【浴室リフォーム大研究】費用の目安と浴室の選び方とは?

お家のなかで一番ほっとする場所「お風呂」。十数年すると老朽化も目立ちリフォームを検討する方も多い場所ですよね。そんな浴室リフォームについてかかる平均費用や浴室の種類、選び方についてまとめました。



浴室リフォームにかかる平均費用は?

お風呂の平均寿命はおよそ15年と言われています。実際は15年以上使っているケースが多いようですが、数年経てば水垢やカビがだんだんと目立ってきますし特にシャワーヘッドは緩んできて数年に一度は交換が必要です。

浴槽はそうそう水漏れしないように出来ているので使用上は問題ない事が多いようですが、15年以上も経つと機能面でも優れたお風呂がたくさん登場しているので比べてしまうと「そろそろリフォームかしら?」という気持ちにもなりますよね。

そこで今回は浴室リフォームのあれこれについて調べてみました。その平均費用やその予算でどれくらいの事が出来るか、また手続きの流れについても簡単にご紹介します。

中心価格帯は50万〜100万円

一般的に浴室に係るリフォームを行った方が使っている中心価格帯は50万〜100万円の間が多いようです。多くても150万円くらいまでが目安の価格帯となっていて、逆に200万円以上かかっているケースはグッと下がるようです。

浴槽交換など一部分のみなら50万円以下でできることも多いようです。また、ユニットバスの入れ替えでも100万円以下で済むケースも多そうです。

〜50万円までなら

・シャワーヘッド、シャワー水栓交換(約3万円)
・ミストサウナ付き浴室暖房乾燥機+工事費(約15万円)
・在来工法の浴槽交換、下地補修+工事費(約30万円)
・給湯器と浴槽の交換+工事費(約40万円)

※費用は参考価格。機器のグレードによって値段が変動します。

価格.com – 風呂・浴室のリフォーム 費用・相場 | 一戸建て・マンション
「参照元:価格.com(2015年11月著者調べ)」

ユニットバスの交換なら70万円〜100万円

現在はユニットバスを使っている世帯も多いと思います。浴室リフォームを検討している人の中にはユニットバスの交換を考えている方も多いと思いますので、そのおおよその価格帯を調べてみました。

・ユニットバス本体の中心価格帯…50万〜70万円
・工事費用の目安…20万〜30万円

なので、本体と工事費を合わせるとだいたい70万〜100万円くらいという事ですね。さらに下地や給湯器などの劣化でそういったものを交換するとなると、その工事費や交換費用も加算されてくるという事になります。



浴室リフォームにも種類がある。

浴室を作る場合、大きく分けて3種類の方法があります。今だと一般的になっているのは防水性に優れたユニットバスが多いですが今後リフォームをする上で参考になると思いますので簡単にメリットとデメリットをあげながらご紹介します。

在来工法

「在来工法」とは、戸建てに多い工法でユニットバスが出てくる以前からずっとある、浴室を一から作る方法です。最大のメリットは、完全オーダーメイドということ。もちろん防水性を考慮した上でですが、浴槽のタイプはもちろん壁やドアの素材など自分の好きなように作れます。

「温泉宿のようにヒノキを使った浴室にしたい」「ホテル風にガラスのドアにしたい」「タイル張りがいい」などデザインにこだわりたい方には持って来いの方法ということです。

しかし、デメリットもあります。部屋を作るように浴室を作るのでいくら防水加工しているとしてもユニットバスなどに比べると水漏れのリスクは高いようです。さらに、万一水漏れなどがあった場合、下の階など近隣住民の方に迷惑がかかってしまうので安全面を考えるとあまりマンションなどの複合住宅向きではないようですね。また、オーダーメイドという観点からみても費用が高くなるケースが多いよう。

ユニットバス

「ユニットバス」とは、工場で作られた言わば既製品です。最初に作られた時よりも機能面で大きく進化し、「システムバス」とも言います。防水性の高いカプセルの中に浴室が収められているイメージですね。ホテルや一人暮らしのアパートでよく見かけるトイレ、浴槽、洗面台が3点セットになったものもユニットバスの仲間です。

そしてこのユニットバスの最大のメリットが防水性と断熱性の高さです。既製の「大きなカプセル」を現場に収める工法なので、工期も短いですから、その分費用もおさえられます。最近では各社、機能もデザインも優れたものを出していて、浴槽、床、壁などバリエーションも豊富なのも魅力です。

