<ふるさと納税>お米をもらってお得に生活したい!お礼特選

ふるさと納税は節税効果も期待でき、なおかつ寄付先の地方から魅力的なお礼がもらえる制度です。節税しつつお米のお礼がもらいたい!そんな方のために、制度の手続きからお米のお礼までご紹介します。



話題の<ふるさと納税>とは?

ふるさと納税とは、自分の好きな自治体に寄付をすることにより、寄付金額と自分の所得金額に見合った額を控除・還付してもらう制度です。前からあった寄付金控除という制度の一種類になります。

具体的に制度の中身をご存知なく、ふるさと納税を利用したことのない方でも名前はほとんどの方が知っているのではないでしょうか。寄付金控除は前からあった制度なのに、ふるさと納税で爆発的に有名になった感があります。なぜでしょう?何がそんなにふるさと納税、ひいては寄付金控除の名前を広めたのでしょうか。

それは、ふるさと納税には寄付金や所得額に見合った税金の控除・還付に留まらない魅力があるからです。各自治体に寄付をするとその自治体から魅力的なお礼が届きます。お礼の中身は金額によっても変わりますし、季節に寄っても変わることがあります。また、同じ金額を寄付した場合でも数十種類のお礼の中から自由にチョイスできるお礼品もあります。果実や魚介類、お肉、民芸品など、大体1万円の寄付で3千5百円から6千円くらいの品をお礼としていただくことができます。

地方特有の食材はなかなか手に入れ難いものですし、遠い地方で購入しようとすればその分値段も高額になります。各地域の味や文化を象徴するようなお礼品を手軽にいただける上に税金もお得になるという特徴からふるさと納税熱は年々加熱し、今では利用したことのない人でも名前は知っている制度へと成長を遂げました。

住宅ローン控除や人的控除、保険料控除は、お勤めの方であればほとんど会社の方で計算してくれると思います。自分でするといっても会社に書類を提出するくらいで、確定申告とは無縁だった方も多いのではないでしょうか。確定申告と無縁であれば、雑損控除などの他控除ともあまり縁がなかったのではないでしょうか。ふるさと納税は手軽な手続き方法でお礼をいただきつつ、手軽に控除という制度に触れることもできます。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト
参照元:総務省(2015年12月、著者調べ)



魅力ある制度、ふるさと納税!

節税とお礼

ふるさと納税のお礼は何と言っても節税効果とお礼品です。前項でご説明したように、この二つが合わさったからこそ一気に過熱したと言えるのではないでしょうか。前からあった寄付金控除も寄付金額と所得額によって税金がお得になる制度ではあったのですが、今ほど利用者は多くありませんでしたし、知名度も素晴らしかったとは言い難かったです。

税金がお得になることに加えてお礼品がもらえることこそが人気に火を点け、ふるさと納税をここまで魅力的にしたと言っても過言ではありません。

寄付金の使い道を指定できる

ふるさと納税魅力として、節税効果とお礼品の他には、寄付金の使い道を指定できるというものがあります。税金の場合、使途を指定することはできません。納めれば納めっぱなしで、大体どんなことに税金が使われているか報告があるだけです。

もちろん税金全体の使途ですので、自分の納めた消費税などが具体的にどこに回ったのかを知ることなどできるはずがありません。その点、ふるさと納税は、寄付をする際にほとんどの自治体に使途を指定して寄付することができます。これは故郷から遠く離れている人や、他地方が気になっている人は嬉しいのではないでしょうか。

例えば、遠く故郷を離れて東京で暮らしている青年が、故郷の友人が頑張っている事業の支援に使途を定めてふるさと納税をする。そうすれば遠くからでも地元を助けることができます。また、本で読んだ偉人の故郷が気になって調べてみたらふるさと納税で使途を指定できる事業で面白そうなことをしている。是非、自分も支援したいと考えて寄付をする。今までの日本では、個人がこんなに気軽に寄付をして、各自治体を知り、応援する、そんな循環はあまりなかったのではないでしょうか。

寄付をしたい自治体があれば調べようとします。お礼品が魅力であればその自治体のホームページを読んでみようかとも考えるでしょう。

寄付金は税金だけでは支援が足りなかった部分に積極的に回されますし、何かが切っ掛けで色々な地方を知り、支援しようとする。とても魅力的なことですし、自治体自体にも大いにメリットのあることです。

