結婚祝いの相場【お友達編】ご祝儀やプレゼントはいくらが妥当?

多くても、少なくてもダメ⁈お祝いをいくら包むのか、他の人がいくら包んでいるのか気になりますよね。お祝いとしての相場やさらには渡し方などのマナーも知って、大切な友達の結婚をしっかりとお祝いしましょう!



結婚祝いの相場<友達編>

結婚式に出席するかどうか

結婚祝いの場合、まず重要なポイントとなるのが、結婚式に参加するのかしないのかということでしょう。祝儀の金額のアンケート結果によると結婚式に参加する場合、友人のご祝儀としての平均は約28,000円で、もっとも回答として多かったのが3万円です。

つまり、友人の結婚式に行く際の結婚祝い=ご祝儀としては3万円を包むというのを基本としておくといいでしょう。著者の友人や、ネット上の相談などでも取り上げられているのが、「ご祝儀が2万円の人がいた」や「1万円の人がいて大変失礼に思った」といったことを聞くことがあります。せっかくのお祝いにそういった印象を残したくないものです。その為もしっかりと相場は押えておくことをおすすめします。

一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会冠婚葬祭ホットライン(ニュースリリース)
参照元:全日本冠婚葬祭互助協会 (2015年11月 著者調べ)

なぜ相場が3万円なのか?

では、なぜ結婚式に行く場合のお祝いの相場は【3万円】なのか?著者自身も結婚式を挙げた際にプランナーの方に言われたものです。例ではありますがこういった内訳になります。

◆飲食代:10,000円~20,000円
◆引き出物・プチギフト等:3,000円~5,000円
◆お祝い:5,000円~10,000円

つまり、3万円を包んで結婚式に参加したとしても、お祝いとして新郎新婦が受け取っているのは5,000円~10,000円ぐらいが相場となるでしょう。

お祝いだけの場合

結婚式に参加しない場合はどれくらいの金額が相場となるのでしょうか。「みんなのウエディング」で行ったアンケート調査では、5,000円~10,000円が一番多く44.7%のいう結果でした。およそ半分くらいの方がこれぐらいの金額でのお祝いを行っているようです。

つまり、この金額から見えてくるように結婚式に参加をしてもしなくても新郎新婦が実質受け取る【結婚祝いの相場】として、5,000円~10,000円であるといえるでしょう。

ただし、結婚式に急きょ行けなくなり、招待状は出席で出したのに欠席することになってしまった場合などは金額的な配慮が必要です。とくに結婚式間近になっての欠席の場合は当初出席予定であった場合と同じ3万円を包むことも考えた方がいいでしょう。

マナーとかあるの?結婚祝いにかける金額の相場を徹底調査!│結婚塾
参照元:みんなのウエディング (2015年11月 著者調べ)



相場は、状況や地域による?!

結婚式などはそれぞれの地域の特性などが残っているように思います。例えば北海道は会費制の結婚式が多かったり、沖縄は披露宴時間がものすごく長かったり…。その為、いくら相場を出したところであなたの周りの相場ではない場合があります。

実際の相場を調べるには、以下のようにその地域に密着した価格帯を知ることも必要でしょう。

◆一緒に行く友人・グループに相談をしてお祝い金をそろえる
◆その地域のデパートなど結婚祝いを取り扱っていそうなところにそれとなく相談する

渡し方のマナーも知っておこう!

現金の場合

結婚式に出席する場合、結婚式の受付会場で袱紗からご祝儀袋を取り出して「この度はおめでとうございます。」といいながら渡します。また、結婚式には参加しない場合や事前に渡しておく場合は、【結婚式の約1か月前~1週間前】までに相手の都合をきき、直接自宅にもっていきましょう。

結婚式も参加予定なしで直接お祝いを自宅へ持って行けないという場合は普通郵便や宅急便ではなく【現金書留】を利用し、お祝いの言葉を添えて送ります。

その他にも基本的な現金を送る際のマナーをいくつかあげておきます。

・お札は新札を用意すること
・筆ペンで名前を書く
・ご祝儀袋は、中に入れる金額にあったものを利用する
・4万円や2万円は「割れる」という意味からお祝いではあまり利用しない金額なので注意しましょう。
(近年では2万円はペアという意味で大丈夫といった説もあります。)

その他ご祝儀袋の書き方についてもマナーがありますので失礼が内容にきちんとした形で渡したいですね。

ご祝儀袋の選び方&書き方 | ご祝儀マナーのことならゼクシィ
結婚式のご祝儀袋の選び方や書き方、ふくさの包み方をご紹介。ご祝儀マナーのことならゼクシィ

プレゼントの場合

なにかプレゼントとして渡す場合も同様に【結婚式の約1ヵ月~1週間前】くらいには相手の都合のいい時に自宅へ持って行き渡しておきましょう。結婚式に持って行くと、新郎新婦に迷惑をかけてしまうので事前に渡すことをおすすめします。

プレゼントも注意したいポイントがありますのでいくつか挙げておきます。
・「縁を切る」といった意味合いから、刃物(包丁・はさみ)などは選ばない
・数字(4や9)などには気をつける(例:4皿の食器のセットなど)
・「手巾(てぎれ)」を表す、ハンカチ

その他にも贈り物に関してもマナーがありますのでしっかりと確認しておきましょう。

ご贈答マナー【結婚祝い】
結婚祝いに関する贈答のマナーを紹介しています。



極秘!?結婚祝いのお得な情報!

お祝いをしたいんだけど…

お祝いをしてあげたいのだけど、今はそんなに金額が出せないといった場合や、あげたいものはあるけどちょっと値段が…といった場合は周りのお友達と少しずつお金を出し合ってプレゼントしてあげましょう。

人数が増えれば増えるほどそれだけ高額な最新の家電や、おしゃれな家電など自分自身では少し手の出しにくいものなどもプレゼントすることができます。また、著者も連名で結婚祝いをもらったことがありますが、もらった側からしてもあまり負担がないように思いました。

結婚が決まった友達がいたら周りの友達に声をかけ気持ち程度のお祝いをしてたとしても、もらった相手はとても喜んでくれることでしょう。

値段以上の見栄え⁈

これは個人的な意見ですが、著者のこっそりおすすめする結婚祝いは【ティファニーの食器】です。
ペア食器も多く、またあのティファニーブルーの箱をみて喜ばない女性は少ないのでないでしょうか。価格も4,000円~とリーズナブルであり、結婚祝いの相場の範囲で高級ブランドの食器が渡せるのでおすすめです。

こういった値段以上の価値に見えるようなお祝いを渡すのも、もらう側もわたす側もちょっぴりお得なプレゼントといえるのではないでしょうか。

食器・グラスの商品 | Tiffany & Co.
食器・グラスの商品

マナーのお勉強

お祝いなどのマナーというのは、どうしても苦手意識のついてしまうところですよね。しかし、周りの友達も、結婚祝いを渡す友達もまた同じように思っているはずです。友人の結婚祝いなど、親しい人のお祝いをすることでマナーを勉強させてもらえるといったイメージで積極的マナーの知識を取り入れてスマートな女性になりたいところです!