ユニットサイズも内装も多彩なうえ、オプションで多機能シャワー、浴室乾燥機、ジェットバス、ミストサウナなどあると嬉しい機能を付けることも可能です。

デメリットはというと、サイズ豊富とは言え規格品のため浴室スペースが変則的な形だったり極端に狭いところだとタイプが制限されたり入らないという事もあります。その場合は隣の部屋を含めての改装が必要になるので費用もあがりますし、リフォームが大掛かりになってしまいます。

ハーフユニット

「ハーフユニット」はその名の通り「在来工法」と「ユニットバス」のハーフ、折衷タイプです。3つの中で一番新しい方法で、床や浴槽などは防水性の高い「ユニットバス」タイプ、壁や天井は好きな材料を使って「在来工法」で施行するといういいとこ取りな方法です。

ただ、まだまだ商品バリエーションはまだそれほど多くはなく、防水面でもやはりユニットバスに比べると劣ってしまいます。工夫しだいではオリジナリティーのある空間を作ることが出来るのでリノベーション業界などからも脚光を浴びています。

こちらは「在来工法」よりは費用は抑えられるようですが、壁や扉などこだわればこだわる程費用もかかってしまうので注意が必要です。

価格が変わるポイントはどこ?

ここまででは、浴室をどんな方法で作るかや内容によって価格が違ってくる事が分かりました。もう少し詳しく浴室リフォームにかかる費用を見ていきたいと思います。その費用の中にはどんな項目が含まれていて、どんなポイントで価格が変わってくるのでしょうか。

浴室リフォーム費用の項目

各ケースでのざっくりとした項目です。ハーフユニットについては施工事例や需要もまだあまり多くないので外していますが、ユニットバスと在来工法の折衷方式なのでおおよそは2つの例から予測可能かと思います。

《部分リフォームの場合》
・交換したい部品の価格
・交換作業の工事費

《ユニットバスの場合》
・ユニットバス本体の価格(▶ポイント①)
・旧ユニットの解体作業費
・新ユニットの搬入、組み立て作業費
・電気、給湯、配管などの工事費
・旧ユニットの廃棄にかかる費用

《在来工法の場合》
・旧浴室の解体作業費
・解体した浴室の廃棄にかかる費用
・浴室を作るための材料費(▶ポイント②)
・電気、給湯、配管などの工事費
・周辺の補修、塗装作業などにかかる費用

ざっと見てもかなりの項目がありますね。ただ、費用に関して言えば(▶ポイント①)ユニットバス本体の価格と(▶ポイント②)浴室を作るための材料費で値段の開きが出る場合が多いようです。

ポイント①のケース

【ユニットバス本体の価格】

はじめの方でユニットバスの本体中心価格が50万〜70万円くらいと書きましたが、そのグレードは上を見ればきりがなく高級感があってサイズが大きいものだとオプションなしでも150万円くらいするものもたくさんあります。

想定している面積が大きければ大きいほど高くなりますし、内装や設備が整っているほど高くなります。《浴槽の種類》《給湯機能》《壁・天井・床》《扉・ドア》これらの質で値段が決まっていて各社1つずつ見ていくのは難しいです。

さらにオプションで付けたい機能、例えば《ミストサウナ》《浴室乾燥》《ジェットバス》など追加するものが増えれば増えるほど値段が上がるのが分かってきますよね。

ポイント②のケース

【浴室を作るための材料費】

在来工法の場合、ユニットバスと異なり浴室をオーダーメイドする訳ですから選択肢がたくさんあります。基本はユニットバスと同じような《浴槽の種類》《給湯機能》《壁・天井・床》《扉・ドア》といった項目ですが、ユニットバスにはないようなタイル張りだったりセメント加工だったり自分の好みで決めていくので場合によっては際限なく値段が上がっていってしまいます。

また工事の面でもカプセルを入れ替えるイメージのユニットバスに対し、現場で作っていかなくてはならないので工期もかかるのでそういったところでも値段が上がる事になります。



手続きの流れ

【1】浴室の大きさの確認。

まずは浴室スペースがどのくらい取れるか?この確認が重要です。どれだけの面積を使えるかで浴室のイメージも変わってきますし、ユニットバスなら選べるサイズや価格が変わります。今の浴室の縦横の長さなどを計っておくと業者さんとの話もスムーズにいくと思います。お家の図面があればなお良いと思います。

