子育てに<かかるお金>と<もらえるお金>成長別まとめ

子育てのお金って一度は考える事だけど、今は忙しくて先々の事まで考えられない!!というママ必見!本当にそのままで大丈夫でしょうか。早くからの情報収集は貯蓄や先々ママの仕事復帰を考える目安にもなりますよ。子育てにかかるお金と助成金等の貰えるお金について成長別にまとめました。



子育てのお金【保育園・幼稚園】編

保育園・幼稚園でかかるお金

保育園は認可・無認可によって毎月の保育料が4万円程変わる事があり、幼稚園でも公立・私立の違いで毎月2万円程変わる事もあります。「お金」だけの話で言えば、認可保育園もしくは公立の幼稚園という選択が1番費用としては安くなります。

しかしメディアでもよく取り上げられている通り、待機児童が多くいるという現状から無認可保育園を選ばざるを得ない場合や、周囲に公立の幼稚園がない場合もあります。

実際に都道府県格付研究所の「公立幼稚園数都道府県ランキング」によれば、日本の公立幼稚園の数は全国で5,000校程になり、これは20,000校ある公立小学校の1/4の数しかない事になります。お住まいの環境等によっては、私立幼稚園への入園を検討せざるを得ない場合もあるでしょう。以下、保育園・幼稚園でかかると思われる費用についてまとめてみました。

【保育園】入園時:入園料や施設料はかかりませんが、入園準備に約1~2万円程かかります。(お昼寝用シーツや毛布・オムツ・着替え・コップ等)

・認可保育園:月々の保育料1~3万円
・無認可保育園:月々の保育料5~7万円

世帯収入により、保育料の金額が変わります。

【幼稚園】入園時:入園料と手数料・施設管理費等約2万円(公立)/10万円(私立)その他に入園準備で約3~5万円かかると言われています。(制服や体操服・上履き・お道具各種)

・公立幼稚園:月々の保育料約2万円
・私立幼稚園:月々の保育料2.5万円~4万円

制服等の必要なものから、保育料まで各幼稚園により費用は様々ですので詳細は各幼稚園へお問い合わせください。

保育園の場合収入により保育料が考慮されますが、公立の幼稚園へ通えず私立の幼稚園へ通うという家計には大幅な負担がかかってしまうようです。そこで、私立幼稚園へ通う家庭に対しては次のような制度があります。

公立幼稚園数の都道府県ランキング – 都道府県格付研究所
参照元:都道府県格付研究所(2015年11月著者調べ)

私立幼稚園就園奨励費補助制度

私立幼稚園へ通う子のいるご家庭を対象とした補助制度で、公立幼稚園と私立幼稚園との保育格差を解消するために支給されるものです。

・申請時期:毎年5月~6月頃に幼稚園からA4サイズの封筒が渡されます。
・書類:家族構成や収入に関する事を記入し幼稚園に申請します。

支給時期:12月過ぎ頃支給される園が多いようですが、お住まいの自治体や幼稚園により回数や支給方法、時期は変わります。

支給金額:各自治体の補助金額や市民税、何番目の子供かによって4段階に分けられ各家庭支給額は異なります。30万円以上貰えるという家庭もあるのでかなり心強いですね。但し、支給金額や支給時期等については園によって異なるので詳細は各園へお問い合わせください。

文京区 私立幼稚園等保護者補助金
参照元:文京区ホームページ(2015年11月著者調べ)



子育てのお金【小学校・中学校】編

つまり義務教育でかかるお金です。6歳から12歳までは小学校に、12歳から15歳までは中学校に通う事になりますが、義務教育とは憲法26条第2項によって定められた国民の義務ですので公立の小学校・中学校へ通う場合その授業料と教科書、私立や国立に通う場合もその教科書については無償で提供されています。

では、全くお金がかからないのかというとそうではありません。学校で使う体操服やピアニカ等の用品や給食費等、生活に必要なものについてはご家庭で揃えることになりますので、どの位かかるのか以下まとめてみました。

