無駄遣いしないで効率的&快適に過ごすことができる5つの方法

今月こそは無駄遣いしないようにきちんと予算を立てて生活をしよう、と思っていても、ついつい欲しいものがあると衝動買いしてしまう。欲しかったはずなのに買ったあとで「また無駄遣いしてしまった」と後悔の繰り返し。そんなことありませんか?無駄遣いをなくし生きたお金の使い方ができるよう、簡単な実践方法をお伝えいたします。



無駄遣いをしてしまう主な理由

コンビニについ寄ってしまう

品物が豊富なコンビニ。最近はスイーツの種類も増えてきているようですし、カフェテリアが併設されたコンビニも増えているとか。また気軽にいつでも行けてしまうので特別用事がなくても寄ってしまいがちな場所でもあります。

寄ったからには何か買わないといけないような気もしてしまう、お菓子1個くらいのつもりがなぜか数百円分買ってしまった。数百円程度ならいいか、と思いがちですが、これが無駄遣いの要因となっている方が多いようです。

100円ショップで予定外のものを購入

myu_cosmos
100円ショップに行ったときに、特につい買ってしまいがちなのが、100円ショップのコスメ。セルフネイル派も増えているので、ネイルをたくさん買い足してしまったり、メイク用品を100円だからいいか、とつい必要ないものまでに手を伸ばしてしまったり。あー、こんなに買う予定じゃなかった、また無駄遣いしてしまったと後悔してしまうことも。

乗り気じゃない飲み会に参加してしまう

前もって予定していなかった飲み会。急きょ「今日行かない?」なんて誘われて、本当は自宅でゆっくりするつもりが、なんとなく誘いに乗ってしまい、数千円の出費をしてしまった。特に会社勤めをしているとよくありがちですよね。みんなが参加するから、断りづらいから、とつい誘いに乗ってしまうことが無駄遣いのもととなります。



無駄遣い防止策1:ランチは自宅から持っていく

お弁当持参でコンビニ通いを防止する

自炊をして弁当を持参するのは無駄遣いしないためには効果があります。食事をすることは無駄遣いにはなりませんが、コンビニやお弁当屋さんで食べ物を買うことで最低でも数百円は出費となるため、その分お金を使わずにすみます。お弁当を持参できるかたは前の日に残ったおかずを詰めるだけでもOK。その日から実践できるので試してみる価値があります。

しかしお弁当のおかず代には注意

一口にお弁当持参といっても、おかず代だって結構馬鹿にならなりません。そんな時は夕方の値引きセールや業務スーパーなどを利用してなるべく安く済ませる方法をおすすめします。また、調理自体がめんどくさい、という方には、冷凍食品半額セールなどの日を狙ってまとめ買いをすると良いでしょう。

無駄遣い防止策2:自宅にあるものを整理する

自宅にあるものを把握する

例えばドラッグストアに行ったときになんとなく買ってしまった化粧品。100円ショップに行ったときについで買いしてしまった雑貨類。ファンシーショップでウィンドウショッピングしたつもりが見た目のかわいさで買ってしまったアクセサリーなど。

使う出番が少ないまま眠っているものはありませんか?細かいものでどんなものを持っているのか、きちんと把握することで、つい買ってしまうという無駄遣いはある程度なくすことができます。今一度見直してみましょう。

整理しすぎてまた必要な時に買うはNG

細かいものを整理して把握する場合に気を付けなければいけないのが、整理しすぎないこと。雑貨類は特にリーズナブルなので、安易に捨ててしまいがちですが、シンプルで応用がききそうなものは保管しておくことも必要です。

なぜなら、いざというときに「これがあれば」前に捨ててしまったことを思い出し、同じものを求めて
買いに行ってしまう、ということも少なくないからです。無駄遣いしないためにも流行のないものは得に使用頻度が少なくても取っておく、という選択肢もあります。



無駄遣い防止策3:「試してみないとわからない」はNG

ネットショッピングでの衝動買いを防止

店頭で見たものをネットで探して安く購入するのはいい方法だと思いますが、実物を試すことができない洋服や靴は無駄遣いの大きな要因の一つになります。

実際に試着などができないため、いざ届いたらサイズが合わなかったのでリサイクルショップに持ち込むはめに…ということにもなりかねません。洋服はまず試着をしてから、靴はサイズがきちんと合うか靴屋さんで履いてみてから購入するのが無駄遣い防止になるでしょう。