デメリットも当然ある

ふるさと納税はとても魅力的な制度ですが、デメリットも当然あります。

一つの自治体にお金が集まってしまうと、他に自治体、特に本来その人の税金をもらえるはずだった自治体の収入が減ってしまうというデメリットがあります。税収が低下すると自治体としてのサービスが低下しますし、自治体がその自治体の住民にもっとこうした補助金制度をしたいと思ってもお金が無くてできないという結果になります。

でも、お礼品は確かに魅力的ですよね。それじゃあ、税収が落ち込んでいる自治体もふるさと納税に力を入れればいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、そう簡単にはいきません。それぞれの自治体内の畜産や稲作を独自ルートで大量に売っていることもありますし、それぞれの自治体の畜産や稲作における方針というものがあります。世の中の米や肉の流通手段はふるさと納税だけではありません。ふるさと納税を最優先にしてしまったら米や肉の流通が滞ってしまうかもしれません。

例えば、A市では大きなお店と契約して大量にお米を販売し、フードバンク等にも積極的に寄付をしている。けれど、ふるさと納税に回す分はあまりない。対しB市はお店にはそこそこ卸している他はフードバンクなどへの寄付はなし。けれどふるさと納税には力を入れ、お礼品はコストパフォーマンスは素晴らしい。いかがでしょう。A市とB市では。市の規模が同じような場合、B市の方が確実に収入面ではA市よりも上になるでしょう。実情を見てみるといかがでしょうか。

何に力を入れるのかはその自治体の戦略によるところもありますが、自治体間の不公平感や格差が出るのではないかと指摘されています。

お米のお礼6選

お米の特選お礼をご紹介します。()内は、その寄付額からお米のお礼をいただける金額です。

岡山県吉備中央町のお米

ふるさと納税でお米のお礼が欲しいという場合にはまずはここ!何と1万円の寄付で20キロのコシヒカリがもらえます。数量限定のお礼ですが、量といえば岡山県吉備中央町です。量が多い分、小分け発送にも対応しています(1万円)。

岡山県吉備中央町ふるさと応援サイト〔ふるさと納税〕:TOP | (旧加茂川町・旧賀陽町)
参照元:吉備中央町(2015年12月、著者調べ)

千葉県睦沢町のお米

有機肥料を使って作られるむつざわ米が1万円で15キロ、どん!と届きます。2万円の寄付だと30キロになりますが、新米を15キロずつ分けて発送してくれるとのこと。スペースにも有り難い配慮です(1万円)。

ふるさと納税 | 町政情報 | 睦沢町ホームページ
参照元:睦沢町(2015年12月、著者調べ)

長崎県平戸市のお米

国の重要文化的景観に指定されている平戸島の棚田で作られたお米です。十二パックに小分けされた無洗米ですので、保存にも調理にも便利です(1万円)。

平戸市ふるさと納税特設サイト | やらんば!平戸市応援寄附金
参照元:平戸市(2015年12月、著者調べ)

岐阜県羽島市のお米

岐阜県羽島市のお米のお礼は、農薬を使わず合鴨に雑草や害虫を食べてもらうという合鴨農法を採用。合鴨と農家の皆さんが精魂込めて作ったお米です。羽島市のお礼の面白いところは、普通のお米ともち米がセットで届くところです(1万円)。

元気な羽島応援寄附金(ふるさと納税) | 羽島市公式Webサイト
参照元:羽島市(2015年12月、著者調べ)

福島県湯川村のお米

湯川村のお米は、コシヒカリの中でもグレードの高い特A評価のものが何と30キロ!玄米と精米が選べますので、ご自宅の保存方法に合わせることができるのが嬉しいところ(3万円)。

福島県湯川村公式WEBサイト 湯川村への寄附(ふるさと納税)のご案内
参照元:湯川村(2015年12月、著者調べ)

長野県飯山市のお米

長野県飯山市のお米のお礼は数量限定です。コシヒカリの中でも特にグレードが高く何度もコンクールで受賞している特Aランクのお米を15キロもらえます(5千円)。

飯山市公式サイト | 悠久のふるさと飯山応援金(ふるさと納税)の特典を充実させました
参照元:飯山市(2015年12月、著者調べ)



お米のお礼のここに気をつけよう

人気の産地で頼むべき?

