お金に好かれる財布の必須条件。財布の扱い方でお金持ちになれる!?

毎日あたりまえのように使っている財布。あなたは財布の扱い方について考えたことがありますか?実は財布には「お金に好かれる財布」と「お金に嫌われてしまう財布」があるんです!あなたの財布の扱い方は知らないうちにお金に嫌われる財布になってしまっているかもしれません。お金に好かれる財布のルールを知って金運アップを目指しましょう!



お金に好かれる財布とは!?

happiness_shop88
自分自身がゆっくりとくつろげる場所があるように、お金もゆっくり安心できる環境が大好きです。お金が居心地良いと感じるような財布にして、あなたの財布も「お金に好かれる財布」にしてみませんか。日々節約しているのになぜかお金が出ていってしまう…という人は、まず財布を見直すことをおすすめします。

誰にでも即簡単に実践できるお金に好かれる財布の条件をご紹介いたします。



風水で「お金に好かれる財布」にする方法

財布の形は長財布を選ぼう

財布のデザインは長財布を選びましょう。お札を折ることは「お金の腰を折る」ことにつながるので、二つ折りの財布はNGです。財布はお金にとって家である場所です。お札がゆっくりのびのびできる長財布が好ましいようです。

また風水では財布の色はとても大事なポイントです。「金運といえば黄色」とまず思い浮かびますが、黄色はお金を呼び込むものの、お金が出る気も強い色とされています。

他には、青色は水を意味するカラーなので「お金を流してしまう」という作用が働くので好ましい色ではありません。

おすすめのカラーは、黒もしくは茶色です。黒は今あるお金を守る色とされており、すでにお金持ちの人や金運がいいと自覚されている人が持つとよいと言われています。茶色は土と同じ色であり土と金とは相性がよく、金運にとってとても良い色とされています。

また、ある経営者は「財布の値段の200倍がその人の年収になる」と言っています。思い切って高価な財布を購入してみるのも良いかもしれません。

財布の素材の選び方

財布の素材は「牛革」が一番のおすすめです。牛革は蓄財という意味があり牛革の財布を使うことで貯める力を持てるとされています。他には「クロコダイル革」には今の金運を維持する力がある財布とされ、「ベビ革」には大きなお金が入ってくる反面出る力も大きいとされています。

財布の中身はシンプルに!整理整頓がポイント

あなたの財布にはレシートや使っていないポイントカードがごっそり入ったままになっていませんか!?気がつけばレシートでお財布がパンパンに…なんてことにならないよう、普段から整理整頓を心がけお金に好かれる財布を目指しましょう。

実際、財布には何を入れていいのでしょうか?財布に入れていいとされているのは、お金、お金と同じ意味合いを持つクレジットカードやプリペイドカード、キャッシュカードのみです。それ以外のポイントカードや診察券などは財布にはいれず別のカード入れなどで保管しましょう。

お札の向きは揃えて!夜はゆっくり休ませるのがいい!?

お金の向きは常に揃えて保管するようにしましょう。お金の向きがバラバラだと落ち着きがでません。また財布の中では、1万円札、5千円札、千円札の順に並べておきます。お金の定位置を決めることでどの紙幣が何枚入っているかということを常に意識し、常に自身の所持金を把握できるので無駄遣い防止にもなります。

財布にお金を入れる向きですが、頭を下にして保管するのがおすすめです。頭を下にして入れることでお金が出て行かなくなると言われています。

また自宅に帰ってきたら、お財布もゆっくりと休ませてあげましょう。財布は外出による移動の影響を受けて運気エネルギーが下がっています。そのためにも夜はゆっくりと休ませ、運気エネルギーを回復させてあげましょう。風水では、寝室の北側の静かな暗い所で保管すると良いとされています。

お金に好かれる財布にするための素朴な疑問

財布を買い替えるおすすめの時期は?

お金に好かれる財布はやっぱり清潔できれいな財布です。ボロボロになっていたり、色褪せてしまっている財布はそれだけで運気がダウンしてしまいます。財布は約3年で金運がなくなると言われています。
気に入っている財布でも金運を逃してしまう前に、新調するのがおすすめです。

では、新調する時期はいつがおすすめなのでしょうか?

風水では財布を買う時期は立春からひな祭りまでか、恵比寿様の日(10月20日頃)から11月24日の鎮魂祭までがベストとされています。この時期に買った財布は実りの財布と呼ばれお金が貯まるとされています!

最初に財布に入れる金額で財布の運命が決まるって本当?

財布を新調したら使い始める最初が肝心なのを知っていますか!財布のキャパシティは、新しい財布を購入して最初に入れる紙幣の合計金額によって決まってくるそうです。

財布自体がいくら高価でも、最初に5千円しか入らなければ5千円のキャパシティの財布になってしまいます。以降、それ以上のお金が入ってきてもその余分なお金は「よそ者」扱いされ出ていってしまいます。

財布を新調したら、思い切り見栄をはってたくさんの現金を入れお金を呼び込みましょう!最低でも3日は保持するといいとされています。



お金はあって損はない!お金に好かれる方法とは!?

お金に好かれる財布を手にしたら、つぎは自身も「お金に好かれる人」になってどんどん金運アップを目指したいですね。人が人を呼ぶように、お金も、金が金を呼ぶのです!お金が寄ってくる人とはどんな人なのでしょうか?お金に好かれる人の特徴とは?

お金を好きになってお金を大事にする

お金に好かれる人というのは、お金のことが大好きで、またお金を大事にする人です。普段からお金のありがたさに感謝しお金を大切に扱っているのです。

お金に好かれる人はお札は常に新札に取替え財布に入れているそうです。新札はまだ誰の手にも渡っていない無垢なお札です。ピシッとした新札が財布に入っているだけで気持ちが良く気分が上がりますよね。

御祝儀などには必ず新札が使われるように新札は出す側も受け取る側も気分がいいものです。また、新札というだけで丁寧に扱うようになりお金を大切に扱うことにつながります。

お金に話しかける

お金に好かれる人はお金に話しかけているそうです!お金を払う時は出ていくお金に「いってらっしゃい」、お金を受け取る時は「おかえりなさい」と心の中で話しかけます。

衝動買いをしたくなった時、お金に心から「いってらっしゃい」とは言いがたいですね。結果、必要なものや思い入れのある物だけを買うようになり無駄遣いを防ぐ効果もあります。

気持ちひとつですぐに実践

すっきり整えた財布を持つだけで気分もシャキっと引き締まりますね。まずは財布の整理整頓からはじめてみてませんか。お金に好かれる財布に変身してお金をたくさん迎え入れたいですね。くれぐれもレシートで膨らんだ財布に戻らないよう、お金で膨らむ財布を目指しましょう。