「お金の価値観」が離婚の原因になる理由と対処法のまとめ

恋愛や結婚を長続きさせるには「価値観の相性」がとても大切と言われています。そして価値観が最も反映されるのが「金銭感覚」なのではないでしょうか。大切でもなかなか話しづらいのが「お金」のことです。そこで今回は結婚後の「お金」について紹介していきます。



お金の「価値観」の違いは離婚をも招く!?

結婚生活において「お金」はとても重要

金銭感覚は育った環境・収入・立場(プライド)・趣味などさまざまな場面から創られていくものです。今まで自分のお金は自分だけのものに使っていた独身時代に対し、結婚後は家族としての財産になるので普段の生活費・家族旅行・将来への貯蓄などと用途ががらりと変わります。

そして金額も一人の時とは大きく違ってきます。お金の価値観が違うパートナーが急に大きな買い物をしてきたり、自分の趣味に多額のお金を費やしたり、借金を作ってきたりしたらもちろん黙ってはいられないと思います。お金に関する考え方が全く違うと判断した場合は、すみやかに話し合い、解決する方向に進めましょう。

収入・支出を明確に。パートナーと共有し、同じ方向を向いて歩く!

話し合っても分かってもらえなかった場合、家計簿を見せたりして家計を知ってもらいましょう。支出は細かい項目で分けたほうが相手も分かりやすいでしょう。それでもすんなり納得してくれない場合もあると思います。今までとは違う生活をいきなり強いられても、すぐには対応できないでしょうから仕方のないことです。

お互いにストレスを溜めないよう臨時収入や少し余裕のあるときは、欲しいものを買ったり、おいしいものを食べたりと息抜きをしながら、パートナーと家計を見直し家族のため、将来のために同じ目標へと向かい、やりくり出来ると結婚生活も良い方向に向かうと思います。

お金に関するすれ違いを放置すると「不信感」に変わってしまう

これらのお金に関する価値観の違いを放置すると、それはやがて「不信感」に変わってしまいます。

「将来のことを真剣に考えていないのではないか?」「この家庭で子供が健全に育てられるのか?」といった不安を抱えることになります。将来への不安を持つと、それを回避しようとする一手段として「離婚という選択肢」が出てきてしまうわけです。

「どらくらいお金を使ったか?」や「何に使ったか」も重要ですが、最も大切なのは「パートナーがどんなときに不安を抱くのか?」ということを理解し、可能な限りその状況を避けること。
また、もし仕方なくその状況になるときにはきちんと説明し、安心材料をできるだけ増やしてあげることが重要です。



お金の価値観にズレを感じた場合は

最低限のルールを決める


冒頭でも述べた通り、価値観には個人差があり、100%一致させることは不可能です。とくに結婚をすると、それまでは感じなかった価値観のズレを目の当たりにすることも多くなります。

そんなときに、金銭感覚のズレで不安を覚えたときには、早めにルールを設定しておくことをお勧めします。

・○円以上のものを買うときは必ず二人で相談してから買う
・お小遣いの範囲内ではお互いのお金の使い方には干渉しない
・借金だけは絶対に作らない
などです。

将来設計について、定期的に話し合う


家の購入、子供の進学、老後の生活、など、夫婦としての生活に影響する大きな出費に関しては、定期的にどうしていくかを話し合うことをお勧めします。

その時の状況によってお互いの考え方日々変化しています。それまでは同じ考え方だったのが、ある日突然間逆の考え方になっていたり、ライフプランの方向性に関して意見が割れたりすることがあります。

定期的に話し合うことで、「以前は都内にマンションを買いたいと思っていたけど、今は都心から少し離れていても戸建てのほうがいいのではないかと迷っている」といったように、相手の心境の変化を捉えることもできます。
これにより、「ある日突然パートナーの考え方が変わっていた」というズレを防ぐことができます。

変化が無いのであれば、それはそれでよしとして、もしそれまでと考え方が変わってきたのであれば、それを伝える機会になるのでとても重要です。

相手の金銭感覚を知る方法


相手のお金への価値観が形成されるタイミングとして、やはり”育った環境”は大きく影響するのではないでしょうか。相手の金銭感覚を知るためには、どういう環境で育ったのかを良く聞いておくことをお勧めします。

そして、可能であれば、相手のご両親がどのような金銭感覚や、実際のお金の使い方をしているのかを良くリサーチすることをお勧めします。

育った環境が人の価値観を形成するとすれば、パートナーはいずれ自分の育った環境を無意識に再現しようとする傾向があるそうです。

例えば、パートナーのご両親の家庭を見たときに、「理想の家庭だな」と思えたり、否定的なイメージを持たないのであればいいですが、もし「ちょっとこれは嫌だな」と思ってしまうのであれば、良く話し合って慎重にすすんでいくことをお勧めします。