初心者のための「宝くじの買い方」丸わかり特集!

「これから宝くじを買おう!」と思っている世のママ達や働くレディの皆さんに向けて、宝くじの買い方に関するお役立ち情報をまとめました。今さら人に聞けない!という疑問がある方も、一度目を通してみてくださいね!ジャンボ宝くじやロトやナンバーズ、スクラッチの買い方も優しく解説します。



宝くじのあれこれ

宝くじの仕組み

宝くじを発売しているのは、法律で定められた全国都道府県と20指定都市の「地方自治体」です。そして「銀行」がその発売業務を行っています。宝くじの図柄を決めるのも、売るのも、当選金を支払うのも銀行です。それらの全てが終わった後、宝くじの収益が銀行から地方自治体に納付されます。

ちなみに日本での宝くじのような「富くじ」の起源は江戸時代初期、大阪の瀧安寺でお正月の参拝者の中から当選した3人に、福運のお守りを授けたことにあるそうですよ♪日本で初めての富くじに当たった人は、最高に運の強い人ですね!うらやまし~い! 宝くじについて 宝くじの仕組み | 宝くじ公式サイト
宝くじ公式サイトでは、ジャンボ宝くじをはじめとする全国自治宝くじ・ブロックくじ、スクラッチ、ロト、ナンバーズといった各くじの特徴や購入方法、発売スケジュールなどをご紹介。さらに宝くじにまつわるデータや歴史、当せん者のエピソード、収益金の使われ方など宝くじのことがもっとよくわかる情報を提供しております。

www.takarakuji-official.jp

収益の使い道

さて、銀行から地方自治体に納められた宝くじの収益金は何に使われているのでしょう?(大体、宝くじの販売総額の約40%が納められています)

地方自治体の公共事業等に使われています。例えば以下の様な事業です。

・高齢化少子化対策
・防災対策
・公園整備
・教育及び社会福祉施設の建設改修

私が息子を連れて行く近所の公園でも、宝くじの収益で設置された遊具が置かれています。きっと皆さまのご近所にもありますよね!

また、東日本大震災の後には平成23年と24年に、それぞれ「東日本大震災復興宝くじ」「東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじ」が発売され、計192億円が被災団体へ納められました。

宝くじについて 収益金の使い道と社会貢献広報 | 宝くじ公式サイト
宝くじ公式サイトでは、ジャンボ宝くじをはじめとする全国自治宝くじ・ブロックくじ、スクラッチ、ロト、ナンバーズといった各くじの特徴や購入方法、発売スケジュールなどをご紹介。さらに宝くじにまつわるデータや歴史、当せん者のエピソード、収益金の使われ方など宝くじのことがもっとよくわかる情報を提供しております。

筆者注目



プチ情報

宝くじは毎年秋に「幸運の女神」を募集しています。幸運の女神とは4月から1年間、宝くじのPR活動をする女性です。

平成27年度は約1,000人の応募者から5人の女神が選ばれました。年に70日ほどの平日地方出張に出られる20歳以上の女性が対象です。支度金として50万円、報酬は1日当たり2万5千円ほどが交通費や宿泊費以外に受け取れるそう。

他の仕事をしていると難しいそうですが、興味のある方はホームページをチェックしてみて下さいね♪私も若ければ…(笑)

※参考ページは平成28年度の募集です。締切が終わっている場合がありますので予めご了承ください。

平成28年度宝くじ「幸運の女神」募集
宝くじのPR活動や抽せん会に出演していただく「幸運の女神」を募集しています。応募資格は20歳以上(平成28年4月1日現在)の女性です。 参照元:宝くじ公式サイト 2015年11月著者調べ

買う前に知っておきたいこと

宝くじの種類

宝くじは本当に種類が多く、年間900回近く発売されているそうなんです!いつ売り場に行っても、何かしら購入出来ます。

その宝くじは以下の様に4種類に分けられます。(詳しい買い方は後の章をご参照下さい♪)

