お金のおろし方こんな時どうする?知ってるつもりを卒業しよう

お金をおろす時いつもどうしてますか?ATMでおろしますか?銀行ATMやコンビニのATM。銀行まで行かなくても身近でお金をおろす手段はいろいろありますね。では通帳でお金をおろすやり方は知っていますか?ネットバンクに預けたお金のおろし方は?意外と知らないお金のおろし方をこの際しっかり覚えましょう!



お金のおろし方ちゃんと知っていますか?

お金のおろし方を気にしたことがある人は少ないかもしれません。どこでお金を下ろすにしても、多くの人がキャッシュカードを利用すると思います。普段、何気なくお金をおろしているあなた。キャッシュカード以外にも、お金のおろし方があるのを知っていますか?

「あ!キャッシュカード忘れた」こんな時でも慌てないで。知っているようで知らないお金のおろし方、ちゃんと覚えておきましょう。

結構いますね、お金のおろし方知らない人…

お金のおろし方なんて知ってるよ!という方も、知ってるつもり…という人もおさらいするつもりでお付き合いください。ATMでのお金のおろし方や銀行窓口でお金をおろす手順など解説します。



お金のおろし方①キャッシュカード編

一般的に、お金をおろすときに使われるのがキャッシュカード。銀行などで口座を作る際、一緒にキャッシュカードも作る人が多いですね。このキャッシュカードがあれば、銀行・出張所・コンビニなどのATMでお金をおろすことができます。

普段よく利用するキャッシュカードでのお金のおろし方。今さら言うほどではないかもしれませんが、おさらいのつもりで流れを見てみましょう。

キャッシュカードを使ったお金のおろし方手順

①キャッシュカードを用意する。
②ATMのメイン画面から、「お引き出し」を選びキャッシュカードを入れる。
③暗証番号を入力する。(キャッシュカードを作った時に自分で決めた4桁の番号)
④下ろしたい金額を入力。
⑤決定、でお金が下ろせます。

どのATMでも大体この流れで画面に案内が表示されます。銀行ATMでは平日の8時45分~18時までが無料、その他の時間帯では108円の時間外手数料がかかりますと表示されますのでご確認ください。

各銀行ATMで時間外手数料は108円となっていますが、一部のネット銀行では365日無料というところもあるようです。下のリンクで、イオン銀行のATM手数料が見られます。気になった方はご確認ください。

ATM |イオン銀行
イオン銀行のATMサービスについてご案内しています。

お金のおろし方②通帳編

キャッシュカードがなくてもお金がおろせることは皆さん知っていますよね。でも、実際に通帳を使ってお金をおろした事がある人は少ないかもしれません。通帳だけ銀行に持っていってもおろせないんですよ?この際、通帳でのお金のおろし方をしっかり確認しておきましょう。

通帳でもお金がおろせます

lilimama1
通帳とは銀行に口座を開設すると発行されるもので、お金の出入金を証明するためのものです。普通の生活をしていて通帳を使うのは、キャッシュカードで出入金した履歴を通帳記入するだけというのが一般的かもしれません。実はこの通帳でお金がおろせます。

銀行窓口でお金をおろしたいときには、口座を開設した時に登録した銀行印を一緒に用意しましょう。銀行窓口で、通帳を使ったお金のおろし方の流れを見てみます。

①通帳と銀行印を用意します。(銀行印がないとお金がおろせません)
②銀行にある「引き出し伝票」に必要事項を記入する。
③窓口に「引き出し伝票」、通帳、印鑑を提出して手続きする。

どの銀行でも上記の手続きでお金がおろせますので、窓口でお金をおろしたいときにはこの手順でお試しください。それでも不明な時は、銀行の案内係に聞けば丁寧に教えてくれるので心配ないですよ。

ATMでも通帳を使っておろせる?

ゆうちょ銀行を含む一部の銀行になりますが、通帳を使ってATMでお金をおろすことができるんです。例えば、磁気エラーやカードの破損でキャッシュカードが使えない時に窓口に行くのは面倒だなぁ…という方には便利なサービスですね。

通帳を持っていれば誰でもATMでお金がおろせるかというと、そうではありません。口座開設の際にキャッシュカードを作った方で、暗証番号を設定した方が使えるサービスになります。通帳を使ってATMでお金がおろせるゆうちょ銀行の情報は下のリンクでどうぞ!

