経験者の体験談に学ぶ、借金返済と繰り返さないためのコツ10選

借金返済のコツをまとめました。返済するのに大変で、少しでも楽になりたいものです。どのような借金をして返済したのか経験者に学んでみましょう。



1:クレジットカードを使いすぎて借金をした

20歳の時に初めてクレジットカードを作り、月々の返済額が1、2万円で済むということなのでリボ払いをしました。クレジットカードを4枚くらい持っていましたが、全部を限度額いっぱいまで使っていた月もありました。目の前にお金がないのに使える便利さ。

クレジットカードを使うとなんでも買えるんだと勘違いしていました。リボ払いもクレジットカードも便利だと思い、月の給料よりも多くの買い物や旅行などにも行ったときもありました。それでも楽しい日々を過ごしていたのです。しかし、返せない月がどんどん多くなり、いつの間にか借金が増えていたことに気が付きました。

借金が膨らんでいた時に、自分はなんてことをしたんだと気が付きました。自分のせいだとわかっていましたが、返せると信じて使っていたので、そんな自分が情けなく膨れ上がった借金を返せなくなりました。

借金を返済した方法

司法書士の方に相談しに行き、そこで任意整理というものを勧められました。リボ払いで支払っている場合、今後の金利をカットしてくれるようにお願いしてもらうのです。そして、毎月の返済期間を延ばしてくれ、毎月の返済額を下げるように交渉していただき、すごく生活が楽になり少しずつ返済をしていくことができました。クレジットカードは4枚も必要ないと実感し、計画的に使うべきでした。



2:ギャンブルで借金を作ってしまった

ギャンブルの中でも、パチンコが大好きで暇なときや仕事が終わったあとに、すぐにパチンコ店に向かっていました。田舎に住んでいたので、パチンコ店までには一時間かけないと行けないのですが、毎日のように車で行っていたので、ガソリン代もかかっていましたがそれほど気にしていませんでした。

パチンコは閉店までやって、勝つまでお金を入れ、負けた時はやけくそになっていました。勝ったときは10万や20万勝っていました。その感覚が忘れられずにパチンコはやめられずにいました。

友達と一緒にパチンコに行くこともあり、自分のお金では足りないときには、友達からお金を借りてまでパチンコをしていました。それが日常だったのです。しかし、複数の友達に借りていたお金が段々と多額になっていったのです。どう返済していけばいいのかわからなくなりました。

借金を返済した方法

金利の安い銀行からお金を借り、友達に返済をしました。それからは銀行に毎月返済するのですが、ギャンブルはなかなかやめられません。ですので、実家暮らしだったために親に協力をしてもらい、パチンコに行こうとするのを止めてもらうようにしました。そして給料をもらったら返せる分は全部返済にまわしました。ギャンブルはお金を借りてまでやるべきではありません。

3:浪費癖と見栄の貼りすぎが原因で借金に…

専門学生だった頃の話です。同級生の中でも年上だったので見栄を張りすぎて借金をしました。お金がないと思われたくなくて、友人との付き合いもお金がないときでも、いろいろなところに行っていました。お金はあるように振る舞って、車ででかけるときも自分の車で、夕飯を一緒に大勢で食べるときも自分が奢る…そういった日常を送っていました。

借金までして、友人に奢ったりしていました。ガソリン代も馬鹿にはならないのです。そうしていくうちに借金が莫大に膨れ上がっていました。借りた先は消費者金融です。利子が高いのはわかっていましたが、やめることができませんでした。

借金を返済した方法

とにかく学校に通いながらアルバイトをし、借金を返していきました。それから友達に奢るのをやめ、見栄を張ることもなく、お金に対して狂ったかのようにアルバイトに励んだのです。一番大きかったことは、オシャレをやめ、化粧品を買ったりすることもやめたことです。

それをしなくなっただけでもお金が浮きました。要は節約をするようになったのです。そうしていくうちに借金が減っていきました。



4:事業がうまくいかず、最終的に借金を背負うことに

起業をしても9割の方は失敗していると言われていますが、起業をするのは自分の夢でした。若いので失敗してもいいや!という思いで、思い切って起業しました。起業をすると機械など必要な物を購入しなければいけないのですが、貯金があまりないためにお金を借りて購入していました。

そして思うように事業がうまくいかずに、借金が膨れ上がる一方でした。借金でいっぱいいっぱいになり、もう駄目だと思い、借金返済に力を注ぐことにしました。

借金を返済した方法

経営者という立場がなくなるのを覚悟の上で、自己破産を選びました。借金がなくなり新たな人生をスタートさせるのは、ある意味ポジティブな選択だったと思います。人生は一度きりではない、やり直せるんだ!と実感しました。自己破産はあまり良いイメージはありませんが、自己破産をしたことで気持ちが楽になったのです。もし、あのまま事業を続けていたら精神的に参っていたと思います。

5:連帯保証人になって借金をした

親に頼まれて連帯保証人になりました。その当時「大丈夫だから、連帯保証人がいないとダメなんだ!お前しかいない」と言われ、渋々サインをしたのですが、その夜は眠れないほど後悔しました。なぜ、連帯保証人になったのか…親に頼まれてもなるべきではなかったと。

その後、やはり借金が自分のところに回ってきたのです。そして、親も首が回らなくなり、私にお金を貸してほしいとお願いしてきたのです。それが一度ではありません。何度もそんなことが続き、私自身も参っていました。それが何年も繰り返していたのです。

