FXを始めるなら【ドル円】がお勧め!お勧めの理由を一挙公開!

FXを始めるにあたり、どの通貨で取引をしていいのか迷いますよね。まずはメジャーな通貨のドル円がお勧めです。今回はドル円について解説していこうと思います。マイナーな通貨は初心者にはリスクが大きいので、できればメジャーな通貨がお勧めです。



そもそもFXとは?

FXの正式名称は外国為替証拠金取引と言います。FXは通貨の売買をして利益を得る方法です。そしてFXでは日本円以外にも取引が可能です。外国為替同士の売買も可能になっています。簡単にFXの説明をします。それでは、ドル円で考えてみましょう。

1ドルを120円で持っているとします。その後1ドルが121円になり決済したら、1円の儲けになります。そして、FXでは売りからも取引が可能なので、1ドルが120円で売ったとします。その後円高になり1ドルが119円になり、決済すると1円の儲けになります。

FXは売りからでも買いからでも取引が可能なので、円高・円安に関係なく取引ができるのです。円高・円安に関係なく取引できるのは良いですよね。FXのメリットとも言えると思います。

FX取引を行おうとする個人の皆様へ : 一般社団法人 金融先物取引業協会
参照元:金融先物取引業協会(2015年11月時点、著者調べ)

FXと外貨預金の違い

外貨預金とFXは似ていると感じる方もいると思います。外貨預金とFXの違いについて説明をしたいと思います。

外貨預金とは、日本よりも金利の高い国にお金を預け入れて高金利を目的とした投資方法です。外貨預金で気を付けなければいけないことがあります。他の国にお金を預け入れるわけですから、円高・円安に注意が必要になります。

お金を預け入れ、引き出す時に円高になっているとしたら預け入れた時よりも引き出すお金が少なくなってしまいます。円高・円安に注意が必要です。

それでは、FXと何が違うのでしょうか?外貨預金は高金利を目的とした投資方法と申し上げました。しかし、FXにも金利が日々発生するのです。FXではスワップポイントと呼びます。そして、外貨預金と違うのがFXの最大の魅力とも言えるレバレッジです。

レバレッジとは、FXの会社に証拠金を預け入れその何倍から何十倍の金額で取引を行ってもいいですよ。というのがレバレッジです。個人で最大レバレッジは25倍です。

最大のレバレッジ25倍をもう少し詳しく見ていきましょう。例えば証拠金としてFXの会社に5万円を預け入れたとします。レバレッジ25倍だと5万×25=125万円もの金額をFXでは取引できるということです。

5万円を預け入れて125万円もの資金を動かせるので、メリットがありますね。外貨預金とFXの違いはこのレバレッジが大きいと感じます。



ドル円に対しての重要なポイント!

ドル円に対して重要なポイントを紹介します。アメリカは為替に与える影響が大きい理由や、ドル円が一番動く時間帯などを紹介したいと思います。

ドル円が一番動く時間帯

FXは24時間取引が可能です。その理由は、世界各国で取引が行われているからです。詳しく見ていきましょう。月曜日にニュージーランドのウェリントン市場で始まり、東京市場、香港市場、シンガポール市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と土日を除いてFXの取引は行われています。

為替取引が活発に動く時間帯は、ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場です。1日の中でも取引が多いと言われているのが、ロンドン市場とニューヨーク市場が重なっている時間帯です。日本時間にして、午後9時から午前2時になります。

ちょうど仕事から帰ってきてからFXに取り組もうとする時間帯ですね。会社員の方には有り難いですね。しかし、為替取引が活発に動くので注意も必要ですね。

初心者がドル円で取引をするのが良い訳

FXの初心者の方にはドル円で取引をするのをお勧めしています。メジャーな通貨で取引をすると経済ニュースなどがわかりやすいからです。逆にマイナーな通貨で取引をすると、情報が入ってこないのでリスクが大きくなると感じます。

初心者の方はメジャーな通貨で取引をすることをお勧めします。メジャーな通貨が何があるのか見てみましょう。

メジャーな通貨は米ドル、ユーロ、円、ポンド、豪ドルなどがあります。まずは、メジャーな通貨で取引をし、慣れてきたらマイナーな通貨で取引をするのもいいと思います。マイナーな通貨は取引量が少ないため値動きが荒くなる可能性があるので注意が必要です。

アメリカがFXに影響を与える?

FXはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析があります。テクニカル分析は過去の値動きを見て、今の値動きと比べてチャートを見る分析方法です。

ファンダメンタルズ分析は、世界各国の政治経済を見て分析をする方法です。チェックしておきたい経済指標は、政策金利発表、米国雇用統計、要人発言はチェックしておきたいですね。それでは、政策金利発表、米国雇用統計、要人発言を見てみましょう。

まずは政策金利発表について見てみましょう。政策金利とは、中央銀行が金利の上げ下げをして、お金の流れを調節することで経済促進や景気を調節することです。また、日本よりもアメリカが金利が高いと、アメリカにお金を預け入れる人が増えるので、「円安ドル高」になります。

次に米国雇用統計について見てみましょう。米国雇用統計とはアメリカの労働省が毎月発表しています。失業率や非農業部門就業者数、建設業就業者数、製造業就業者数、小売業就業者数、金融機関就業者数、週労働時間、平均時給などの10数項目の数字が発表されます。特に失業率と非農業部門就業者数が注目されます。

最後に要人発言について見てみましょう。要人発言とは各国の大臣や中央銀行の総裁などの関係者の発言で今後の金融政策についてある程度明らかになります。

ファンダメンタルズ分析は以上のことを理解し、為替がどう動くか考えます。アメリカがFXに影響を与える米国雇用統計も注目です。

FXをドル円で取引するときの疑問!

FXをドル円で取引するときの疑問を解決していきましょう。5つの疑問に答えていきたいと思います。

FXをドル円で取引するときの疑問:その1

ドル円スワップについて。
FX初心者です。
ドル円ロングで、スワップがマイナスになる理由をわかりやすく教えて下さい。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
ドル円でスワップポイントがマイナスになった理由ですね。スワップポイントとは日々の金利のことを言います。ドルの金利より円の金利の方が高くなったようですね。金利は変わりますので、確実にプラスになるとも限ません。金利が逆転したのでしょう。

FXをドル円で取引するときの疑問:その2

fxについて ドル円の場合
10万円口座にあった場合

1.ドル=100円の時に100ドル買い110円になったら売る また90円になって売るその場合、口座のお金は一切減らずその取引での損益だけを引かれるのでしょうか?

2.売りから入れるとはどういう事ですか?いきなりドルの取り引きができるんですか?例円安の時にドルを売って円を買う、その円をドル安の時にドルを買う。という事ですか?そしてその損益が口座のお金に反映するんですか?

3.お金が一往復して取り引きが終わるんですか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
質問に答えていきたいと思います。

1.取引での損益だけ口座から引かれるのかという質問ですね。1ドルが100円の時に購入したということですが、1ドルが110円の時に売るとプラスになりますよね。1ドルが90円になったら、マイナス1,000円ということになります。1,000円は口座から引かれることになります。

2.売りから入るということは、円安の時にドルを売って円を買う、その円をドル安の時にドルを買うことです。FXは差益決算ですので、売りから入ることが可能です。

差益決算とは、現金の受け渡しをせずに差益だけで決算することです。例えば、1ドルが100円のときに買い1ドルが101円になったら、1円の儲けで1円が証拠金に反映されるということです。

3.お金が一往復してFXの取引は終わります。

FXをドル円で取引するときの疑問:その3

円高になると予想してのFXの質問です。
1ドル120円の時にドルを売り1ドル110円の時にドルを買い戻すことで10円の差益で儲ける事になると思うのですが…ここからが分かりません。日本人の私にとってドル
を持っていても日本では使えないですよね。結局円に交換しなければいけません。つまり、円高予想でドル売りから始めて儲けたとしても結局は円に交換しないといけない。ドルをいつまで持ってても仕方がないと思うのですが、どなたか分かりやすく教えて頂けないでしょうか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
ドル円で取引をして、ドルを持っていても円に変えないとお金は日本では使えないのではないか。という質問ですね。結論から申し上げますと、大丈夫です。使えます。FXは差益決算で成り立っているのでドルを円に換える必要がありません。

