学資保険とは?入る前に知っておきたい基礎知識!

学資保険とは、子供の教育資金を確保する為の保険です。毎月決まった金額を支払って満期時に給付金を受け取る仕組みですが、学資保険にはメリットとデメリットがあります。学資保険に入る前に是非知っておいて頂きたい基礎知識をまとめてみました。大切なお子さんの将来の為にも学資保険選びの参考にして頂けると嬉しいです。



学資保険とは?入る前に知っておきたいこと

出典: https://pixabay.com/ja/photos/?orientation=&image_type=&cat=business&colors=&q=&order=best&pagi=2



・学資保険とは?

学資保険とは、一言で言うと子供の教育の為に加入する貯蓄型の保険です。毎月決まった金額の保険料を支払って、満期になった時に給付金を受け取る仕組みです。

将来のプランに合わせて給付金を受け取れるのも学資保険の特徴です。例えば私立中学に進学を考えている家庭では、小学校卒業時に一時金や祝い金が給付されるプランを選択できます。一番出費の多い大学進学時にお金を確保しておきたい場合は高校卒業時に満期がくるように設定できます。

子供の将来の為に学資金の確保は必要になってくるので、学資保険は選択肢の1つになってくるのではないでしょうか。

・学資保険のメリット

大きなメリットは親が亡くなった時や病気や事故で働けなくなった時に保険料の支払いが免除されて、更に満期時には当初設定した通りの給付金が受け取れることです。学資保険の保険の機能が、万が一に備えて教育資金を確保できることにあります。取扱い商品によっては給付金とは別に育英金が給付されるプランがあります。

もう一つのメリットは学資保険は生命保険に分類されるので、保険料の支払いは税額控除の対象になります。しかも、支払った額と受け取った額の差、つまり定期預金で言うと利子にあたる金額が50万以下なら所得税がかかりません。

保険の機能と貯蓄の機能が同時に受けられる点は子供の将来の為に安心できるメリットだと思います。



・学資保険のデメリット

学資保険に加入する前に確認しておくべきことはデメリットもあることではないでしょうか。知っておいてもらいたい一番大きなデメリットは元本割れのリスクがあることです。毎月支払った保険料の合計よりも満期時の給付金の額が少なくなる可能性があります。

学資保険には子供の病気や怪我に備えたオプションを付けるプランもありますが、オプションを付けると毎月の保険料も高くなるので元本割れのリスクは高くなるかもしれません。万が一に備える為の保険ですが貯蓄の機能を重視する場合は、受け取る予定の給付金と支払総額を計算してみることをお勧めします。

途中解約も元本割れのリスクがあるので注意が必要なようです。

学資保険とはどのような人にお勧め?

・学資保険とは入学前の出費をサポートしたい人にお勧め

学資保険とは満期の受け取り時期や一時金の受け取りを子供のライフプランで自由に選べる保険です。受け取った給付金の使い方を自由に選べるのも個人的には魅力だと思います。

例えば、大学入学時の準備コースに加入した場合、大学入学時にかかるお金をサポートできるだけでなく、大学受験費用でかかる費用の準備金としても使えるのではないでしょうか。

大学受験のかかる費用は受験料だけではなく、県外であれば交通費や宿泊費がかかります。合格して1人暮らしをする場合は新生活の準備にもまとまった費用が必要になるようです。準備にかかる費用に備えられるのは安心だと思います。

・貯蓄が苦手な人にお勧め

学資保険とは給付金を受け取って子供の進学の為の学資金として使う為の保険ですが、契約前に加入する目的を再確認することをお勧めします。生まれたばかりの子供の将来を決めてしまうのは難しいかもしれません。すべてを国公立でプランをたてても進路が変わることもありますが、いつまでに貯めていつ使うのかは決めておいたほうが計画的に給付金を使えるようです。

例えば漠然と子供の将来の為にお金を貯めたい、という目的でも個人的には学資保険の加入はお勧めだと思います。銀行に預けるとつい引き出してしまう可能性がありますが、学資保険にすると学費を貯めるという目的が達成できるのはないでしょうか。融通がきく銀行での貯蓄よりも目的を持って貯金出来る学資保険が向いていると思います。

・万が一に備えたい人にお勧め

なんといっても学資保険は親に万が一のことがあっても子供に教育資金を残せることが魅力だと思います。学資金がないと進路の選択が制限されてしまうこともあります。奨学金を利用することも働きながら進学することも選択肢にはあるかもしれませんが、やはり残せるものは親として準備したいのではないでしょうか。

満期に受け取れる給付金がいくらのプランに入ると、万が一の時に安心して入学準備まで出来るのかを検討することも加入前には必要だと思います。万が一の時の貯蓄を考えている人にも学資保険はお勧めではないでしょうか。

学資保険 | ソニー生命保険
参照元:ソニー生命保険株式会社(2015年10月時点、著者調べ)

学資保険以外の方法はない?

・定期預金で学資金を貯金したほうが良いのでは?

子供の為に学資金を貯めたいという目的が同じであれば、自由に引き出せない定期預金も1つの方法です。預入の年数を長くすると高い金利を設定しているプランもあります。また、最大のメリットは元本割れのリスクがないことです。

定期預金のデメリットは、学資保険のように払い込みの義務がない為に意志が弱い人はついつい払い込みを先送りにしてしまうこともあります。また、計画的に払い込みが出来たとしても利子に税金がかかってしまうこともデメリットではないでしょうか。

貯蓄という視点だけではなく万が一の時のことも視野にいれて検討することをお勧めします。

預金保険制度:金融庁
参照元:金融庁(2015年10月時点、著者調べ)

・奨学金制度を使えば学資金がなくても進学できるのでは?

奨学金制度も最近は多様化しているようで、各自治体が設定している制度や学校が独自で行っているものなど入学前に調べてみるのもお勧めします。奨学金は入学が決まってから申請するケースが多いので、入学に至るまでの受験に必要な学資金の準備は奨学金では賄えません。

入学してからの学資金のサポートは奨学金制度を利用するのも1つの方法ですが、進学に至るまでの経費は貯蓄しておくことをお勧めします。その為にもいつまでにどれくらい貯めておけばいいのかシュミレーションすると良いかもしれません。

奨学金Q&A〜これから奨学金を申し込む方〜-JASSO
日本学生支援機構(2015年10月時点、著者調べ)

・進学しなかった場合

学資保険に加入して将来の為に学資金を確保しても、子供の進学の為に定期預金をしても、子供が進学を希望しないこともあります。それは、学資保険に加入するかどうか検討する段階では誰も分らないことです。

学資金を確保する方法を色々検討する中で進学しなかった場合を考えることもありますが、個人的には選択肢の幅を広げてあげることも親が子供に出来ることの1つだと思います。大学や専門学校に進学出来るという選択肢がある中で進学を選ばなかった場合は、使用目的が変わるだけで貯蓄には変わりないと思います。

学資保険以外の方法を検討する時に進学しないことを視野にいれるは避けたほうがいいかもしれません。

まとめ

子供の将来の選択肢の幅を広げる為にも学資金の確保は考えないといけない課題だと思います。学資金の貯蓄方法の1つに学資保険が挙げられますが、加入する前に学資保険とはどういものか、メリットとデメリットを理解することをお勧めします。

学資保険以外の方法も検討して自分に合った貯蓄方法を選択することが必要です。生まれてすぐに貯蓄を始めた場合18年間支払っていくものです。特に学資保険は途中解約すると元本割れするリスクがある商品なので、負担がすくなく将来の学資金を確保できるベストな方法を、慎重に検討することが必要ではないでしょうか。

本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。