実物が確認できるものはネットで値段を比較

ネットショッピングは賢く利用すれば無駄遣いをなくす対策として効果的と言えそうです。店頭で見た商品が、ネットではいくらで購入できるのか、いくつかのサイトを比較して少しでも安く購入できればその分お得です。

中にはネットで購入したほうがポイントがたまる場合もあるでしょう。しかし、気を付けなければいけないのは品物によっては類似品が出ている可能性もありますので、気を付けなければいけない点といえるでしょう。

無駄遣い防止策4:乗り気ではない誘いは断る

無理して付き合っても時間とお金の無駄遣い

仲間からの突然の飲み会の誘い、友達からのランチの誘いなど人間関係を円滑にするためには、ちょっと無理して誘いに乗ることも必要かもしれません。しかし、無理をしすぎて乗り気でないのに付き合ってばかりですと、無駄遣いばかりしてしまい、給料日前にはお金がない、ということになりがちです。

断りたいときは、相手を傷つけないような理由をいくつか用意しておいて、あとでフォローすれば人間関係にヒビが入ることなく、無駄遣い防止にもなるでしょう。

必要な誘いは行きましょう。

飲み会は行き過ぎると無駄遣いになりますが、中には今後の関係んい影響するお誘いもあると思います。そんなお誘いは未来への投資だと考え、お断りせずに参加したほうが良いでしょう。1回で数千円なくなる飲み会がどうしても乗り気でないならば、リーズナブルに済ませられるランチに切り替えるなどし、バランスを調整することも大切だと思います。

無駄遣い防止策5:収支を細かく把握する

家計簿をつけて目で確認する

無駄遣いをしてしまう方の特徴としてよく見られるのが、収支を細かく把握していないこと。もちろん大きな収支や固定費は覚えているので把握していますが、毎日の細かい買い物は、きちんとレシートをもらって記録しないと把握はできません。家計簿が苦手な方は、アプリを活用してもいいと思いますので、1か月だけでもいいので収支を細かく把握することをお勧めします。

収支を把握することで使い過ぎに気づく

なんでこんなにお金が減っているのだろう、と思ったときに、家計簿を見直してみると意外と意識していないところで結構無駄遣いしていたりするものです。特に食費はつい立ち寄ったコンビニなどでついで買いをしてしまうことが今まで多かったかたは、自分の癖がそこでわかるようになります。

しかし細かく記録をつけすぎて神経質になってしまうと続かなくなり、結局把握しないで無意識に無駄遣いしてしまうので、あまり神経質にならないこともおすすめします。

自分に合った方法で無駄遣いをなくそう

コツ1:まずは生活スタイルを見直す

自分に合った無駄遣いをなくすための対策を実践するにあたり、まず行いたいのは自分がどんな生活パターンなのか、紙に書きだすことがいいでしょう。起床から就寝までの行動を平日と週末に分け、どの時間帯が一番買い物をすることが多いのか、インターネットでショッピングサイトをみてしまうのか、などを把握してみると明確にわかると思います。

コツ2:毎月必要なものは何かを把握する

毎日、あるいは毎月必要なものは、基本的にこれからも生活していく中で必要と考えていいと思います。そういったものは購入しても無駄遣いにはなりませんので、必要なもののリストとして把握するとよいでしょう。

逆に時々しか使用しないものは、毎月購入する必要がないと思いますので、なくなったら購入する、という程度で把握し、なくなるまでは購入しない、と決めるなど自分のルールを作ると無駄遣いしないですむでしょう。

コツ3:カテゴリごとの予算を決める

例えば、今月使えるお金が5万円あるとしたら、前もって購入予定のあるものや、友人たちとの外出にかかる費用を含めてカテゴリごとに分け、いくらこれに対して使えるのか、予算を立てると無駄遣いをなくすことが可能となると思います。

大雑把に「今月は5万使える」とだけ把握していても、細かく予算分けができていないので、その場その場で使いづすぎてしまいがちです。そういったことを防止するためにも予算分けは簡単に無駄遣いをなくすためにできることだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。無駄遣いは大きな出来事だけでなく、ほとんどは日々の細かい積み重ねが要因だといえるでしょう。そのためには、まず自分のことをきちんと把握し、予算を立てたりバランスを調整することで無駄遣いをなくすことができるのではないかと思います。

※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。