お金のおろし方、「便利さ」に隠された罠と使いすぎにはご用心!

あなたはいつもどうやってお金をおろしていますか?実はお金のおろし方をちょっとだけ工夫してみるだけで今まで余計に支払っていた手数料などを抑え、賢くお金を使えるようになります。今回は自分の状況に合わてできる賢いお金のおろし方をご紹介いたします。



いろいろあるお金をおろす方法

銀行または郵便局のATMでお金をおろす

これはいちばんごく一般的かもしれません。平日の朝9時頃から夕方6時まではほとんどに銀行で手数料が無料でお金をおろすことができますね。それでは銀行や郵便局のATMでお金をおろすときのメリット、デメリットをまとめましたので見ていきましょう。

メリット
①平日の朝8時45分~夕方の6時までに口座を開設している銀行でなら手数料無料でお金をおろすことができる。
②お金をおろすことだけが目的になるので余計なものを買ったりしない。

デメリット
①特に給料日やそのあとの日に行列ができてしまい、おろすのに時間がかかってしまう。

銀行または郵便局の窓口でお金をおろす

キャッシュカードをお持ちでない方、また手元にない方は指定の銀行や郵便局の窓口からお金をおろすことができます。その際には必ず通帳と届け印、身分証明書(免許証や保険証)が必要になりますので持参してください。基本窓口は平日の朝9時から午後3時までしか開いていませんので、その間に行くようにお願いします。振り込みの場合も同様です。

そして窓口の場合ですと銀行にもよりますがほとんどの場合手数料がかかりません。これはありがたいですね。それでは窓口でお金をおろす際のメリットデメリットを見ていきましょう。

メリット
①手数料がかからない。
②やり方が分からなくても職員の方がやって下さるので手間がかからない。
③キャッシュカードを持っていなくても利用できる(通帳と印鑑、身分証明書が必要)

デメリット
①窓口が利用できない、または自分が利用するまでに待っておかなければいけないことがある。
②利用できる時間が決まっている。
③人と関わらなければならない。

コンビニのATMでお金をおろす

時間がない急いでいる。お金が足りなかった。緊急にどうしても必要。銀行や郵便局が開いていない。そういった時におすすめなのがコンビニATMの利用です。ほとんどの場合いくらか手数料がかかりますが時は金なりです。その時間を使ってもっとお金を稼ぐことを考えましょう。手数料などほんの数百円程度です。

ただ、あまりにも利用回数が多いと手数料だけで月何千円も損してしまうのは賢い使い方ではないですね。利用回数は最低限に抑えましょう。それではコンビニATMご利用の際のメリット、デメリットを見ていきましょう。

メリット
①すぐにおろせる。
②銀行や郵便局が開いていなくても利用することができる。

デメリット
①手数料を取られる場合が多い。
②お店の中にあるのでついつい余計なものを買ってしまう。



コンビニATMはついで買いに気をつけよう!

そもそもコンビニATMの目的とは?

コンビニにATMができて以来私たちの生活はまたはるかに便利になってきました。ではなぜコンビニにATMができたかというと、それは銀行がもっとたくさんお客様に利用してもらってお金を稼ぐためです。さらにコンビニ側も自分の店に設置してコンビニ内のものをより沢山購入してもらうためです。

今やコンビニはお客さんに購買意欲をかき立てるために様々な仕掛けをどんどん展開していっています。レジ前にはファストフードやおでんそしてドーナツまでおいしそうなものが勢ぞろい。ついつい手が伸びてしまいそうですよね。

その対処法はただ一つコンビニ内を物色しないことです。お金おろしたらすぐに帰りましょう。ただでさえコンビニは物価が高いです。賢くお金を使うにはやはり物価の低いスーパーなどで買い物をするようにしましょう。

条件を満たしてコンビニATMの利用手数料を無料で使えるようにしよう!

実は結構各銀行である条件を満たすと月に何回かまでは利用手数料が無料でお金をおろすことができるのです。驚きですよね。今まで自分も余計に手数料を払っていたのでやはりこういった知識は知ってて損はないと思います。

コンビニのATM手数料を無料にできる8つの銀行 – ノマド的節約術
コンビニでお金を下ろせるのはとても便利ですよね。でも、手数料を払っていませんか?コンビニATMで手数料を払う必要はありません!コンビニATMを無料で使える銀行一覧を紹介します。 詳しくは以下のサイトを見ていただいたほうが分かりやすいと思います。これであなたもコンビニで手数料を取られることはなくなり賢い使い方ができるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

お金はなるべくまとめておろそう!

ひと月に使う金額を把握する

そもそもお金をおろす回数を減らせば手数料など余計な物の出費を抑えることができますよね。でもそのためにはひと月にいったい自分にどれだけのお金が必要なのか把握しておく必要があります。

そしてお給料日にその金額だけをおろして、そのお金で生活していけばいいのです。お金が余ったら貯金しようとか思ってもなかなかできません。それだと心に余裕ができてしまいちょっとした金額でもあまり気にならなくなるからです。

ですがお金が手元にあるとついつい使ってしまう。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際私もそうです。そういう時は月2回か3回に分けておろす。毎週何曜日におろす。と小分けにして考えてみるのもいいでしょう。大事なのはおろす金額は毎回同じ額で定めてしまうということです。

おろしたお金で何とかやりくりする

これはとても大事なことです。水道光熱費や学費、税金などどうせ後から払わなければいけないものは早めに払ってしまいましょう。今月はちょっと厳しいから。お給料が入ってから。と後回しにすればするほどお金に振り回されてしまいます。どうしてもお金がない時は仕方がないですが。。

ですが払えるときに払っていて損はないはずです。夕飯が少し質素になったって今の時代飢え死になんてありえません。それよりも余裕が持てれば幸せを感じることはできます。あまり重く考えずにお金に振り回されず、自分なりに工夫して今日から過ごしてみてはいかかですか。



まとめ

いかがしたか。世の中あまり知らないことが多すぎると自分が損してしまいます。自分が受けれるサービスはどんどん知って受けて、生活に生かしていきましょう。また節約にはなんといっても自分の努力が必要です。自分が一体どれくらいのお金を使ているかも把握して、無駄なものは減らし未来の自分や家族にのためにお金を使っていきたいですね。