里帰り出産の生活費「誰にいくら払う?」を全て教えます!

里帰り出産は、出産費用だけではなく、実家にも生活費を渡す必要があります。意外と一人増えるだけで生活費はかかってしまうもの。実家だから払わなくてもいいや、ではなく、たとえご両親でもしっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。滞在期間によって渡す料金が異なりますので、一般的な費用をご紹介したいと思います。



里帰り出産をする時、生活費は?

里帰り出産とは?

里帰り出産とは、臨月の前に実家に帰り、出産してまた元の家に戻ることを言います。特に初めての出産の時は、慣れない子育てでわからないことも多いので、お母様に教えてもらうことができます。また、産後の身体はかなりボロボロでぐったりしてしまうので、家事が出来ません。そんな時に、実家にいると全てやってくれるので精神的にもとても助かります。

里帰り出産のデメリットは、やはり旦那様が出産に立ち会えないことが大きいでしょう。やはりどんな旦那様でも、我が子が生まれる瞬間は立ち会いたいもの。しかし、生まれてから3~4ヶ月は実家にいるという方も多いので、しばらく抱くことが出来ないのが苦しいところです。また、家族と口論になりやすいご家庭は、トラブルの日々になってしまうこともあるようです。のちほど、家族とうまく過ごすポイントもご紹介したいと思います。

里帰り出産にかかる費用

実家に帰るから、お金はそんなにかからないだろうと思っている方も多いのではないでしょうか。意外とお金がかかるところがありますので、ご紹介したいと思います。里帰り出産するうえでかかる費用は大きく分けて3つです。

・飛行機代(往復2万円〜)
・出産費用(42万円〜)
・ご両親への生活費(5万円〜)

飛行機代は、飛行機を使わない方もいると思います。新幹線などでも結構かかりますので、事前に調べておきましょう。出産費用は、しっかりと手続きをしていればその場で払わなくて済む場合もありますが、病院などで事後精算の場合もありますのでしっかりと調べておきましょう。また、出産状況によって、長引いたり帝王切開になったりすると、別途お金が必要になってきますので20~30万円は多めに用意しておきましょう。

ご両親への生活費は、滞在期間によって10万円〜になることもあります。金額に関しては、のちほどご紹介したいと思います。また、現地で調達する物が多い場合は、その分の費用も事前に準備が必要になります。



どれくらいの期間を実家で過ごす?

生まれる何日前に実家に行くもの?

基本的には妊娠9ヶ月の頃に行くのが一般的です。この頃が一番体調が落ち着いていて、飛行機に乗っても安心して乗ることが出来ます。妊娠34~45週になってくるといつ産まれてもおかしくありませんので、ギリギリの移動はなるべく避けましょう。また、あまり早く行き過ぎても、旦那様としばらく会えなくなってしまいますので、生まれる1ヶ月くらい前が理想的です。

また、飛行機に乗る方は航空会社にもよりますが、予定日の28日以内だと医師の診断書が必要だったり、助産師の同行が必要だったりしますので、なるべく1ヶ月前には移動を済ませるようにしましょう。

産まれてからどのくらいで帰る?

産まれてから1ヶ月ほどで帰る方が約半数ほどです。1ヶ月検診をしてから戻る方が多いようです。体調がなかなか戻らなかったり、まだ一人で子供のお世話が出来ないと思ったら、無理せずに親のお世話になりましょう。あまり無理をすると、産後鬱などになってしまう方も少なくありません。初めての体験で、夜も夜泣きでなかなか寝れずに身体は疲れてしまいます。帰ったら、家事をしなくてはいけなくなるので、無理はしないようにしましょう。

また、産後の飛行機の利用は、生後8日以上たっていれば乗ることが出来ます。しかし、新生児の時は病気にかかりやすい時期ですので、なるべく1ヶ月以降に移動するのが理想的です。飛行機では、膝の上に乗せておけば2歳まで大人1人運賃だけで大丈夫ですが、疲れるからもう一席使いたいという場合は、別途座席運賃が必要になりますのでしっかりと調べておきましょう。

自宅に残る夫や子供にいくら渡す?

