<新婚旅行相場>費用を安く抑えてもラブラブなハネムーンにしたい!

結婚式後、行くであろう「ハネムーン」。みなさんは、どちら方面を希望されますか?ハワイ?それとも、憧れのヨーロッパ?一生に一度だから、記念になる旅にしたいと思うのは、みなさん同じでしょう。他の人たちは、新婚旅行にどのくらい予算をかけているのでしょうか?その他、旅費を安く抑える方法も併せて、詳しくご紹介しようと思います!



新婚旅行を考えてるあなたへ

ハネムーンに行くべきか?

ご結婚されたら、「セット」とも言えるべき、「ハネムーン」。一生に一度の大イベントと言っても良いかもしれません。でも、「行くか?行かないか?」迷っている人も、中には、いらっしゃるでしょう。迷いの大きな原因は、その予算ですよね。解ります。ハネムーンに行くとなると、結構なお金がかかることが予想されるでしょう。

最近のカップルは、どのくらいの割合で「ハネムーン」へ行っているのかも気になるところです。ブライダル総研が実施した「結婚トレンド調査2015」のデータを参考にみていきましょう! <新婚旅行の状況について>

■2015年
・新婚旅行へ行った(行く予定):73.6%
・行く予定(未予約):12.8%
・行かない(行かなかった):13.4%

■2014年
・新婚旅行へ行った(行く予定):72.6%
・行く予定(未予約):13.2%
・行かない(行かなかった):13.6%

■2013年
・新婚旅行へ行った(行く予定):72.9%
・行く予定(未予約):13.8%
・行かない(行かなかった):13% これらの結果を見てみると、新婚旅行へ「行った又は、行く予定」の方だけでも、2015年度は、(86%)に上ることが判ります。過去2年間で比較してみても、その割合はほとんど変わっていないですね!意外と多いことに驚きました。

また、「新婚旅行」へ行かなかった人が(約13%)程度と思ったより少ない割合でした。結婚したら、やはりハネムーンは「セット」である考え方が私たちの文化にはあるのかもしれませんね!

結婚トレンド調査2015:ブライダル総研(リクルート)
参照元:ブライダル総研(2015年11月時点、著者調べ)



ハネムーンの行き先について

ハネムーンの行き先は、もう決めてらっしゃいますか?国内?それとも、海外でしょうか?旦那さんが外国が苦手とか、飛行機乗りたくない人であれば、国内になる可能性もありますよね。最近のハネムーン事情は、一体、どうなっているのでしょうか?まずは、ハネムーンで「人気の行き先」について、確認してみましょう! 結婚式を行った方を対象として、2015年4月から6月にブライダル総研が実施した、ゼクシィ読者による「ゼクシィ結婚トレンド調査2015」の結果を参考にみてみましょう。

人気の行き先(首都圏の場合)

まず最初に、首都圏カップルの調査結果をみてみることにします。

<新婚旅行で人気の行き先(首都圏)>

<1位>ヨーロッパ:28.9%
<2位>ハワイ:25.9%
<3位>日本国内:17%
<4位>インド洋(ビーチ):5.1%
<5位>アジア(ビーチ含む):5.0%
<6位>アメリカ:4.6%
<7位>オセアニア:3.6%
<8位>グアム:3.3%
<9位>南太平洋:3.1%
<10位>カリブ:1.2%
<11位>その他海外:5.7%

出典:

bridal-souken.net

<日本国内での行き先(首都圏)>

■北海道周辺:3.3%
■東京周辺:0.9%
■関西周辺:2.9%
■九州周辺:2.6%
■沖縄周辺:5.3%
■その他:2.6%

出典:

bridal-souken.net
首都圏エリアの調査結果によると、予想通り、「憧れのヨーロッパ」へ行かれる方が(28.9%)と多いようですね!「一生に一度」と考えると、今後行けるかどうかわからない「遠い場所」ということで、決める方もいらっしゃるかもしれません。

また、不動の人気を誇る「ハワイ」も(25.9%)もちろん入ってます。ヨーロッパとは、(3%)の差ですね。ハワイに行く時の飛行機って、ハネムーンの「カップル」か「お年寄り」が多いような気がしましたので、この結果に納得します。

第3位は、意外にも日本国内がランクインしてます!(17%)とかなり多くの人が選んでいるようです。特に、沖縄に行かれる方が多いようで、(約5.3%)となっています。沖縄は、「日本のハワイ」っていうくらいですからね!人気があるのも確かではないでしょうか。

人気の行き先(全国の場合)

次に、全国カップルの調査結果をみてみましょう。首都圏カップルとの違いも、ここでハッキリ解かると思います!

