新婚さんの生活費いくら必要?収入と支出を徹底調査!

これからご結婚をされる方、または結婚を考えている方が気になると思う「かかる生活費」。これまでは、1人分でよかったものが、これからは「2倍」になると考えると、不安に思う方も少なくないでしょう。新婚生活でかかる生活の費用とは、一体いくらなのか?収入面も含め、調べてみました。生活費のポイントをおさえながら確認してみましょう!



結婚したら、安泰した生活ができる?

結婚を考えている方は、「この人と結婚して、この先も平穏な生活がしていけるだろうか?」など、考えたことがある人もいらっしゃるかと思います。また、将来、子どもが出来たとしたら、学費などの教育費もかかるだろうし、さらに生活への負担が増えることが予想されるでしょう。

「結婚したら、絶対に専業主婦になりたい!」という夢をお持ちの方も少なからずいらっしゃるかもしれません。しかし、結婚後の生活は、思い描いてるほどの優雅なものになるでしょうか!?旦那さんが高給取りだったとしても、夫婦2人で暮らし始めると、案外カツカツになることが多いかもしれませんよ!

すでに結婚されている方たちは、毎月の生活費にどれくらいのお金を支出しているのか?も気になるところでしょう。また、ほかの新婚カップルがいくらの収入で生活しているのかも知っておきたいポイントではないでしょうか!それらを含めて、新婚生活における、生活費のポイントについてまとめてみました。



新婚生活を始めるにあたり

新婚家庭の収入と貯金について

リクルートブライダル総研(ゼクシィ)の調査によると、2014年度の新婚家庭における年収と貯金額については、次の結果が出ています。

<平均年収>
■夫:432万円
■妻:302万円

<結婚資金貯金額>
■夫:349万円
■妻:249万円

※ここで回答した人たちの平均年齢は、夫が30歳、妻が29歳となっています。

この収入結果を見てみると、共働きであることが生活する上でもかなり有利になっていることが判りますね。夫婦2人合わせた平均年収が700万円以上あるとすれば、安定した生活を送れることが期待できるでしょう。結婚資金の貯金額についても、高い金額になっていることが判ります。このくらいの資金力があれば、マイホーム購入時の頭金についても比較的短期間で容易することが出来るのではないでしょうか。

新婚者平均年収:リクルート ブライダル総研
参照元:リクルート ブライダル総研(2015年11月時点、著者調べ)

国の平均生活費って、どのくらい?

総務省の発表によると、2015年4月~6月の期間における、家族2人以上の一世帯あたりの1カ月における平均消費支出は、<285,188円>という結果が出ているそうです。
※但し、ここで出ている1世帯(2人以上)の1か月平均の実収入<546,931円>となっています。

平均消費支出の内訳については、以下のとおりです。

■二人以上の世帯(平均消費支出とその内訳)

<消費支出:285,188円>

(内訳)
・食料:70,524円
・住居:17,649円(修繕費など)
・光熱、水道:22,860円
・家具、家事用品:10,069円
・被服及び履物:11,910円
・保健医療:12,099円
・交通・通信:39,993円
・教育:12,945円
・教養娯楽:28,502円
・その他の消費支出:58,636円
——————————–
消費支出:247,099円( ※住居費を除いた支出 )

出典:

www.stat.go.jp
ここに出ている支出結果は、二人以上の世帯の消費支出になるため、全ての年代層が対象となっており、収入にも格差があるかもしれません。新婚時の2人分の生活費については、年齢的な面からも考えると、この金額を下回るだろうと思います。

生活費については、家族の人数やその年代によっても大きく左右されるでしょう。子どもが居なければ、教育や教養娯楽にかかる費用についてもカットすることが可能になると思われます。別の言い方をすれば、子どもが出来るまでの間は、貯金する余裕もある程度考えられるということではないでしょうか?

政府統計(家計調査):総務省 
参照先:総務省(2015年11月時点、著者調べ)

新婚でかかる、リアルな生活費は?

