社会保険について|病気や怪我の時に活用すべき高額療養費を解説

毎月給与から健康保険や厚生年金、雇用保険が天引きされています。しかし公的保険はどのように使われているのでしょうか?そしてもし入院した場合に医療費が高額なら、入院前にしておいた方が良い手続きもあるので合わせてご紹介します。



社会保険の種類

4種類ある社会保険について超わかりやすく説明します。

社会保険とは国が運営する保険で強制加入です。保険の種類には4つあります。

①健康保険
管轄は○○保険組合です。保険証を提示すれば3割負担で医者にかかる事が出来ます。もし保険証がない場合でもいったん全額負担となりますが、その際、領収書をもらい後日の保険証と領収書を提出すれば残りの7割分を返還してもらえます。あと医療費が高額になった場合は申請すれば上限以上は戻ってきます。

②年金
管轄は日本年金機構です。現行制度では65歳から年金が受給出来ます。会社員に加入義務があるのは厚生年金(2号被保険者)、自営業の方が加入しているのは国民年金(1号被保険者)で20歳以上に加入義務があります。

③労災保険
管轄は労働基準監督署です。業務中に発生したケガなどの程度に応じて治療費用が全額支給されます。ただし監督署が認定した場合のみ支給されますので注意が必要です。

④雇用保険
管轄は公共職業安定所(ハローワーク)です。会社を退職すると雇用保険を受給する事が出来ます。原因が自己都合退職か、会社都合退職で受給期間等の内容が変化します。
耳にしたことある労働保険とは③+④のことを言います。

社会保険から受給される給付金や手当

業務中に発生したケガや病気なら労災保険、そのケガ・病気が原因で障害が残った場合に障害年金、また最悪死亡した場合も遺族年金が受給されます。失業した場合は雇用保険で失業手当を受給できることができます。社会保険料は色々な給付金や手当があります。



入院した時、高額療養費制度が利用できる

民間の保険は不要!?【高額療養費】について

最近「医療保険は不要」という書籍が出版されました。その理由の一つには、公的な医療保険があるからです。もし入院した場合に支払う医療費には月額の支払い上限が決まっています。これを【高額療養費】といいます。70歳以上の方ならさらに減額されます。

下記の金額目安は、会社員の場合の上限額です。わかりやすく年収で記入していますが、厳密に計算されるのは標準報酬月額ですので年収を参考にして下さい。

●年収約1,160万円~
・標準報酬月額83万以上の方では252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

●年収約770万円~約1,160万円
・標準報酬月額53万~79万の方では167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

●年収約370万円~約770万円
・標準報酬月額28万~50万の方では80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

●年収~約370万円
・標準報酬月額26万以下の方は57,600円

●住民税非課税者
・低所得の方は35,400円

高額療養費制度を利用される皆さまへ |厚生労働省
参照元:厚生労働省(2015年10月時点 著者調べ) 「高額療養費制度を利用される皆さまへ」

高額療養費の多数回該当とは

「多数回該当」とは、高額療養費が3月以上あった場合は、4月目から自己負担限度額がさらに減額されることです。実際の金額は、下記のとおりです。

●年収約1,160万円~
・標準報酬月額83万以上の方では140,100円

●年収約770万円~約1,160万円
・標準報酬月額53万~79万の方では93,000円

●年収約370万円~約770万円
・標準報酬月額28万~50万の方では44,400円

●年収~約370万円
・標準報酬月額26万以下の方は44,400円

●住民税非課税者
・低所得の方は24,600円です。

これ以上負担しなくてもよいのならば医療保険が不要だというのも納得です。この高額医療費制度は、普段私達が加入している健康保険で充分賄えるケースが多いのが現実です。ただし、一人部屋の差額ベッド代、食事負担額等は医療費に含まれないのでご注意下さい。

標準報酬月額とは

標準報酬月額というのは基本的に4.5.6月の月収の平均です。9月から翌年8月までその平均が報酬月額になります。しかし17日未満の月は除外されることもあります。給料の増減が激しい場合は標準報酬月額を改定する場合もあります。この額で高額療養費の計算基礎になっているのです。

標準報酬月額の決め方 | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会
参照元:全国健康保険協会(2015年10月時点 著者調べ)

余計な支払いをしないで済む方法がある

【限度額適用認定】について

本来なら医療費をいったん全額払った後で、上限額を差し引いた差額が戻ってきますが、【限度額適用認定】を受けておけば、上限額のみ支払いすればよく高額な医療費はかかりません。限度額適用認定申請は会社員の場合は労務担当の方に相談すれば書類を出してもらえます。

書類は簡単な用紙です。名前と入院期間を記入する程度のもので入院先や病名などは記載する必要はありません。その後認定証が送られてくるので医療機関へ持っていけば受ける事ができます。入院時に窓口へ渡しておけばいいでしょう。

高額療養費を受ける場合は【限度額適用認定】を受けておくと一時的な出費が回避できます。

高額な医療費を支払ったとき(高額療養費) | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会
参照元:全国健康保険協会(2015年10月時点 著者調べ) 社会保険は医者にかかった時の健康保険と退職してからの受給される年金だけではなくさまざまに使われています。高額療養費に関しては限度額適用認定を利用する事と、ご自分が加入されている民間の保険料をもう一度見直すきっかけにして頂ければいいと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・