トイレのリフォーム費用30万円以下!予算別でここまで直せる!

汚れが気になってきたトイレをリフォームしたい!でもどれくらい費用がかかるのかな?リフォームできる内容を10万円以下と30万円以下の予算別にまとめました。10万円以下でもトイレの印象をガラリと変え、ぐっと快適にすることが出来ます。トイレリフォームのご参考にしてください。気持ちの良い家庭生活はまずスッキリとしたトイレから!



ここまでできるトイレのリフォーム

長く住んでいると、まず気になってくるのが水回り。その中でも特にトイレは汚れが気になりますよね。お風呂や台所と違って家族とお客様が共用している場合が多いので、なおさら汚れが気になります。リフォームするならまずトイレ、と考えている方も多いのでは?10万円と30万円の予算別にどこまでリフォームできるかの目安をまとめてみました。



費用10万円で気軽にリフォーム

予算10万円以下ならば内装を変えるだけでも印象がガラリと変わります。便器はそのままでも便座を新しいタイプに変えれば、使いやすさは段違い!高齢者向けの配慮なら手すりをつけることが出来ます。

トイレ内装をリフレッシュ!

内装を変えるだけでもトイレの印象はガラリと変わります。トイレ天井と壁のクロス+床のフロアシートの張り替えなら大体5万円以下で済みます。

長く使っても飽きないのは清潔感No.1の白色系。花模様や柄は細かいものだと圧迫感がありません。大柄なら壁の一面だけに使うとモダンに仕上がります。リフォームの場合は壁下地の状態が悪化していて平らに仕上がりにくいことがあるため、なるべく厚手の壁紙を選んだほうが下地のでこぼこが響かず良いようです。

トイレに使える床材にはフローリングとクッションフロアがあります。フローリングは他の部屋との統一感もあり見た目がきれいです。しかしあまり耐水性がないため、数年で取付け部分の周辺が黒ずんでくる場合があるようです。それをカバーするために表面に硬質フィルムなどがコーティングされたタイプも出ています。

クッションフロアは模様や色の種類が豊富で耐水性に優れており、床材に継ぎ目がないのでお掃除がしやすいのがメリットです。またフローリングよりも安く施工が早いため、こちらが選ばれる場合が多いようです。

床材はフローリング調のものを選ぶと他の部屋との印象が合わせられます。モザイクタイル調だと明るく清潔な印象になります。

便器はそのままで暖房温水洗浄便座を取り付け

内装や便器はそのままで、便座だけを脱臭・暖房・温水洗浄機能が付いたものに交換する場合はおおよそ10万円以内で収まります。便座は3~8万円で工事費用は1~2万円です。ただ便座に電気を使うのでトイレ内にコンセントが必要です。コンセントを新設する場合はさらに2~4万円ほどの工事費用を見込んでください。

手すり設置で高齢者へ配慮

高齢の方でも利用しやすいように手摺を付けるならば、固定式L字型のもので2万円前後です。折りたたみ式は1万円前後。工事費用は1~3万円程度が目安です。

キャンペーンを使えばお得にランクアップ!

お店などでキャンペーンをしている時は、リフォームをお得にランクアップできるチャンスです。交換工事費込みのものもあります。便器+便座の組み合わせタイプなら一体型よりも価格が安いため、工事費込みでも10万円以下になるものも。ただし旧便器の処分費が別途かかることも多いので、施工条件はよく確認が必要です。

30万円ならシステムトイレに出来る

予算30万円ならば、便座を脱臭・暖房・温水洗浄機能付きのものに交換したうえで内装も変えられます。値段の安いタイプならタンクレスにすることも出来ます。トイレ内部に手洗い器や収納、カウンターを設置できるシステムトイレは大掛かりな配管工事も不要、工事も1日で済むのでおススメです。

タンクレスならトイレ内もスッキリ

室内が広く使えて見た目もスッキリで人気のタンクレストイレも、フタ自動開閉は外すなど機能を絞れば本体20万円以下のものもあります。工事費は2~5万円前後です。タンクレスはお掃除する部分が少なく、より清潔感が保てるのが何よりも魅力的!ただ手洗いカウンターが別に必要になる、あるいは水圧が低いと設置できない場合がある、停電時には流せなくなって不便などのデメリットもありますので、よく考慮してください。

システムトイレで丸ごと新しく!

システムトイレはインテリアトイレとも呼ばれています。現在ある配管をそのまま利用して便器や手洗いの給排水を行い、その配管を隠す部分をキャビネットやカウンターとして利用します。収納が増え、かつ工期が短く工事費も安くおさえることが出来ます。システムトイレは、収納や機能、手洗い器の位置なども選択して組み合わせることができるので、ご家庭に合ったデザインにすることが出来ます。

価格は20~30万円前後、工事費は5万円~7万円前後ですが、工事費込みで30万円以下というものも多くあります。



和式から洋式に交換、2階に増設なら40万円

リフォームで希望の多いものが、和式トイレから洋式トイレへの変更工事と2階へのトイレ新設です。この場合どちらも40万円程度はかかります。

和式から洋式への変更の場合、和式が汲み取り式か水洗か、床に段差があるか、あるいは床の材質などによっても費用は異なってきます。解体・配管・便座取り付けなど基本工事で約20万円、コンセント新設、収納などの設置に約10万円、内装費用に約10万円かかります。

2階に洋式トイレを増設する場合はその位置によって工事費用が変わります。1階と同じ位置の2階にトイレを増設する場合が一番安くあがりますが、増設の希望場所の近くに給排水管がない場合はさらに費用がかさむ可能性があります。トイレ設備が15~35万円ほど、工事費用は15~35万円ほどになります。

気持ちよく生活するためにキレイなトイレは必須!

トイレのリフォーム費用は施工会社によってもかなり違ってきます。お住まいの近くに複数社あるならば見積もりを取って比較してみてくださいね。便器自体を変える場合は廃棄費用もかかりますので、その点についても確認はお忘れなく。

毎日使うトイレがキレイであれば、生活もグンと気持ちよくなること間違いなしです。今はお手入れが楽なタイプもたくさん出ています。そういったものを選べばなお良いですよね。