家計簿づくりにおすすめなパソコンソフトとアプリ

家計簿を手書きノートからパソコンでの入力に切り替えようかな。Excelで自己流でやってみたけどうまくいかないな。面倒な家計簿づくりをパソコンソフトやアプリでもっと簡単にしてみませんか。



もっと簡単で入力しやすい家計簿にしよう

家計簿をなんとかしなくてはいけない、改善しようと思って悩むことはとても良い事です。続かない・今使っているものが使えなくなったなど問題はいろいろありますが、一番即効性があるのは「どう入力するか」を変えることではないかと思います。面倒な家計簿の入力をもっと簡単にするにはどうしたらよいか。今回はこれをテーマにまとめていきます。

家計簿は正確に使ったお金を記録していかないと意味がないと私は考えます。数円単位で正確に記録したほうがよいということではなく、面倒でも「ルールに従って・きちんと漏れなく」記録したほうがよいということです。 ダイエットするとき、日によって違う服装で体重計に乗ったりしませんよね。無意識に毎回条件が同じになるように体重計に乗っているはずです。そしてその体重の変化を書き留めているはずです。体重計に乗る時と同じように、家計簿もきちんと記録することがとても大事です。



パソコンで家計簿をつくるのにおすすめな方法

ご紹介するソフトまたはアプリは無料のものに限ります。まず試しにはじめようというのに高いお金をかけることはありません。

入力しやすいフリーソフトをダウンロード

すいすい入力できる洗練されたフリーソフトを利用すれば、毎日の家計簿づけも楽しくなります。

家計簿ソフト がまぐち君
Super版とMini版(無料)はいつでも再インストール不要で切り替えられます。 入力候補機能が使いやすくおすすめです。

スマホからもPCからも使えるサービスを利用

いつでもどこでも入力できるクラウドサービスの家計簿があります。
パソコンサイトとiPhoneアプリ/Androidアプリで家計簿データを登録できるのが魅力です。 外出中のすき間時間に細かい出費をスマホアプリで入力して、 月ごとのまとめはパソコンでゆっくりできます。

特にスマホアプリでレシートの内容を読取って自動入力できるものをご紹介します。

マムクラウド家計簿
「てきぱき家計簿マム」のクラウド版。パソコン・タブレット・スマートフォンで利用できます。 カレンダーがベースになっています。日記風に家計簿をつけている人にはしっくりくると思います。

まるで新しいソーシャル家計簿「bookeep」(ブックキープ)
まるで新しい「楽しむ家計簿」bookeep 家計簿は楽しい思い出でできている シンプルで使いやすいです。

日本最大級!無料の家計簿アプリ・レシート家計簿「Zaim」
400 万人が利用!日本最大級の家計簿アプリ・レシート家計簿サービスの新定番。iPhone・Android・iPad・Windows などスマホアプリとパソコン・タブレットなどの Web で連動して使えます。これまで家計簿に挫折していた 84%の人が「Zaim なら続けられる!」と回答! クレジットカードのWeb明細との連携など細かい機能が充実しています。SNSのような要素もあるので、雑学的な情報も多いです。

家計簿として使えるExcelテンプレート

手書きのように超シンプルがいいという方にはこちらがおすすめです。Excelで作られた家計簿の無料テンプレートで好みに合うものを選んで使うと電卓いらずです。色やフォントなども自分で好きにカスタマイズできるのもいいですね。

エクセルシンプル家計簿(いつものきりんとうさぎ)
エクセル用のテンプレートなので、新規に操作をおぼえる必要もなく、 自分仕様に細かい改造・カスタマイズを施すこともできます ひと月がA4の紙一枚なので印刷して保管しておくのにも便利です。

家計簿ソフトやアプリを選ぶときのポイント

何がしたいのか目的をはっきりと

家計簿ソフトは何をどこまで管理したいか目的をきちんと明確にしてから選ぶのをおすすめします。

・「毎日の食費の出費の内訳を細かく記録して、無駄に何を買ったか知りたい」
→レシートを読み取って自動入力できるようなものがよいでしょう。

・「毎月の光熱費・通信費の移り変わりを知って、来年のおおよその予算をたてたい」
→Excelのテンプレートでもよいでしょう。

また、ひとつのものだけで管理することにとらわれないほうが楽しめます。細かい入力と集計はスマホとパソコンに任せ、まとめは手書きの家計簿で行うとかレシートを封筒に集めておいて、スマホでまとめて取り込んでパソコンで集計をするとか様々な使い方ができると思います。

来年この家計簿がどうなっているか考える

せっかくつけた家計簿がつけっぱなしで放っておかれてはかわいそうです。1年後、今つけている家計簿をどう使うかなというイメージを持って選んでみることも大事です。予算を考えるときに振り返ったり、節約の指標にしたり、うまく活用できそうですか。

やはり1年の流れが見えるとすごく家計が把握しやすくなります。もし新しい家計簿にして、ひと月頑張ってみたけれどこれは無理だと思ったら、サマリだけ簡単に別のものにまとめて再考するのもよいと思います。



パソコンで新しい家計簿を使う時に気をつけること

せっかくつけた家計簿が…とならないように

パソコンが壊れてしまった。ウイルスに感染した。ファイルを誤って消してしまった。

パソコンで家計簿をつけるときの盲点が、データの消失です。家庭のパソコンは仕事のパソコンほどバックアップの管理をきちんとしないので気を付けておく必要があります。手間がかかっているぶん痛手が大きいです。ときおりエクスポートをしておいたり、Excelなどのパソコン内のファイルであれば印刷しておいたりして保存しておくようにしましょう。

先に紹介したクラウドに保存するタイプのサービスはパソコンが壊れても大丈夫です。
しかし、サイトの閉鎖やサポート終了が絶対にないとも言えないので月間サマリくらいはとっておいてもいいかもしれません。

まとめ

家計簿をパソコンで面倒な家計簿の入力をもっと簡単にすることをテーマに、いくつかおすすめソフト・アプリを紹介させていただきました。たくさん類似のものはありますが、是非ともエクスポート機能のあるものを選んでみてください。手書きと違い、すべての項目+数字をデータとして登録して再利用できるのがパソコンの一番の強みです。

パソコンを活用してストレスフリーな素敵な家計簿をつくっていきましょう。