<普通くじ>
あらかじめ組と番号が印刷されており、抽選日に発表された番号と一致したら当選金が受け取れる宝くじ。1枚から購入可。

<スクラッチ>
削ったその場で当選か否かが分かる宝くじ。簡単で手軽なので初心者にも買いやすい。1枚から購入可。

<ロト>
数字選択式宝くじと呼ばれる。「ロト7」「ロト6」「ミニロト」の3種類がある。ロト7は37個の数字から異なる数字を7つ選ぶ。ロト6は43個から6つ、ミニロトは31個から5つ。一口から購入可。

当選金額が高いので夢がある宝くじ。1等の当選金はロト7で最高4億円。次にロト6で最高2億円、ミニロトが約1000万円となっている。
ロト7とロト6は、キャリーオーバーがあった場合は当選金がもっと高額になる。

【Q】キャリーオーバーって何?
【A】抽選で1等が出なかった場合、その当選金が次回の1等当選金に上乗せされること。

<ナンバーズ>
ロトと同じ数字選択式宝くじと呼ばれる。「ナンバーズ3」と「ナンバーズ4」の2種類がある。ナンバーズ3は、000~999の間で好きな3桁の数字を選んで買う。ナンバーズ4は、0000~9999の間の4桁の数字。申し込みタイプが選べるのが特徴。(ストレート・ボックス・セット等)
一口から購入可。

