歯並びに悩む方必見!矯正歯科にかかる費用と期間を徹底解剖!

矯正歯科にかかる費用、そして時間、通院、知りたいけど、良く分からない。詳細を調べたりする前に、ざっくりとした情報がほしいという方のために、歯を矯正するために必要な、情報をご紹介します!



矯正歯科受けてみたい

全開で笑った瞬間を、写真に撮られたりすると、改めて歯並びが残念な事に気が付いて、ブルーな気分になりますよね。後は、子供が大きくなったら、女子は特に気になります。しかし、歯の矯正は「高い!」というイメージがあるものの、実際にやったことのない人は具体的な事を、あまりよく分からないという方多いのではないでしょうか。

今回は、矯正歯科の費用や期間などについて、ご紹介したいと思います。



治療と認められればかなりの負担軽減に

まず、矯正する目的は大雑把に2つあります。ひとつは、歯の異常を治療するための矯正です。こちらは保険が適用される場合があるので、歯医者さんにかかった際は、必ず確認しておきたいところです。お子さんでも、成人の方でも、「噛み合わせの向上」が主な目的となれば、意外に保険が適用されるケースは少なくないそうです。

また、保険が適用された場合、医療費控除も申請できるようになるので、年間に支払う金額が10万円に抑えられるようになります。ということは、その場合一括で払ってしまった方が、お得になることがありそうですね。 さらに、医療費控除は年間を通して支払った医療費が10万円を超えれば、控除の対象になるので、他の内科などのいつも行く病院の医療費との合計で申請することができます。歯科矯正を受けないにしても、病院で貰った請求書は、1年間大切に取っておくことをお勧めします。

保険適用外のケース

もうひとつのケースは、見栄えが悪いので、歯並びをきれいにしたい人など、保険適用から外れる場合です。その場合治療とはみなされず、美容目的扱いとなるため自由診療となり、残念ながら全額負担となります。実際に保険が適用されるかどうかは、歯医者さんが歯の状態を診てから決まるようです。

歯科矯正を扱っている歯医者さんでは、「相談無料」や「月に1回の説明会」をしていたりするので、まずはそこで相談してみるのが良いと思います。また、歯医者さんによっては、歯の矯正はやっているけど治療はやっていない所もあるので、ついでに歯の主治医を探しているような方は気を付けてください。



大まかな治療の流れ

歯の状態や歯医者さんによって、異なってくる可能性がありますが、大まかな歯科矯正の流れを説明します。

1.無料相談、説明会など

お金を取るところがあるかは分かりませんが、無料をアピールしているところが多いです。これからかかる金額を考えると、まずは無料で相談できるといいですね。

初診

大抵初めてかかるお医者さんでは、初診からお金が発生してきます。だいたい2,000円~5000円ぐらいかかるそうです。

3.検査

具体的に歯の状態を診てもらう工程で、歯型の採取、歯のレントゲン撮影、歯や顔の写真撮影を行い、具体的な矯正の治療計画を立ててくれるそうです。このタイミングで保険適用かどうか聞けると思います。費用は20,000円~50,000円ほど必要になります。

保険が適用されないと、レントゲンだけでも6,000円ぐらいかかるそうです。虫歯治療などでレントゲン撮影をしたことがあっても、同じことをするにも金額が変わってきますのでご注意ください。

4.契約

具体的な方式と金額を決定します。金額は高額なため、契約書を交わすことが多いそうです。方式によって料金が変わってくるため、金額については、方式別にご紹介しますが、大ざっぱにいうと、だいたい数万円~100万円がよくあるケースらしいです。歯の状態によっては、もっと費用や期間がかかる場合もあるようです。

5.治療開始

矯正装置を装着する前に、歯の状態によっては虫歯や歯周病を治療します。矯正装置を設置するために、もしくは歯の位置を調整するために、虫歯でない歯を抜歯することもあるそうです。病院によってはここで、虫歯や歯周病の治療は別の病院で行うように指示される場合があるそうです。

6.矯正装置装着

いよいよ矯正装置を装着します。矯正の方式によっては、装着すると矯正期間が終了するまでは自分で外せないため、矯正の方式ごとに特有の歯の磨き方などを指導されるようです。

7.保定期間

今度は、保定装置というものを着けるそうです。これは、せっかく矯正した歯が元に戻らないようにするためだそうです。歯の状態によっては、行われないこともあるようです。保定期間の費用については、契約に含まれない場合もあるそうなので、契約時にしっかり確認することをおすすめします。

虫歯などあったりすると、まずは治療となるため、実際に矯正を始めるまでに時間がかかってしまうようです。検討中であったとしても、歯の定期検診は行っておいた方がいいかもしれません。

お子さんの場合、歯医者さん自身や方式によって始めるタイミングが、「永久歯は生えそろう前」や「永久歯が生えそろった後」と、開始時期が変わるらしいです。もう、やることを決めている方は、生えそろう前に一度、診てもらうのがいいかもしれません。

