ふるさと納税のポイント制度を簡単・お得に使おう!

ふるさと納税のお礼としてもらえる特産品をじっくり選んだり、より豪華なものを手に入れたりするために、便利なポイント制度。そのメリットや簡単・お得な利用方法をまとめました。



ふるさと納税とは

ふるさと納税は、納税という名前ではありますが、地方創生で日本を元気にしようと始まった、都道府県や市区町村への寄附のことです。制度の趣旨とは少しズレるものの、それに付随するいくつかのメリットがあることによって、一般的にも注目されています。これをもう少し詳しく見ていきましょう。

元々は、地方で生まれた人たちが、進学や就職を機に都会に出ていくことで、地方の税収が少なくなることから、自分の意志でふるさとに納税できる仕組みがあってもいいのではないかということで、生まれた制度だそうです。とは言っても、生まれ育ったふるさとでなくても、寄附ができます。納税者にとっては、お世話になった地や応援したい地などの力になろうと寄附先を考えることで、税金の使われ方を考えるきっかけとなり、各自治体にとっては、それぞれの取り組みをアピールするきっかけになるものです。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|よくわかる!ふるさと納税
ふるさと納税で日本を元気に!ふるさと納税の意義や納税制度、ふるさと納税の制度改正についてご案内いたします。 寄附などに興味がない人たちからも注目されているのは、寄附金の一部が所得税及び住民税から控除されたり、納付のお礼として地域の特産品がもらえたりするためです。好きなふるさとの役に立ちながら、税金も安くなってお礼までもらえるなんて、一般的な寄附のイメージと比べると、なんだかお得感がありますよね。ここでは、そのふるさと納税のお礼のなかでも、ポイント制度というものについてまとめていきたいと思います。

※ふるさと納税やポイント制度の内容は、あくまでも2015年11月現在のものです。詳細は、各自治体にお問い合わせ下さい。



ふるさと納税のポイント制度について

ポイント制度とは、寄附金額に応じて、自治体からポイントが付与される制度で、ポイント&カタログ制とも言われます。貯まったポイントは、カタログやホームページに載っている特産品などと交換することができ、特産品を直接お礼にもらうよりも便利な点がいろいろあります。ポイント制度について、そのメリットや注意事項を見ていきましょう。

欲しい特産品がすぐ手に入らない時に

ふるさと納税の一番の目的は寄附だから、お礼はおまけのようなもの…というのが本来の姿ですが、やはり実際には、良いものや好きなものが欲しいですよね。せっかくだから、欲しいものがもらえる自治体に寄附をしようという方も、実際には多いようです。しかし、寄附のお礼に直接特産物を送ってもらう形の場合、欲しいと思ったものが、調べてみると品切れだったり、旬の時期でないために扱われていなかったり、ということがあります。

そんな時に、ポイント制度が便利です。寄附をした時にいったんポイントをもらっておいて、カタログから欲しい時に欲しいものを選ぶことができますし、ポイントサイトでは、「牛肉」や「米」など、欲しい品物を扱っている自治体を検索することもできます。また、「肉と米とメロン」など、複数のものが欲しい場合、それぞれを別々の自治体に寄附して受け取らなくても、それら全てが載っているカタログを扱っている自治体があれば、申し込みも楽になりますね。

積み立てて豪華な特産品をゲット

寄附の際にそれに応じた特産品を受け取るという形では、寄附額が少ないほど、特産品の選択肢が狭まり、あまり欲しいものがないということもありえます。それに比べて、ポイント制度の場合は、ポイントを積み立てておくことができるので、何度か寄附をしてポイントがたくさん貯まったところで、豪華な特産品と交換するということが可能になります。

寄附は1年に何度でもでき、ポイントを獲得する度に所持ポイント全ての有効期限が延長されることが多いので、やり方によっては、かなり大きなポイントを貯めることができそうですね。欲しい物の必要ポイントを確認し、ふるさとに貢献しながら獲得を目指しましょう。

年末駆け込みでとりあえず寄附

節税のために利用する人も多い、ふるさと納税。確定申告や年末調整の対象期間は1月1日から12月31日までですから、その年の税金対策に間に合うようにと、年末に急いでふるさと納税をする人もいるでしょう。「お礼を選んでいる暇はないから、とりあえず寄附をしてポイントだけもらっておこう」というように、寄附の時期と特産品の申し込みの時期をずらすことができるのが、ポイント制度のメリットですね。

