引き出物の相場と失敗しない選び方とは?

参加してくれたゲストの人達に感謝の気持ちとして贈る引き出物。どんなに挙式や披露宴が豪華で素敵でも、引き出物の選び方一つで披露宴の印象が台無しになってしまう可能性も?!喜んでもらえる引き出物を選びたい!そんなあなたに元ブライダルプランナーが引き出物のあれこれをお教えします。



引き出物の色々

憧れの披露宴、でも決める事がいっぱい!

憧れの結婚式、披露宴。でも結婚式の準備って大変ですよね。会場を決めて、ドレスを決めて、料理を決めて、進行を決めて。見積もりともにらめっこ…。そんな中で新郎新婦が頭を悩める事の一つに「引き出物選び」があると思います。引き出物で二人のセンスや気配りが問われてしまう重要なポイントの引き出物。

「もらって嬉しい引き出物って?」「予算はいくらにすればいいの?」「上質で格安の引き出物はないの?」そんな引き出物に関する悩みや心配のある方は是非この記事をご覧になってください。

引き出物って何?

引き出物は、披露宴に出席してくださった方に感謝の気持ちを込めて贈る品物のことです。披露宴後に持ち帰って頂く、必ず用意する披露宴の必須アイテムと言えるでしょう。

引き菓子を含めて、2~3品程度用意するのが一般的のようです。引き出物は「実用性のあるもの」「いくつあっても困らないもの」「普段自分では買わないけれどあると便利なもの」を選ぶのがポイントのようです。最近ではカタログギフトも人気のようです。持ち帰る際に重くなく、カタログの中から好きなものを選ぶ事が出来る、というのが人気の秘密のようです。また、引き菓子は日持ちのする焼き菓子などが定番だそうです。

引き出物の由来

「引き出物」はもともと宴の席で、招待客へのお土産として用意していた馬を「庭先に引き出して見せた」のが名前の由来と言われています。最初は「お土産」の意味合いが強く、一昔前は「披露宴の料理の一部をお土産として持って帰る」のが主流となっていましたが、衛生上の問題から料理とは別に「記念品」を引き出物として用意する事が主流となっているようです。



引き出物の相場は?

一般的な相場は○○円!

一般的な引き出物の相場は6,000円だそうです。 引き出物が「約3,000円~5,000円」、引き菓子に「約1,000円~1,500円」程度が相場のようです。

また、「引き出物」+「引き菓子」+「披露宴の料理」の金額が「頂くご祝儀の半額程度」になるように考える、とも言われています。例えば、頂くご祝儀が30,000円と想定すると、料理に15,000円、3,500円程度の引き出物と1,500円程度の引き菓子を用意するように考えれば、出席者の方に失礼にはならない、という事だそうです。

地域によっては引き出物として特産品や縁起物を添えることもあるようです。赤飯、鰹節、かまぼこ、紅白饅頭など、地域によって様々ですので、ご両親に確認してみてください。

地域によって相場が違う??

PhotoAC 地域によって異なるのは縁起物だけではありません。引き出物の価格の相場にも地域によって違いがあるようです。各地域の大まかな目安を記載しますので参考にしてみてください。

・北海道…2,000円
・東北…5,000円~10,000円
・関東…6,000円
・北陸・東海…6,500円~11,000円
・関西…6,000円
・中国・四国…6,500円~7,000円
・九州…5,000円

北海道はご祝儀制ではなく会費制の披露宴が主流なので引き出物の額平均は低めですね。また、北陸や四国の一部の地域では、ひとり辺りに渡す品数が5品を超えるような地域もあり、ご祝儀額は全国平均の2倍近くに及ぶこともあるようです。

新郎と新婦の出身地が違う場合などは、両家やその近隣の慣習を踏まえる事も必要ですので、双方が納得できるように両家のご両親を交えて話し合う事も大切ですよね。無理にどちらかにあわせようとして揉めてしまうようなら、最初から両家で別々の引き出物を用意するという方法を考えてみるのも良いでしょう。

贈る相手によって○○を変える?

贈り分けとは

PhotoAC 「贈り分け」という言葉を聞いた事はありますか?贈り分けとは性別、世代別、未婚と既婚、親族・上司・友人、男性と女性 などによって引き出物の品を変えてお渡しする、というものです。

これは約10年程前から増えてきているそうです。いまや関東地域では8割位の人が行っているというデータもあるほど、引き出物選びでは「贈り分け」が主流となってきています。

これは、出席してくれたゲスト全員に喜んでもらえる品を贈りたい、という気持ちから「贈り分け」が行われるようになったようです。

披露宴には、様々な地域や年齢、立場、趣味嗜好など色々な人が集まりますが、全員に同じ品物を贈って、尚且つ誰にも喜ばれる引き出物を選ぶのはとても難しい事です。結果ものすごく無難な品物になってしまったり、喜ぶ人ともらって困る人が出てしまったり、という結果になってしまいます。

