【お金と幸せの関係】について綺麗ごと抜きで考えてみた!

「幸せにお金って関係あるのだろうか?」この問題について、現代の生活環境から考えてみました。さぁあなたはどう感じますか?



それSNS疲れの一種かも…

SNS使っていませんか?

スマホ社会となりつつある日本では一度はSNSを使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。特に、今女性の間で流行っているのが【インスタグラム】です。このインスタグラムという、SNSは自分の写真をおしゃれに加工をして、ちょっとした文字と一緒に投稿できるので気軽に利用が出来ます。

このインスタグラムで芸能人などを除き、フォロワーが多い方を見ていくと、それは豊かな暮らしをしているように見える方が多くいらっしゃいます。平日に優雅なランチタイムの後、帰りに高級ブランドでバックをお買い上げして帰るといった憧れるような生活がそこでは見えてきます。

SNSだから、その生活の一瞬しか見えていないのはわかってはいますが、コメント欄には「素敵ですね!」の文字でいっぱい。SNSの中ではこれまでの普段の生活では出会わなかったであろう、豊かな暮らしする方々に出会えるわけですので、憧れが強くなるのも無理はありません。

SNSの世界と現実

もちろん憧れることが悪いことではありません。でも、少し自分がネガティブになった時に先ほど挙げたような投稿があった場合には、「自分はこんな風なのに…」と自分にとってマイナスの憧れになってしまいがちです。現に、SNS疲れだと訴える女性は増えています。

非日常の投稿をみるのももちろん刺激にはなるとは思いますが、それだけお金と幸せが【=】でつながりやすくなっているのもまた、SNSの特徴だといえるかもしれません。投稿された内容だけで判断すると、「お金があって幸せそうだな…」と思ってしまいがちですが、実際の生活を見ているわけではないので冷静に判断したいものです。

スマホ利用、「SNS疲れ」でストレス増大−森永がネット調査
参照元:日刊工業新聞(2015年11月、著者調べ)



お金=幸せ⁈

やはり…

PRESIDENT Onlineが依頼したアンケート調査では、年収と幸福度に点数をつけてもらった結果、年収と幸福度は比例した結果が出たそうです。やはりといったところでしょうか…

この年収と幸福が比例する理由になるであろう点をいくつかあげてみます。
・物欲に対しての制限が少なくなる。
・年収が高い人は、リスクが伴うような仕事が多いために、結果的に仕事に達成感を得られる。
・年収が高いということだけでそれなりの自信に繋がる。

というようなことでしょう。つまり、心の幸福というよりも、どうしても収入源となる仕事への満足度などお金にまつわるものしか測れないのも事実としてあるのではないでしょうか。

「お金=幸福」という方程式は成り立つか -年収別 幸せ実感調査【1】:PRESIDENT Online – プレジデント
参照元:PRESIDENT Online (2015年11月 著者調べ)

心が感じる幸せは?

「やっぱりお金なのか…」そう考えた著者は、別の幸福度についてのアンケート調査にたどり着きました。その結果では、精神的なゆとりや家族関係・交友関係が幸福感へ影響を与えるというものでした。

もちろんお金を使った幸せもありますが、家に帰りたくなくなるほど仲の悪い家族だとしたら、何千万、何億あろうと【幸せです】とは答えられないように思います。 ブランド品だらけの幸せも幸せかもしれませんが、こんなほっこりする幸せももちろん幸せに感じますよね。

家族や友人と過ごす幸せ。
家族や友人から大切にされる幸せ。

この様な人数ではなく質の高い、豊かな人間関係もまた幸せを語る上で必要な要素の一つであることが言えるでしょう。

幸福感に関する調査のご紹介
参照元:マイボイスコム (2015年11月 著者調べ)

お金にまつわる名言

お金にまつわる名言を残している、人は多々いますが、その中でも気になったアランという哲学者の名言をいくつかご紹介します。アランとはエミール=オーギュスト・シャルティエという名前のフランスの哲学者で、1925年に発表した、【幸福論】という本で知られる人物です。 【幸福はあのショー・ウィンドウに飾られている品物のように、人がそれを選んで、お金を払って、持ち帰ることのできるようなものではない。】

お金で払って持ち帰ることができないということは幸せというものは誰にでも平等にあるものともいえるでしょう。だからこそ、それぞれが幸せを見つける必要があるのかもしれませんね。 【金儲けの上手い人は、無一文になっても自分自身という財産を持っている。】

これは、お金がある人に対しての名言かもしれませんが、お金を稼ぐということは、お金意外にも才能や知識など何かを持っているということではないでしょうか。逆を言えば、自分の長所を伸ばして身に着けていけばお金を稼ぐものになるというようにも捉えられます。

アラン(哲学者)の名言 厳選集
参照元:名言DB (2015年11月著者調べ)



まとめ

いろいろな方向から、【お金=幸せ】を考えていきましたが、やはりお金だけでは幸せは測れないのではないかという考えに行き着きました。女性の場合、幸せの価値を測るものがお金の豊かさだけではなく多く存在しています。例えば結婚、出産などです。

結婚していて、子供もいて、お金がないけど不幸ですか?
仕事をバリバリとしてお金はたっぷりあるけど、結婚もしていないことは不幸ですか?

二つとも不幸であるかどうかは本人自身が決めることですよね。お金はもちろん必要であることは確かです。しかし幸せかどうかで考えると、結婚や出産などと同じ、他人から見た幸せを測るものさしに過ぎません。今の自分に自信を持つことや、周りに感謝をすることでもう一度自分の幸せを見つめ直していきたいものですね。