<新婚旅行で人気の行き先(全国)>

<1位>ハワイ:28.4%
<2位>ヨーロッパ:24.3%
<3位>日本国内:22.3% 
<4位>インド洋(ビーチ):4.5%
<5位>アジア(ビーチ含む):4.3%
<6位>アメリカ:4.0%
<7位>グアム:3.7%
<7位>オセアニア:3.7%
<9位>南太平洋:2.2%
<10位>カリブ:0.7%
<11位>その他海外:5.1%

出典:

bridal-souken.net

<日本国内での行き先(全国)>

■北海道周辺:3.9%
■東京周辺:4.3%
■関西周辺:2.8%
■九州周辺:3.1%
■沖縄周辺:7.1%
■その他:2.7%

出典:

bridal-souken.net
驚きの結果は、1位と2位が逆転するところですね!全国の調査結果では、第1位にハワイ(28.4%)が選ばれています。ヨーロッパとは、(24.3%)と(約4%)の差が出ていることが判ります。

やはり、地方の人は、ハワイが好きなのか?私の友人の多くも、ハネムーンは、ハワイなんですよね。日本語でも十分楽しめるからでしょうか?

第3位は、同じく日本国内が出てきましたね!国内の行き先に関しても、やはり「沖縄」が圧倒的な人気であることがわかります。また、全国の調査のせいもあってか、「東京周辺」へハネムーンに行く方も(4.3%)と意外と多い結果でした。九州や北海道など、関東から遠方にお住いの方であれば、「ディズニーランド!」とか、も候補に挙がる可能性あるかもしれませんね!

結婚トレンド調査2015:ブライダル総研(リクルート)
参照元:ブライダル総研(2015年11月時点、著者調べ)

旅行日数について

ハネムーンて、何日間行くもの?

みなさん、ハネムーンはどのくらいの日数を考えているのでしょうか?せっかく行くなら、観光したり、ビーチでのんびりもしたいですよね?その平均的な旅行日数について、みてみましょう。
<新婚旅行平均日数>(2015年)

・3日以下:3.9%
・4日間:6.3%
・5日間:12.5%
・6日間:16.8%
・7日間:24.1%
・8日間:20.0%
・9日間:5.3%
・10日間:7.7%
・11日間以上:3.3%

(平均:6.9日間) 最も多いのは、7日間(24.1%)という結果になっています。一番驚いたのは、3日以下の方が、(3.9%)もいらっしゃることでしょうか。行き先は、きっと国内旅行ですよね?!また、11日間以上の方は、(3.3%)もいらっしゃるようです。平均で「6.9日間」ということで、約1週間程度が「平均的」であると考えてよいかもしれませんね!

結婚トレンド調査2015:ブライダル総研(リクルート)
参照元:ブライダル総研(2015年11月時点、著者調べ)



ハネムーンの旅行形態について

ここでは、旅行形態について、確認していきたいと思います。ツアー旅行か?個人旅行か?結構気になるポイントですよね!さっそく、みてみましょう。

ツアーで行くか?個人旅行か?

<新婚旅行形態>(全国:2015年)

■観光や食事などがついたパッケージツアー:40.3%

■宿泊と移動手段(チケット)だけのパッケージツアー:43.0 %

■パッケージツアー以外:15.8%

<パッケージ利用合計:83.4%> 調査結果では、パッケージツアーの利用が圧倒的に多く、利用合計が(83.4%)となっています。言葉が通じない国の場合であれば、不安もあるでしょう。そのせいか、ツアーを選ぶ人が多いのかもしれません。

宿泊と移動手段だけのパッケージを選ぶ方は、いいホテルに格安で泊まるための手段、または、航空券が普通に予約するより安価になることも考えられるでしょう。この手の旅行手段は、国内でも格安ですからね!