小学校(公立)でかかるお金

・入学時:入学金等はありませんが、入学準備に5~10万円かかると言われます。(ランドセル・上履き・文房具等学校生活に必要なもの、体操服・ピアニカ・算数セット等学習に必要なもの等)

・月々かかる費用:授業料はありませんが、その他10,000円以下の出費が毎月かかります。(給食費5,000円/集金:学習で使うものやPTA会費等1,000~3,000円)

中学校(公立)でかかるお金

・入学時:入学金等はありませんが、入学準備に5~10万円かかると言われます。(制服・体操服等の指定されるもの、文房具や生活に必要な用品等)

・月々かかる費用:授業料はありませんが、その他平均39,312円の出費があるようです。(部活やPTA会費、修学旅行積立金等)

子供の学習費調査:文部科学省
参照元:子供の学習費調査:文部科学省(2015年10月著者調べ)

私立の小学校・中学校でかかるお金

公立と違い、入学金や授業料にお金がかかるというのが私立の小学校・中学校におけるお金に関する大きな違いでしょう。例えば私立の小中学校でかかる初年度費用はそれぞれ60~150万円(入学金・授業料・施設費等)かかると言われますし、その他習い事をしているお子さんも多いようですので、実際のお子さんにかかっているお金はさらに上乗せと考えてよいでしょう。

こうして実際の金額をピックアップしてみると産まれてから中学校を卒業するまでにも約300万~400万円と結構な額の教育費がかかっていることがわかると思います。そこで、その負担を軽便すべく義務教育卒業までをサポートしてくれるのが次にあげる制度になります。

児童手当

0歳児から義務教育である中学卒業までを支給対象とする手当です。2012年以前は「子ども手当て」というもので支給されていたものですが、新児童手当には所得制限がかけられるようになりました。これは私立・公立等にかかわらず年齢を対象に出されるものになり、各年齢によって支給額も変わります。

・0歳~3歳未満15,000円/月
・3歳~小学校終了前10,000円/月(第1子、第2子)・15,000/月(第3子以降)
・中学校終了前まで10,000円/月(一律)
・その他の条件:所得制限世帯約960万円以上のご家庭5,000円/月

月々10,000円以上という事は小学校までの必要経費分の費用は計算上それで賄う事の出来ますし、中学校位になるとお子様の手がちょうど離れて働くママも増えてくるころですので、子供にかかるお金で急に生活が圧迫するという事もないでしょう。

但し、支給は毎月ではありません。2月・6月・10月と年3回、4カ月分ずつの支給になりますのでお月謝や保育料を児童手当ありきであてにするのには注意が必要かもしれませんね。

子育てのお金【高校】編

そして一番頭を悩ませるのがこの高校進学でしょう。出来れば公立!!だめなら私立…もう受かってくれたらどこでもいい!!こんな親心がきこえてきそうです。実際に高校進学のお子さんの6割は国公立ですが、4割のお子さんは私立高校への進学をしています。私立高校は公立高校の約2倍の学費がかかる事もありますので、両方把握しておくと慌てずにすみそうです。

高校でかかるお金

【私立】入学時:入学金:300,000円だけでなく、寄付金100,000円程かかる事があります。
・入学準備にかかるもの:20万~40万(制服や体操服、鞄等指定のもの等)
・授業料:45,000円~60,000円/年
・月々その他かかるお金:各学校による(遠方への電車通学の定期代、修学旅行積立金は海外の場合もあります。)

【公立】入学時:入学金6,000円~10,000円
・入学準備にかかるもの:約100,000~200,000円制服代、体操服等の指定されたものや靴等
・授業料:平成22年度より無償化されました。(所得制限があります。)
・月々その他かかるお金:約20,000円…修学旅行の積立金やPTA、電車やバスの通学費等

高校でもらえるお金

上記のように高校は義務教育ではないので公立高校でも出費はかかりますし、私立高校の場合はさらに費用がかかります。高校進学の約4割のお子さんが進学する事を考えると頭が痛い問題ですが、その分助成金の制度も充実していますよ。

【高等学校等就学支援金】公立・私立・国立に関係なく授業料の一部として支援金が出る制度です。保護者の市町村民税所得割額が30万4200円未満(年収にしておよそ910万)の方が対象となります。国立高校で月額9,600円の支給される他、公立高校の定時制・通信制、特別支援学校高等部、その他10,000以下の支給をされる場合があります。

