年収300万円の比率が「最も高い業界」とは?

年収300万はどんな業界に多いのでしょうか。業界について、またその業界での主な職種と、平均年収をご紹介します。※本記事のデータは、2015年11月時点にでの筆者調べとなります



平均年収472万円の「スーパーバイザー」とは?

スーパーバイザーは、スーパーや小売店などに派遣されて経営をサポートして成功に導く仕事をしている人です。各店舗の店長や経営者とコミュニケーションを取りながら、経営に関するアドバイスをしていきます。呼び方は各店舗によって異なり、エリアマネージャーと呼ぶ店舗もあります。

具体的な仕事内容は、発注の方法や新人教育だけではなく、アルバイトや正社員の教育方法を指導して、間違いがあったときには、指摘をしていきます。コールセンターにもスーパーバイザーがいますが、コールセンターの場合にはオペレーターの指導や全体をまとめる役割をしていますが、非常に難しい問い合わせがあったときには、スーパーバイザーが問い合わせの対応をしています。

特別な資格は必要ありませんが、経験が必要となってくる職業です。スーパーバイザーになるには、スーパーや小売店などの経営や店長の経験をしている人ができるので未経験者の応募は、なかなか見つからないのです。スーパーバイザーには、幅広い経験や知識が必要になるので、管理職としての経験が必要になってくるわけです。

店舗によっては、新人から初めて主任・店長へとステップアップして最終的にスーパーバイザーへステップアップすると言う方法もあります。担当する店舗は1店舗のみではなく、5店舗や6店舗を担当しているので一日中いろいろな店舗を掛け持ちで行っています。つまり、完全に実績と経験が重要になる仕事です。



平均年収336万円の「店長」とは?

店長とは主に販売店や飲食店の責任者となる立場の人間を指します。スーパーなどの販売店であれば、商品の納入数を決定したり、その月の売上を立てるためのプランを立てます。広告の打ち方を決めたり、販促キャンペーンも考えて決定していきます。

また部下の育成や指導も需要な仕事です。社員の立場の人間ならば部門の責任者にするために、自分で考えさせたり、正しく基本となる考え方を身に付けさせます。そしてアルバイトの募集を行い、採用し、単純な業務が任せられるように育成も行っていきます。時には自分で店頭に立って陳列を考えたり、品出しやレジ打ちをすることもあります。

バックオフィスにずっといられるような店長は少なく、常に売り上げを気にして頭を使いながら、手と体を動かして働く必要があります。飲食業でも店長が接客や注文をとったり、キッチンで調理をすることもよくあります。基本的には店内で行われる全ての業務を把握し精通している必要があります。

店長になるには、まず店員として経験を積む必要があります。販売業や飲食業ならば社員として採用されればいずれは店長候補となるので、まずは店内の業務をきちんとこなせるようにしていきます。その上で売上を伸ばす工夫を考えていきます。

またバイトの立場からそのまま店長となるようなケースも有ります。主婦のバイトで活躍していた人を、店長に採用する企業も増えています。まずは接客から始めて、レジオペ、品出し、商品知識の向上、販促案の立案、後輩の指導などを確実にこなせるようにステップアップしていきましょう。

平均年収293万円の「ホール・サービススタッフ」とは?

ホール・サービススタッフとは、接客業ですので清潔感が何よりも大事です。お客様がいらっしゃったら、気持ちの良い挨拶をし、オーダーを取り、フードやドリンクを提供するのが主な仕事ですが、ただ運ぶだけでなく、笑顔でお客様と接し、気持ちの良い時間を過ごして頂く事が必要です。

そのために、まずサービスタイムより早く出勤し、大体1、2時間をかけて掃除をします。特にトイレ掃除は大事です。飲食業は少しのほこりや髪の毛でもクレームに繋がったり、食中毒の危険性にもなりますので、毎朝徹底的に掃除をします。もちろんお客様が帰った後も、その都度テーブルセッティングをし直します。掃除が終わると、テーブルセッティングです。テーブルにグラスや食器をつけたり、置いてあるお花や塩コショウ、紙ナプキン等の補充や見直しをします。使うお皿やシルバーも綺麗な物かチェックし直したりもします。

そして接客を始める前には、お店についての知識やメニューについて徹底的に勉強します。「トイレはどこ?」や「この店のお勧めは?」といったよく聞かれるお客様からの質問には、すばやく答えられるようにしましょう。

最初は、お皿やドリンクを運ぶだけの仕事かもしれませんが、慣れて来たらオーダーを取ったり、レジでお会計をしたり、電話で予約を取ったりしなければなりませんので、コミュニケーション能力はとても重要です。また、レストランサービスはランチやディナーの決まった時間に、お客様が一度に来る事が多いので、片づけたり、セッティングしたりとすばやく行動できる事が必要です。



平均年収297万円の「ブライダルコーディネーター」とは?