平均は月3〜5万円

家賃や光熱費を引き落としにしておけば、実際に渡しておく金額は食事代くらいで大丈夫です。1食500円として、1日3食で1,500円。1ヶ月で45,000円ほどになるでしょう。朝食をとらない方や、パン一つでいい方はもっと安くなりますし、付き合いで外食をしなければいけない方はもっと多くなるようです。

旦那様の生活スタイルに合わせて金額を決めましょう。また、上のお子様がいらっしゃる場合も、大きな出費がないかぎり食費だけで大丈夫です。旦那様の半分くらいをお子様の食事代としてプラスしておくくらいがベストです。ただ、上のお子様がいらっしゃる時は、旦那様は仕事をしながら見るのは大変なので、お母様と一緒に里帰りする方が一般的でしょう。

また、旦那様がお料理を出来る方であれば、もっと少ない金額でもで済みます。節約したのであれば、旦那様の協力も必要になってくるでしょう。ただ、旦那様にとっては、奥様がいらっしゃらないだけで洗濯、掃除などいろんな慣れない家事を自分でしなければいけないので、小さなストレスが溜まります。食事代については、しっかりと二人で話し合って決めるといいでしょう。

渡す時は現金?

旦那様にお金を渡す時、現金か、クレジットカードか、口座から引き出してもらうかで悩むかと思います。どれにするべきか、旦那様の性格で決めるといいかと思います。だいたいの方は現金ですが、しっかりと管理出来る方であれば、クレジットカードでも大丈夫かと思います。しかし、寂しさのあまりに衝動買いをしてしまう方もいるので、あまりお勧めは出来ないでしょう。

また、大金を現金でもっておくのが不安だという方や、飲み会で必要な時に外で出したいという方には口座から引き出してもらうのがお互いに対応しやすいと思います。いくら使っているのかというのも、インターネットから管理することも出来ますし、一番安心出来る方法だと思います。



事前に準備するものは何?

現地で調達するべきもの

赤ちゃんの生活用品は、なるべく現地で調達しましょう。また、地方ので買うほうが安くつくことが多いので、これからずっと必要になってくる物でも、なるべく現地で買うようにすると節約にもつながるでしょう。

【子供用品】
・ベビー石鹸
・ベビーシャンプー
・オムツ
・哺乳瓶
・ミルク
・ベビーバス(レンタル可)

これに加え、子供用の服なども現地で買ってもいいかもしれません。また、産後の下着や授乳しやすい服も、現地で買えばとても安く済みます。オシャレな物は少ないかもしれませんが、すぐに必要なくなる服ですので、あまりお金を掛けないことが節約のポイントです。また、親戚や兄弟からも必要なくなったグッズはなんでも譲ってもらうのも良いでしょう。全てを揃えるとかなりの金額がかかってしまいそうですし・・・。

事前に実家に送っておくべきもの

最低でも2ヶ月過ごすとなると、かなりの物が必要になってきます。だいたいの物は事前に郵送しておきましょう!

【実家に郵送しておくべき物】
・マタニティボトムス
・パジャマ
・産前産後のそれぞれの下着

「赤ちゃんの服」
・短肌着:5枚
・長肌着:3枚
・コンビ肌着:3枚
・ツーウェイオール:3枚

既に買ってしまっている方は、こちらを郵送しておきましょう。まだどれも買っていない方は、現地で調達出来ますので、心配いりません。節約の為にも、なるべく現地で購入しましょう。基本的には、自分のお洋服を送って、子供の洋服やグッズは全て現地で購入しても良いかと思います。

最近では、ベビーベッドや椅子など、大きな買い物はほとんどレンタルできますので、節約される方はレンタルをお勧めします。また、もし大きな物を購入する時は、実家では少し我慢して、住んでいる家におくようにしてはいかがでしょうか。

自分が行く時に持っていくべきもの

ギリギリまで必要で、郵送出来ない物をご紹介します。

・母子手帳
・健康保険証
・診察券(紹介状など)
・印鑑
・デジタルカメラ

どれもとっても大切なものです。何かあればすぐに必要になってしまいます。もし忘れてしまったら、すぐに旦那様に郵送してもらいましょう。お仕事が忙しい旦那様の場合、郵便局にもなかなか行けない場合もありますので、しっかりと忘れないうように確認が必要でしょう。

また、妊娠中は重い荷物を持つことは厳禁です。なるべく最低限の荷物ですむようにほとんど物は事前に郵送しておきましょう。また、当日は走ることも出来ませんので、飛行機などに乗られる方は十分時間に余裕をもって行動しましょう。

実家へのお礼や生活費はどうする?

