借金が100万円あったらどう返す?現実的な返済方法まとめ

借金はあると精神的にも参ってしまいますよね。そんな借金を早く返済して余裕のある暮らしがしたいものです。今回は借金の賢い返済方法を紹介したいと思います。これであなたの借金がなくなると幸いです。



借金100万円を返済しましょう

借金を返済するのは、毎月本当に大変だと思います。そして、100万円も借金があると返済するのに時間も必要になることでしょう。滞っていると借り入れた先から連絡がきたり…精神的にも追い詰められたりすると思います。一刻も早く返済してしまいたい気持ちだと思います。

今回は借金があるみなさんの少しでも役に立てればと思い、返済方法をまとめてみました。債務整理についても考えてみてはいかがでしょうか?そんな債務整理についてもまとめてみましたので、ご覧いただければ幸いです。借金100万円を返済して楽な生活を送りましょう。

そして、返済のコツと合わせて読んでいただきたいです。借金は滞ることなく返済していきましょう。今からできることをして借金から解放されましょう。



借金の返済の方法

借金の返済の方法を知って、なるべく毎月多くの借金を返せるように努力してみましょう。副業とともに節約もとても大事です。小さいことからできることをやってみて下さい。

副業でお金稼ぎ

借金返済で一番効果的だと思うのは、副業をすることです。副業をすると月々の返済に回せるので返すのが早くなると考えられます。お金を借りている間は利息が発生しているので早めに返したいものです。

アルバイトをして、全額を借金返済に回すと楽になるのではないでしょうか。アルバイトは深夜に行うと時給が高くなります。例えばコンビニのアルバイトなんかそうです。少しでも時給が高い方が借金返済を早く終わらせることができます。

そして、ネットで副業も考えてみてはいかがでしょうか?いつ、どこにいてもネットができる環境さえあれば仕事ができるのです。在宅ワークで少しでも稼いで借金返済に回しましょう。在宅ワークは様々な案件の仕事が充実しているので、自分ができそうな仕事を見つけてみるのもいいでしょう。

できる限り節約をするようにしよう

借金がある場合節約は当然の如くやるべきです。節約できることをまとめてみたのでご覧ください。

携帯代を節約するために一番安いプランに変更することをお勧めします。携帯ショップの方からプランの他にも節約できることがないか聞いてみることも良いと思います。そして、食費を節約するためにスーパーに買い物に行く時間を閉店間際に変更することです。割引になっている可能性が非常に高いです。お得で尚且つ節約ができます。

次に、車はあまり使わないことです。自転車で移動したり歩いたりして徹底して節約しましょう。ガソリン代も馬鹿になりません。昼食は前の日の夕飯の残りを持っていくと光熱費の節約に繋がります。

また、コンビニ通いをやめましょう。できるだけスーパーで買うように努力しましょう。少しでも安い店で購入することが大切です。こういった小さいことから節約をするといいと思います。塵も積もれば山となるのです。

今住んでいる家賃は高くないですか?毎月支払うものなので家賃が安いところに引っ越しをすることをお勧めします。1万円安いアパートに引っ越したとしても年間で12万円が節約できます。それだけも大分支出が違うと思います。生命保険なども見直してみてはいかがですか?支出が大きいものは改めて見直す必要があると思います。固定費は節約できるところが多いと思います。

最後に、着ない洋服や使っていないものを売りに出してしまいましょう。そのお金は返済に回せます。コツコツと地道ですが、頑張って返済していきましょう。

おまとめローンにする

何社からも借り入れがある場合は、一番金利の安いところに借金をまとめて返済していく方法がいいと思います。一社にすることで、無駄な利息を支払わなくてすむようになります。利息だけでも大きい金額だと思いますので、借金を一本化にすることがいいのではないかと思います。

そして、月々の返済は一社で済むので、借金がどのくらいあるのか把握しやすくなると思います。おまとめローンをして、なるべく早めに返済できるようにしましょう。

親に頼る

最終的に頼れる人は親しかいないと思います。頼ることも考えてみてはいかがでしょうか?借金をした事実は明かさなければいけません。勇気も必要になることでしょう。自分でできることをしてみてもダメなときは頼ることもいいと思います。そして、相談すると気持ちが楽になると思います。

親に迷惑をかけられない思いはあると思います。親に相談することで「迷惑はもうかけられない!次は絶対借金をしないぞ!」と心に決めるきっかけになるかもしれません。

国民生活センター

国民生活センターは、騙されて借金を背負うことになった場合や、さまざまな借金についての相談を受け付けてくれます。困ったことがあった場合は問い合わせてみるといいかもしれません。国民生活センターは無料で相談できるので利用することをお勧めします。

借金を返済するときのコツ

借金を返済するときのコツを学んで滞ることなく返済していきましょう。コツをまとめたのでご覧ください。

現在の借金の状況を書き出してみる

現在の借金の状況をきちんと把握することが大切です。正確な借金の金額を把握していない方が多いのではないでしょうか。それが原因でまた借金をしてしまっては悪循環です。

そして、毎月返済していても元金は減っていなかったりという悲劇が起こってしまうのです。借金の総額、毎月の返済額、元金残高、最終返済日を正確に書き出してみましょう。そうすることで、目標もできることでしょう。まずは、紙でもパソコンでもいいので、書き出してみましょう。

借金の返済日を確実に守る

借金の返済が遅れてしまうと、遅延損害金を払わなくてはならなくなります。通常の金利よりも高いために負担額が大きくなります。そして、延滞が3カ月を超えるとブラックリストに登録されてしまいます。注意が必要です。借金の返済日はきちんと守りましょう。

