エアコンの移設にかかる費用とは

引越やリフォームでエアコンの移設が必要になった時に気になるのは費用です。見積をとって安心できる業者を見極めることがポイントです。費用に見合ったサービスが提供されていて、移設先でも正常に作動することがエアコンの移設には必要です。気になる相場とエアコンの移設を任せる業者選びのポイントをまとめてみました。



エアコンの移設にかかる費用ってどれくらい?

見積もりはどこにお願いする?

引越やリフォームでエアコンの移設を検討した時に気になるのは費用がいくらくらいかかるのかと、見積もりはどこでしてもらえるか、という2点ではないでしょうか。

引越の時にエアコンの移設が必要になった場合は、引越業者と提携している電気工事業者に見積もりを依頼するケースが多いようです。荷物の配送と同時にエアコンの撤去と設置をしてもらえるというメリットがあります。引越費用の内訳の中にエアコンの移設にかかる費用が明記されていると思いますが、詳しい内訳は書かれていないこともあるようです。運搬費は他の荷物と一緒に計上される為に、エアコンの移設だけにかかる費用の内訳を明記するのが難しいのかもしれません。業者さんによってはきちんとした料金内容を知りたいとお願いすれば、エアコン移設だけの費用の見積を出してくれる可能性があります。相場を確認する意味でもお願いしても良いのではないでしょうか。

最近はネットでも見積もりが出来るエアコン移設を専門としている電気工事業者もあるので、相場を知る為に何社か見積もりをしてみるのもよいかもしれません。サイトによっては一括見積が出来るケースがあるので利用してみるのもお勧めです。

まちの電機屋さんでもエアコンの移設工事を請け負っている店舗があります。なかには、他社で購入したエアコンの移設は対象外としているケースもあるので、見積もり前に確認することをお勧めします。
エアコンの移設は引越業者さんの提携している事業者、専門業者、電気屋に見積もりをお願いするのが安心だと思います。

気になる相場

相場はエアコンの取り外しや設置の状況によって追加料金が発生する為に変動するものです。目安としては、取り外しが10,000円~で取り付けが10,000円~というのが一般的なようです。
では、どうしてエアコンは撤去と設置に価格の変動がでるのでしょうか。

費用追加項目例
 ・高所作業費    3,000円~
 ・配管切断や交換費 3,000円~
 ・隠蔽配管     2,000円~

上の例のように、設置場所が変わると配管の長さも変わる為に必要な部品の価格が状況によって変わることになります。消耗品や作業状況で価格が変動する費用になるので、現状に合った見積もりが必要なようです。

追加項目が増えるとそれだけ移設費用が高くなる仕組みです。標準工事費が安く設定されている業者さんでも追加料金が高くなるとかえって高額な予算が必要になるケースもあるようです。移設費用全ての費用の相場というのは現場によって違うので一律では出せませんが、追加の資材の1mあたりの定価はネットでも調べることが出来ます。業者さんによて設定が違う追加の工賃の目安は1つの作業が2,000円~3,000円以上はかかってしまうようです。

注意するポイント

エアコンの移設にかかる費用は出来るだけ安くしたいと考えた時に、複数の業者さんに見積をとる方法は相場がわかるのでお勧めです。

しかし、注意するポイントは安いというだけで決めてしまわないほうが良いようです。複数の業者さんの見積を見比べると計上されている項目と計上されていない項目が違うかもしれません。例えば、設置に穴あけの工程が必要なケースであれば、穴あけの工賃が挙がっていないと計上漏れです。

複数の見積をとることで、合計金額の比較だけではなく価格の違いが出る追加工事の内容を比較できるのではないでしょうか。基本工賃が安く設定されていても、追加工賃が高く設定されていることもあるかもしれません。

設置が終わった後でイレギュラーが発生して追加工賃が発生することもあるかもしれません。例えば、引越が決まった時に電気を早めに停めてしまうと撤去の時にガスの回収が出来なくなります。エアコンの撤去の日程が決まった時点で業者さんから通電の確認をしないといけないことでもありますが、見積の段階では予測できないイレギュラーです。ガスの回収が出来ないと設置する時にガスの充填を別途必要となるようです。通電の確認をしておくだけで追加の費用がかからなくなる事項は注意するポイントかもしれません。



エアコンの移設をリーズナブルにするためには?

