FXは資金いくらが必要?【初心者】でもわかる解説!

FXをこれから始めようとしている方は資金がいくらあるとFXで投資できるのかと悩んでいると思います。FXは少額資金から投資が可能です。そんなFXの悩みを解決したいと思います。誰もが悩むことだと思うのでわかりやすく解説します。



FXは資金いくらから始められる?

まずFXの説明をしたいと思います。FXの正式名称は外国為替証拠金取引と言います。FXは単純に考えると、ドル円で考えてみましょう。ロングでポジションを持つと仮定し、1ドル100円が円安になり、1ドル101円になると1円の利益になります。逆にショートでポジションを持っていたら、1円の損失になります。

ここで、「ロングでポジション」という言葉がでてきました。ロングとはこれから円安になるだろうと予想して、その金額を購入することをいいます。「ショートでポジション」という意味は、ロングとは逆にこれから円高になるだろうと予想して、その金額で売ることをいいます。

そして、FXをこれから始めようと考えている方はFXに投資する金額はいくらあればいいのか迷いますよね。そんな悩みを解決していこうと思います。まず、初心者の方は10万円程度あるとFXを始めるのにはいいと思います。10万円あると分散投資もできるのでお勧めします。

FXを始めるのに資金は小資金でも始められるので、お金がなくても始められる投資になります。一万円からでもFXは始められるのです。しかし、余裕をもって投資を行うのであれば上記に書いたように10万円程度あると良いと思います。

初心者の方は小資金額から投資をするといいでしょう。そして投資は資金に余裕も持って行うとよいでしょう。



FXの重要な事項あれこれ

初心者の方は資金10万円程度から

FXをこれから始める初心者の方は投資金額は10万円程度あるといいと思います。投資金額が10万円程度あると分散投資も可能になるのです。少なすぎる金額でも始められますが、ギリギリで始めても自動ロスカットになる可能性もあります。

FXは株式投資と違って小資金から投資が可能なのでお金がなくても始めやすい投資だと思います。そしてFXの最大の魅力でもある<レバレッジ>もあるので小資金でも投資ができるのです。それでは、レバレッジとはなんでしょうか?次に説明したいと思います。

レバレッジは10倍程度

<レバレッジ>とは、お金をFXの会社に証拠金(FXを始めるときにFXの会社にお金を担保にして預け入れること)として預け入れます。そして、その数倍から数十倍のお金で取引ができることを言います。結論から申し上げますと、初心者の方はレバレッジは10倍程度が良いと思います。

なぜ初心者の方はレバレッジが10倍程度が良いかと言いますと、上記で解説したように資金10万円で始めたとします。レバレッジが10倍だと100万円の投資が可能になります。

100万円の投資が可能になることで、分散投資が可能になるのです。分散投資とは、様々な通貨での取引が可能になるということですね。分散投資をすることでリスクも抑えられます。初心者の方はレバレッジは10倍程度が理想的だと思います。

レバレッジは個人で最大25倍まで可能です。レバレッジ25倍だと投資できる金額も大きくなります。しかし、初心者の方にはリスクが大きすぎると思うのでレバレッジは10倍が良いと思います。

1000通貨から始めよう

まず、1000通貨を説明したいと思います。ドル円で考えてみると、1ドル=1通貨です。1000通貨なので、1000ドル=1000通貨です。

そして、FXの初心者の方は1000通貨から始めると良いと思います。1000通貨だと投資金額が少なくても投資できます。例えばドル円で考えてみましょう。1ドル120円だとします。1000通貨だと12万円あると投資が可能になります。上記で解説したように、投資金額が10万円でレバレッジが10倍だと100万円のお金を動かすことが可能ですよね。

1000通貨から始めると12万円で投資ができてしまうので、初心者の方には向いていると思います。FXは基本的には1万通貨で取引するのが基本です。しかし、1000通貨から投資できるFX会社もあるので、そういったFXの会社で口座を開いて取引するといいと思います。そうすることで、リスクも抑えられると思います。