給料が比較的高い方の私でも、自分の給料だけでは返済に回すお金がなくなったのです。地獄のような日々が続きました。しかし、連帯保証人になった宿命だと感じました。

借金を返済した方法

独り身だった私は約50万円の給料から約35万円は返済に回していき、なんとかやりくりしていました。そして、過払い金請求ができることを知り、専門家に頼んでしてもらい、借金が減りとても助かりました。その後も自分の生活を切り詰めて返済と親への仕送りをしています。過払い金請求があり、だいぶ楽になりました。それもまだ結婚していなかったからできたことだと感じています。

6:買い物依存症が原因で借金に

ブランド品が大好きで高価な宝石にも目がない私。ブランド品はやっぱり高いだけあって素敵なものが多いのです。せっかく働いているので、自分の好きなことにお金は使いたいと思っていました。貯金もきちんとしていたのですが、新作がでるとどんどん貯金を崩して買っていったのです。

親にまでお金を借りてブランド品を購入していました。当然親には嘘をついてお金を借りていました。現金払いもしていましたが、主にクレジットカード払いにしていたので明細がきたときに親に見つかりばれてしまい、その頃には借金が膨れ上がっていました。

借金を返済した方法

親からお金を借りて借金の返済にあてました。そして給料を貰ったら親に返済をするという方法をとりました。親がいてくれて助かり、本当に感謝しています。親には毎月できる限り多くのお金を払っています。親から借りているのは無利子なので、有り難いです。親だからこそお願いできたことです。

ブランド品は新作がでたからと言って買っていると、きりがないことに気づかされました。しかし、ブランド品は売ることが可能なので、返済のために一部を売りました。

7:借金を相続してしまった

父が亡くなり葬式も終わり、父が生前借金をしていたことを私は知りませんでした。まさか借金をしていると思ってもいませんでした。そんな父が亡くなり、借金だけが残ってしまったのです。相続放棄は相続の開始を知ってから3カ月以内にしなければいけなかったのです。私はどうやら借金を相続してしまったようなのです…どうすればいいのか本当に悩みました。

借金を返済した方法

専門家に相談をしたところ、被相続人に借金があることを知らず、相当な理由があると認められた場合には、相続開始から3カ月が経過しても相続放棄が認められることができるようです。私はこの法律に救われました。もちろん相続放棄をしました。

8:サラ金から借金をした

旦那は自営業をしているのですが、借金があり銀行はもちろんお金を貸してくれるところはどこもありません。そんなとき、旦那が病気になってしまいました。病院代を払えずに私はサラ金からお金を借りることにしました。もちろん旦那には内緒で…

サラ金の利子は高いのですが借りれるところがなかったため、私は初めてサラ金からお金を借りました。旦那には友達から借りたと言っていたので、サラ金から借りたと知ったときは怒鳴られました。

私は、入院すると高額療養費が適用すると知ってはいましたが、ある程度はお金はやはり必要なのです。その少しのお金さえ払えなかったのです。

借金を返済した方法

私は、息子に頼りお金を借りることにしました。サラ金からは利子が大きくなる前に返済できてよかったと思っています。そして、息子には毎月徐々に返済をしています。そして、旦那が入院している間はもちろん頑張って働きました。

9:高級な補正下着で借金を…

体型に自信のない私は補正下着の素晴らしさに気づかされました。友達に勧められ行った先がビルに入っている補正下着の店でした。そこの補正下着はとても高価なのですが、その効果もすごかったのです。身に着けてみると太かった脚が、出ていたお腹がないのです。理想の体型になったのです。

体型に自信がないために勧められるがままに購入していました。高価な補正下着なので分割払いを店員さんに勧められたので、そのまま分割払いで購入することに決めたのです。

しかし、体型は変わるのです。私は補正下着は一度買うだけで良いのだと思っていました。補正下着を買うとアフターケアも行ってくれるので毎日通っていたのです。体型が変わったらサイズダウンするのでまた購入しなければいけなくなりました。私のスタイルが良くなるにつれ、借金が膨れ上がっていました。

借金を返済した方法

補正下着を買うのも、通うのもやめ働いて月々の返済にまわしました。利子も高いわけではなかったので自分で返せる能力はありました。しかし、借金までして補正下着を購入するのは今考えると、どうかと思います。欲しいものがあるなら、貯金をして買うべきだと改めて思いました。仕事があって本当に救われました。

そして、体型に合わなくなった補正下着は売ることもできたので、そのお金も返済にあてました。高級な補正下着なので売れて良かったです。計画的に高額な物は買うようにしたいと思いました。

10:マイホームを購入し、借金に

結婚をしてマイホームが欲しくなってきた時期でした。頭金なしで買えるということで貯金もなく、不動産会社の方に押され、家を買ってしまったのです。しかし、頭金がないために借金は多いのです。新築の家でも一回住んでしまうと2割は価値が下がってしまうのは知らずにいました。無知がどれほど恐ろしいか…

3,000万円で購入した家は、600万円も価値が下がる計算になります。恐ろしいです。そして、ローン地獄が始まりました。頭金なく買えるいう言葉を素直に受け入れてしまった私が悪いのですが…借金まみれです。

借金を返済した方法

住んで間もない家を売って返済に回しました。新築の家を売ることになるとは、最初は思ってもいませんでしたが…もし、今家を売っていなかったらローンの地獄に陥っていたことでしょう。頭金さえ払っていたらまた違っていたのかもしれませんが。きちんと計画的にマイホームを購入するべきでした。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・