とはいえ、一人一人引き出物の品を変えるのは大変ですので、2~4パターンに分けて贈るのが一般的のようです。

例えば、 

・親族、会社関係、友人 
・親族、家族のある人、独身男性、独身女性
・新郎側親族、新婦側親族、会社関係、友人

などと分ける事が出来ます。

「贈り分け」の注意点

贈り分けはゲストの気持ちを考えて喜んでもらえる引き出物に出来る良い方法ではありますが、注意点があります。

・引き出物を入れる袋を揃える。
通常は披露宴会場などで選ぶのが一般的ではありますが、中には自分で選んだものを持ちこむ方もいらっしゃると思います。買ったショップが違うため袋の大きさやデザインや色がバラバラ、という事になってしまうと、贈り分けをしている事が一目瞭然ですよね。中身が違う事がわからないようにする為、袋は統一しておくようにしましょう。

・引き出物の大きさを揃える。
例えば、「食器セット」と「腕時計」で贈り分けをしてしまった場合、明らかに大きさが違いますよね。値段によって、又は内容によって大きさが変わってしまう事もあるとは思いますが、引き出物のサイズが違うと、ゲストが不快な気分にしてしまうかもしれません。

なるべく大きさを揃える事を意識した方がいいでしょう。

・品物の数を揃える。
何かの拍子に別のテーブルの人の引き出物の中身が見えてしまった時…周りの人より自分の引き出物の数が少ないと、ゲストは悲しい気持ちになってしまいますよね。 

ポイントは、中身を「贈り分け」しても、外から見る時には同じように見える工夫をすることです。

それでは、贈り分けをする際にそれぞれどのような物を贈ると喜ばれるのか、人気の引き出物をご紹介したいと思います。また金額の相場も記載しますので参考にしてみてください。

親族に喜ばれる引き出物選びのポイントは?

親族への引き出物は、会社関係や友人よりもランクアップさせた引き出物を贈る方が多いようです。金額平均は7,000円~12,000円と言われています。

親族は会社関係や友人よりも多めにご祝儀を頂く事があります。また、両家両親の顔を立てるという意味でも満足して頂けるものを贈っておきたいですよね。

とくに地方の親族や年配の親族が多い場合は、縁起物や地域ならではのしきたりに沿った品を贈る場合もありますので、充分両家のご両親と相談してみてください。

親族に人気のある引き出物は「高級感のある上質なもの」です。
・高級調味料セット
・漆塗りのお椀
・高級ブランドのティーセット
・高級ジャムの詰め合わせ

重量のあるものは、後日配送などの配慮もあれば更に良いと思います。また、縁起物の赤飯や鰹節なども喜ばれる品のようです。

上司に喜ばれる引き出物の特徴は○○だった!

PhotoAC 披露宴に上司をお招きする場合は、主賓として挨拶や乾杯の発声ををお願いする事も多いため、お礼も兼ねて同僚や友人達よりはランクアップした物を贈る事が多いようです。また、上司は同僚よりも高額なご祝儀を頂くことも予想できいますので、頂く金額に見合った引き出物を用意しておくようにした方がよいでしょう。予算の相場は約5,000円~10,000円のようです。

・お酒の好みにあわせた高級グラス
・上質の万年筆
・ブランド物のタオル
・良質の食材

安物はノーブランドの品は主賓クラスの上司にはすぐ気づかれてしまいますので、「ブランド品の高級感があるもの」を贈るようにした方がよさそうです。

同僚や友人への引き出物は金額より○○を重視する?

PhotoAC 友人や同僚などは、ご祝儀の相場が一般的には30,000円とされていますので、引き出物の金額は約3,000円~7,000円の範囲内にする事が多いようです。

・高級なペン
・入浴剤などのバスグッズ
・コーヒーのセット
・靴磨きセット

女性の友人や同僚にはこのようなものがオススメです。

・デザイン性重視の食器やグラス
・スプーンやフォークのセット
・持ち帰りやすいミニ観葉植物

仲の良い友人には、趣味で使えるものや、その人の嗜好に合うものを選ぶのも良いと思います。金額よりも「見た目や実用性を重視」した方が喜んでもらえるようです。友人や同僚は自分と同年代の場合も多いので、自分がもらって嬉しいものを考えてみると決めやすいのではないでしょうか。



お得な節約法は?

引き出物をケチる発想はしない方が◎

20代~30代の女性に聞いた「これまでに出席した披露宴で「けちったな」とわかってしまった事がありますか? とアンケートがあります。なんと69%の人が「ある!」と回答しているようです。具体的にどんな所でケチったのがわかったのでしょう。3位「装花」、2位「引出物」、1位「料理」、という結果のようです。

引き出物は2位ですね。必要以上に予算を削ってしまうとゲストから「ケチった」と思われてしまう可能性が高くなってしまいます。更に披露宴全体のイメージや新郎新婦に対するイメージも悪くなってしまう可能性もあるのです。

こっそり教える引き出物節約の方法とは?