ここから、新婚生活でかかる生活費に関して、詳しくみていくことにしましょう。基本的にかかる生活の費用を考えてみると、

■住居費(家賃、マンション管理費など)
■光熱費(水道、ガス、電気代)
■食費(飲食に関わる費用)
■通信費(固定電話、携帯、インターネット代)
■雑費(洗剤、ティッシュなど消耗品代)
■被服費(衣類、身につけるものなど)
■美容費(美容院、化粧品代)
■交際費(飲み代、お茶代、お祝いなど)
■レジャー費(趣味、休日にかかる費用など)
■交通費(バス、電車、タクシー代など)
■税金(住民税、固定資産税など)
■保険(生命保険、損害保険など)

などが挙げられると思います。

人によっては、結婚を機に自動車を購入する方もいらっしゃるかもしれませんので、別途、車検代や駐車場代、ガソリン代などの固定費も発生するかもしれませんね。また、この機会に生命保険などに加入する方も多くいらっしゃるのではないでしょうか!?

税金に関しては、「配偶者控除」など結婚後に適用できる「税金減免」の制度も出てきますので、そういうものを有効に活用するのも手かもしれませんね。※詳細については、国税庁のページを参照して下さい。

配偶者控除:国税庁
参照元:国税庁(2015年11月時点、著者調べ)

生活費に差が出る理由とは?

ここで、なぜ各夫婦には、生活費に差が出てくるのか?を考えてみることにします。

20代や30代の夫婦における生活費で最も割合が高いのは、家賃や住宅ローンの生活費に占める支出かもしれません。

リクルートブライダル総研の調査(2014年)によると、新婚時期における新居形態については、アパート35%、マンション32%と賃貸が約70%におよぶという結果が出ています。都内などは、家賃価格も比較的高くなっており、新婚カップルが多く選ぶ間取りの「2LDK」や「3LDK」の部屋の場合だと、約8~12万円くらい毎月の賃貸支出が考えられます。

「家賃は、収入の3分の1程度」が目安と言われておりますが、立地など、良い条件で賃貸物件を探すとなれば、それ予算以上になってしまう場合も多いかもしれません。しかしながら、家賃は、毎月かかる支出となるため、家賃の額を抑えることで、毎月の生活費を抑えることに繋がると言っても良いでしょう。

新婚生活費(2014年):リクルート ブライダル総研
参照元:リクルート ブライダル総研(2015年11月時点、著者調べ)



新婚カップルの生活費について

2人の生活費はいくら?

リクルートブライダル総研の調査(2014年)によると、新婚カップルがかかっている生活費は、

■「20~25万円未満」:37%
■「15~20万円未満」:21%
■「25~30万円未満」:13%
■「10~15万円未満」:11%
■「30~35万円未満」:10%

平均の生活費は、21.2万円という結果が出ているそうです。新婚カップルの生活費って、意外と高めですね!?

生活費の内訳について

ここでは、生活費の内訳について、見ていくことにしましょう。
※リクルートブライダル総研の調査結果(2014年)のデータを基にしております。 <住宅ローン返済額を含む、住居費>については、

■「6~8万円未満」:28%
■「8~10万円未満」:26%
■「10~12万円未満」:16%

平均住居費は、7.8万円となっているようです。住宅ローンの返済期間については、

■35年以上:66%
■20~25年未満:13%

平均すると約31年程度の返済計画で住宅ローンを組んでいる人が多いようです。

<賃貸での家賃>についてみてみると、

■8~9万円未満:21%
■7~8万円未満:18%
■6~7万円未満:17%
■10~11万円:15%

賃貸価格は、平均85,000円程度になっていることがわかります。
※ここに出ている平均金額は、社宅を含まず算出されています。
<食費>についてみていきましょう!

■「3~4万円未満」:34%
■「4~5万円未満」:19%
■「2~3万円未満」:16%
■「5~6万円未満」:16%

食費は、月平均3.9万円という結果になっているようです。2人で約4万円という金額は、少し高い気もしますね。外食の回数を抑えることや、ランチはお弁当を持参するなどすることで、多少予算を抑えることも可能かもしれません。食費は、抑えることが最も容易な経費でもありますので、ここである程度の節約が出来れば、貯蓄に回せるお金も捻出することも可能でしょう。

<光熱費・通信費>に関しては、

■「3万~3万5千円未満」:24%
■「2万~2万5千円未満」:21%
■「1万~1万5千円未満」:15%
■「1万5千~2万円未満」:14%

光熱費および通信費の平均は、2.4万円という結果が出ています。2人で2.4万円というと、少し高いですね。夫婦で携帯のキャリアを合わせるなど、何かしら工夫が必要となるかもしれません。また、最近は格安の携帯もありますので、そういうものに乗り換えることで、通信費を抑えることも出来るかもしれませんよ! <毎月かかる保険料>については、