ワンストップ特例の対策に

平成27年度税制改正により始まった「ふるさと納税ワンストップ特例制度」。ふるさと納税が節税になるとは言っても、それまでは、確定申告をしなければふるさと納税の寄附金控除が受けられないというのが、少し煩わしいところでした。しかし、ワンストップ特例の新設により、確定申告の必要がない給与所得者がふるさと納税を行う場合に、納税先の自治体数が5団体以内であれば、確定申告をしなくても控除を受けられることになりました。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|トピックス|制度改正について(2015年4月1日)
ふるさと納税で日本を元気に!2015年4月1日に行われた、ふるさと納税の制度改正についてご案内します 自営業の方などは、どのみちやることだから大した手間ではないかもしれませんが、せっかく確定申告をしなくて済む給与所得者なのであれば、ふるさと納税も5団体以内に抑えたいですよね。この場合、欲しい特産品ごとに寄附する自治体を変えるよりも、1つの自治体で複数の特産品をもらえるポイント制度を使う方が、便利であると言えるでしょう。

有効期限に注意

せっかくたくさん貯めたポイントも、期限が切れてしまえば何の役にも立ちません。ポイント制度を利用する際には、くれぐれも有効期限に注意しましょう。例えば、「ふるぽ」のサイトでは、ポイントの有効期限はカタログの発送日から1年間とされています。

ポイント制度について | ふるさと納税サイト『ふるぽ』|ポイントでもらえる、カタログがもらえる
ふるさと納税でポイントをもらおう!お好きな地域産品や宿泊クーポンをポイントと交換できるカタログギフトを謝礼品としている自治体をご紹介!! また、せっかく貯めたものですから、ポイントを利用する際に、端数がでないように特産品を選ぶことをおすすめします。例えば、50ポイントあるなかから48ポイント分の特産品を選ぶと、残りは2ポイントになりますが、カタログによっては、小さなポイントと交換できる特産品を用意していないものもあります。欲しくもないものを無理に組み合わせる必要はありませんが、ポイントを有効利用するために、いろんなパターンを検討しましょう。

Q&A

Q. ピーチポイントギフトは、本人以外でも利用できますか?

A. まず、ピーチポイントギフトとは、格安航空券で有名なPeachの航空券を購入する際に、運賃や料金の支払いに利用できるピーチポイントを贈ることができるサービスです。そして、自治体のなかには、このピーチポイントギフトを、ふるさと納税のお礼の一つにしているところがあり、これを目当てに該当の自治体に寄附をする人も多いようですね。

ふるさと納税でもらう | Peach Aviation
Peachでは、大阪府泉佐野市のふるさと納税として、Peachの航空券購入に使用可能な「ピーチポイントギフト」と「オリジナルデジタルカレンダー」のセットを謝礼品として提供していますが、本日より新たな自治体も加わりました! ピーチポイントギフト自体は、ポイント情報に記載された「ご利用者」本人しか利用できないとの注意書きがありますが、例えばご主人の名前でふるさと納税をしたけど、奥様とお子様で航空券を使いたいという場合に、ご主人以外の人間だけでその利用が可能かという疑問が湧いてきます。これについては、ポイントサイトの一つであるふるさとチョイスに、寄附者本人以外の航空券も購入できる旨の記載がありました。

寄附者本人の航空券の購入はもちろん、ご家族、ご友人など、ご本人以外の方の航空券も購入いただけます。

出典:

www.furusato-tax.jp
まとめると、ポイントは寄附者本人でないと使うことができないけれど、それを使って誰の航空券を買うかは自由ということになりそうですね。判断に困る場合は、直接Peachに問い合わせてみましょう。

Q. ポイントは同じ市内でしか使えないのですか?

A. ふるさと納税のお礼としてのポイントは、寄附した自治体から付与され、その自治体で利用することになるようです。自治体によって還元率も様々ですので、少しでもお得に利用したい方は、還元率の高い自治体や欲しい特産品を扱っている自治体を、しっかり調べて選びましょう。

Q. 余ったポイントはどうなるのですか?

A. ポイントの有効期限は、無期限・数年・1年など、自治体によって異なりますので、寄附先の自治体に問い合わせることをおすすめします。例えば6,000ポイント持っていて5,000ポイント分の特産品をもらった場合、仮に1,000ポイントと交換できる特産品がないとしても、期限や寄附回数の制限によっては、もう一度同じ自治体に寄附をすることでポイントを加算して、別の特産品と交換できるかもしれません。

Q. クレジットカードのポイントはつきますか?

A. ショッピングや公共料金支払いなどと同様、もちろんふるさと納税も、クレジットカードで行った場合はそのポイントがつきます。ただし、全ての自治体がクレジットカード払いに対応しているわけではないので、事前に確認しましょう。例えば、ふるさとチョイスのサイトでは、Yahoo!公金支払いとの組み合わせで、インターネットで申し込みから決済まで簡単にできてしまうので、自治体への申し込みや支払いの手続が面倒だという方は、ぜひ活用したいですね。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | クレジットでチョイス
ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]

