<ふるさと納税>牛肉たっぷりすき焼きが食べたい人のお礼特選

寒い日はやっぱり鍋ですね。中でもポピュラーな鍋料理といえば、家族で囲むすき焼きではないでしょうか。ふるさと納税で節税しつつ、牛肉たっぷりのすき焼き鍋が食べたい!そんなあなたのために、ふるさと納税の手続きからメリット・デメリット、そして牛肉お特選お礼をご紹介します。



<ふるさと納税>は魅力的な制度

ふるさと納税とは、各自治体に私たち個人が寄付をすることで、寄付額と所得額に見合った控除・還付を受けることができる制度です。税金がお得になるという魅力もさることながら、各自治体から寄付のお礼として届くお礼品も非常に魅力的だと注目を集めています。

大体、1万円の寄付に対し2千円の手数料を除いた8千円が控除・還付の対象になり、その上、地方色豊かなお礼品(3千5百円から6千円くらい)が届くとあっては、誰もが「ええ、本当に!?」と目を光らせるに違いありません。実際、ふるさと納税は年々便利になり、しかも各地のお礼合戦もヒートアップの一路を辿っています。

ふるさと納税の魅力を牛肉お礼品を中心にお伝えすると共に、手続きやメリット・デメリットについても解説いたします。



ふるさと納税のメリット

ふるさと納税のメリットは何と言っても税金の控除とお礼品!

お礼品は各地方特有の品々で、中には珍しい物や普段はほとんど手を出せない高級食材などもラインナップされています。今回特集する牛肉も、そんな高級食材の一つと言えるのではないでしょうか。

寒い季節はすき焼きが恋しいですが、すき焼きのお肉を高級和牛にするとなると、財布の中の福沢諭吉さんが一瞬で飛んで行ってしまうのですから悲しいことです。しかし、ふるさと納税を使えば和牛の有名産地からお礼品として霜降り高級和牛をいただくことも可能なので、ここぞとばかりに原価の高いすき焼きを楽しむこともできてしまいます。ですが、ふるさと納税のメリットはそんな家庭の食卓だけに留まりません。

節税効果

第一のメリットはやはり節税効果です。ふるさと納税という制度は世にいくつかある控除制度の一つ、寄付金控除です。

寄付金控除とは、国や自治体、特定の団体に寄付をすることにより、寄付金と所得に見合った額が還付・控除されるという制度です。前からあった制度ですが、ここまで有名になり、活用する人が多くなりました。

やっぱりお礼

「家庭の食卓に留まらない」と書きましたが、やはり家庭の食卓は魅力があった方がいいですし、魅力的になるのはお礼品があってこそ、ですよね。税金の還付・控除だけでは、ふるさと納税はここまで有名にはならなかったのではないでしょうか。

ふるさと納税が爆発的に広まった理由を語るには、やはりお礼パワーが多いな要因であることに間違いはありません。ですが、お礼がここまで豪華に食卓を潤すものであるならば、反対に心配にもなるものです。自治体にはメリットがあるの?と。ご安心を。お礼品という私たち個人のメリットだけでなく、自治体にもきちんとメリットはあります。

自治体側のメリット

税金がお得になることと素敵なお礼品がもらえることは私たち個人のメリットです。では、自治体側にはどんなメリットがあるのでしょう?お礼品をあげてしまってはかえってマイナスではないのでしょうか?

自治体だって損をしたいわけではありません。きちんとメリットがあってしていることです。一つに、地場産業にお金がどんどん回るというメリット。牛肉の場合、売却ルートはその農場のや法人単位で開拓するしかありません。しかし、自治体が買い上げてふるさと納税のお礼として配ってくれれば自治体からもお金が入ります。また、宣伝も独自に行わなければならなかったものが、自治体やふるさと納税を通しての効果的な宣伝も見込めます。

自治体も独自に宣伝費に高額を割り振る必要はなく、ふるさと納税を通して地域をアピールすることができます。地場産業にお金が回ると地方の活性化に繋がります。宣伝せずとも宣伝ができ、宣伝費を抑えることができます。また、お礼品を食べたふるさと納税利用者がリピーターになってくれればこんなに嬉しいことはありません。これだけのメリットがあるならお礼品を奮発して充分メリットがあるというわけですね。