繰り上げ返済をしよう

できる限り繰り上げ返済をしたいものです。利息がかかりますから、繰り上げ返済をすることで利息を払わずにすみます。副業をしたらどんどん返済に回していきましょう。借金を返す期間が長引くほど、払う年数分だけ利息も積み重なっていってしまうのです。ボーナスは年2回、夏と冬にでた時は全額を返済に回すようにしたほうがいいでしょう。貯金よりもまずは借金返済をしたほうがいいと思います。



債務整理をしよう

借金で首が回らなくなり、どうすることもできなくなった場合は債務整理があります。専門家に相談すると解決してくれます。精神的な負担もなくすために早めに相談すると良いでしょう。

債務整理とは、今ある借金の額を減らし金利負担からも解放される手続きのことです。ここでは「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4種類についてまとめてみました。借金が100万円あるので債務整理についても考えるべきだと思いました。

任意整理

任意整理とは、裁判所などを通さずに、債務者と債権者の間で毎月の支払額を少なくしてもらうように交渉します。メリットは手続きが簡単です。分割払い決定後は金利を払わなくても大丈夫です。そして、支払い済みの過払い金を請求することでお金が戻ってくる可能性もあります。

そして任意整理をすることで、すべての返済がいったん止まることになります。この間に返済への準備をし、精神的にも落ち着かせましょう。貸金業者からの電話がすぐに無くなるので、安心して暮らせます。

そして、専門家に任せてしまえば、自分は何もする必要がないので安心できます。大切なことは、任意整理を行うと5年以内に返済を完了しなければいけません。任意整理をすると、ブラックリストに載ってしまうことも覚えておきましょう。

債務整理|借金専門 弁護士会法律相談センター
弁護士があなたの代理人となって借金の整理をすることを債務整理といいます。 法律相談センターでは相談料無料から始められ、借金問題に詳しい弁護士が親身になってお手伝いをします。 参照元:弁護士会(2015年11月 著者調べ)

特定調停

特定調停とは、裁判所で債務者と各債権者と毎月、どれぐらい返済できるかなどを調停委員が調整してくれます。特定調停ができる方の特徴は、減額後の借金が約3年くらいで返すことが可能な金額である方、そして継続して収入を得ることができる方です。

デメリットは、話し合いですので、必ず相手が応じる必要がありませんので、応じることがなく終わる可能性があります。そうなると遅延損害金を請求されることになります。

特定調停の流れ | 公益財団法人 日本調停協会連合会
参照元:日本調停協会連合会(2015年11月 著者調べ)

個人再生

個人再生とは、個人向けの手続きのことを言います。「小規模個人再生手続き」と「給料所得者等再生手続き」の2種類があります。個人再生は客観的に支払いができないと判断されるとできません。そして、安定した収入も必要になります。

「小規模個人再生手続き」とは、自営業者向きの制度です。ほとんどの場合が、返済金額が少額となることから「給料所得者等再生手続き」ではなく「小規模個人再生手続き」をとります。

そして、個人再生は自動車など、20万円以上の価値があるものを処分しなくても手続きが可能になります。デメリットは、数年間はお金を借りることができなくなります。そして、ブラックリストに載り、官報に名前がでてしまいます。

債務整理|借金専門 弁護士会法律相談センター
借金専門の法律相談センターの紹介。相談料無料,弁護士費用は分割可能。東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会が運営しています。 参照元:弁護士会(2015年11月 著者調べ)

自己破産

自己破産とは債務者が裁判所に破産手続きをすることです。裁判所から決定が出た場合は、債務者は返済をしなくてすみます。自己破産をしても、20万円以下の預貯金などは残すことが可能になります。また、自己破産の条件は、支払いが不可能状態であることが必須です。

デメリットとして、ブラックリストに載りお金を借りることが約5~10年間できなくなります。自己破産をすると官報に載ります。そして免責決定を受けるまで、3カ月から半年間ほど就けない職業が一部ありますので注意が必要です。

自己破産ができない場合は、ギャンブルでできた借金や投資による借金、交際費などによる借金などがあります。気を付けましょう。

債務整理.ネット | 任意整理 借金 大阪
参照元:債務整理ネット(2015年11月 著者調べ)

ブラックリストに載るとどうなる?

債務整理を行ってもブラックリストに載るのが怖いと思っている方がいると思います。実は、ブラックリストに載っても生活は今まで通り送れます。では、どのようなことができなくなるのか見てみましょう。

まずは、金融機関からお金を借りることができなくなります。そして、クレジットカードを作ることができません。ETCも同じく使えません。ローンを組むこともできなくなります。現金払いにすると大丈夫なので、お金を貯めてから購入したりするといいでしょう。

ブラックリストに載っても、仕事も今まで通りできますし、携帯電話も持つことができるので、今までの生活に大きく支障がでるわけではないと思うので、専門家に相談するといいと思います。

まとめ:これで借金100万円を返済できるかも!

これで借金100万円は返済できる可能性があります。国民生活センターは無料で相談ができるので気軽に相談してみてはいかがですか?そして、どうにもならなくなった場合は司法書士や弁護士と言った専門家に相談するといいでしょう。精神的にも楽になることでしょう。一人で抱え込まないで相談することも大切です。そして、早めに解決できるようにしたいです。

そして、節約をすることで少しでも多くのお金を返済に回せるようにしましょう。おまとめローンや債務整理についても考えてみて下さい。

借金がなくなったら素敵な人生が待っていると思います。それまでは、借金返済に力を注いで頑張って返済していきましょう。そして、借金返済が完済したら次こそは借金をしないことが大切です。次は貯金に励んでみて下さい。

万が一詐欺などで借金をしてしまった場合はすぐに弁護士などの専門家に相談してみましょう。一人で悩まないでください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・