平均は月2~3万円

里帰り出産の時は、少なくとも2ヶ月ほどは実家にいることになります。その間、たとえ実家であっても光熱費、食事代はかかっています。また、いろいろなお世話をかけることになるので、ご両親に生活費を渡すのが一般的でしょう。

金額は人それぞれですが、一般的には月に2万円〜×滞在月数になります。しかし、キリのよい単位で渡すのが理想的です。5万円や10万円などの金額で渡しましょう。渡すタイミングは、最初に渡しても家を出る時に渡してもどちらでも問題ありません。しかし、先に渡した方が気にせず過ごしやすくなりますし、ご両親も頂いたからには手厚くお世話をしようと思ってもらいやすくなったりするでしょう。

また、ご両親によってはなかなか受け取ってくれないご両親もいるので、まず最初に試みて、受け取ってもらえなければ家を出る時にもう一度渡してみるという渡し方もあります。それでも受け取ってもらえなかったら、わかりやすいところに手紙と一緒において出て行くのも方法かもしれません。

ご両親にとっては何歳になっても私たちは子供です。しかし、年金暮らしになったご両親は金銭的にもいろんな不安は抱えているはず。ご両親にお金を渡す機会もなかなかないので、どうにか受け取ってもらいたいものですね。ただ、本当に受け取りたくない方もいらっしゃるので、様子を見てその時は後日、金券や旅行券、ギフトブックなどを渡しても喜ばれるでしょう。

のし袋に入れて渡そう!

現金を渡す時は、のし袋に入れて渡すのが常識です。身内だとしても、丁寧に感謝の気持ちを伝えることがとても大切です。しかし、家庭によってはのし袋はやりすぎと感じてしまうところもあると思いますので、その時は綺麗な封筒に入れて渡しましょう。茶封筒や安っぽい封筒は出来るだけ避けたほうがいいでしょう。

のし袋にはいろいろな種類がありますが、紅白の蝶結びの水引印刷されているのし袋を選びましょう。身内ですので派手なものではなくシンプルなもので大丈夫です。表には「御礼」と書き、裏面にご夫婦2名の名前を書きます。

里帰り出産の<注意点>

親の言うことを聞く

里帰り出産でトラブルが起きる時は、親子の意見が折り合いつかない時です。親にとって私たちはいつまでも子供です。初めての出産をする我が子に対して、いろいろ教えたいと思い、つい言い過ぎてしまう事も多いようです。そんな親にストレスを感じて喧嘩をしてしまうと、お腹の中の子供にも悪影響を与えてしまうかもしれません。

親を変えようとするのは難しいので、自分が広い心で受け止めることが大切です。親の心情を理解すると、全て快く受け入れることができるでしょう。親は、いろんな失敗を経験してきたからこそ、我が子にはそんな経験をさせたくない。そんな思いからいろいろ口出しをしてしまうということを頭に入れておけば、自然と親のいう事をすんなりきけるようになるでしょう。

兄嫁とうまくいかない

実家に兄弟の奥さんがいたりして、その方とうまくいかなくてストレスが溜まる場合もあるようです。その場合は、とにかく滞在期間を最低限にして、なるべく合わないようにしましょう。部屋に引きこもったり、散歩したり、カフェで過ごしたりなど。子供が産まれてしまえば、子供のお世話で忙しくて気にならなくなると思います。

生まれるまでの少しの間は、とにかく顔を合わせないようにして、自分の好きな事をして過ごすようにしましょう。とにかくストレスは禁物です。これから生まれてくる子供のためにも、穏やかに過ごすことを心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?里帰り出産は短くて2ヶ月ほどですが、人生で一番と言えるほど大イベントの日です。あなたのご両親も、あなたが戻ってきてくれることを何よりも楽しみにしていると思います。いろんな不安や楽しみが溢れかえる日々になるかと思いますが、周りの方に助けてもらいながら、楽しく乗り越えていきましょう!