PhotoAC 引き出物を少しでも安くするポイントは、ずばり「持ち込み」です。ホテルやレストラン経由で引き出物を頼むよりも、インターネットやショップなどで直接注文する方が同じものでも安く購入できる場合が多いです。
例えば、会場で買うと5,000円のものがインターネットでは10%オフで売っている、という場合500円の得になります。50個買うならば25,000のお得。大きいですよね。

引き出物を持ちこむ場合に気をつける点が二つあります。

一つ目は持ち込む場合の「持ち込み料」会場によりますが引き出物一つにつき数百円の持ち込み料(保管料)が必要になる場合が多いです。持ち込み料を払ってでも高い割引率で買える物を選べば節約になりますので、会場に聞いてみてくださいね。

二つ目は準備です。会場に依頼する場合は、プロのプランナーさん達が、責任をもって発注し当日までに完璧に準備をしてくれています。持ち込む場合は自分で手配をしなければいけませんので、自分たちで責任を持って注文をしたり、会場に届いているかを確認したり、と安くなる分手間は増えると言えるでしょう。

引き出物 – 送料無料ギフトショップ -最大50%OFF- 【1品より全品全国無料宅配】 引き出物、内祝い、カタログギフト
参照元:GiftShop(2015年11月:著者調べ)

人気の結婚式アイテム・ギフトが格安|PIARY(ピアリー)
参照元:PIARY(2015年11月:著者調べ)

激安の引き出物の人気ランキング | 引き出物の激安通販
参照元:トップブライダル(2015年11月:著者調べ)

ギフト卸値格安販売 『激安ギフトショップ』 全品60%〜37%OFF!
参照元:激安ギフトショップ(2015年11月:著者調べ) もうひとつ見落としがちなのが、引き出物をいれる紙袋です。 会場によっては持ち込み不可の所、持ち込み料を払えば可能な所、持ち込み料無料の所など様々です。

持ち込み料が無料の場合、前述した紙袋を用意する際の注意点を守れば、自分で安く用意した紙袋に引き出物を入れた方が断然お得ですよね。 持ち込み料がかかる場合も、会場の紙袋は1つ500円前後の事が多いので、それよりも安い紙袋が用意できれば、お得になるのでオススメです。

紙袋印刷ならオリジナル紙袋Web
参照元:オリジナル紙袋Web(2015年11月:著者調べ)

NG引き出物にご注意を!

絶対に贈ってはいけないタブーの品

PhotoAC 引き出物の中にはタブーとされているものがあります。非常識な人だと思われない為にも是非参考にしてくださいね。

・刃物…包丁やはさみなどは切れる=「縁がきれる」が連想されることから、慶事には贈らないのが一般的です。

・偶数個の食器…昔は食器自体が「割れ物」としてタブーとされていましたが、現在では食器を選ぶ事自体は問題ないと言うのが一般的になってきました。ただし、割り切れる数である4・6・8などを選ぶのは避けた方がよいでしょう。ペアについては、偶数ですがきにする必要はないようです。

・重箱…箱が重なった形の重箱は、「再婚」や「離婚」を連想させるもの。おめでたいことに使われるものですが、引き出物に使うのはNGです。

・白いハンカチ…真っ白なハンカチは弔事で使われるもので、「別れ」のイメージがあるとして嫌がれることがあります。ハンカチを選ぶなら華やかな柄を選ぶようにした方がいいでしょう。

「こんなのいらない・・・」もらって困ったエピソード集

もらっても喜ばれない残念な引き出物についてもご紹介します、

・重たくて持ち運びが大変な品物…「鍋」や「お酒」などの重いものは遠くから列席する人や、年配の方、子連れで列席してくれた方などから嫌がられる傾向が。重たいものを贈る場合には配送の手配なども準備しておいた方がいいでしょう。

・趣味に合わない雑貨や小物…趣味ではないものをもらっても使わないので困る、という方が多数のようです。嗜好にあわない食べ物も不人気の引き出物のようです。

・カタログギフト…値段の安いカタログギフトは「欲しいものがない」という声も。カタログギフトは、個々に好きなものを選べるので、人気のある引き出物である一方、ゲストが選びそうな品が揃っているかを確認する必要もありそうです。

・新郎新婦の名前や写真が入ったギフト…二人のコメントが入ったメッセージカードやハガキなら心が伝わって喜ばれるけれど、食器やグラスなどに名前や写真を入れるのは絶対にNG。持って帰っても使えないし処分にも困る、というのは本音のようです。

まとめ

PhotoAC いかがでしたか? 結婚式や披露宴はお金がかかりますが、出席してくれるゲストへの感謝の気持ちもしっかり伝えたいですね。みんなが笑顔の素敵な披露宴になる事を祈っています。