高等学校等就学支援金(新制度)Q&A:文部科学省
参照元:文部科学省HP(2015年11月著者調べ) 【私立高等学校等授業料軽減助成金事業】
私立高校に通うお子さんのいる家庭に対して経済的負担を軽減する目的で授業料の一部を助成してくれます。所得や世帯人数によって助成金額は変わりますが東京都の場合10万円前後の助成金が出る可能性があります。

私立高等学校等授業料軽減助成金事業 (平成26年4月以降に入学の方)/東京都私学財団
参照元:公益財団法人東京都私学財団(2015年11月著者調べ)



子育てのお金【大学】編

大学でかかるお金

費用が1番かかると言われているのが大学・大学院の費用でしょう。上記のように高校までも費用がかかっている上での大学費用ですので親御さんの方での貯蓄もオーバーヒートしてしまったり、授業料も半期一括の支払いになりますので一度の出費が重く家計に響いてくるでしょう。大学は国立や公立、私立の文科系・理科系など様々分野が分かれていますが、その選択により4年間の出費も2倍程差がでますので、お子さんの希望を第一優先という方も多いと思いますが、希望学部や国立・公立・私立等の選択を話し合う事も大切でしょう。

【国立大学】大学初年度:約85万円/4年間で約250万円
【公立大学】大学初年度:約93万円/4年間で約300万円
【私立大・文化系学部】大学初年度:約115万円/4年間で約400万円
【私立大・理科系学部】大学初年度:約150万円/4年間で約500万円強

※大学初年度にかかる金額とは入学金と授業料の合算金額の目安になり、その他の経費は別になります。大学は教科書代の出費や遠方から通う為の交通費等、諸経費が高校生までよりぐっとかかってくることが特徴です。

学費 | 大学生のコスト《4年間にかかるお金トータルシミュレーション》 | 大学受験パスナビ:旺文社
参照元:大学受験バズナビ(2015年10月著者調べ)

大学・大学院の授業料減免制度と奨学金

国立・公立・私立によってその減免割合に差がありますので、ご希望の大学と合わせて検討すると良いでしょう。

【国立大学】授業料免除・減免措置あり:平成25年度のべ17.8万人の学生さんがこの制度を利用しています。
【私立大学】授業料減免措置1/2以内補助:平成26年度3.8万人の学生さんがこの制度を利用しています。
【公立大学】授業料減免措置:平成25年度12万人の学生さんがこの制度を利用しています。

【奨学金制度】また、もらえるお金とは異なりますが大学生のおよそ6割が受給しているのが奨学金制度です。卒業後返済するお金にはなりますが、学費を学生本人が支払うという場合に有効でしょう。また家庭の所得によっては無利子になる場合もありますので検討の一つとなるでしょう。貸与金額は30,000~120,000円の間で学生さんが選択します。国公立・私立によっても貸与額が変わりますので、奨学金制度を検討する方は日本学生支援機構でご確認ください。大学入学後に大学側からお知らせが来ることもありますので、気を付けておきましょう。

大学・大学院等:文部科学省
参照元:文部科学省(2015年10月著者調べ)

まとめ

いかがでしたか。上記のケースの中から一例を挙げて見ると子供を一人育てる場合およそ800万かかるという試算がでます。(私立幼稚園・公立小学校・公立中学校・公立高校・私立大学で試算)もちろん、これに加えて成長期の食費などの生活費の負担もありますし、交際費、塾などの習い事にもお金はかかりますから、よく言われる「最低限1,000万円かかる」というのは中身を把握すると納得の金額といえるでしょう。

また、4割のお子さんが通うという私立高校への進学や、小学・中学校の私立進学をお考えの方はプラスαの教育費を考えることになるでしょう。

しかし、同時に助成金の補助も充実してきていますので各自治体の助成金もうまく利用して、一生のうちで一番楽しい時間をお子さんがよりよく過ごせますように親として精一杯応援してあげたいですね。 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。