Q. お得感がない気がするのですが?

A. この還元率なら普通に買った方が安いのではないかなど、ふるさと納税の特産品のお得感についての疑問の声は結構たくさんあるようですが、ふるさと納税の性質は、あくまでも寄附です。各自治体も、せっかく寄附してもらったお金をそのまま寄附者に還元していてはほとんど意味がないわけで、特産品を受け取る側は、寄附であるにも関わらずお礼がもらえることに感謝して、自治体を応援したいものですね。

ただ、ふるさと納税でしか手に入らないものや、お得感の強いものもありますので、それ目当てで寄附をして結果的に自治体の力になれるというのは、決して悪いことではありません。お得感を重視する方は、還元率などを調べて自治体を選びましょう。



知っておきたい+α情報

簡単・お得な申し込み方法

ふるさと納税の申し込みについては、各自治体に直接申し込み用紙を送る方法もありますが、いろんな自治体へのふるさと納税の申し込みを請け負っているポータルサイトからの申し込みが選べるのであれば、手続が楽になります。ふるさとチョイスなどのサイトから、簡単に申し込みや支払いを済ませましょう。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 全国のふるさと納税を地域・特典・使い道から選べる
あなたの支払っている税金の使い道をあなたの意志で選べたらいいと思いませんか?ふるさと納税なら、寄付という形でそれを実現できます。さらに、その寄付金は税金から控除され、地域の特産品がもらえるふるさとも。税金の使い道の選択を通じ、日本の地域を支援します。あなたの意思を、ふるさとに。 また、Yahoo!公金支払いでは、ふるさと納税にクレジットカードが使えるうえに、Tポイントを使うこともできます。楽天ふるさと納税でも、もちろんクレジットカードが使えますし、楽天市場内で寄附を完了することができ、楽天スーパーポイントも貯まります。どちらかを普段から利用しているのであれば、ふるさと納税の際も有効活用したいところですね。

Yahoo!ふるさと納税 – インターネットでふるさとに寄付しよう!
ふるさと納税は、寄付金額に応じて住民税や所得税の優遇(減税)のほか、特典(地域の記念品や特産品)が受けられます。Yahoo!ふるさと納税では、各自治体のふるさと納税を、クレジットカードでお支払いいただけます。

【楽天市場】【楽天市場】ふるさと納税|ふるさと納税はじめてガイド – 楽天市場でふるさと納税
楽天市場のふるさと納税はシンプルなフローでメリットもたくさん。「日本を元気にしたい」という想いで、地域活性に力を入れてきた楽天市場ならではのサービスです。

ポイントサイト経由でお得に納税

ふるさと納税による税額控除や特産品以外に、せっかくならもっとお得なサービスはないの?という方には、ポイントサイトを経由して申し込みをするという方法があります。例えば、ハピタスというポイントサイトがあり、ここを経由してショッピングなどを行うことでポイントが貯まり、それを現金やギフトカードに換えることができます。

実はこのハピタスのなかでキーワード検索してみると、ふるさと納税も扱われており、そこから納税を行うことで、税額控除や自治体からの特産品はもちろん、ハピタスのポイントももらうことができるのです。対象の自治体はそれほど多くありませんが、寄附したい自治体と提携していれば、ぜひ利用したいシステムですね。

ポイント貯めて現金やギフト券に交換できるポイントサイト | ハピタス
ハピタスは、有名ショップや有名サイト1,000件以上と提携し、業界最高水準のポイント還元率!様々な生活シーンでポイントが貯まり、貯めたポイントは「1ポイント=1円」で現金やギフト券、各種電子マネーと交換が可能です。

すぐに特産品をもらうには

ここでは主に、じっくり特産品が選べることをポイント制度のメリットとして述べてきましたが、すぐに特産品を受け取りたいという方もいらっしゃることでしょう。自治体によっては、ポイント即時発行というものに対応しており、それを利用すれば、ポイントを獲得したら、カタログを受け取ることなくすぐに特産品に換えることができます。利用したい方は、指定の条件を読み、早速特産品をゲットしてみて下さい。

ポイント即時発行 | ふるさと納税サイト『ふるぽ』|ポイントでもらえる、カタログがもらえる
ふるさと納税でポイントをもらおう!お好きな地域産品や宿泊クーポンをポイントと交換できるカタログギフトを謝礼品としている自治体をご紹介!!

まとめ

以上、ふるさと納税のポイント制度について見てきました。じっくり欲しいものを選んだり、より豪華なものを手に入れたりするために、とても便利な制度ですね。ふるさとチョイスなどのポータルサイト、Yahoo!や楽天のシステム、クレジットカードやポイントサイトなどを使って、どうせなら簡単・お得に納税をしたいところです。

ポイント制度に限りませんが、特産品が元々の趣旨でないとはいえ、ふるさと納税の制度は、各自治体のアピールの場となっているようです。節税や特産品などのメリットはもちろん、この制度を通じて日本の元気に貢献するために、ぜひ積極的に利用してみて下さい。