節約で話題のMVNOを徹底比較して、スマホを安く使うワザとは?

いまやすっかり必需品となった携帯電話ですが、スマートフォンの普及によりパケット代金も使い放題にしないととても不便になっています。毎月かかってしまう携帯電話料金を節約するために、料金が安いと話題のMVNOについて比較してみました。そして、初めてでも安心!な店頭申し込みできるところに限定してみました。



「MVMO」って、そもそも何?

MVNOとは

MVNOとよく聞くようになりましたが、日本語で「仮想移動体サービス事業者」といいます。これは簡単にいいますと回線事業者から回線を借りて販売している携帯電話サービス会社のことです。具体的には、携帯電話の通信回線網を独自に持つNTT docomoやauが持っている携帯電話回線をMVNO会社が安く借りて、それをユーザーである客に提供しているのです。

そもそもの始まりは、2001年に日本通信がウィルコムのPHS通信回線を借りたことです。ヨーロッパでは当たり前に普及していたことに目をつけたわけです。現在、ディズニーモバイルがソフトバンクから回線を借りているのもMVNOなんですよ。

MVNO会社のメリット・デメリット

それでは、どのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。まずメリットですが、MVNO会社は携帯電話などの回線を借りているだけです。ですから、この回線についてのンテナンスや設備の増設などをする必要がありません。

そのために新規参入がしやすくなります。新規参入企業が増えれば、競争原理も働きますから、それだけ消費者に有利に提供されることになります。ユーザーに安く提供されているのはこのためです。

他方、デメリットは携帯電話などの回線を借りているということは、自ら大元をどうこうすることはできません。そのため、メンテナンスや回線異常が出てしまうと大元の回線企業に交渉するしか手はなくなります。

そして、借りることは当然企業間の契約に基づくものですから、契約条件によってはサービス提供の年数が限られることもあるかもしれません。こういった契約はたいてい数年単位でしょうが、契約が終了してしまえば、そのままユーザーも利用することができなくなります。また、安く提供するために回線速度が遅かったりとそのままドコモやauを利用しているようにはならないのです。



どんな風に節約できるの?

月々の使用量が安い

ズバリ月々の使用料が安くすむようです。データ通信だけの契約ならば、月々900円くらいからあり、使い放題です。家でも外でも使い放題でこのお値段のようです。通常パケット使い放題は5,000円以上かかりますので、お得といえます。

やめたいときに解約できる

基本的には使用継続期間を設定しているところは少ないため、使わなくなったらすぐに解約手続をすることができ、違約金もかからないようです。

ただし最近は通話ができるプランも用意されてきました。この場合ですと最短使用期間を設定しているところも多く、この使用期間以内に解約すると違約金を取られる、などということもありますので、MVNOを選ぶ際に注意してください。

節約できる「mvno」徹底比較!

今回は、いざとなったら売り場の人に聞けるメリットを最優先で、店頭で申し込めるところに焦点を絞ってみました。

BIC SIM(docomo系)

ビックカメラ店舗のBICSIMカウンターで契約できます。ただし、全店舗ではないので注意しましょう。ちなみに、IIJとうい会社が運営しています。

・初期費用:3,000円程度
・データ通信のみのプランならば、月々900円から。
・使用期間や違約金はありません。
・さらにwifiのおまけがついてくるようです。

ビックカメラ | BIC SIM(ビックシム)
BIC SIM(ビックシム)サービスのご案内はこちら。マイクロSIM、ナノSIM対応で、スマホとタブレットの通信料がなんと900円(税抜)/月〜に。

楽天モバイルSIM(docomo系)

papervv
楽天が運営しているものです。楽天モバイルお申し込み受付カウンターを店舗として設けております。

・初期費用:3,000円
・データ通信のみで月々525円より。
・データ通信のみのプランの場合、使用期間や違約金なし。
・スマホとのセット販売も行っています。

楽天モバイル: SIM
楽天モバイルなら格安SIM(シム)が月額525円から!選べるSIMカードは「データSIM(SMSなし)」、「データSIM(SMSあり)」、「通話SIM」の3種類。お客様の用途に合わせてお選びいただけます。

