お金が貯まる財布はこれだ!現役FPが教える「きれいな財布」の条件

突然ですが、あなたの財布はきれいですか?これを書いている私も「ぶっちゃけ、汚いな…」と思っています。そんな私だから、こんなうわさには敏感に反応しました。「きれいな財布だとお金が貯まる」と…では、「きれいな財布」の条件っていったい何でしょうか。お金を貯める、という観点から「きれいな財布」の条件を考えてみました。



条件その1 余計なカードが入っていない

まず、条件の1つ目としてあげたいのは、「余計なカードが入っていない」ことです。

ついついたまりがちなポイントカード

erk.1023
突然ですが、あなたのお財布には何枚カードが入っていますか?銀行のキャッシュカード、クレジットカード、Tポイントやポンタなどの共通ポイントカード、よく行くお店のポイントカード…案外、枚数は入っているはずです。

「いつか使うからいいだろう」と思って無造作に財布に入れていませんか?はっきり言います。毎日毎日使うカードなんて、ほんの一握りです。せいぜい、キャッシュカード、クレジットカード、共通ポイントカードぐらいでしょう。

よく行くお店がある、といっても、毎日のことではないはずです。とくに女性にありがちですが、化粧品カウンターのカスタマーカードは(基本的には)、そのカウンターで買い物をする!と決めた日以外使わないでしょう。

つまり、すべてのカードは毎日出番があるわけではないのです。出番のないカードをいつも財布に入れておくことは、はっきり言って無駄です。しかもカードは1枚ならまだしも、まとまってあると結構な厚みになります。

財布そのものを傷めてしまう原因になるので、何でもかんでも財布に突っ込む癖がある人は反省しましょう。私も反省します。

よく使うものだけ財布に入れて、あとは必要に応じて持ち歩く

wkn23
では、カードでまるまる太った財布をスリムにするには、どうすればいいのでしょうか。ポイントは「必要なものだけ持ち歩く」ことです。それを考えれば、まず入れておきたいのは、いわゆるメインバンクのキャッシュカード。

これは入れておいたほうがいいでしょう。出先で急な出費が生じたときにお金をおろすことができる、というのは安心感につながります。メイン、という意味では主に使っているクレジットカードも入れておいたほうがいいかもしれません。

あと、先ほど書いた共通ポイントカードも。それ以外は思い切って、財布から出してしまいましょう。そして、出したカードをまずは整理してみてください。無造作に財布に突っ込んでいた人なら、必ず「この店、もう多分行くことはないだろうな…」というお店のカードが出てくるはずです。

思い切って処分しましょう。処分したら整理して、種類ごとにジップロックに入れておきましょう。それをひとまとめにしておき、出かけるたびに「今日はここで化粧品を買う予定だから、ここのカードを持っていこう」などと、計画を立てて持ち歩けばいいのです。

財布の他にカード入れを使うといいかもしれません。最初は100円ショップで売っているポーチ程度で十分です。これだけでも、十分財布はスリムになります。



条件その2 レシートで膨れていない

カードと並んで、財布を太らせる原因になるのが、レシート。もらったレシート、どうしていますか?

見た目が汚いだけではない問題もある

gminong
人のことだから言える、という部分もあるのですが(すみません)、レシートでパンパンの財布は見苦しいです。私も自分でやってしまって、「またやってもうた…」と自己嫌悪に陥ることがたくさんあります。

特に、2、3日ほどドタバタと仕事や家事、その他の雑事に追われ、財布をちゃんと見返している暇がないと、大量のレシートが住み着いていることがあります。では、これはどんな問題を引き起こしているのでしょうか。

1つ目は、先ほども書いたように、「見た目が美しくない」ということです。あなたが、家族や友達、恋人、仕事関連の人とご飯を食べに行き、お会計を…ということで財布を開いたとします。

そのとき、相手の財布がレシートでパンパン、どこに何が入っているのか全く分からない、という状態だったらどう思いますか?「この人、疲れているのかな」とか「この人、金銭感覚大丈夫かな」と心配になりますよね。この不安な感覚が2つ目の問題につながってきます。つまり、「金銭管理がちゃんとできていない」ということになるのです。

レシートを財布に入れて放置している、ということは、自分の過去の支出を振り返っていない、という証拠。反省しましょう(私も反省します)。

レシートを入れる専用のスペースを作ろう

f_____mn1116
では、「レシートで財布がパンパン」という問題を脱却するためにすることは何でしょうか。答えは簡単です。「別のところに移せばいい」ということです。具体的には、専用のファイルや箱などを作り、そこにとりあえず保管しましょう。

そして、「1週間に1回」「1か月に1回」と条件を決めて、定期的に見直すことです。ついでなので、家計簿にチャレンジしてもいいかもしれません。とはいえ、専用の家計簿を買ってきて、きっちりつけようとすると、なかなかうまくいかないと思います。

少なくとも、私はうまくいきませんでした。そこでオススメしたいのが、表計算ソフトのエクセルを使って管理する方法です。「日付」「出費の内容(大まかでいいです)」「金額」と列を作り、あとはそこに打ち込んでいくだけ。

ちょっと仕事でエクセルをいじったことがある人なら、誰でも簡単にできる方法です。人は「自分にできる」ことしか続けられません。「自分にできる」方法で、長く続けていくことを考えましょう。

条件その3 長財布と折りたたみ財布、どっちがいいのか?