当選金額はストレートの場合でナンバーズ3が約10万円、ナンバーズ4が約100万円と低いが【当選確率が高め】【抽選日が週5日】などチャンスも多く根強いファンが多い。

~~~~~~~~~~~~~

※普通くじとは「ジャンボ宝くじ」「全国共通宝くじ」「ブロックくじ」に分類されます。

・ジャンボ宝くじ…「グリーン」「ドリーム」「サマー」「オータム」「年末」の年5回

・全国共通宝くじ…全国共通で売られる宝くじ

・ブロックくじ…「東京都」「関東・中部・東北自治」「近畿」「西日本」の4ブロックで売られる

※スクラッチにも、「全国共通」と「ブロック」の2種類があります。

当選の確認方法

当選番号は、

・店頭
・新聞
・インターネット
・携帯電話
・テレフォンサービス

で調べられます。それぞれの調べ方は以下の通りです。

<店頭>
宝くじを店頭(宝くじ売り場)に持っていけば、店員さんが機械に通し調べてくれます。

<新聞>
新聞をとっている方にはお馴染みですよね。紙面(朝刊)の片隅にあります。

<インターネット>
過去1年分の当選結果が「みずほ銀行」のホームページで確認出来ます。

みずほ銀行 宝くじコーナー
宝くじ、ロト7、ロト6、ミニロト、ナンバーズのウェブサイト。当せん番号案内や宝くじの最新のお知らせも。 <携帯電話>
「i-モード」「Yahoo!ケータイ」「EZweb」にて各1回分のジャンボと過去10回分の数字選択式宝くじの当選結果が調べられます。

<テレフォンサービス>
自動音声で24時間結果が確認出来ます。

携帯電話、テレフォンサービスの詳細は下記リンクからご確認頂けます。

当せん番号の確認方法について | 宝くじ公式サイト
宝くじ公式サイトでは、ジャンボ宝くじをはじめとする全国自治宝くじ・ブロックくじ、スクラッチ、ロト、ナンバーズといった各くじの特徴や購入方法、発売スケジュールなどをご紹介。さらに宝くじにまつわるデータや歴史、当せん者のエピソード、収益金の使われ方など宝くじのことがもっとよくわかる情報を提供しております。

当選金の受け取り方法

当選金の受け取りの期限は【支払開始日以降1年以内】です。スクラッチは券面に支払期限が記載されています。くれぐれも、受け取り忘れが無いようにしたいですね!

当選金を受け取れる場所には二通りあります。「宝くじ売り場」と「銀行」です。

<全国の宝くじ売り場>

・当選金が1万円以下の場合
・当選金が5万円以下の場合(※【5万円マーク】がある売り場のみ)
※数字選択式宝くじの場合は、【数字選択式取り扱い売り場】でのみ受け取れる

<みずほ銀行をはじめ全国の受託銀行等の窓口>

・当選金が1万円以下でも高額でも銀行窓口で受け取れる
※当選金が50万円以上の場合には【身分証明書】が必要
※当選金が100万円を超える場合には【身分証明書】と【印鑑】が必要

当選金が50万円以上の場合は、手続等のため受け取りに1週間程度かかるそうです。



宝くじを買いに行くために必要なもの

お金と財布

宝くじを店頭で買う場合、現金しか使えません。クレジットカードは使用できませんので注意しましょう。

各宝くじの値段は以下の通りです。

・普通宝くじ…1枚100円~300円、時々500円
・スクラッチ…1枚100円または200円
・ロト7…1口300円
・ロト6…1口200円
・ミニロト…1口200円
・ナンバーズ3…1口200円
・ナンバーズ4…1口200円

スクラッチを買う時は、小銭を持っていくと良いですよ♪その場で削りたい時に無いと困ります。

また、もしも当選したときのためにお財布は必須です。売り場によっては5万円までの当選金はその場で受け取れますので、ジーパンのポケットにお金だけ入れて買いに行く人は(少数派でしょうが)ちょっと危険かも…!

カレンダー&宝くじのスケジュール

開運日に宝くじを買いたい!という人は、六曜や吉日が記されたカレンダーがあると重宝します。

また宝くじのスケジュールも知っておくと便利ですよ。「今買えば当たりそう!」とひらめいた場合を別として、どんな宝くじが発売中か調べておくことはむやみに買わないためにも必要です。運が勝負の宝くじですが、ある程度の知識はあると安心ですね♪

宝くじ発売スケジュール | 宝くじ公式サイト
宝くじ公式サイトでは、ジャンボ宝くじをはじめとする全国自治宝くじ・ブロックくじ、スクラッチ、ロト、ナンバーズといった各くじの特徴や購入方法、発売スケジュールなどをご紹介。さらに宝くじにまつわるデータや歴史、当せん者のエピソード、収益金の使われ方など宝くじのことがもっとよくわかる情報を提供しております。