また、パッケージツアーのメリットとしては、ホテルや交通手段、食事の心配もする必要ないことが大きいかもしれません。そう考えると、手っ取り早く決められる「パッケージツアー」を選択する方も多いと考えられます。

パッケージツアー以外の方は、(15.8%)になっているようです。行き先が、ハワイやアジアであれば、日本語とカタコトの英語で済みますから、個人旅行でも十分楽しめるでしょう。

結婚トレンド調査2015:ブライダル総研(リクルート)
参照元:ブライダル総研(2015年11月時点、著者調べ)

新婚旅行相場の金額は?

ここでは、かかる2人分の旅行費用について、平均金額をみていきたいと思います!
※但し、お土産代は、含んでいません。あくまで、旅費のみです。

旅行費用の平均とは?

<全国カップル:2015>

・10万円未満:2.1%
・10~20万円未満:7.1%
・20~30万円未満:8.1 %
・30~40万円未満:9.3%
・40~50万円未満:8.1%
・50~60万円未満:12.2%
・60~70万円未満:14.4% 
・70~80万円未満:9.9%
・80~90万円未満:10.2%
・90~100万円未満:3.4 %
・100万円以上:15.3%

<平均費用: 60.6万円>

出典:

bridal-souken.net
全国の調査結果をみてみると、やはりここでも多いのが100万円以上(15.3%)です。みなさん、かなり奮発するんですね!?一生に一度だから、やっぱり「気合」を入れている感じが伝わってきます。平均費用も60.6万円となっていますので、素敵なホテルに泊まり、優雅な旅行が出来ているのではないでしょうか!?

パッケージツアーの料金について

ここでは、1人あたりのパッケージツアーにかかる価格について、見ていくことにしましょう。

<全国カップル:2015>

10万円未満:8.5%
10~20万円未満:14.8%
20~30万円未満: 22.2%
30~40万円未満:27.7%
40~50万円未満:13.9%
50~60万円未満: 8.6%
60万円以上:4.4%

<平均料金:30.1 万円>

出典:

bridal-souken.net
平均料金は、全国平均で約30.1万円になっています。比較的多いのは、30~40万円未満(27.7%)のようです。1人あたりそのくらいの料金であれば、かける2倍で、まぁまぁ金額がかかることが判りますね。それに、この金額には、まだお土産代が含まれていないことをお忘れではないでしょうか!?それも、忘れずに計算しておかなければなりませんよ!

お土産代は、いくら位かかる?

<全国カップル:2015>

■0円:0.9%
■10万円未満:43.3%
■10~20万円未満:35.4%
■20~30万円未満:11.4%
■30~40万円未満:5.4%
■40~50万円未満: 1.0% 
■50~60万円未満:1.4%
■60万円以上:1.2%

<平均:11.7万円>

出典:

bridal-souken.net
全国の調査結果から、平均「約10~12万円」程度になることがわかります。お土産は、職場や親戚に買っていくのでしょうか。それにしても、10万円かかるのは、結構イタイ出費ですね。国内であれば、それほどかかることは無いと思うのですが、海外旅行でみなさん大量に買い込む感じでしょうか?!

「ヨーロッパやハワイのチョコレート、美味しいですもんね!お土産に貰ったら、うれしいよね。」なんて言葉を聞いてしまったら、買わざるを得なくなりますよね。なかなか、お土産事情も大変そうです。

結婚トレンド調査2015:ブライダル総研(リクルート)
参照元:ブライダル総研(2015年11月時点、著者調べ)

旅行を検討するための情報収集

最も有効な情報ツールは?

新婚旅行を検討する際に、考えられる「情報ツール」は、どれが一番適しているか?

■インターネット
■旅行代理店
■旅行会社のパンフレット
■旅行雑誌
■結婚情報誌
■テレビ、CM
■新聞、チラシ どこから新婚旅行の情報を手に入れよう?迷いますよね?「ハネムーン」を決めた人たちが、どのようにして検討したのか、その情報ツールについて考えてみました。やはり、情報収集に向いているのは、インターネットのように思います。

なぜ、そう思うかと言いますと、料金の比較を簡単に出来るからです。同じホテルや飛行機でも、各予約サイトや旅行会社によって、値段の違いがあるのは、みなさんもご存知でしょう。ですので、細かく調べるという意味では、やはりインターネットに勝てるツールは、なかなか無いかもしれません。

しかしながら、旅行代理店のカウンターへ相談に行けば、「見積もり」を出してもらうことも可能でしょう。他にも、ハネムーン専用のパッケージツアー等も考えられます。そういう情報ツールも有効に使うことで、さらに良い旅ができることが考えられると思います!