それでは、1000通貨から始められるFXの会社を紹介したいと思います。私が紹介したい1000通貨から始められる会社は以下の通りです。参考にすると良いでしょう。

1000通貨単位で取引できるFX会社はここだ!|FX会社徹底比較!|ザイFX!
「ザイFX!」は外国為替とFX(外国為替証拠金取引)の無料情報サイト。めちゃくちゃ売れてるマネー誌『ダイヤモンドZAi』が作ったFXの最強ポータルサイトです。見やすい為替チャート、為替相場を見通すFXコラム、オトクなFX会社の比較情報など、FX初心者から上級者まで役立つFX情報を満載! 1000通貨単位から始められるFXの会社を紹介しました。参考にしてみて下さい。

資金管理をきちんとしよう

FXを行う上で資金管理をきちんとしましょう。そして、自分でFXを行う上でのルールも決めておくといいと思います。損切り(含み損が大きくなる前に損をしていても決算する方法です)はどのくらいでするのか、利益確定はどのくらいでするのかなどを自分で決めてそのルールに沿ってFXを行って投資すると良いと思います。なかなか難しいと思いますがメンタルを強くもってルールを守るようになるといいですね。そうすることが資金管理に繋がってくると思います。

FXの疑問!

FXの疑問:その1

「FXは少ない資金で出来るが、
株はある程度の資金が必要だ」と言いますが、
それはレバレッジが違うからですか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
FXと株式投資の違いは、FXはレバレッジがあるので小資金額から投資するのが可能です。しかし、株式投資の場合はある程度まとまったお金が必要になります。FXにレバレッジがあるように株式投資は信用取引があります。株式投資は基本的に信用取引をしなければFXでいうレバレッジがないのです。なので、小資金額から始めるにはFXが適していると思います。

そして、FXは最大個人でレバレッジ25倍が可能なのです。なので、FXの最大の魅力とも言えるのです。株式投資の場合の信用取引では担保の約3倍が取引可能なのです。FXのレバレッジに比べると違うのがわかりますね。なので、株式投資はある程度まとまった金額がないとFXよりも投資ができにくいと考えられます。

FXの疑問:その2

FXにおけるレバレッジという物についてなんですが、例えば100万円の資金で500万円投資できる理由はなんですか?なぜ5倍投資できるのですか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
レバレッジとはFXの会社に証拠金として預け入れて、その数倍から数十倍の取引が可能になるというものです。100万円の資金で500万円が投資可能になる理由は質問にもありますが、レバレッジを5倍にしているからです。100万×5=500万です。

資金が100万円でレバレッジを10倍にすると1,000万円の投資が可能になります。レバレッジは資金の何倍ものお金で取引できるFXの最大の魅力とも言われています。

FXの疑問:その3

FXは初心者でも簡単に始められますか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
FXは初心者の方でも始められるかという質問ですが、FXでは覚えなければいけないことが多々あります。まずは勉強が必要だと思います。そして、勉強も一通り終えてFXを実際にやるのではなく、デモトレードで練習するといいと思います。

デモトレードとは(FXを練習するためのシステムのこと)実際にFXの取引を行うことができるのですが、リアルマネーではなく、使うのは架空マネーです。なので実際のお金で取引するのではないので、自分の投資スタイルを確認することができます。

チャートの見方、売買の仕方など自分にあった投資スタイルをデモトレードで見つけてみるといいと思います。デモトレードを行うことでリスクも抑えられると思います。

そして、デモトレードを行うことで実際に取引を行っている感覚が味わえるので練習には最適だと思います。まずは、勉強を一通り終えたらデモトレードで売買の仕方を勉強をするとともに、FXで大切なメンタルも鍛えていきましょう。

FXではメンタルが重要になってきます。メンタルがなぜ重要かと申しますと、利益や損切りをするときに「まだ上がるから大丈夫だ!」などと自分で決めたルールを無視して投資をすることで、リスクが大きくなるのです。損切りをするところでしないと、莫大な損失になる可能性もあるので注意が必要です。

様々な面からみるとデモトレードである程度練習した方がいいでしょう。そしてメンタルも鍛えて実際に取引を行ってみると良いと思います。

FXの疑問:その4

fxを始めるつもりなんですが10万からだと少なすぎてすぐなくなっちゃいますか?