ブライダルコーディネーターとは、式場・会場の手配から招待状、衣装や料理、ヘアメイクや引き出物等の、挙式・披露宴に関わる全てをお客様や業者と打ち合わせを重ね、お客様の要望を叶えながら手配し、実現するための総合的なサポートをする仕事です。

ブライダルコーディネーターになるには、ホテルや結婚式場、ウエディングプロデュース会社へ入社する方法があり、ブライダルスクールで学んだ後に就職するケースが増加しています。

未経験者募集もあり必要な資格はありませんが、日本ブライダル事業振興協会認定のアシスタント・ブライダル・コーディネーターや、カラーコーディネーター等の資格を取得すると、より専門的なアドバイスを行えるため転職の際には有利になります。

必要なスキルや能力ですが、お客様が理想とする式は様々ですので、お客様がイメージする式を詳しく聞き出せる会話術と、それを具体化する企画力、企画を正確に伝えるプレゼン能力は必要不可欠だと言えます。

また、身形から言葉遣いや礼儀作法のマナーが要求されますが、気さくで話しやすい事と安心感を与え、信頼感がある事も重要な要素です。

ホスピタリティも欠かせず、様々な要望に臨機応変に対応する力や、ヘアメイクや引き出物業者等の多くのスタッフと協働できるコミュニケーション能力も求められ、さらに、関係部署・業者への手配連絡も多く、同時進行で数組のお客様を担当するので、スケジュール管理・調整する能力も求められます。

お客様から感謝の手紙を頂く事もあり、人生で最高の瞬間を共に作り上げ、式が無事に終われば大きな達成感を感じる事ができるので、非常に大きなやり甲斐を感じる事ができるでしょう。

平均年収299万円の「ホテルスタッフ」とは?

ホテルスタッフは、ホテル内で接客を行ったり裏方を担当したりする業務を行います。これには、ベルボーイ、カウンタースタッフ、調理スタッフ、客室担当などの職務があります。ベルボーイは、ホテルに到着したお客さんの荷物を客室まで運ぶことを主な仕事内容としています。

カウンタースタッフは、到着した宿泊客に契約書を書いてもらったり、チェックアウトの手続きを行ったり、予約などの電話対応を行うといったことを業務内容としています。調理スタッフは、ホテルのレストランで提供する食事を作ることを主な仕事としています。そして、客室担当スタッフは、利用された後の客室のシーツを取り替えたり部屋を清掃たりして、次の利用に備えた客室の整備を担当しています。

このように、ホテルスタッフには様々な業務内容がありますが、接客業であるため接客の経験があれば、円滑に業務を行うことができます。常にお客さんが何を考えているのかをくみ取り、満足をしてもらえるように行動する必要があるのです。また、ホテルはフォーマルな場所であるので、マナーについての知識は不可欠です。特に、ホテルは宿泊だけでなくイベントや会議の会場としても使われる機会が多いので、ビジネスマナーの知識は不可欠です。

さらに、外国人観光客が訪れることも多いので、外国語で会話できる能力を持っていれば仕事上役立ちます。このように、ホテルスタッフに求められる能力の傾向は、人とのコミュニケーションをとるために必要なマナーやスキルです。

平均年収万289円の「調理スタッフ」とは?

調理スタッフは、飲食店において料理を作るのが仕事です。ただし、飲食店ではできるだけ早く商品を提供する必要性が高いです。そのため、注文が入ってから料理を提供するということだけが仕事内容ではなく、事前に料理の仕込みや器具のメンテナンスなども行っています、また、料理によっては提供の仕方が重要なものもあります。そういった料理を出す場合は、ホールスタッフに料理の出し方やお客さんへの説明の仕方を指導するといったことも行っています。

さらに、お店によっては調理スタッフが食材の仕入れや、メニューを考案するといった仕事もこなしています。このように、調理に関する幅広いことが仕事内容であり、それらをこなす能力が調理スタッフには求められているのです。

そして、調理スタッフとして必要な知識は、まずは料理の技術です。例えば、食材の特性に応じた加熱処理の仕方、加工の仕方といったことは知識として欠かせません。また、調理に応じた器具の選択の仕方といった知識も必要です。そのため、調理の専門学校を卒業して調理師の資格を持っている人が、なり手として多いのが特徴です。

もちろん、調理師の資格を持っていなくても調理スタッフをすることはできるので、独学で料理のテクニックを学んだという方でも仕事をすることができます。その他未経験である方でも、アルバイトとして調理の仕事を経験して、それを生かして調理スタッフになる事例もあります。いずれにせよ、調理に関する知識が料理スタッフに求められているという訳です。

平均年収267万円の「美容師」とは?

