「逸失利益」も補償される!?自動車保険の知らない補償の中身

万が一事故があった時のために入る自動車保険。もしも事故にあって収入がなくなったらどうしよう…と思う人、実は自動車保険では「逸失利益」の補償もされるんですよ!そのためには必要な補償に入っているか確認が必要です。逸失利益とは何か、どのくらい補償が必要なのかを知って契約を確認しましょう。



自動車保険の3つの補償

3つの補償とは?

自動車保険で主に補償されるのは次の3つと言われています。

・相手への賠償
・人の補償
・車の補償

相手への賠償

「対人補償」と「対物補償」が当てはまります。

万が一ですが、あなたがアクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに突っ込んだとします。その時に店内にいた人に大けがをさせてしまいました。この場合、人には「対人補償」をコンビニには「対物補償」で賠償をします。

対人補償は自賠責保険などで支払われる金額を超えた部分を補てんします。支払いの対象となるのは治療費や慰謝料、休業損害、介護が必要であればその費用などです。なお自賠責保険とは自動車やバイク、原付などを運行する時に加入が義務付けられている強制保険のことです。

先ほどの例でいうと、大けがをさせてしまった人に200万円の賠償をしなければならない場合、保険ではこのように支払われます。
・自賠責保険 120万円(けがの場合の支払限度額)
・自動車保険 80万円

次に対物補償です。これは相手のものへの賠償で車や建物などの修理費が対象となります。先ほどの例ではコンビニ店舗の修理費だけでなく、修理している間休業をしていれば休業損害も支払わなければなりません。

店舗に突っ込んでしまうと総額で1億円以上の賠償請求をされることもあります。対物補償の補償額を「無制限」にしておくことを保険会社から勧められるのはこのような事故があっても補償が受けられるようにするためなのです。

日本損害保険協会 – SONPO | お役立ち情報 − 損害保険の解説 − 自賠責保険
損害保険会社の事業者団体、一般社団法人 日本損害保険協会のサイト。損害保険業界のニュースをはじめ、損害保険の基礎的な知識や統計、防災・防犯・交通安全に関する情報が満載。

人の補償

人の補償とは人身傷害補償や搭乗者傷害補償などを指します。

対人補償は事故の相手への補償ですが、人身傷害補償や搭乗者傷害補償は保険の対象になっている車やバイクに乗っている人たちに対する補償です。

人身傷害補償と搭乗者傷害補償は人の補償としては同じですが支払われ方が違います。人身傷害補償は治療費や休業損害、精神的損害、介護費用などが実費で支払われます。対して搭乗者傷害補償は入院や通院を5日以上すれば10万円出るなど一定の条件を満たした場合に定額で保険金が支払われます。

車同士の事故であれば過失割合(その事故においてお互いの責任の割合)によっては相手からけがの補償を受けることができますが、電柱に衝突してしまったなど相手のいない単独事故の場合は人身傷害補償や搭乗者傷害補償で補償する必要があります。

車の補償

保険の対象になっている自分の車への補償です。一般的には車両保険と呼ばれています。補償の範囲によって主に「車対車+A(限定補償とも言われます)」「一般条件」と別れています。

車対車+Aは車を盗まれてしまった、ボディにいたずら書きをされてしまったという時などに補償されます。一方、一般車両は車対車+Aの補償に加えて車庫入れで失敗してぶつけてしまった、スーパーに駐車していたら当て逃げをされてしまったなどの補償があります。

また車両保険は任意で設定できるものなのでいらないと思えば補償を外すこともできます。



「逸失利益」とはいったい何か?

逸失利益って?

「逸失利益」とは、事故の被害者が亡くなってしまったり障害を負ってしまった場合に、事故がなかったら得られていた利益のことをいいます。自動車保険では対人補償と人身傷害補償が逸失利益があった時に支払いの対象となります。

交通事故(人身事故)の損害賠償額は、「治療費」や「休業損害」などの損害費目ごとに算出しますが、その一つに、被害者が死亡または後遺障害の場合における「逸失利益」があります。「逸失利益」とは、その被害者において事故がなければ得られたはずの将来の利益のことをいいます

出典:

soudanguide.sonpo.or.jp
保険会社や弁護士などが、収入のわかるものや同年代の人の平均収入などをもとに将来得られていたと思われる金額を計算します。子供や専業主婦、年配の方でも逸失利益を請求できます。

後遺障害を負った時には障害の等級によって金額の違いが出てきます。障害の等級は両目を失明したなどの第1級から足に大きなケロイド状の傷があるなどの第14級まで分かれています。

障害等級表|厚生労働省
障害等級表について紹介しています。

逸失利益は人によって金額は全然違う!

当たり前のことですが事故の被害者は収入も年齢も職業もバラバラです。したがって逸失利益も一人ひとり違ってくるのですが、子供の場合は親の職業などを判断材料として逸失利益を計算されることもあります。

たとえば親が医師や弁護士など収入が多いと思われる家庭の子供は医師や弁護士になる可能性が高いと考えられ、将来得られていたであろう収入は平均よりも多いのではないかと判断されるということでしょう。

もちろん親の職業によって子供の職業が決まるわけではないのですが、このように判断されるケースは少なくないようです。

また性別によって平均収入が異なるので、男女の違いでも逸失利益は違ってきます。

補償は足りている?

対人補償の補償額はいくら?

あなたの自動車保険の対人補償は補償額はいくらになっていますか?

たいていの方は無制限になっていると思います。補償額は任意で設定できる商品もありますが、おそらく保険代理店から無制限をすすめられているのではないでしょうか。

なぜ無制限にしているのかというと、事故の相手がどんな人かわからないからです。先ほど書きましたとおり、逸失利益は人によって違いますし、けがの状態によっても費用は大きく変わってきます。

仮に対人補償を1億円に設定していたとしても、事故の相手が重い障害を負ってしまい働けない上に介護や治療が必要なので2億円請求された場合、1億円は自己負担となってしまうのです。標準的な経済状況の家庭では1億円を払うのは非常に困難です。

万が一事故があっても十分な補償が得られるよう対人補償は無制限にすることをおすすめします。

見落としがちな人身傷害補償

人身傷害補償の補償額はどうでしょうか?

一人あたり3,000万円から5,000万円に設定している人が多いと思いますが、これは十分な補償ではないかもしれません。将来がある子供や若い人が重い障害を負うと1億円や2億円の補償が必要になることがあります。

ご主人が亡くなった時や障害を負って介護状態になった時には加入している生命保険などで保険金が支払われるので3,000万円でも十分かもしれませんが、奥さんや子供には生命保険をあまりかけていないことが多いのではないのでしょうか?

自動車保険の補償は運転する人だけをカバーするものではありません。大切な同乗者にもしものことがあっても十分な補償を受けられるか確認しておきましょう。

まるわかりブック | カタログビュー
人身傷害のページに保険金額の目安が記載されています。



まとめ

万が一事故があり亡くなってしまったり障害を負った時に、本当なら得られた収入を補償される逸失利益というものがあります。逸失利益を含めて十分な補償を受けるためには自動車保険の補償額をきちんと設定しておくことが必要です。

保険に入る時や更新の時には補償額が十分か確認してみましょう。

※本記事の内容は一般的な情報、または筆者の個人的な調査によるものであり、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。
従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。