UQ mobile(au系)

junjun_partyfreak
ジョーシンなど全国の家電量販店にカウンターを設置しています。

・初期費用:3,000円
・データ通信のみ:月々980円から
・データ通信のみのプランの場合、使用期間、違約金はありません。

格安スマホ・格安SIMのUQ mobile公式ホームページ
格安スマホ・格安SIMのUQ mobile(ユーキューモバイル)公式ホームページです。auの4G LTEに対応した安心・信頼のMVNOサービスで受信最大150Mbps、月間データ容量3GBで980円から。

BIGLOBE SIM(docomo系)

大手プロバイダーであるBIGLOBEが運営しているところです。BIGLOBE契約者は200円の割引があります。ゲオやヨドバシカメラの一部の店舗にカウンターがあります。

・初期費用:3,000円
・データ通信のみ:月々900円から。
・データ通信のみのプランの場合、使用期間や違約金はありません。
・また、BIGLOBEのメールやwifiのサービスもあります。

BIGLOBE SIM:安心・快適な格安SIM

イオンSIM(docomo系)

win9kiss
全国のイオン店舗の一部にカウンターがあります。データのみのプランは現在販売を終了しており、音声つきプランのみになっています。

・音声付きプラン:月々1560円
・初期費用:3,000円

※このプランは最低5か月の利用期間設定があり4か月以内に解約すると解約手数料8,000円を支払わなければなりませんのでご注意ください。

イオンSIM、イオンのスマホ、スマホの月額料金を格安に。音声通話も可能 | b-mobile SIM
イオンのスマートフォン,イオンのスマホ,スマホの月額料金を格安にイオンSIM(月額934円(税別))、音声通話も可能。SIMフリー端末に使える音声通話・データ通信SIMカード、b-mobile SIM。



注意点は?

提供されるのはSIMカードのみ

MVNO会社が提供するのは、ほとんどの場合現在SIMカードです。ですから、このSIMカードが入る端末が必要となります。とはいえ、現在ドコモを利用しているのならば、ドコモから回線を借りているMVNO会社のものを、auを利用している場合はauから回線を借りているMVNO会社のSIMを契約すればそのまま使用できることがほとんどです。対応端末などの詳細は、各MVNO会社のホームページに記載されています。

キャリアメールが使えなくなる

ドコモやauのドメインのメールを使用することはできません。もっとも、2台持ちならばスマホの方でキャリアメールを読むことができるように設定すればほとんど気になりません。

回線速度が遅い・制限される

格安な分、基本的にはデータ通信は遅いです。動画を頻繁にする人や外出が多い人は安定しないので、困ることもあるかもしれません。

海外では使用できない

ドコモやauのユーザーは、そのまま海外で使用することができるようです。もっとも日本で使用するパケット使い放題のプランには含まれませんから、別途海外パケット使い放題を契約することになるか、自然に料金プランに組み込まれている場合があります。

しかし、高額に余分にかかるというリスクはありますが、やはり特に設定せずとも自動的に回線が切り替わって使用できるので、便利ですよね。MVNOについては、海外で使用できないので、wifiを利用するか、現地のSIMを契約するなりして対応しなければなりませんから、少し面倒かもしれませんね。

何か準備するものは?

まずは使っていないスマホから

このMVNO会社は、SIMカードを提供しています。ですから、当然このSIMカードを入れるスマホの端末このMVNO会社は、SIMカードを提供しています。ですから、当然このSIMカードを入れるスマホの端末が必要となります。

もっとも、まだまだ使えるスマホは眠っていませんか?たとえばドコモで使っていたスマホは、ドコモから借りているMVNOのSIMカードならば何も手続きしなくてもそのまま使えることが多いです。iPhoneも同じです。

ですから、空いているスマホやSIMフリーのスマホが必要となってきます。とはいえ、MVNO会社がスマホとセットで提供している場合もありますので、チェックしてみてください。

中古やSIMフリースマホを購入してみても

MVNO会社のSIMの使用になれてきた、使い勝手もそれほど悪くないと思えば、新しいスマホを購入してもいいかもしれません。通話はフィーチャーフォンで、スマホはMVNOのSIM利用にするととても安く済むようです。

賢く利用して節約!

いかがだったでしょうか?多少面倒なこともありますが、MVNOを賢く利用して大幅な節約を試してみてはいかがでしょうか。参考にしてみてくださいね。
※本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。