ふるさと納税のデメリット

自分の住む自治体の税収が減る

以前から指摘されているふるさと納税のデメリットです。税金がお得になるということは、どこかの自治体がその分わりを食うことでもあります。わりと食うのは主にどこかというと、私たちが住んでいる地元の自治体です。確かに遠く離れた自治体はふるさと納税で収入が上がり、地場産業が活性化し、宣伝費に高額を割かなくてもふるさと納税自体が大きな宣伝になります。しかし、その分、地元の自治体の収入が低下してしまうのは困りもの。私たちがお世話になっているのは地元の自治体です。

まったく地元に収入がなくなるわけではありません。国に納められた税金は必ず一定額が各地の自治体へ渡される仕組みになっていますし、地方税(固定資産税など)は主に自治体の税収となります。しかし、ふるさと納税により人気のある自治体にだけお金が集まっているのも事実。そして、それがデメリットであると指摘されているのも事実。

税収が不公平になっても一個人では調整することは不可能ですので、あまりにも問題が大きくなった場合は、それこそ国や自治体の出番になるでしょう。ですが、こんなデメリットもあるんだということを知っておくのも良いと思います。

お礼品競争が加速し過ぎ?

税収の他にお礼品の問題もあります。私たちもらう側からすれば、お礼品が豪華なことは嬉しいことです。現在は地方自治体にもプラスに働いているためお礼品には1万円の寄付に対し3千5百円から6千円くらいの間で各自治体がチョイスしていますが、ふるさと納税という制度がさらに話題になり、加熱し、さらなるお礼競争へと発展してしまったらどうでしょう。これも実際に問題点として指摘されていることです。

各自治体が自分の地域に寄付を呼び込むため、もっとお礼の原価をつり上げる。そうすると他に自治体も負けじともっと高額のお礼を用意する。もらう方からすれば嬉しくはありますが、本当にこれでいいの?と疑問に思ったりはしませんか。

お礼として地方の食材や民芸品を渡すのは良いとして、金券はさすがにどうかという指摘もありました。お礼品の原価が高くなり過ぎて結局私たちの寄付が意味をなさなくなってしまうことは避けなければいけない問題です。

ですが、制度を利用することの良し悪しはまったく別の問題です。現行では、ふるさと納税は控除制度としてきちんと認められた制度です。お礼の価格と制度の良し悪しは別の問題として考える必要があるのではないでしょうか。



やっぱり牛肉!お礼特選

牛肉の特選お礼品をご紹介します。()内は、その寄付額からそのお礼品をもらうことのできる金額です。

兵庫県宍粟市の宍粟牛

すき焼きを食べながら一杯やりたい。そんな寒い日の要望にベストマッチなお礼品はこちらです。すき焼きにぴったりの黒毛和牛の霜降り800グラムと日本酒のセットになります。宍粟市は日本酒発祥の地!日本酒発祥の地ならではのセットです(1万円)。

寄付申し込みについて/宍粟市ホームページ
参照元:宍粟市(2015年11月、著者調べ)

秋田県にかほ市の秋田由利牛

お酒を堪能しながら温かいすき焼きを食べるといえば、もう一カ所、こちら。東北では最古、日本では三番目に古い歴史ある酒蔵を持つにかほ市のお礼品である由利牛のすき焼き肉がお勧めです(2万円)。

【にかほ市ふるさと納税】おもしぇ特産品、揃ってます! | 行政情報 | にかほ市公式サイト
参照元:にかほ市(2015年11月、著者調べ)

岐阜県八百津町の飛騨牛

栗きんとん発祥の町であると同時に、彼の偉人・杉原千畝の故郷でもある岐阜県八百津町。お礼品は、A4等級飛騨牛のロース肉が1キロ詰め合わせ。霜降りの極上和牛がたっぷり堪能できます!(3万円)

八百津町ホームページ
参照元:八百津町(2015年11月、著者調べ)

北海道鷹栖町の鷹栖牛

北海道鷹栖町の鷹栖牛は数量限定品ですが、1キロというボリュームと美味しさから人気が集まっています。すき焼きとしゃぶしゃぶの兼用肉として届けてくださいますが、相談次第では焼き肉用も可とのこと(1万円)。

ふるさと納税のお知らせ|鷹栖町
参照元:鷹栖町(2015年11月、著者調べ)

佐賀県小城市の佐賀牛

佐賀県自体が和牛で有名という感があります。そんな印象を遥かに上回る肉質のしゃぶしゃぶとすき焼き兼用のお肉が500グラムいただけます。通年商品ですので、納税後に「もう一パック!」と言えるのが嬉しいですね(1万円)。