費用の内訳

引越でエアコンの移設が必要になった場合、エアコン移設の費用は案外大きなウエイトを占めるようです。エアコンの移設は荷物を梱包して運搬するだけではなく、本体と室外機の取り外し配管の撤去が必要です。そして、移設先で正常に作動するように、本体と室外機を設置してガスの充填と配管の取り付け作業をしなくていけません。エアコンの移設は専門の技術を持った電気工作業者にお願いしないといけないという点も、移設費用が高額な理由の1つだと思います。
エアコンの移設の費用を抑えることを検討する前に、移設にはどのような作業がるのかその内訳を知っておくと良いかもしれません。必要な経費を削ったばかりにエアコンがうまく作動しなかったら、修繕費や点検費用が結局別途にかかってしまう可能性があります。

参考までに費用の内訳です。
標準工事
・配管パイプ4mまで
・プラブロック(室外機の下に置くブロック)
・配管テープ巻上げ

追加工事
・配管パイプ延長(1m毎) 2,500円
・配管カバー延長(1m毎) 2,000円
・室外機屋根置台 12,000 円
・コンクリート穴あけ 8,000~12,000円
・室外機暖房ドレン処理 1,000 円

配管の長さや穴のあけ方、室外機の設置場所で価格が変動しますが、必要な項目のようです。移設して設置する現場によって値段は変わるので見積は大切なことだと思います。

設置・工事料金について | [通販]ケーズデンキ
設置・工事料金について。新製品が安いケーズデンキ インターネット通販(通信販売)サイト。冷蔵庫、洗濯機、薄型テレビなど家電が豊富。訳ありアウトレットセール開催中!全国安心アフターサービスに長期保証もございます。

かかる費用を安くする裏ワザ

エアコン移設費用の内訳の中で標準工事費というものはどの業者さんに頼んでもかかるものです。設定価格は業者さんによって違うのでネットの見積もりサイトで一括見積をしてみるのも標準工事費の相場と一番安い設定金額を知ることが出来ます。

標準工事費を抑える裏ワザとしては、2台目から半額という価格設定をしている業者さんもあります。エアコン本体を新しく購入すると、撤去をサービスでやってくれるケースなど、独自のサービスを提供していることがあるので、トータルで費用を抑える方法があるのではないでしょうか。

次に、移設先で正常にエアコンが作動するためには、追加料金が発生します。配管の長さ、電源関係、穴あけ、室外機の設置場所によって価格が違ってくるようです。移設をする場合m可能であれば設置条件が同じ部屋に設置することを考えたほうが良いようです。

電源も100Vと200Vの設定があるので、100Vの電源を使っていた場合は、引越先で設置する部屋も100Vの部屋を検討すれば条件が同じになります。室外機や配管の長さはそれを基準に引越先を決めるのは難しいので、あまりの追加料金がかかる場合は買い替えの見積もりをとって比較することもお勧めします。

買い替えの検討をする時でも手持ちのエアコンの撤去は必要になるかもしれません。その場合は撤去とエアコンの処分の費用が別途にかかることもあります。どこまでがサービスでしてもらえるかを確認すると比較しやすくなります。手持ちのエアコンをそのまま置いておいても良いケースであれば、設置費用込のサービスを利用すれば、エアコンの移設にかかる費用に少しプラスするだけで新しいエアコンを設置できるかもしれません。

業者選びのポイント

第一に見積もり

エアコンの移設には専門の技術が必要なので信頼できる業者さん選びはポイントになります。

引越業者さんと提携している電気工事業者さんであれば、もしもトラブルがあった時に対応してもらえる窓口があるという安心感があるようです。エアコンの移設には運送費も発生しますが、引越の他の荷物と一緒に運搬するとエアコンを単発で運ぶよりも料金が抑えられるかもしれません。
見積もりの項目の運搬費は比較するポイントになると思います。運送費は曖昧になることがある費用の1つですが、抑えられる予算の1つであれば他の業者さんにお願いすると運送費がどらいにかかるものなのかをチェックするのも見積をするメリットかもしれません。

