリーも手作りが人気です。最近、注目のワイヤーアクセサリーは初心者でも安心してブレスレットやネックレスなど色々なアクセサリーが作れるのが魅力です。形を自由にできるのも人気になっているひとつの理由のようです。今回は基本編です。



超簡単!手作り初心者でも10分で作れる

楽しくDIY!ワイヤーアクセサリーって?

最近は、色々なものをDIYで楽しむ人が増えてきました。アクセサリーもパーツや道具を扱う専門店などもあって店内を眺めているだけでも楽しくなってしまいます。

ワイヤーを使うためテグスとは違って好みの形にすることや、ビーズを通すのも、石などを留めたりするのも簡単でラクチンなのが特徴です。

ワイヤー自体がアクセサリーの一部として使えるのでポイントとなるデザインがあれば、それだけでアクセサリーとして完成させることができるので手作り初心者向きといえます。

また、ワイヤーを曲げてイニシャルや文字のメッセージを作ったり、色々な形にすることができるため完全なオリジナルにできるのも嬉しいですね。慣れてきたらアレンジのバリエーションが増やせるのも楽しくなってくるに違いありません。

基本で揃えたい材料は?


もちろん、一番必要なのはワイヤーです。シルバーやゴールドなど色も色々と揃いますし、太さもバリエーションがあります。

最近では、100円ショップでも種類など豊富に扱っているので、悩んだら色々と買ってしまうのも良いですね。ワイヤーを曲げるためのペンチと切るためのニッパーが基本の道具です。全て100円ショップで買い揃えることも可能です。

基本道具だけでもアクセサリーにできますが、せっかくなのでポイントとなるビーズやパールなども欲しいところです。気になるものがあれば色合いなどを考えて、いくつか揃えてみるとよいと思います。

ブレスレットやネックレスなどを作る場合は丸カンやチェーンなどもあると良いですね。皮ひもなども平たいものだけではなく丸ひもタイプもあるので組合せを考えてみると楽しくなれると思います。

10分で作れる?まずは簡単なリングから!


リングであれば指の太さを図ってモチーフとなるハートや星などを作るだけでも完成してしまいます。ハート形をリングになる部分と繋げるようにしたり工夫次第でデザインは無限です。

モチーフを作るのが苦手!という場合はワイヤーの両端にパールなどで留めたり渦巻状にしたりするだけでも可愛く仕上げることができます。グルグルと指に巻きつけるようにな形にしたり、揺れるようにチャームをつけるだけでオシャレ度はグンとアップして見えます。

また、夏などのサンダルを履くシーズンであれば足の指用の指輪も自分で作れば指にピッタリのリングを作ることも可能ですし、太さを固定しないような作りにすればミディリングやピンキーリングに!と、つける指も変えることができます。

作るときのアレンジだけではなく、身に着けるときにもアレンジが簡単なのが嬉しいかぎりです。



もっと凝りたい!そんなときのアレンジ方法

「巻きつける」だけでも素敵なアレンジに

指輪であれば隣り合った2本の指に通せるようにしてメッセージや名前を作ることもできます。細いワイヤーを使ってグルグルっと3重くらいに巻くようにして、ワイヤーの端が指の外に出るようしたとろこにモチーフを飾ったりと遊び心で作ることも簡単です。

形のいびつな石や貝殻などをモチーフにする場合は、ワイヤーを巻きつけるだけでもペンダントヘッドにすることも可能です。巻き付け方を工夫するとイメージを変えることもできます。

逆にパールやサイコロ状など形のキレイなモチーフを使うのでであれば、そこにワイヤーで柄を作るとこも簡単です。グルーガンを使ってワイヤーをモチーフに留めてしまえば形が崩れることも外れて落ちてしまう心配もありませんね。

ワイヤーが細いと華奢なイメージにできるので、いくつも重ねつけで楽しむこともできます。思わず作りすぎてもアクセサリーを重ねつけしても派手になり過ぎないように見せることも可能です。

ワンランク上に見せるテクニック


ビーズや石、貝殻などのモチーフを上手に組み合わせることで、ワンランク上のアクセサリーを作ることもできます。皮ひもなども使って色の組合せを変えればボヘミアン調にもアレンジできます。

ワイヤー自体に好きな色の糸を巻きつけたりすることでもアレンジができます。冬に使うアクセサリーなら毛糸を巻きつけたり編み込んだりしても可愛くなりますね。イメージとして夏に活躍しそうですが使うモチーフによって冬にも良さそうです。

売られているものばかりではなく、貝殻やキレイな色や形の石や花びらも樹脂でコーティングしてしまえばモチーフとして使うこともできます。太めのワイヤーを使ってモチーフを通してチョーカーにしたりと人とは違うアクセサリーとして差をつけることもできそうですね。

最後に|ワイヤーアクセサリーは簡単に作れる

手作りアクセサリーを作ってみたいけど難しそうでトライできないていた人にも、ワイヤーアクセサリーなら気軽に始められるのではないでしょうか。今回は、基本編をご紹介しましたが作っていくうちに、どんどん上級者へとステップアップもできそうですね。