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
FX初心者の方は資金は10万円でちょうどいいと思います。レバレッジを10倍程度にすると100万円を動かせるので投資金額としても分散投資が可能になる金額です。ですので、10万円あるとFXでは投資しやすいと思います。

FXの最大の魅力でもあるレバレッジは個人で最大25倍可能ですが、レバレッジを最大の25倍で取引をするとリスクがあるので初心者の方はレバレッジ10倍で取引した方がいいと思います。

FXの疑問:その5

FX未経験で素人考えなのですが、疑問に思ったので教えてください。
貯金を少しでも増やしたいと思い、外貨貯金がやりたいと思いましたが、FXの方が良いの
では?と思いました。

出典:

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
FXと外貨預金の違いについて説明したいと思います。外貨預金とは日本よりも金利の高い国にお金を預け入れて高金利を目的とした投資方法です。しかし、円高・円安に左右されます。例えば1ドル120円の時に預け入れたとします。その後円高が進み1ドル110円になったとします。ここで引き出すと10円の損失が発生します。

外貨預金は高金利を目的とした投資方法なのですが、引き出す時には円高・円安に気を付けて引き出すようにしたほうがいいでしょう。

そしてFXとは、二つの通貨を売買して利益を得る投資方法です。FXでは日々スワップポイントという金利が発生します。スワップポイントでも気を付けなければいけないことがあります。日々の金利情勢で金利は変動します。なので、スワップポイントが利益になることも損失になることもあるのです。

そして、FXでは外貨預金にはないレバレッジがあります。レバレッジとは預け入れた証拠金の数倍から数十倍の取引が可能になるので、FXの最大の魅力とも言えます。大きい金額を動かすことがFXではできます。これが外貨預金とFXの違いと言えると思います。



FXの資金について覚えておくこと

維持証拠金

維持証拠金とはポジションを保有するための必要な最低証拠金のことを言います。ポジションを保有している間にも為替レートは変動します。それによってポジションに評価損が発生する可能性があります。

証拠金維持率

証拠金維持率は取引している金額に対して、証拠金の残高の割合のことを言います。例えば、10万円の証拠金でレバレッジを10倍にすると100万円の取引が可能になります。そこで1ドル100円を100万円分取引したとします。1ドル90円になったとすると、90万円になり1万円の含み損になります。証拠金維持率は90万円/100万円となり、90%ということになります。

証拠金維持率の計算式は、(実行証拠金/建玉必要証拠金)×100=証拠金維持になります。

余剰証拠金

余剰証拠金とは有効証拠金から維持証拠金を差し引いた金額のことを言います。ここで有効証拠金という言葉がでてきました。有効証拠金とは、FX会社の預かり取引証拠金に現在の評価損益を加減した金額のことを言います。

確定申告を忘れずに

FXで儲けていても損をしていても確定申告はしておきましょう。損失で確定申告をする理由は、損失の繰越控除を受けられるので是非確定申告をして下さい。損失は3年間利益と相殺できるので節税ができますね。そして、FXに必要な物を買ったら領収書を取っておきましょう。例えば、パソコンや書籍などですね。必要経費として認めてくれる可能性があります。確定申告は忘れずにしましょう。

FXの資金は10万円程度からでOK

FXの資金は初心者の方が始めるには10万円程度が良いと思います。そしてレバレッジは10倍で1000通貨から始めるのが良いと思います。そしてFXにはレバレッジがあるので、小資金額から投資が可能になります。資金が10万円程度あると分散投資も可能になるので、お勧めです。もちろん10万円以下でも十分投資は可能でしょう。

そしてFXは24時間取引可能です。会社から帰宅してから取引をするのもいいですよね。時間帯が決められていないメリットがあります。それではなぜFXは24時間取引可能なのでしょうか?解説していきたいと思います。

FXは世界各国で取引しているので24時間取引可能なのですね。月曜日にニュージーランドのウェリントン市場に始まり、東京市場、香港市場、シンガポール市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と土日を除いた世界各国で取引が行われているからです。FXの魅力とも言えますね。

そして、FXを始める前にはデモトレードで練習をした方がいいでしょう。自分の投資スタイルを確認してから取引した方がいいと思います。そして、チャートの見方や売買の仕方もデモトレードで確認しておきましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・