知っておきたい出産費|金額に差がでるポイントとは?

人生においての大きなイベント出産。新しい命を授かり、我が子に出会う日が来るまで待ち遠しい日々。でもふと考えてみると、出産費について分からない事もたくさん。そもそも出産費には何が含まれるのか?相場はどのくらなのか?そんな出産費についてまとめてみました。



出産費とは?

ー出産費とはー
主に妊娠してから分娩、入院、産後までにかかる「初診料」「定期健診」「出産までの検査料(血液検査、超音波など)」「入院・分娩費用」。 他に、「ベビー用品代」「マタニティ用品代」などが含まれます。

「ベビー用品」や「マタニティ用品」については第2子以降のケースなど、あまりかからないケースもあるので今回は主に病院などでかかる費用について確認していきたいと思います。



出産費、各項目ごとの相場は?

では、上でお伝えした出産費の内容についてそれぞれどのくらい費用がかかるかを見ていきましょう。

■「初診料」…大体1万円前後。かかる病院で差がある。

■「定期健診料」…通常1回の検診につき5千〜1万円。保険が適用されないので初期の検診は少し負担が大きいですが、母子手帳をもらったら妊婦検診費用は14回まで公費負担してもらえるようになっています。定期健診はだいたい14回前後なので、公費で負担出来る部分がほとんどです。

■「出産までの検査料」…任意の検査と、妊婦さんそれぞれの健康状態によるので、一概にはいえませんが、大体2千円から1万円ほど。超音波検査は、国から1回だけ補助がついています。

■「入院・分娩費用」…30万〜70万円。一般的には陣痛が始まってから入院して、分娩、産後の経過を見て、退院するまでの費用ですが、出産する場所などでかなり金額に差があります。(▶詳細は次章のポイント①②③で説明)

■「ベビー用品代」…約10万円。ベービー服、おむつ、おしりふき、お風呂用品などなど項目がたくさんありますが、ベビー用品についてはかなり個人差があります。兄弟のおさがりを使ったり、レンタルする場合は安く済みますが、はじめての赤ちゃんで色々と揃えてあげたいという場合は20万円近くかかる場合もあるようです。

■「マタニティ用品代」…約5万円。こちらもベビー用品と同じ理由でかかる人とかからない人に差があります。

金額に差がでるポイントはどこ?

項目別に見ていくと、「入院・分娩費用」が30〜70万円と全体の中でかなりのウェイトを占めているのが分かります。そして同じ「入院・分娩費用」でも40万円も開きがありますよね?このポイントを詳しく見ていきましょう。

ポイント① 分娩方法

出産費は分娩方法でも金額が違ってきます。「自然分娩」を予定している場合でも赤ちゃんが逆子だったり、陣痛が長引いて赤ちゃんや母体が危険な場合はお医者さんの判断で「帝王切開」に切り換えられるケースもあります。また、もともと痛いのが苦手ではじめから「無痛分娩」を希望する場合なども出産費に差が出てきます。

■「帝王切開」になった場合:健康保険が適用され手術代・投薬には保険がききます。ただし、分娩費用は保険適用はないので、自然分娩より入院日数が長くなる分、費用がかさんでしまいます。病院によってどのくらい費用が上がるかは開きがありますが、だいたい10万円くらいは見ておいた方がいいようです。

■「無痛分娩」を希望する場合:無痛分娩は麻酔で痛みを軽減し、吸引分娩となることが多いので麻酔代が5万円程と吸引代が5万円程かかるようです。合わせてだいたい10万円程ということになりますが、これも病院によって違うので直接問い合わせ等で確認した方が良さそうです。

ポイント② 出産施設

「自然分娩」の場合、「入院・分娩費用」は全国の平均で47万円程だそうです。出産育児一時金が42万円ですからそれを少しオーバーするかたちです。ただ、どんな病院で出産するかで金額が大きく違ってきます。一般的な「大学病院」「総合病院」「産婦人科専門病院」の違いで見てみると、

■「大学病院」「総合病院」:施設の整っているので出産時になにかあった場合も安心ですが、入院中の食事や妊婦さんへのケアも比較的シンプルで費用は40万〜50万円程ですむことが多いようです。また、 同じ施設でも個室か相部屋の違いで意外と差が出たりもするのでその辺も確認しておきたいところです。

■「産婦人科専門病院」:食事も豪華だったり、マタニティヨガなどのサービス、エステを受けられるサービスなど、妊婦さんに特化したサービスを充実させています。また、病室も個室のところが多く45万円から60万円ぐらい、スイートルームなど豪華な設備のある病院だと70〜80万円というところもあるようです。

ポイント③ 地域や出産日

■出産時間帯や曜日:信じられないかもしれませんが、早朝や深夜、休日や祝日、お盆休みやお正月など、産む時間帯や曜日によって、費用が割り増しになることもあります。出産の時間なんて自分ではどうにもならないのに!と思ってしまいますが、働いているスタッフさんの事を考えると仕方ないのかもしれません。

■都市と地方:東京など都市部は出産費の平均が56万円程と高額。逆に地方では一番安いところだと39万円程度とかなり差があります。こんなに違うと両親へのお礼を上乗せしても里帰り出産を選ぶ方が安く抑えられる場合もありそうですね。



具体的な金額の確認方法

インターネットを活用

検討している病院の費用がいくらかかるかについては、妊婦さんが集まる掲示板などで「どこの病院でいくらかかった」など調べることも出来ますが、データが古い場合もあります。

今はどこの病院もだいたいホームページを作っていて金額も出しているところが多いので、確認出来る場合は病院のホームページで見るのがいいと思います。

直接電話して確認する

ホームページがない病院や里帰り出産などで病院に行けない場合は直接電話で聞いてみるしかありません。特に里帰り出産の場合などは病院によって何週目までには戻ってきて欲しいなど情報がもらえるのできちんと連絡を取っておいた方がよいと思います。

出産費を確認する上での注意点

事前に分かるのはあくまでも目安。予定外の出費も想定しておこう!

出産において予定外というのはよくある事です。上でもお伝えしたように急に帝王切開をすることになってしまったり妊娠中毒症などで出産前に入院が必要になったり、確認しておいたはずなのに予定よりも多くかかってしまう事もあります。

独自でかけている医療保険などがあればカバーされるケースもあるのであらかじめ確認しておいたり、何かあった時のために使える年の為の資金も用意しておくほうが安心かもしれません。

分娩予定の病院は早めに決めよう!

ここ数年、産婦人科の数が足りないと言われるように通える範囲の中で選べる病院はそう多くはありません。特に費用やサービスなどで人気の産院は妊娠がわかったらすぐに予約しないと分娩予約がいっぱいで断られる場合もあるようです。里帰り出産にするかどうかも含め早めに判断し行動するようにしましょう。

まとめ

国の制度などでそれほど自己負担をしなくてもよくなったとは言え、出産のかたちや希望のサービスによって大きな金額が上乗せされてくる出産費。ゆったりとした気持ちで赤ちゃんを迎えてあげられるように、費用についても前もって理解し、しっかりと準備しておきたいですね。

出産育児一時金の支給額・支払方法について |厚生労働省
「参照元:厚生労働省HP(2015年11月著者調べ)」

ハローワークインターネットサービス – 雇用継続給付
「参照元:ハローワークインターネットサービス(2015年11月著者調べ)」