金運アップのお守り

宝くじに熱心な人の多くが、金運アップに名高い神社へのお参りをしているようです。ネットで調べると、金運アップで有名な神社が沢山出てきます。本気で宝くじにチャレンジしたい人は、そんな神社の金運パワーが詰まったお守りを持って売り場に行くのも良いかも…!?

さて、次章からはいよいよ「宝くじの買い方」を分かりやすく説明します。これで売り場で迷わないはず!

「普通宝くじ」の買い方

ジャンボ宝くじを買いたい!という方は、こちらを参考にして下さいね。 1.売り場に行く前に、何枚買うか決めておく。

…1枚から買える。10枚セットで買う人が多い。10枚単位だと「連番」か「バラ」を選べる。連番は【組は同じで番号の末尾が0~9までの続き】。バラはその名の通り【バラバラの組と番号】。1等前後賞合わせて○○億円!を狙いたい人は「連番」を選ぶ。

2.売り場に行ったら「(宝くじ名)を何枚下さい!」と注文する。「10枚は連番で、もう10枚はバラで下さい!」というのもアリ。

3.お金を払って宝くじを持ち帰り、大切に保管する。

4.抽選日になったら当選の確認をする。(新聞は翌朝)

5.当選していたら【支払開始日から1年以内に】売り場か銀行へGO!

「ロト」の買い方

■ロトは原則年末年始を除く毎日8時~20時の間に買う事が出来ます。(抽選日は18時半まで。売り場により異なる場合有り) 1.事前に買いたい番号と口数を決めておく。

・ロト7…1~37の中から7つ
・ロト6…1~43の中から6つ
・ミニロト…1~31の中から5つ

または、【クイックピック】といって機械に自動で数字を選んでもらう方法もある。

2.看板に【LOTO】と書かれた売り場に行く。

※数字選択式宝くじは、専用の機械がある売り場のみでの販売になる。

3.店頭にある申し込みカードと鉛筆を手に取る。カードや鉛筆が無い場合は売り場の人にもらう。

4.店頭のカウンターでカードの数字をマークする(マークシート式)。クイックピックを選びたい時は、【クイックピック】と書かれた下の空欄をマークする。

※申込カード1枚で5つの組み合わせを購入可。そしてそれぞれを10口まで申し込める。また、同じ申込カードで数回先の抽選分まで継続買いすることも可!つまり同じ番号で買い続けたい場合に毎回買いに行く手間を省ける。(ロト7・ミニロトは5回先、ロト6は10回先まで)

5.申込カードを窓口に出しお金を払うと、マークシートを処理して引換券をくれるので大切に保管する。

6.抽選日になったら当選の確認をする。(新聞は翌朝)

・ロト7…毎週金曜日
・ロト6…毎週月・木曜日
・ミニロト…毎週火曜日

7.当選していたら【支払開始日から1年以内に】売り場か銀行へGO!

「ナンバーズ」の買い方

■ナンバーズは原則年末年始を除く毎日購入できます。月~金曜は8時~18時半、土日は8時~20時までです。(売り場により異なる場合有り) 1.事前に買いたい番号と口数、申込タイプを決めておく。

・ナンバーズ3…000~999の中から好きな3桁
・ナンバーズ4…0000~9999の中から好きな4桁

<申込タイプ>
・ストレート…選んだ3桁の数字と並び順が一致(123なら123)
・ボックス…並び順は関係なく選んだ3つの数字が一致(123なら213でも当選)
・セット…ストレートとボックスを半分ずつ申し込み、どちらか一方が一致
・ミニ…ナンバーズ3のみ。下2桁が数字と並び順ともに一致

または、【クイックピック】といって機械に自動で数字を選んでもらう方法もある。

2.看板に【NUMBERS】と書かれた売り場に行く。

※数字選択式宝くじは、専用の機械がある売り場のみでの販売になる。

3.店頭にある申し込みカードと鉛筆を手に取る。カードや鉛筆が無い場合は売り場の人にもらう。

4.店頭のカウンターでカードの数字をマークする(マークシート式)。クイックピックを選びたい時は、【クイックピック】と書かれた下の空欄をマークする。

※申込カード1枚で5つの組み合わせを購入可。そしてそれぞれを10口まで申し込める。また、同じ申込カードで10回先の抽選分まで継続買いすることも可!つまり同じ番号で買い続けたい場合に毎回買いに行く手間を省ける。

5.申込カードを窓口に出しお金を払うと、マークシートを処理して引換券をくれるので大切に保管する。

6.抽選日になったら当選の確認をする。(新聞は翌朝)

・抽選日…毎週月火水木金曜日

7.当選していたら【支払開始日から1年以内に】売り場か銀行へGO!

「スクラッチ」の買い方

