「浪費」の意味を正しく理解することが浪費対策のスタート!

浪費はついついしてしまう方はいると思います。そんな浪費をしていくうちに貯金がなく、将来お金を使いたいときに困ってしまうということがあると思います。今すぐできる浪費対策を紹介したいと思います。



浪費をするとどうなる?

浪費が直らないでいると大変なことになります。貯金もなく、浪費をしているせいでお金を使うときになく借金をしなくてはいけなくなるときが来るかもしれません。そして、若いからいいんだ!と思っている方がいるかもしれませんが、私たちはいつかは老いてきます。その為にも貯金は必要ですよね。

今から浪費をしなくなる癖をつけて貯金をするように努力したほうがいいと思います。今からできる浪費対策を紹介したいと思います。そして、浪費・消費・投資についてもまとめたので、区別してみて下さい。お金に困らない生活を送りましょう。



浪費・消費・投資について考えてみよう

浪費・消費・投資について考えてみましょう。よく聞く言葉だと思いますが、それぞれをきちんと考えてみると浪費をする癖が抜けるかもしれないと考えました。わかりやすく解説しましたので、ご覧ください。

浪費

浪費とは、お金を支払った額よりもマイナスになって戻ってくることです。例えば、ギャンブルをして負けたとします。何も生まれない代わりにお金が減るだけですよね。そして、買った服を一度も着ることをしないことも浪費ですよね。お金を払ったはずが単なる無駄遣いですよね。

無駄遣いは貯金が増えない原因の一つです。やめたら貯金も増えるはずです。

消費

消費とは、使ったお金と同じ対価を得られることです。例えば、今日食べる食料品を買ったとします。これは消費になりますよね。浪費にはなりません。食料品を買ったらそれを食べることができますよね。消費はしなくてはならないことだと思います。

投資

投資とは、使ったお金よりも増えて返ってくるお金のことを言います。今、浪費をしていてやめたいと思っている方は、貯金が増えてある程度貯まったら投資について考えてみてもいいかもしれません。それでは、どのようなものがあるのか見てみましょう。

・国債
国債とは、国が発行する債券のことです。国が発行して国民が国債を買って利子を得る投資方法です。国債は償還期限を迎えると元金が支払われます。初心者の方に向いている投資方法だと感じます。

・投資信託
投資信託とは、株式投資などをする際に投資のプロと呼ばれている方に運用を任せる方法のことです。初心者の方に向いている投資方法だと感じます。

・外貨預金
外貨預金とは、日本よりも金利の高い国にお金を預け入れて高金利を目的とした投資方法です。高金利を目的とした投資方法ですが、円高・円安に注意しなければいけません。

お金を預け入れた時よりも円高になってから引き出すとしたら、預け入れた時よりもお金が少なくなって引き出すことになります。ですので、引き出す時には、円高・円安に注意して引き出すようにしないといけません。

初心者の方が投資しやすい投資方法を紹介しました。投資はリスクがつきものですから、きちんと考え、余裕資金でするようにしましょう。

今すぐできる浪費対策!

今すぐできる浪費対策を紹介したいと思います。浪費対策を行って浪費の癖をなくしましょう。そして貯金に回すお金を増やすように努力をしましょう。

浪費をする前に貯金をしよう

浪費対策には給料をもらったら貯金を始めにしてしまうことです。もう少し詳しく言いますと、給料を貰ったら何も使わずにお金を貯金に回して、残ったお金で生活をすることです。

方法としては、給料天引きが良いのではないかと思います。給料天引きは給料から貯金に回すお金を手元に来る前に差し引かれることです。ですので、確実に貯金ができる賢いやり方だと思います。

貯金をすることで、浪費ができなくするようにしてしまうと良いと思います。そうすることで、浪費よりも貯金の方が増えていくと思います。

本当に必要かどうか一度よく考えてみましょう

本当に必要な物なのかどうかを買う前に一度よく考えてみましょう。同じようなものは家にありませんか?本当に必要な物かを吟味しながら買い物をしていくことをお勧めします。そうすることで、必要がないものを購入しなくてすむようになります。

そして、安いからといって買い物をしすぎないことです。無駄遣いになってしまいます。いつの間にか浪費癖がついてしまう可能性もありますよね。必要な分だけ買うようにしましょう。浪費癖がつかないように、自分でも気を付けてみましょう。

バーゲンセールに敏感にならない!

バーゲンセールに敏感になるのは浪費の始まりです。欲しいものだけを買うようにしましょう。迷ったらやめましょう。いつもよりも安く手に入れられるので魅力的ですが、買いすぎてしまってはそれが無駄遣いなんです。

お腹がすいているときはスーパーに行かない

お腹がすいているときはスーパーには行かない方がいいと思います。お腹がすいていると、ついつい食べきれないほどの食料品を購入してしまいます。そうすることで無駄遣いに繋がってしまいます。

買い物に行くときは空腹ではないときを狙って行くようにしたほうがいいと思います。買い物の量が変わってくると思います。空腹のときにどうしても行かなければいけないときは、ガムや飴をなめるだけでも変わると思います。是非挑戦してみてください。

そして、コンビニに行く癖がある人も直してみると浪費の癖がなくなると思います。

家計簿をつけよう

浪費と家計簿の関係性に疑問を持った方がいるのではないでしょうか?家計簿をつけることで、何にお金を使っているのか自分で把握するために大切です。

家計簿をつけると自分の無駄遣い、浪費がどこにあるのかがわかってくると思います。まずは自分で自分のお金がどこにどれだけ使っているのか把握することが必要だと思います。

