知れば得する?車検の費用の目安を徹底解説!

車や大型バイクを所有すると車検が義務付けられています。絶対に受けないといけないものですが車検の費用は車両の維持費の中で大きなウエイトを占めています。最近は車検の種類も増えているので、自分の予算と目的に合わせて自由に選択できます。車検の費用の目安を比較してそれぞれの車検のメリットとデメリットを徹底研究しました。



車検って必要?

車検は義務!

4輪車と小型二輪車を所有すると新車時初回は3年に1回ですが、通常2年に1回車検が必要になります。車検とは、法律で定められた保安基準の適合検査で、義務付けられています。もしも車検が切れた車両で公道を走行すると、無車検車運行という罪になり、厳しい罰則があります。

なぜ車検が義務付けられたのか、というと務化されていなかったら、整備不良車や故障してしまう車が増えて悲惨な事故が多発してしまうからです。車やバイクはとても便利な乗り物ですが、同時に安全に配慮しないと人の命を奪ってしまうものになります。

車検を受ける時には自賠責保険の加入が義務付けられています。最近は車両が対象の任意保険が充実していますが、自賠責保険は事故の相手に対して補償をするこおとに特化した保険です被害に遭った人が充分な補償を受けられないという事態にならない為にも車検を受けて自賠責保険に加入する必要があります。。

車検はどこで受ける?

1995年7月に車検制度の見直しがされてから、色々なところで車検を受けることが出来るようになりました。
主な車検の種類
・ディーラー車検
・車検専門フランチャイズ車検
・民間整備工場車検
・カー用品店車検
・ガソリンスタンド車検
・ユーザー車検
・車検代行
以上の7種類が多いようです。それぞれの車検で価格が違いますが、それぞれのメリットとデメリットを知ることで自分に合った車検はどれか選択できると思います。



車検の費用の相場

車検の費用の内訳

車検の費用は車検基本料と法定費用の合計で構成されています。

法定費用とは、自陪責保険料、重量税、印紙代なので、どこで車検を受けても同じ金額です。
車検基本料とは、24ヶ月点検整備、検査代、代行手数料などです。この車検基本料金が受ける車検の種類によって変わってきます。

車検の費用は車検基本料と法定費用だけではなく、もしも消耗品の交換が必要になると更に追加になります。

事前見積もりは無料でしてくれるところや、ネットに一括見積のサイトもあるので内訳を知って自分の予算に合った車検を選択することはお勧めです。

車検の費用の目安

実際に車両を持ち込んで見積を取るのがお勧めですが、7種類もある車検のどこで見積を取ればいいのか迷うと思います。
だいだいの目安を知ると、予算内で出来そうな車検の種類が何個かに絞り込めるのではないでしょうか。以下に目安ですがそれぞれの車検の費用の相場をまとめました。

・ディーラー車検       法定費用 + 40,000円~100,000円
・車検専門フランチャイズ車検 法定費用 + 25,000円~80,000円
・民間整備工場車検       法定費用 + 25,000円~80,000円
・カー用品店車検       法定費用 + 20,000円~60,000円
・ガソリンスタンド車検    法定費用 + 20,000円~60,000円
・ユーザー車検 法定費用 + 0円
・車検代行 法定費用 + 10,000円~30,000円

車検時には車検のタイミングで交換する消耗品もある為に、法定費用にだいたい50.000円プラスで予算をたてておくことがお勧めです。

車検の価格の相場を知る注意点

重要なのは費用の内訳

車検の費用は車両を維持していく費用の中で一番予算が必要です。出来るだけ安く車検を受けたいと考えますが、見積額の総額だけに着眼するのではなく車検の費用の内訳を確認することがお勧めです。
ディーラー車検は割高ですが、メーカーと直結している為に販売した車両に対しての知識が豊富で技術力にも信頼感が持てます。値段に見合った信頼感がある為に見積額の総額だけでは判断できないと思います。
車検の費用が安いユーザー車検、車検代行はユーザー本人に車検の知識が必要です。
車検専門フランチャイズ車検、民間整備工場車検、カー用品店車検、ガソリンスタンド車検は価格が低く独自のサービスやスピード車検を行っていることもあり、予算と時間を考えると何社か見積をとって比較してみても良いと思います。

其々の車検のメリットとデメリットを知ったうえで、複数も見積を目安としてとると安心ではないでしょうか。

削れる費用を検討する

車検にはどこで受けても同じ予算の法定費用は固定の金額ですが、車検基本料と整備費用を知る為に何社か見積をした中で、任せたいと思う車検の店舗に実際に車両を持って行って見積をとると思います。
そこで、削れる予算を具体的に交渉するゆになりますが、安全に乗る為に必要な整備や消耗品を削らなくても案外割引が受けれる項目があります。

車検には納税証明が必要ですが、証明書を車検時に紛失していた場合役所で納税証明書を取ると手数料がかかかります。車検の年と解っていると納税証明の保管に気を付けているだけでも余計な費用がかかりません。

1か月前に予約することで早期割引を受けることもあります。代車や引取り料金が加算されている場合も工夫することで削れる項目ではないでしょうか。

複数の見積をとることで同じ整備項目で価格が大きく違う場合に、交渉することが出来るかもしれません。

何もかも費用の交渉をするのではなく、削れるポイントを絞り込んで交渉をすると納得のいく車検の費用になると思います。



まとめ

車検の費用は高額ですが、法律で定められた保安基準の適合検査で、義務付けられているで受けないといけません。
車検の種類は複数あるので、それぞれのメリットとデメリットを理解したうえで、自分の予算にあった車検を選ぶことがお勧めです。
車検の費用は交渉次第で削れる項目もあるので、事前に内訳を明記された見積を取るとスムーズに交渉出来ます。出来るだけ車検の費用を安くすることも必要ですが、命に関わる大きな事故につながらない為にも安全を一番に考えた車検の見積もりをお勧めします。