■「2万~2万5千円未満」:18%
■「1万~1万5千円未満」:16%
■「3万~3万5千円未満」:12%
■「5万円以上」:11%
■「0円」:10%

保険料の平均は、2.3万円になるそうです。

<旦那さんの生命保険料>については、

・「1万~1万5千円未満」:19%
・「1万5千~2万円未満」:11%
・「5千円未満」:10%

保険料平均は、1.8万円という結果が出ています。また、

<奥さんの生命保険料>については、

■「5千~1万円未満」:23%
■「5千円未満」:17%、
■「1万~1万5千円未満」:16%

生命保険料平均は、1.1万円となっています。結婚後は、大黒柱である旦那さんの保険料の方が高くなっていることが判りますね。2名の保険料を併せると、保険料は安くない金額になることが判ります。

<被服・理容費>についてみると、

■「1~2万円未満」:41%
■「2~3万円未満」:21%
■「1万円未満」:18%

被服と理容費の平均額は、1.4万円となっているようです。個人によっては、奥さん1人でそれ以上の金額がかかっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?! <交際費、趣味・レジャー費>について見ると、

■「1~2万円未満」:27%
■「2~3万円未満」:25%
■「3~4万円未満」:19%

交際費、レジャー費の平均は、2.4万円となっているようです。交際費には、飲み会の費用や、友人とのお茶代、お祝い代も含まれているでしょう。そのため、友人の結婚式などに呼ばれた場合は、それ以上の金額が経費としてかかることも予想されますね。急な出費が出ることも予想されるため、余裕をもった予算設定が必要かもしれません。

<その他の生活費>についてみると、

■「1~2万円未満」:24%
■「2~3万円未満」:17%
■「3~4万円未満」:11%

その他生活費は、平均3.6万円という結果です。この費用には、かかる医療費などが含まれているかと思われます。

新婚生活費(2014年):リクルート ブライダル総研
参照元:リクルート ブライダル総研(2015年11月時点、著者調べ)

結婚後の貯蓄について

将来へ向けての貯蓄

リクルートブライダル総研の調査(2014年)のデータによれば、 <結婚後に貯蓄を始めた目的>についてみると、

■「将来への備えとして」:81%
■「出産・育児のため」:41%
■「住宅購入資金として」:33%

やはり、結婚後にマイホーム購入資金や子どもを授かることを考えると、貯金を始める人が多いことがわかりますね。

<現在の貯蓄の状況>

■「毎月定額を貯蓄している」:40%
■「毎月しているが額は決まっていない」:33%
■「ボーナスや臨時収入から貯蓄している」:19%
■「毎月ではないが余裕があるときに貯蓄している」:17%

貯蓄している人の合計は、89%という結果が出ています。毎月定額を貯金している人が40%と高い割合であることが判ります。 <年間あたりの貯蓄金額>について

■「100~150万円未満」:28%
■「50~100万円未満」:27%
■「50万円未満(0を含む)」:19%

平均貯蓄額は、116.4万円という結果になっています。1年間に100万円以上貯められていることを考えてみると、みなさん結構頑張って貯金していることがわかります。 調査結果から、平均の生活費や新婚夫婦の貯蓄額を見てみると、奥さんが専業主婦だと実現しないような数字が垣間見れますね。この調査で回答したカップルのほとんどが共働きであることも判りました。少しでも将来に向けてお金を貯めたいと思えば、やはり「専業主婦」というのは、ちょっと遠い「夢」かもしれません。

新婚生活費(2014年):リクルートブライダル総研
参照元:リクルート ブライダル総研(2015年11月時点、著者調べ)

まとめ

ここまで、新婚生活にかかる生活費についていろいろと見てきましたが、いかがでしたでしょうか?独身時代とは違い、新しい家族が出来るということで、保険や住居なども更なる出費が見込まれることが判りましたね。また、生活費だけでなく、将来へ向けての貯蓄をしているカップルが多くいることも判明しました。

もしかしたら、旦那さんのお給料だけでは、将来へ向けても厳しい現実を突きつけられたような気がしますね。「結婚する=寿退職」だった時代とは違い、現在は共働きも当然になっています。お子さんが出来るまでの間だけでも、出来るだけ仕事をして貯蓄を増やしておくというのも手段ではないでしょうか。

これから、ご結婚される方、又は結婚を検討されている方、経済的なポイントもおさえた上で、結婚に向けて計画を立て、シュミレーションをしてみることもおすすめします。ぜひ、参考にしてみてはいかがででしょうか。 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。