旅行費用を安く抑える方法

ここでは、考えられる旅費を安く抑える方法について、考えてみたいと思います。みなさんは、旅行を考えた場合、どのように予約しようと思いますか?

わたくし、個人の話になりますが、実は、旅行はすでに37カ国しております。決して、お金持ちだからではありません。旦那が旅行好き外人だからです。そのため、いつも旅行を計画する際には、航空券とホテルは、別々に予約するようにしています。特に海外旅行だと、その方が安く済むからです。

逆に日本国内の旅行であれば、パック(ホテル+新幹線)などで予約した方が、安上がりの場合が多いかもしれません。時期にもよると思うのですが。

ですので、今回は、わたし的な安く旅する方法をご紹介しようと思います。

ホテルの予約方法について

みなさんは、ホテルの料金比較サイトをご存知でしょうか?例えば、

・Hotels.com
・Booking.com
・agoda.com

など、他にも色々あると思うのですが、私がよく利用するのは、この3つです。言語も変更できますので、日本語で見ることも可能です。これらのサイトは、行きたいエリアで検索すると、そのエリアに該当するホテルを表示してくれます。ですが、それだけではありません。一番の魅力は、宿泊金額が、割引価格なのです!

この3つ全てを使い、同じホテルを検索しても、さらに料金が違うこともしばしばありますので、かなりお買い得にホテルを予約することも可能でしょう。

また、Hotels.comに関しては、宿泊した数がポイントとしてカウントされ、合計で「10泊」すると、1泊無料になる「特典」もついてきます。私は、旅行する回数が結構多いので、すでに3泊程度、無料で宿泊させてもらいました。なかなか、使えるサイトです。

いいホテルに安く泊まりたいという希望も叶えることが可能なサイトです。ぜひ、1度覗いてみてはいかがでしょうか?

格安ホテルを予約:ホテルズドットコム (Hotels.com Japan)
参照元:ホテルズドットコム (Hotels.com Japan)(2015年11月時点、著者調べ)

国内も海外も!ホテル・旅館の予約:Booking.com
参照元:Booking.com(2015年11月時点、著者調べ)

航空券を安く抑えるには?

最近は、LCCも多くなってきて大変便利になりましたね。かなり安く海外へも行けるようになりました。ですが、LCC以外で海外へ行くとなると、まだちょっと高めの気がしますよね。そんな時にもってこいのサイトがあります。それは、「スカイスキャナー」です。

スカイスキャナーだと、往復で予約しなくとも、その区間ごとに最も安い航空券が予約することが出来ます。私の最高記録では、ドイツ発イギリス乗換え、成田行きのチケットを往復6万円(全て込み)で取りました。機内食も荷物も価格に含まれています。なぜなら、LCCではなく、普通の航空会社だからです。

そのような予約方法をすれば、かかる費用は、いくらでも抑えることが可能です。また、現地に行けば行ったで、旅行者向けのインフォメーションセンター(無料)もあります!そういうのを利用すれば、オプショナルツアーだって、現地で安くてよいものが見つかることも多いと思います。

但し、現地のインフォメーションセンターを利用したければ、ある程度の英語力が必要になりますので、その覚悟で行ってくださいね!

格安航空券検索:Skyscanner(スカイスキャナー)
参照元:Skyscanner(2015年11月時点、著者調べ)

まとめ

ここまで、新婚旅行に関してみてきましたが、いかがでしたでしょうか?かかる費用の相場も含め、なかなか結構な金額が必要になるであろうことが、わかりましたね。しかしながら、旅行の費用を抑えることは、手間さえかければ、いくらでも出来ることは、経験者の私から言わせて頂くと、可能と言えるでしょう。ですので、一生に一度の思い出づくり、ぜひハネムーンの参考にしてみて下さいね! ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。