美容師と言えば、人気の職業のひとつで、憧れている方も多いでしょう。しかし、美容師になる為には、美容学校を卒業し、美容師国家試験に合格し、美容師免許を取得するという、難関が待ち構えています。

美容学校とは、所謂専門学校で、高卒者が入学資格です。昼間・夜間・通信の3つの過程があり、そのどれかで履修をクリアし、卒業認定となります。美容学校の卒業資格が、美容師国家試験の受験資格です。筆記・技術それぞれの試験に合格して初めて、免許がもらえるのです。

中には、美容師になれない人もいます。テンカンなど、精神に障害を持っている人は、美容師にはなれません。美しい職業に見えても、刃物を扱う仕事です。お客様に怪我をさせてしまう可能性があると、美容師にはなれないのです。しかし、それは差別だとして、専門医の診断のもと、大丈夫だと判断された場合のみ、美容師として働く事ができますが、たとえ美容師になれたとしても、お客様に怪我を負わせてしまった場合、例外なく責任は当人に課せられます。加えて、精神に障害を持った人を雇用した経営者にも責任が追及されます。これは、精神に障害を持っていない人が問題を起こした時と同様の扱いです。働けば皆プロとして扱われます。お客様は、美容師の事情など関係なく、プロの腕を求めて美容院に足を運ばれるのです。

美容師免許を取るまで、お客様の前に立つことができるようになるまで、夢を追う美容師の卵たちにとって長い道のりでしょうが、美容師になることへの達成感、そして遣り甲斐のある仕事であることは間違いないでしょう。

平均年収267万円の「エステティシャン」とは?

美容には、女性はもちろんのこと、現代では男性も力を入れて取り組まれている方も少なくはないでしょう。そのために必須と言っても過言ではないのが「エステ」。通われている方も多いのではないでしょうか。

エステティシャンを目指して学校へ通ったものの、ノルマがあったり、労働時間が長かったり、収入が思っていたよりも少なかったりと、エステティシャンの道を断念してしまうエステティシャンのたまごたちも居るようです。夢を追いかけていても、現実はそう甘くはないのでしょう。

最近では、エステに通うためのお金もだんだんと安くなっていっているようです。昔は高いお金を払ってでも綺麗になりたい、という願望で通われていたエステも、今では安くて手軽に通えるもの、身近な美容施設へと変わっていっています。そのため、エステティシャンの平均年収も必然的に下がっていっているようです。

税金も上がり、生活水準がどんどん高くなっている気がする日本で、収入が下がっていっているエステティシャン。夢を追いかけ、ただ人を綺麗にしたいという願いだけでエステティシャンを目指す方が、どれほど努力していて、どれほど頑張っているのか垣間見える気がします。エステティシャンがいなければ、私たちはエステしてもらうことができなくなってしまいます。

エステだけでなく、すべてに対しての価値観が変わりつつある昨今、需要のある職業の年収が下がってしまっていることは、現代の日本では重要視すべき社会問題なのかもしれません。

平均年収334万円の「ドライバー」とは?

ドライバーは軽自動車から普通自動車から大型自動車までのあらゆる自動車を運転して、荷物を目的地まで運ぶことが仕事です。荷物は日常雑貨や食品などを運んでいますが、荷物の中には非常に重い荷物もあるので、力が必要となる仕事もあります。運転する距離は短距離から中距離または長距離とありますが、近距離・中距離は地場といい、長距離はそのまま長距離といいます。

長距離となると全国へ荷物を運んでいる運送会社では、花形と言える運転手です。入社後は研修を受けてから地場として運転手をして、経験を積んでから長距離へステップアップをしていきますが、例え他社で経験を積んで入社した人でも最初は地場から初めて、長距離の運転手になっていきます。

ドライバーには、自動車を運転する仕事なので自動車の免許が必要不可欠ですが、自動車の大きさによっては、特殊な免許が必要になってきます。4トンまでは、旧普通自動車免許では8トンまで運転ができ、新普通自動車免許では5トンまで運転ができ、中型免許では11トンまで運転ができ、大型免許では11トン以上の自動車が運転できますので、乗る自動車によって必要な免許が変わってきます。

トラックの場合には一種免許で良いのですが、バスなどの人を乗せる自動車を運転する仕事をするには、二種免許が必要となってきます。トラックの運転手をするには、自動車の免許だけではなく、配送先でフォークリフトを使うときもあるので、フォークリフトの免許も必要となる場合があります。