【2】在来orユニット?やり方を決める。

浴室のサイズが分かったら、次はいよいよどういう浴室にしたいかをイメージしてみましょう。デザインにこだわる場合でも今はユニットバスでもデザイン性の高いものが増えているので機能面やリフォームのしやすさを考えてもまずはユニットバスを見ていく方が無難かもしれません。

マンションの場合は特に防水面に注意を払う必要がありますから、大規模なリノベーションなどでどうしても在来工法にこだわりたいという場合は管理会社などとも相談してみるとよいと思います。ハーフユニットならOKという事もあるかもしれませんよね。

【3】業者を選ぶ。

業者さん選びは在来工法を選択した場合は特に慎重に決めたほうがよいと思います。防水工事などが重要になってくるので様々な工事の行程をしっかりとやってくれるところを選びたいです。

またリフォームなどの工事は業者によって見積額が結構違うケースもあるのでいくつかで見積を出してもらうのも良いかもしれません。見積の内訳がざっくりし過ぎて何にいくらかかっているかよくわからない時は少し注意が必要です。

【4】浴槽など内装を選ぶ。

在来工法については選択肢ややり方が多すぎるのでここではユニットバスの場合とします。値段に差がでるポイントという事で説明しましたが、実はこの選択がなかなか難しいです。というのはユニットバスでさえ選択肢がたくさんありすぎるからです。

もしこだわりが少ないのであれば予算を業者さんに伝えてある程度ピックアップしてもらった方がスムーズだと思います。デザインなど好みがある場合もある程度こんな色が好みだとか伝えておけば総合的にみてよさそうなものをあげてくれるはずです。

もしくは、いくつかユニットバスのブランドHPで見ておくのも良いかもしれません。マンション用or戸建て用でも分かれていますし、浴室のサイズから選んで見る事も出来るので色んなデザインを見てみたい方はそれもおすすめです。あとはショールームで実際の質感などを確認しておくのも結構大事です。

出来るだけ安くする方法はないの?

見積りはいくつかとっておく。

さきほども触れましたが、リフォーム業者によって見積りは差が出ます。選択肢は色々あると思います、ハウスメーカー、ホームセンター、町のリフォーム屋さんなどなど。同じ内容で取ってもらって安いところにお願いするというのが良いと思います。ただし工事はしっかりやってくれる信頼性も見ておいてください。
毎日、長く使い続ける浴室ですからきちんと工事してくれるのが大事ですよね。

メーカーの型落ち品や業者在庫などで安く済むケースも。

必ずあるとは限りませんが、そこまでこだわりはなく老朽化などの原因でリフォームを考えている場合は型が古くなったものや業者に残っていた在庫などで安くなるケースもあるそうです。ピッタリ合うものがあるかも分からないので業者に聞いてみるのが一番です。

注意点は?

費用だけでなく機能面も大事!

費用を予算内に収めるのも大事ですが、長く使っていくものですから機能面はしっかりと見ておきたいです。例えば、掃除のしやすさもありますし、良い素材のものを選んでおくとカビが付きにくかったり床が乾きやすいなど長い目で見て考えたい点はたくさんあります。

逆にジェットバスや光る機能などお風呂が楽しくなりそうなオプションは実際に毎日使わないものだったり自分にとっては不要な機能かもしれません、自分の生活スタイルを見て要る機能・要らない機能をきちんと見極めたいですよね。

補修工事が必要なケースに注意。

特にこれまで在来工法の浴室だった場合に多いようですが、浴槽を取り除いてみると土台や周囲の柱などが腐食していたり白アリにやられていたりするケースもあります。TVのリフォーム番組などでもたまにそういったケースを見たりしますよね。

そのようなケースでは土台や柱をきちんと補修してからリフォームに取り掛かるのでその分の費用が発生します。補修工事がある事も想定して予算は幅をもたせて考えておいた方がよいかもしれませんね。

まとめ

ということで、浴室リフォームについて押さえておきたい点をまとめてみると…

・浴室リフォーム費用は中心価格帯で50万〜100万円。
・リフォーム方法には在来工法・ユニットバス・ハーフユニット選択肢がある。
・浴室の価格は内装のグレードで差が出やすい。
・業者は複数の見積りを取って決めるのがよい。
・安さだけでなく機能など総合面で決めよう。

という事です。一日の疲れを取ってくれるほっとする場所「お風呂」。長い付き合いになればなるほど愛着のある場所に変わるはずですので慎重に決めたいですよね!