生活費10万円ってどんな生活?その実態と方法を徹底解説

生活費10万円という設定は生活に余裕が持てる金額ではありませんが、浪費をなくして節約を意識出来るメリットがあります。節約することで生活を楽しむ余裕や人づきあいが悪くなってしまっては、貯蓄が出来ても将来に希望が持てなくなるかもしれません。今回は、生活費の内訳と、どのように生活費を設定すると負担が少ないかをまとめました。



生活費10万円は多い?少ない?

10万円の内訳

生活費10万円と聞いても多いのか少ないのかピンとこないのではないでしょうか。単身世帯の生活費か家族世帯の生活費かでも違います。また、手取りの給与に対しての生活費の割合でも違いがあります。

単身世帯と夫婦二人の世帯の生活費の内訳例を挙げてみます。
・単身世帯
 ・電気代 平均5,000円前後
 ・ガス代 平均5,000円前後
 ・水道代 平均2,000円前後
 ・通信費 平均15,000円前後
 ・家賃  70,000円前後
 ・食費、その他雑費 平均30,000円前後
生活費 合計 平均127,000前後

・夫婦二人世帯
 ・電気代 平均10,000円前後
 ・ガス代 平均8,000円前後
 ・水道代 平均4,000円前後
 ・通信費 平均20,000円前後
 ・家賃  80,000円前後
 ・食費、その他雑費 平均50,000円前後
生活費 合計 平均172,000前後

だいたいの目安の金額をみても生活費10万円というのは節約してやりくりが必要な金額ではないでしょうか。

10万円の目安

生活費を10万円に設定する目安はどのように決めればよいのでしょうか。

学生さんの場合は仕送りが10万円であれば生活費を10万円以内で設定し、その他雑費の予算をアルバイトで賄うというケースが考えられます。
社会人で収入がある場合は、単身者でも家族世帯でも収入に対しての割合で生活費の設定をする必要があると思います。手取りの25%は貯蓄や予備費に置いておくほうが生活していくうえで安心だと思うので、生活費が10万円という設定の人は手取りで13万円前後の人の設定になるのではないでしょうか。



生活費10万円でやりくりする方法

節約ポイントを先に決める

生活費を10万円に設定しようと決めた時に、まず10万円の内訳をシュミレーションすることをお勧めします。シュミレーションしてみると毎月固定で支払う金額が決まっている支出と変動する支出に分類できるのではないでしょうか。

固定で支払う金額は家賃と通信回線使用費です。変動する支出の中で光熱費は季節によって使用量が変わるので年間を通しての平均で支出を考えないといけない項目だと思います。

節約する方法としては食費や雑費を出来るだけ抑える方法や光熱費を節約する方法もお勧めですが、生活を始める前に10万円という目標を立てたのであれば、負担を軽くするために固定で支払う家賃や通信回線使用料の設定を下げるのも良いかもしれません。

節約できるポイントを先に決めるとやりくりも具体的になって負担が少なくなると思います。

余った生活費について

生活費を10万円に設定すると節約しないと難しい金額かもしれませんが、一年を通して月平均10万円で生活をするという曖昧な部分を作って目標を立てると気持ちの負担が軽くなると思います。

光熱費は季節によって変動します。クーラーを使用する夏は電気料金が高くなりますが、お風呂の温度を上げる冬はガス代が高くなります。光熱費が上がる月は食費を削るというやりくりをすると負担が大きくストレスがたまるのではないでしょうか。

生活費として予定している10万の中で余った予算がある月は、余ったお金を貯蓄にまわすのではなく、翌月の生活費の10万にプラスすることで、光熱費の変動に対する不安が少なくなるかもしれません。

生活費10万円が可能な期間

二人までが限界

生活費を10万円でやりくりすることで、貯蓄が出来ていざという時に安心できることは必要なことだと思います。最初に生活費を設定することで無駄な浪費を防いで、生活に必要な支出について関心を持つことが出来るメリットがあります。

しかし、生活費10万円という設定は二人の生活費で限界かもしれません。勿論、家賃が不要なケースや住んでいる地域によって物価や家賃設定が違うので必ずというわけではありませんが、難しいケースのほうが多いようです。

家族が増えることで、教育費、雑費、食費も増えます。10万円で生活できる間に貯蓄増やすという目標をたてると良いのではないでしょうか。



生活費10万円にすると・・・

デメリット①:楽しみが持てない

kakitudata758
生活費を10万円に設定すると娯楽費の割合は1万円前後となる可能性があります。ちょっと外食をすることや、日帰りで遊びに行くくらいしか出来ない予算です。

車を所有してドライブをしたり、日帰りではない旅行に出かけるといった出費の大きい楽しみは生活費の中からは出せないというデメリットがあります。

貯蓄を確実にするという目標も必要ですが、生活費10万円という設定は意識して節約しないと難しい金額です。節約する意識が高くなりすぎると何かを楽しむという余裕もなくしてしまうかもしれません。

デメリット②:付き合いが悪くなる

生活費10万円の中から交際費の捻出は難しいようです。やりくりするためには削れる部分は出来るだけ削りたいという思いから、お金のかかる付き合いそのものが煩わしくなってしまい、交友関係が悪くなる可能性があります。付き合いが悪くなるのもデメリットの1つですね。

デメリット③:将来に希望が持てない

浪費をすることで貯蓄がなく将来が不安になることもありますが、生活費10万円に設定することで、生活に余裕がなく苦しいというイメージを持ってしまうことがあります。これ以上家族が増えるともっとやりくりが難しくなる、と将来に希望が持てなくなるかもしれません。

まとめ

生活費を10万円に設定することは、支出や貯蓄に関心を持つことが出来て浪費を減らすことが出来ます。
しかし、10万円という設定は決して余裕がある金額ではないので、貯蓄がしっかり出来ていてもかえって将来の生活に不安に感じてしまうこともあるかもしれません。

将来の目標を持って節約を楽しむという気持ちが必要ではないでしょうか。