差益決算について説明をしたいと思います。差益決算とは、得した金額、損をした金額だけを証拠金に足したり引いたりしています。

質問にあった例で答えますと、1ドル110円の時にドルを買い戻すことで10円の差益で儲けることは、証拠金に10円がプラスになるだけです。ドルが手元にあるわけではないのです。差益決算で行われるので、心配はいりませんね。

FXをドル円で取引するときの疑問:その4

今はドルの為替が119円ですが、一万円に25倍のレバレッジを掛けてドルを買ったとして
120円になった時に売った場合いくら儲かるんですか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
ドル円で取引をしたようですね。資金が1万円でレバレッジが25倍なので25万円の取引が可能になります。そして、今の為替が119円です。最大限に買ったとして25万/119円なので2100通貨が購入でき、249,900円の取引をしていることになります。

そして、1ドルが120円の時に決算すると120円×2100通貨で252,000円になり、プラス2100円の儲けになります。

FXをドル円で取引するときの疑問:その5

ドル円で円高になれば1ドル100円から90円になる

じゃあドルのほうが高いってことですか?

円が下がるからドル円のチャートはさがっていくということですか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
ドル円で円高になると1ドルが100円から90円になります。円高になると円の価値が上がるのでドル安になります。そして質問にあるようにチャートは下がっていきます。



これを知っておけば便利!

FXについて知っておくと便利な事項をまとめました。これを知っておけば便利!是非最後まで読んでいただきたいです。

初心者の方は資金10万円程度からで大丈夫!

初心者の方は資金10万円でレバレッジは10倍程度、そしてFXは基本1万通貨ですが、1000通貨から始めることをお勧めします。まずは資金10万円でレバレッジが10倍だと100万円の資金を動かせることができます。100万円だと分散投資も可能になります。

そしてFXは基本1万通貨ですが、1000通貨から始めても大丈夫な理由は、例えばドル円で考えてみましょう。1ドルが120円だとします。1000通貨だと12万円で取引が可能になります。そしてその他にもユーロでもメジャーな通貨で取引ができるようになりますよね。分散投資ですね。

初心者の方はいきなり大きな金額を動かすのではなくレバレッジは個人で最大25倍ですが、最大で取引をしてしまうとリスクが大きくなるので、レバレッジは10倍が妥当だと考えます。

慣れてきたら段々と取引量を増やしていくことも良いですよね。FXはレバレッジがあるので大きい資金を動かせるので強みになりますよね。無理なく運用することお勧めします。

FXを始める前にデモトレードで取引を!

FXを始める前にはデモトレードで練習をしたほうがいいと思います。デモトレードとは、FXの練習のことを言います。実際に取引を行うのではなく、架空マネーで取引を行います。リアルマネーで取引を行うわけではないので、損をすることも得をすることもありません。

FXを始める前デモトレードを行ったほうが良い理由はデモトレードは実際にFXをやっているかのような感覚を味わえます。ですので、チャートの見方や売買の仕方などを練習できるのです。練習をすると実際にFXのやり取りを行う上でリスクが減ると感じます。

デモトレードを行うときは、実際にFXをやっているときのようにきちんと資金管理をしましょう。そして、メンタル面も鍛えましょう。メンタルはFXをやるうえでとても大切になります。デモトレードでメンタルも鍛えるようにしましょう。

ドル円で取引するときのメリット!

ドル円で取引するのは、情報がとても多いので初心者の方はドル円で取引をした方が無難だと感じます。マイナーな通貨よりメジャーな通貨での取引の方が初心者の方には向いていると思います。

ドル円だとメジャーな通貨な分取引する方が多いので是非ドル円での取引が良いと思います。

まとめ:FXを始めるときはドル円!

FXを初めて取引するときにはどの通貨がいいのか悩みますよね。初心者の方はドル円での取引が良いのではないかと思います。アメリカが為替に影響を与えるのが大きいからです。ニュースに取り上げられたりするので目につきやすいですよね。そして、新聞を読むようにしてもいいですね。

そして、メジャーな通貨なためマイナーな通貨に比べるとリスクが減ると感じます。ですので、初心者の方はドル円がいいのではないかと思います。

FXは24時間動いているので、会社から帰宅した後にでも取引が可能なので、良いですよね。そして、初心者の方はFXを始める前はデモトレードで練習したほうがいいと思います。デモトレードを行うことでFXについての勉強もできますね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・