自己啓発書の定番のテーマともなっている「長財布を使う人はお金が貯まりやすい」というテーマ。あれは本当なのでしょうか?検証を加えてみました。

どちらでも自分の好みで選ぶべき

長財布だとお金が貯まる、というテーマ。その論拠を考えてみました。まず理由としてあがるのは、「お札の種類ごとに、向きを揃えて入れやすい」ということです。確かに、長財布だと札入れの部分にお札を折らないで入れることができます。

そのため、整理分類がしやすいのでしょう。「何がどれだけ入っているか」ということを把握できるのは、お金を貯めるための第一歩ですから。また、長財布は構造上、厚みがないものが多いです。

そのため、余計なもの(レシート、いらないポイントカード、その他名刺など)を入れるスペースがあまりありません。純粋に「お金を入れる機能」だけに特化した財布と言えるでしょう。

これも「何がどれだけ入っているか」把握しやすい一因と言えるかもしれません。しかし、人によっては「長財布だとバッグ(ポケット)に入るスペースがない」など、それぞれ事情があるもの。

また、「どうしもこのデザインの財布を持ちたい」と思ったとき、それがたまたま折り畳み財布だった、ということもあるかもしれません。結局は、「何がどれだけ入っているか」ということを把握することが大事なのだから、好みで選びましょう。

財布は大切に取り扱おう

coco.1130
さて、長財布でも折り畳み財部でもどちらでもいいのですが、お財布を扱うときに気を付けてほしいことがあります。それは「大切に取り扱う」ということです。あなたはお財布、大切に取り扱っていますか?

無造作にポケットやバッグに突っ込んだり、放り投げたりしていませんか?財布とは直接の関係はないかもしれませんが、人にお金を渡すとき、ぞんざいな渡し方をしていませんか?これらはすべて「お金に対する姿勢」という意味で共通しているのです。

お金をぞんざいに扱う人は、お金にもぞんざいに扱われます。つまり、金運が落ちるのです。スピリチュアルな話かもしれませんが、考えてみればわかると思います。先ほどの食事のときの例と重複しますが、一緒にご飯を食べに行った人が、お金を店員さんに投げるように渡していたら

…あなたはその人を信用できますか?できないですよね。お金の取り扱いも同じことです。ぞんざいに取り扱う、ということは、お金のありがたみをわかっていないという証拠です。そして、そんなお金を入れる場所である財布をぞんざいに取り扱うということも同じことを意味しているのです。

一流企業の経営者の中には、一日の終わりに財布を磨いている人もいるといいます。そこまで…と思うかもしれませんが、それぐらいの思い入れを持って扱うと、いい結果がついてくるでしょう。



条件その4 小銭でじゃらついていない

最後は小銭です。あなたの財布、小銭だらけで重くなっていませんか?実はここにも「きれいな財布」のカギはあるのです。

小銭入れは別に用意すると財布が傷みにくい

er1ngo
財布の中には、小銭入れになるスペースがついているデザインがあるものもあります。これはこれで便利でいいのですが、便利だからといって、無造作に小銭を入れていると、財布はどんどん傷んでいきます。

小銭って、1枚1枚は大したことはないですが、集まると結構な重量になります。その重量があるものを財布に入れているということは、それだけで負担になるのです。そこでオススメしたいのが、小銭入れを別に用意する方法です。

小銭入れを別に用意しておけば、分類して入れておくことができます。先ほどの「何が入っているか把握することがお金持ちへの第一歩」という理にも適っているわけです。また、ちょっとそこの自動販売機やコンビニまで飲み物を買いに行く…というときは、小銭入れだけ持ってでかければいいのです。身軽になるし、無駄遣いもしないし、いいことづくめです。

小さな幸せでお金が貯まる!

0321luvchan
また、日ごろの生活の上で実践していただきたいのが「小銭貯金」です。消費税の関係で、1円単位でお金を払うことが増えました。そのため、1円や5円などの小銭で財布が膨れている…という人も多いのではないかと思います。

そういう小銭は思い切って貯金してしまいましょう。コツコツ続けていると、結構な金額になります。それをまとめて銀行にもっていって、口座に入金すると案外快感ですよ!

「何をどうしたか」がわかる財布がお金の貯まる財布

結局のところ「きれいな財布」とは「何をどうしたか」がわかる財布である、ということができます。あなたが日々、どんな風にお金を使ったかが、あなたの将来のお金の運勢を左右するのです。

ここに書いたアドバイスはどれも簡単に実践できるものばかりです。ぜひ、「きれいな財布」を目指して頑張ってください!私も頑張ります。