小城市:ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)制度
参照元:小城市(2015年11月、著者調べ)

和歌山県新宮市の熊野牛

こちらも通年発送で「もう一パック!」とお願いできる和歌山県新宮市の熊野牛のすき焼き用肉です。熊野の名から想像できる雄大な自然の中で育った霜降りたっぷりの和牛肉です(3万円)。

和歌山県新宮市 頑張る新宮熊野を応援してください!(ふるさと納税について)
参照元:新宮市(2015年11月、著者調べ)

岩手県北上市のきたかみ牛

肉質にこだわり等級づけし、一定等級の肉だけを選別するきたかみ牛のすき焼き用お肉です。各品評会で多くの賞を受賞している味をご家庭で(3万円)。

ふるさと北上応援寄附 | 北上市
参照元:北上市(2015年11月、著者調べ)

牛肉のお礼の選び方

競争率が高い

ふるさと納税のお礼品の中でも、人気品や数量限定品はすぐに品切れになります。各自治体はふるさと納税のお礼をまとめたインターネット上の頁を用意していまして、在庫状況はそれぞれの項で確認できます(たまに載っていない団体もありますが、メールや電話で確認できます)。

牛肉はお礼の中でもやはり人気が高く、特にブランド牛で有名な自治体のお礼品はすぐに品切れになります。皆、狙っているということですね。狙う牛肉があるなら、在庫確認はこまめに!

でもまた入荷する?

在庫切れすることも多いですが、再入荷することも多いのが牛肉のお礼品の特徴です。欲しい時に在庫切れだった場合は自治体に問い合わせ、近日再入荷する予定ですという回答があったならさっさと申し込みを済ませてしまった方がいいのかもしれません。入荷状況をホームページ上でお知らせしてくれる自治体もありますよ。

また、牛肉のお礼品は、特に牛肉で有名な地方は一種類だけでなく数種類単位で用意していることもあります。その中でも、特にすぐに品切れになるお礼品は気にしておいた方が良いお礼品です。すぐに品切れになるということはリピーターが多く、狙っている人が多いお礼品でもあります。迷ったら数種類ある牛肉のお礼の中でも人気のあるもの(よく品切れになっているもの)をお願いしてみてください。お礼品で外さないコツです。

ふるさと納税の方法

ふるさと納税の手続きは、私たちが普段馴染んでいるインターネットショッピングと大差ありません。

①自治体へ申し込み
②支払い
③寄付金受領証明書とお礼を受け取る

この①から③の手順はネットショッピングの申し込みから商品の受け取りに酷似しています。申し込みは電話やメールでもできる他、各自治体のふるさと納税サイトや自治体のホームページから行うこともできます。

申し込みをしたら今度は支払いです。ネットショッピングの際はカード決済やコンビニ決済の中から自分の都合に合った方法を選びます。ふるさと納税も同じです。自治体によって取り入れている決済は異なりますが、カード決済、コンビニ決済、銀行振込、現金書留などの決済方法が可能です。

支払いをしたら、後は受領証明書とお礼を待つだけです。ふるさと納税はあくまで寄付ですが、お礼と寄付金受領証明書の受け取りは、ネットショッピングの商品と領収書の受け取りと似たような形と解釈すれば分かりやすいと思います。ただ、異なるのはここからです。

④確定申告

ネットショッピングの場合は③までで終了ですが、ネットショッピングの場合は④があります。控除と名のつく制度の宿命たる確定申告です。

③で届いた寄付金受領証明書を持って確定申告をするのですが、特定の条件に当てはまる方で特例の申請書を提出した人は④の確定申告を省くことができます。

ワンストップ特例はじまりました

条件を満たしている場合に使うことができるのがワンストップ特例です。ワンストップ特例を使うことにより確定申告が不要になります。自治体の方で代わりに申告してくれると考えると分かりやすい、まさにワンストップな特例です。

特例は、ふるさと納税の他に確定申告が必要な人は基本的には使うことができません。その他に、下記の条件を全て満たす必要があります。

■会社に勤めている
■給与は一社だけからもらっている
■給与が2千万円を超えていない

基本的にOLやサラリーマンを対象にしている制度です。フリーランスや自営業はふるさと納税の確定申告が不要となったとしても、もともと確定申告が必要な人たちです。ですから、ふるさと納税もワンストップじゃなくて一緒にしてくださいねということで使えません。会社に勤めていて普通は確定申告の必要がない人たちが特例の対象になります。