ゆうちょATMのご案内-ゆうちょ銀行
ゆうちょATMは、曜日・時間帯にかかわらず手数料は無料で通常貯金のお預入れ・お引き出し、通常払込みや電信振替等のサービスをご利用いただけます。また、提携金融機関のカード(キャッシュカード、クレジットカード等)でも全国のゆうちょATMで預入・支払い・キャッシング・残高照会・キャッシング照会等をご利用いただけます。



お金のおろし方③ネットバンク編

通帳もカードもないネットバンクが普及していますね。ネットバンクを利用した事がない方はどうやってお金をおろしたらいいのか、疑問に思いますよね?私もそのひとりです。銀行まで足を運ばなくて便利な反面、初心者には利用方法がいまいち分かりにくいネットバンクのお金のおろし方について見ていきましょう。

ネットバンクってどんなもの?

実店舗や通帳を持たないインターネット上だけの銀行であるネットバンクは、実店舗を持たずインターネット上で銀行のようなサービスを受けられる新しい形の銀行です。インターネットやスマホからいつでもどこでも利用できて便利なネットバンクは利用者も急増中!

代表的なネットバンクは以下の通りです。

・楽天銀行
・ソニー銀行
・じぶん銀行
・ジャパンネット銀行
・住信SBIネット銀行
・大和ネクスト銀行

他にも、自社グループ内にコンビニを持つイオンにはイオン銀行。セブン&アイホールディングスではセブン銀行が展開されています。この他にも実店舗を持つ銀行がネットバンクを展開をしています。

さらに、ネットバンクではお得なサービスがいろいろあるんです。なんと、ほとんどのネットバンクはATMの利用手数料が無料!(一部条件付きで無料)コンビニでお金を下ろすことが多い人は、ネットバンクを利用した方がお得かもしれませんよ。

手数料一覧:ATM利用手数料|個人のお客さま|楽天銀行
楽天銀行の手数料一覧です。ネット銀行ならではのお得な振込手数料・ATM手数料をご案内いたします。ATM手数料は、楽天銀行個人口座開設から6ヶ月の間、最低5回/月以上無料で利用できます。以降も預金残高等に応じて最大7回/月まで無料です。

お振り込み・ATM利用手数料|手数料一覧|MONEYKit – ソニー銀行
ソニー銀行の各種手数料がご確認いただけます。

ATM設置場所・ATM手数料 | じぶん銀行
ATMお引出しは最大月4回まで無料!セキュリティ対策も万全、スマートフォンアプリで近くの提携ATMの検索ができます!24時間365日ご利用可能なコンビニエンスストアをはじめ、銀行やスーパーなど、ご利用いただけます。

ATM|住信SBIネット銀行
キャッシュカードのデザインは全部で6種類。住信SBIネット銀行ではお好み合わせてご選択いただけます。金融機関コード(銀行コード)もこちらからご確認ください。

提携ATM利用手数料|手数料|ジャパンネット銀行
ATMでジャパンネット銀行をご利用いただくときにかかる手数料、無料となる条件について説明しています。

ダイワ・カードで全国のATMから入出金 | 大和ネクスト銀行
ダイワ・カードで全国のATMから入出金についてご案内いたします。好金利でご本人名義の振込ならいつでも無料、だから効率よく貯められます。

お金のおろし方は2通り

ネットバンクのお金のおろし方には2通りの方法があります。

①コンビニATMを利用する
②提携先の銀行ATMを利用する

実店舗がなく、自社ATMがないネットバンクのお金を下ろすには最寄りのATMを利用する事になります。ただし、通常の銀行とは違って手数料無料の所が多いので助かりますね!ではどうやってお金をおろすのか?

ネットバンクでは通帳はありませんが、インターネット上で口座開設する時にキャッシュカードを同時に作ります。キャッシュカードが手元に送られてきたら、通常のキャッシュカードと同じ手順でお金を下ろすことができるのです。もしキャッシュカードを作っていなかった時は、自分名義の別の銀行口座に振り込みをしてそちらから下ろすしかありません。

手間もかかりますし、振り込み手数料もかかってしまうのでキャッシュカードは忘れず作りましょうね。 いかがですか?ご紹介したお金のおろし方は参考になったでしょうか。営業時間内の銀行ATMなら無料でお金をおろせますが、コンビニでは店によって時間帯関係なく手数料がかかるところもあります。お金のおろし方が分かったところで、次は手数料にも気をつけてみましょう。

ATM手数料をお得に利用して、浮いたお金は楽しく有効活用して下さい!
※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。