家計簿をつけて一カ月の支出を見て、浪費しているところを見直してみましょう。そして、家計簿は一円でも間違えないでつけようと思うと挫折してしまうので、間違ってもいいので、どこにお金を使っているのかをみるわけですから、気軽に家計簿をつけてみて下さい。

そうすることで、浪費対策になると思います。そして、家計簿をつけるのはノートにつけても良いですし、今はスマホのアプリもありますよね。上手く活用するといいですね。

クレジットカードを持たない

ついつい浪費をしてしまう方はクレジットカードは持たない方がいいと思います。クレジットカード一枚で買い物ができてしまうので、浪費をしてしまう方は無駄遣いに使ってしまう可能性があります。

クレジットカードはお金が目の前にあるわけではないので、使いすぎて明細が来た時にビックリしたことはないでしょうか?きちんとお金の管理ができてから持ったほうが良いと思います。

財布にお金を入れすぎない!

浪費をしてしまう方は財布にお金を入れすぎないことをお勧めします。お金を入れすぎてしまうと無駄遣いに使ってしまう可能性があります。きちんと自分で決めたルールに従ってお金を財布に入れることをお勧めします。自分のお小遣いに合う生活をしたほうがいいですね。

お金持ちの方と会話する!お金に対する価値観を変える!

無駄遣いを防ぐためには、お金持ちの方と会話をすることでお金に対する価値観が変わってくると思います。そうすることで、無駄遣いが減らせると感じます。お金持ちの方はお金に関する知識が豊富です。ですので、お金に対する価値観がお金持ちの方と浪費する方では違うと感じます。

日本人はお金についての話をすることがいけないことだと勘違いしています。本当はお金についての話は堂々としたほうがいいのです。そうすることで、お金についての情報が入ってくるようになります。

お金についての情報はとても大切なことだと思います。お金は信用で成り立っています。お金事態には価値がないことに気が付いていない方が多いと思います。それは一体どういうことなのか。説明したいと思います。

お金は本来物々交換で成り立っていました。それが金(ゴールド)で交換するようになりました。しかし、金(ゴールド)は重いので持って歩くことが大変です。そこでお金がでてきたんですね。お金は金(ゴールド)と同じ価値がある、お金を金(ゴールド)に変えることが可能という理由でお金が使えるようになったんです。

しかし、いつしか金(ゴールド)とお金の需要が合わなくなってしまいました。金(ゴールド)よりもお金の方が増えすぎたのです。そうすることで、お金は金(ゴールド)と交換することができなくなってしまったのです。

では、価値のないお金はどうして使えることができるのでしょうか?それは信用があるからです。お金は信用で成り立っているのです。

お金の歴史を一部紹介しました。お金のことに関することを学ぶとお金に対する価値観が変わり、無駄遣いをしないようになるのではないでしょうか?

お金持ちの方はお金に関する価値観が一般の方とは違うと考えます。お金持ちと話すことで、お金に関する考え方が変わり、浪費をしなくなるのではないかと思います。浪費するのと、貯金するのと、投資することに対する考え方も変わってくると思います。

ストレス発散をしよう

もしかしたら、ストレスが溜まっていて浪費癖がついてしまった方がいるかもしれません。ストレスを発散することで、浪費癖が治るのではないかと思います。ストレス発散には運動をしたりするといいですよね。それと、自分の趣味をもつようになると変わるかもしれません。

趣味に没頭している間は浪費はしなくてすみますよね。是非自分なりのストレス発散方法を見つけてみてはいかがでしょうか?そして、趣味に没頭でき浪費をしなくなると、貯金ができてきますね。

セールストークに要注意

セールストークを断れないでついつい買ってしまうのは要注意です。セールストークも断らないと無駄遣いになってしまいます。自分で必要かどうかを判断する勇気が必要です。

飲み会なども誘われて行きたくないと思っていても、優しい方はついつい断れないで行ってしまっては浪費になっていくかもしれませんね。断ることは大切なことかもしれません。

ギャンブルをしていたら今すぐやめよう

ギャンブルをする癖がある方は今すぐやめた方がいいと思います。ギャンブルはれっきとした浪費にあたります。やめたら貯金が増えること間違いないです。その分を貯金に回すようにしてください。ギャンブルは楽しいかもしれませんが、お金のことを考えるとお金は増えるのではなく減る一方です。

例えばパチンコで一回に使う金額が3万円だとします。週に一回、月に4回行ったとします。そうすると12万円も使っていることになります。年に換算すると約140万円を浪費している計算になります。140万円を貯金に回せたら素晴らしいですよね。そして、計算してみるとどれだけ浪費しているのかがわかりますよね。



まとめ:浪費をするなら貯金!

浪費をするなら、その分を貯金に回すといいですね。貯金が増えていくと楽しくなると思います。無駄遣いをやめるためには、給料天引きなどで、まずは貯金に回すお金を増やすことです。そうすると無駄遣いをするお金が減ると感じます。

無駄遣いをせずに、貯金をしていく努力も必要だと思います。貯金は何かあったときのためには必要不可欠なものです。若い方は特にこれから、結婚して子供が産まれ、老後の資金も貯めておかなければいけません。

そう考えると無駄遣いをすることを、やめようと思うかもしれませんね。お金は今だけではなく、将来に備えて貯めるようにしておきましょう。考え方を変えると浪費しなくなる可能性がありますね。そして、家計簿をつけて、自分のお金に対する癖を見つけてみましょう。

お金に対する癖を見つけることでだいぶ浪費はしなくなるのではないかと思います。浪費をせずに貯金できるようになれれば幸いです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・