■医療費控除などの他控除制度を利用しない

他の控除制度を使う場合も基本的にふるさと納税をワンストップにしても他の控除のために確定申告が必要になります。ですから、ふるさと納税もワンストップではなく一緒にやってくださいねということで特例は使えません。

ただし、住宅ローン控除だけは特例を使うことが可能です。住宅ローン控除は初年度(適用一年目)だけは確定申告が必要ですが、次の年からは確定申告は不要になります。初年度はふるさと納税のワンストップ特例を使うことはできず、住宅ローン控除とふるさと納税を一緒に確定申告しなければいけませんが、二年目からは二つの控除を一緒に使ってもワンストップ特例で確定申告を飛ばすことができます。なお、医療費控除などを使う場合は住宅ローン控除のような一年目、二年目という決まりはありませんのでご注意を。

■寄付先の自治体が6自治体以上ではない

寄付先の自治体が六つになると確定申告が必要になります。あまり多いとワンストップするにしてもややこしいのできちんと申告にきてくださいということです。
注意しなければならないのは、同じ自治体に六回寄付しても六自治体とカウントされること。ですから、例えば牛肉の美味しいA市に六回寄付をして六回牛肉をご馳走になったらその時点でもう確定申告は覚悟してくださいということです。

■2015年4月1日以降の寄付である

ワンストップ特例は2015年4月1日から始まりました。その前の日付でした寄付は確定申告が必要です。特例が始まっていなかったわけですから、自治体から申告がなされているわけがありませんので、2015年3月31日までのふるさと納税分は必ず確定申告が要となります。

■ワンストップ特例の申請書を提出している

会社員で給与は一カ所からしかもらっていない。給与額は五百万で、他の控除は三年目の住宅ローン控除だけ。しかも寄付の日付は2015年5月1日で一自治体だけ。こんな方はまさに特例の対象ですが、条件を満たしているだけではいけません。絶対に特例の申請書を提出する必要があるのです。

特例の申請書はふるさと納税を自治体に申し込む際に、申し込みフォームにチェックする欄がある他、メールや電話で申し込む際は自治体に言い添える形でお願いすることができます。ですが、口で言ったからOKではなく、きちんと申請書を提出する必要があることには変わりません。

申請書は自治体によっては郵送してくれますし、自治体のホームページからダウンロードできるところもあります。総務省のホームページからもダウンロード可能です。

各自治体によってこのタイミングで申請書を提出して欲しいという手順がある程度決まっているところもありますので、申し込みに際しては自治体のホームページのふるさと納税項をよくご確認ください。また、分からないことがあったらそのままにせず問い合わせをしてくださいね。

ふるさと納税の注意点

特例を使う場合は要申請書

ワンストップ特例を利用する場合は確定申告が不要となり、ふるさと納税がふんと楽になります。しかし、確定申告が不要だからといって何も手続きしなくていいというわけではありません。必ずワンストップ特例の申請書を提出しなければなりません。特例の条件を満たしていたとしても申請書の提出を忘れては特例を使うことができませんので注意してください。

牛肉をお腹いっぱい食べたい場合

特例を使うつもりでいたのに、牛肉が美味しくて寄付を小分けにしてお礼品を何度かいただく場合にうっかり特例の条件となる回数を越えないように注意が必要です。小分けにすればその分お礼品がもらえますが、自治体数は必ず気にかけておいてください。同じ自治体への寄付でも、六回で六自治体とカウントされます。これを忘れてしまうと小分けでうっかり確定申告しなければいけなくなるため、回数もメモするなど、忘れない工夫を。

最後に……

普段なかなか手を伸ばし難い高級牛肉もおまけでもらえる有り難い制度がふるさと納税ですが、その制度にはメリットもデメリットもあります。また、手続きの際に必ず確定申告が必要な点で、ただ単に「やった、美味しい牛肉!」で終わらない制度だということも覚えておく必要があります。

お得な面だけ見てしまうとデメリットに足を掬われる可能性もありますから、世間の言葉に動かされず、自分にとっては手間とメリットどちらが重要なのかを考えることも大切です。

家族によって事情は異なります。必要な牛肉の量も異なります。「お得」という言葉だけで判断してしまえば、牛肉だけ買うならスーパーの方が安かったということになりかねません。制度の中身も確認して、仕様用法を守り、あなたに合った使い方をしてくださいね。 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。