エアコンの移設を専門としている業者さんは同業者も多く一括比較サイトにアップしている業者さんも多数なので、独自のサービスを提案しているケースがあるようです。条件に合ったサービスを受けられる業者さんを選ぶのも1つの方法ではないでしょうか。移設先が今使っているエアコンに対応するコンセントや電圧なのかを確認しないと追加料金が発生してしまいます。移設先の条件を確認して見積を正確にだしてくれる業者さんは信頼できます。

エアコンの移設には基準工事料金にプラス追加料金がかかってきますが、見積金額の比較だけではなく手持ちのエアコンの条件と移設先の条件を調べて、工事が終わってから追加料金を徴収しない業者さんを選ぶことをお勧めします。

エアコン移設の事前打ち合わせ

事前の打ち合わせをしっかりすることでエアコンの移設にかかる費用を正確に把握できます。
移設先の状況は現地で事前調査してもらって正確に見積を算出してもらうことがお勧めです。しかし、引越先が県外であることや、建設中ののマンションやアパートに引越予定である場合などお願いする業者さんに現地で見積することが難しい場合もあると思います。そこで、事前に伝える必要のある項目を挙げてみます。

事前に伝えると良い項目
 ・エアコンの台数
 ・エアコンのメーカーと型番 
 ・エアコンの室内機と室外機の設置場所 
 ・一戸建てか集合住宅
 ・賃貸か持ち家
 ・穴は空いているか。空いてない場合は、建物の外壁の種類(木造、コンクリートなど)
 ・エアコン専用のコンセントはあるか
 ・200V機種の場合、コンセントの電源は200Vになっているか。

新築で引き渡しがまだの物件でも、電源や室外機の設置場所は確認できます。新築の住居はエアコンを設置することが前提で設計されているケースが多いので、確認する項目を把握していれば必要な情報は教えてくれると思います。

柔軟な対応

エアコンの移設をする時に費用は見積を比較することで、自分に合った業者さんを選ぶことができると思います。設置と撤去の費用以外でみるポイントは柔軟な対応がしてもらえるかという点ではないでしょうか。

県外に引越をする場合で、引越業者さんと提携している電気事業所さんにお願いしないケースであれば、全国に支店がある業者さんだと県外でも同じ会社に設置をお願いする為に手数料がかからない可能性があります。

引越先の住居の受け渡しと、今の住居の荷物の搬送の関係で撤去して取付を後日にしたいという状況になった場合に、取り外したエアコンの一時預かりが必要なケースもあります。設置と撤去意外に必要なサービスを柔軟に対応してもらえて良心的な値段設定をしている業者さんも検討するときにポイントになると思います。

設置先の状況が手持ちのエアコンの設置状況と違うように、引越にも色々な都合が出てきます。その時に柔軟に対応できる体制があり、追加の費用としての価格設定が明確なところは安心ではないでしょうか。



まとめ

エアコンの移設にかかる費用は安くないことは理解できたのではないでしょうか。撤去と取り付けには専門の業者さんの技術が必要になってきます。また、手持ちのエアコンが新しい設置先の条件に合っているかどうかも費用の内訳に影響します。

見積の段階でかかる必要を正確に把握することが必要だと思います。標準工事に含まれる費用がどの範囲までかというのも業者さんによって設定が違います。見積でポイントとなるのは、標準工事費と追加工事費の合計です。工事が終わってから実際には追加が必要だったという事態になっては、いくら安く見積を出してもらっても意味がないかもしれません。

エアコン移設にかかる費用を事前に知ったうえで、移設ではなく買い替えを検討してみるのも1つの方法ではないでしょうか。本体の料金があるので支出が増えますが、設置の工事に費用がかかるケースであれば移設で算出した工賃よりも新説で出した工賃のほうがサービスの幅が大きいケースもあるようです。
エアコン移設にかかる費用は業者さんによって差はありますが、エアコンを撤去して次に設置した時に正常に動くことが第一です。費用に見合ったサービスが出来ていて、信頼できる業者さんを選ぶのが大切ではないでしょうか。