為替とはどのようなものなのか?

為替とはどのようなものでどういうことに使っているのかなどまとめていきたいと思います。為替について知りたいと思っている方に向けて紹介していきますので是非最後までお読みください。



為替の概要

為替について

為替って何なんだろう?と思う方がほとんどだと思います。それをこれから紹介していきたいと思います。

為替とは現金以外の方法で支払いをする場合に使用する物です。主に大金を動かすときに使用します。為替には2種類のタイプのものがあります。それは内国為替と外国為替です。この2つが主に使用されています。

内国為替と外国為替

為替には2つの種類があると先ほど説明しましたが、内国為替と外国為替って何が違うの?と思うと思います。それをこれから説明していきます。 まず、内国為替について説明していきます。
内国為替とは同国内において取引の出来る為替になります。簡単に言うと日本であれば日本以外に国とは取引が出来ないということになります。内国為替を使用してアメリカに為替取引をすることが出来ないということになります。そもそも内国為替は銀行間で口座を使用して決済が出来ます。それが内国為替になります。 次に外国為替について説明していきます。

外国為替とは異国間での現金を輸送せずに貸借を行うことが出来ます。例えば東京にいるA氏がアメリカに居るB氏に3万ドルを送りたいとします。そうした場合にA氏は銀行へ行き3万ドル相当のお金を銀行に払い込みます。そして銀行から3万ドル相当の手形を受け取りB氏に郵送します。そして受け取ったB氏は銀行にいき手形を現金にしてもらいます。これが外国為替です。異国間でお金のやり取りをする時に外国為替を使用することによって取引が出来ます。以上が内国為替と外国為替になります。



為替の歴史

為替はどのようにして出来たのかを紹介していきます。

日本の為替の歴史について

日本で初めて為替が使用されたのは鎌倉時代です。結構昔から使われてたんだと思うと思います。確かにそんな時代から使われていたんだと思いますよね。為替の語源はカワシから来ています。これが後々に為替に変わって現在に至ります。 鎌倉時代に為替が使用されたのは金銭やお米などの物品を受け取るシステムとして為替が使用されていました。この時代では大金を持って山道を行くのはあまりにもリスクを避けるために為替を使用することが考えられそれを江戸幕府も公認していました。このようにして現在では為替というシステムが今も使用されるようになっています。

為替の種類について

為替手形について

為替手形という言葉がありますがこれはいったいどのようなものなのでしょうか?為替と何が違うのでしょうか?そういったことを紹介していきます。 為替手形は簿記などを知っている人は分かるかも知れませんが、役割としては手形の発行者が手形の支払いを支払人に委託してそれを指示した人にお金を支払ってもらうのが為替手形になります。これは主に経理などのお金を動かすような機関などで使用されることが多いです。大企業や中小企業であってもこの為替手形を使っているのがほとんどです。これが為替手形になります。簡単ですが以上で為替手形の説明になります。

約束手形について

約束手形について説明していきます。 約束手形は経理などお金を動かす場面で使用されます。経理などの業界では略して約手と言います。この約束手形は先ほど紹介しました為替手形に似ていますが少しだけ内容が違います。それは約束手形は振出人が支払いを一定の期日までにしなくてはならないと言うことです。為替手形と違いは振出者が支払いをするか委託をするのかの違いです。約束手形は振出者が支払いを行わなくてはなりません。これが約束手形と為替手形の違いです。 これで為替について少しは理解できたかと思います。次項ではまとめをしますので最後までご覧ください。



為替についてのまとめ

為替について知らない方はこの記事を読むことによって少しは理解が出来たかと思います。為替は個人で使用するものもあります。しかし最も多く利用されているのは個人での為替ではなく企業間での取引のときに利用するのが多数です。為替を利用することによって大金を持ち歩く必要がなくなりリスクも軽減されます。 為替は使い方によって異なる為替が存在します。それは利用する目的とも違って来ますので。どのような目的で使用するのか、またその目的にあった為替を使用するようにした方が良いでしょう。 為替を使用することで多くのお金を動かすことが出来ます。それもリスクが少なく出来ます。為替を利用することによって安全にお金を多く動かすことが可能になりました。企業の方でも小企業の方々は為替を使用することも無いと思います。ですが、大きな金額のお金を動かす場合には為替を使用することをお勧めいたします。 ※本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。