■スクラッチは売り場が開いている時間内ならいつでも購入できます。 1.看板に【スクラッチ】と書かれた売り場に行く。

2.窓口で「販売中のスクラッチを何枚下さい!」と注文する。

3.早速削る。(もちろん家に帰って削ってもOK!)

4.絵柄や数字、その並び等が券面にプリントされた説明通りになれば当たり!

5.1万円以下、売り場によっては5万円以下の場合はその場で当選金を受け取れます。店員さんがきちんと教えてくれるので心配ないと思います♪

ネットやATMでも買える!

宝くじをインターネットやATMでも購入できるってご存知でしたか?宝くじ売り場で買う事にためらいがある方にぴったりの方法です。 <インターネットで買う>

■【みずほ銀行】のサイトにて、「みずほダイレクト」または「宝くじラッキーライン」に申し込み後に宝くじを買えるようになります。取り扱いのある宝くじは以下の通りです。当選金は口座に振り込まれます。

・普通宝くじ
・ナンバーズ3
・ナンバーズ4

■【楽天銀行】【ジャパンネット銀行】のサイトからも購入できます。こちらも当選金は口座に振り込まれます。

・ナンバーズ3
・ナンバーズ4

宝くじ公式 ナンバーズ3 ナンバーズ4│特設サイト
平成26年1月6日より インターネットでナンバーズ3 ナンバーズ4 24時間いつでも購入OK! ※こちらのページから各銀行の詳細ページへ行けます <ATMで買う>

宝くじを銀行ATMで買うとは?

・ATMで操作してロトやナンバーズを買うこと
・購入代金はキャッシュカードから引き落ちる
・当選金は自動で口座に振り込まれる

■【みずほ銀行】の全国のATMでロトとナンバーズの全種類が買えます。

■【三菱東京UFJ銀行】の近畿地区と愛知県のATMで、ロト6・ミニロト・ナンバーズ3・ナンバーズ4が買えます。対応ATMにはステッカーが貼ってあります。

■地方銀行でも取り扱いのある銀行が多数あります。ご利用の銀行を調べて見て下さいね!

みずほ銀行:みずほATM宝くじサービス
みずほ銀行は、高付加価値の総合金融サービスを提供する国内最強のコマーシャルバンクを目指します。

ATM宝くじサービス | 三菱東京UFJ銀行
ATM宝くじサービスについてご案内いたします。

宝くじを買う際の注意点

年齢制限について

宝くじの法律と言われる【当せん金付証票法】の中に、年齢に関する記述が無いため基本的には年齢制限は無いと言われています。ただし、売り場によっては「18歳未満は親権者の同意が必要」とする所もあるそうです。

当せん金付証票法
参考サイト:電子政府の総合窓口 e-GOV 2015年11月著者調べ

ハズレ券は捨てない

抽選に外れてガッカリ!でもハズレ馬券のように宝くじをビリビリ破かないで下さいネ!

毎年9月2日の「宝くじの日」に【お楽しみ抽選】が行われています。ハズレ券に印刷されている番号が必要ですので、券は取っておいてくださいね!当たってもお金はもらえませんが、お米や生活用品などがもらえます。

数字選択式宝くじやイベントくじは対象外です。スクラッチは裏面にお楽しみ抽選の対象かどうかが書かれています。

ハズレ券の再抽せんについて | 宝くじ公式サイト
宝くじ公式サイトでは、ジャンボ宝くじをはじめとする全国自治宝くじ・ブロックくじ、スクラッチ、ロト、ナンバーズといった各くじの特徴や購入方法、発売スケジュールなどをご紹介。さらに宝くじにまつわるデータや歴史、当せん者のエピソード、収益金の使われ方など宝くじのことがもっとよくわかる情報を提供しております。

その場で当選が分かっても喜ばない

もし売り場でスクラッチを削って当選が判明した場合など、あからさまに喜んだりしない方が賢明です。ポーカーフェイスがおススメです!例え少額でも宝くじ売り場で喜んでいる人を見たら、良からぬ事を考える人がいるかもしれないからです。読者の皆さんは女性でしょうから尚更。

また宝くじの当選確認、換金等に一緒に行く相手は良く考えた方が良さそうです。体験談を読んでいると、「友人と売り場に行ったら自分だけ高額当選した。その場で判明したので友人にはもちろんばれて、口止めをすることになった」「同僚と食事を一緒にする度にご馳走する羽目に」など苦労が多いようなので…!

おわりに

宝くじ初心者の皆さま、いかがでしたか?宝くじデビューのお役に立てたなら幸いです。初めて宝くじ売り場に行くときはドギマギしてしまいますが、店頭で働く方は優しい女性が多いので大丈夫だと思います!

人生ちょっと冒険して夢を買ってみたいわ、というのも時には良いですよね♪楽しく健全な宝くじライフをお祈りいたします。Good Luck!