有名なお米の産地で思い浮かぶ地方は色々あります。ふるさと納税でお米をもらいたいと思った場合、まずはお米の有名産地をチェックすることが第一ですが、純粋に「お米がいっぱい欲しい」という場合はあまり産地にこだわる必要はありません。

現在は米の新品種が多数登場し、色々な地域で美味しいお米が産出されています。また、同じ品種を別の自治体で作っていることもありますから、お米が欲しいなあと漠然に思っている方は産地にこだわらずお米の量で決めるのも良いと思います。

頼み過ぎるとスペースを食います

いかに自治体側が好意で消費ペースに合わせて発送してくれるからといって、頼み過ぎは危険です。お肉の場合は何とか冷蔵庫に入れるという手もありますが、お米の場合幾つかの自治体からいただく場合はそれぞれの自治体の発送時期には気をつけましょう。例え少ない量でも「新米です!」と一気に届いたら、保管するスペースが厳しいです。

お米のお礼の場合は幾つもの自治体にいただくよりも、時期のコントロールをしやすい自治体やその地域のお米が本当に好きだという自治体だけに留め、手帳などを活用して到着時期が重ならないように気をつけると、お米がなくなりそうな時にちょうど届いたりと、スペースも家計も賢く使うことができます。

ふるさと納税の手続き

ふるさと納税の手続きは簡単です。インターネットショッピングとほとんど変わらないと思っていただいて大丈夫です。ただし、ふるさと納税の場合はショッピングではなく「控除」ですので、控除を使う際にしなければならない確定申告も必須となります。

1、申し込み
2、支払い
3、寄付受領証明書とお礼を受け取る
4、確定申告

手続きの流れは1から4を順番に行うことになります。

申し込みは各自治体に行います。インターネット上からできる自治体も多いですし、電話やメールで受付けしている自治体もあります。ワンストップ特例制度(次の項目で説明します)を利用する人はこの段階で自治体に申し込みをしておくといいと思います。インターネットからの申し込みの場合は、特例を使いたい方がチェックできる欄を設けていることがあります。特例希望の方はチェック欄があったらチェックをお忘れなく。

申し込み後に支払いをします。支払いはコンビニ決済やカード決済ができる自治体も多く、他には銀行振込や現金書留による支払いを取り入れている自治体もあります。全ての自治体でカード決済やコンビニ決済ができるわけではないので、決済方法に希望がある方は事前によく自治体のホームページを確認してください。

支払いが終わると寄付金受領証明書とお礼が送られてきます。別々に届くこともありますので、お礼を開けたら「証明書がないぞ?」と思うこともあるかもしれません。確定申告ぎりぎりに証明書だけ発送される場合もありますので、気長に待つか、事前に自治体に発送について確認してください。

後はお礼をいただき、証明書を使って確定申告をするだけです。

ふるさと納税をされた方:平成26年分 確定申告特集|国税庁
参照元:国税庁(2015年12月、著者調べ)

ワンストップ制度で確定申告不要

特定の条件を全て満たすことにより確定申告が不要になるワンストップ制度が2015年4月1日より始まりました。

1、会社に勤めており、一社からしか給与をもらっていない
2、給与が2千万円を超えない
3、他の控除制度を利用しない
(ただし、住宅ローン控除は翌年からワンストップ特例を利用可)
4、2015年4月1日以降の寄付である
5、寄付先の自治体が6自治体以上ではない

この五つの条件を全て満たす必要があります。その上で、六つ目の条件を満たすことが必要です。

6、特例の申請書を提出している

条件を満たしていても申請書を提出していないと特例は使えません。

この特例は主としてサラリーマンやOLを対象に確定申告を不要とする制度です。元から確定申告が必須な仕事の欠け持ちをしている人やフリーランス、自営業、給与額の多い人、そして他の控除も利用する人は確定申告を省略することはできませんのでご注意ください。また、制度開始が2015年4月1日ですので、それ以前の寄付には使えないことも併せてご注意ください。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|トピックス|制度改正について(2015年4月1日)
参照元:総務省(2015年12月、著者調べ)

ワンストップ特例申請書
参照元:総務省(2015年12月、著者調べ)

最後に

ふるさと納税のメリットとデメリット、それから簡単な手続き方法を交えてお米のお礼をご紹介しました。お肉は収穫期というもとが決まっていませんし、果実は産地によって時期が微妙に異なるため例えば、十月に一気に果実だけがどどっと届くということがあまりないと思います。

ですが、お米のシーズンは日本全国でさほど変わらず、自然乾燥米でもなければ北と南で大きく変わるということもないと思います。その分、お米ばかりをお礼としてチョイスし一気に届いてしまうと非常にスペースを食うというデメリットもあります。どんどん食べようと思っても、30キロをすぐに消費するというのも難しい話でしょうから、お礼品は計画的にと申し上げるしかありません。

ただ、お米は自分なりに計画を立てていただくことができるなら、家計の強い味方になります。食の基本ですので、多くのお宅の食卓に必須な食材だと思いますから。 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。