歯科矯正の種類

矯正の種類は、大まかに2つの方式があるので、そちらのメリットとデメリットをご紹介します。

ワイヤー矯正

一番よく見かける、スタンダードな方式です。ワイヤーで歯を一つ一つ固定して正しい位置になるよう、ワイヤーの力でひっぱるというものです。

メリット:矯正としての歴史が一番長いため、ノウハウなど十分な実績があります。大抵の歯医者さんで治療を受けることが可能です。

デメリット:なにより目立つことです。そして、ワイヤー矯正全般にいえることですが、一度装着すると自分で外すことはできないため、歯ブラシなどの指導をしてもらう必要があります。そして、通常より矯正装置などで入り組んでいるため、歯ブラシをしていても虫歯のリスクや、口の中を傷つけて口内炎になる確率が高くなってしまうそうです。 値段は高くなりますが、ワイヤー矯正でも裏側で固定するものが選べれば、多少目立ち具合が軽減されます。1年~2年と装着する期間を考えると、ここは重要なポイントになるかと思います。でも、笑った時に矯正装置が丸見えのお子さんは、私個人的にはかわいいなと思っています。

大抵のケースで受けることができる方式ですが、金属アレルギーのある方は受けられない場合もあります。初診時に確認されると思うので、伝えることを忘れないようにしましょう。

マウスピース矯正

比較的新しい方式のようです。歯に透明なマウスピースをかぶせ、マウスピースの形を徐々に変えていき、最終的に正しい位置に動かす方式だそうです。

メリット:脱着が自分でできるため、飲食する場合や歯を磨く時に外すことができるため、虫歯のリスクは矯正前と変わりません。また、ワイヤー矯正より痛みが少ないと言われています。

また、こちらの場合は金属アレルギーの心配がなさそうです。

デメリット:歯の状態によっては、適用できない場合があるそうです。また、通院の頻度が、ワイヤー矯正より多くなることが多いようです。

どれくらいお金がかかるの?

どれくらいお金がかかるかというと、トータルでだいたい10~100万円程度と大変開きがあります。どのような方式で矯正するかによって、かかる金額が異なってくるようです。

そこで、どういう方式があるのかをだいたいの金額とともに、いくつかご紹介したいと思います。ただし、歯の状態によっては、選択できない方式や期間も変わってくるので、ご注意ください。

ワイヤー矯正 金属ブラケット

費用は、おおよそ40万円~100万円ぐらいです。

見た目にも「矯正しています!」と言った感じの一番スタンダードな方式だそうで、歯の表側、見える方に金属製の金具を接着する方法です。外科手術をしなければいけないケースを除いては、大抵のケースで使用可能だそうです。ほとんどの病院が取り扱っているそうです。

ワイヤー矯正 審美ブラケット

費用は、おおよそ60万~120万円くらいです。

金属ブラケットの透明・白色版らしいです。もちろん、面と向かって話したりすると、装着していることがすぐ分かります。透明版の方が少しお安めになったりするみたいです。

ワイヤー矯正 セルフライゲーションブラケット

費用は、おおよそ80万~150万円くらいです。

上記のワイヤー矯正装置改良版のようなものみたいです。痛みも緩和されて、効果が高いようで、装着期間が短く済む場合があるようです。しかし、その分費用も高くなるようです。

ワイヤー矯正 リンガルブラケット

費用は、おおよそ70万~140万円くらいです。

裏側で固定をするタイプです。全く見えないということは無いですが、目につきにくいので、ワイヤー矯正の中では一番見た目がいいかもしれません。たまに、取り扱っていない歯医者さんもあるそうです。上下で片側をワイヤーにしたりすると、料金が少し安くなるみたいです。

マウスピース矯正

費用は、半年以内であれば数万円~30万円ぐらい、それ以上は30万~100万円ぐらいかかるそうです。

比較的新しい方式のようですが、意外にもかなり費用が抑えられることもあるようです。
透明なカバーを歯全体に被せる方式なので、取り外しが可能なため、ごはんを食べる時や歯磨きの時は外していいそうです。歯磨きもいつも通りできるので、他の矯正装置より、虫歯や口内炎の心配が減りそうです。 こちらの方式、発展中らしくデジタル技術を駆使した、インビザライン矯正など細かい違いがあるようです。インビザライン矯正と従来のマウスピース矯正との違いは、マウスピースの型を技工士さんが手作りしていたのを、機械で製造するため人によりばらつきがあった出来上がりが統一されると言うことだそうです。

デジタルスキャナで取得した患者さんの3Dデータを元に、マウスピース型を作成するため、かなり精度が高くなるようです。また、通院頻度が従来のマウスピース矯正よりは、少なめになるようです。

ただし、比較的新しい方式なため、取り扱っている歯医者さんを探さないとダメなようです。

値段が上下する要素

歯の状態によって、自分で決められるものではありませんが、歯は上下に生えているので上の歯、下の歯の片側のみの場合と、上下両方で値段は大きく変わって来るようです。かみ合わせを考えると、片側だけというケースはそれほどないかもしれませんが、もし選択ができる場合は、費用計算の参考になるかと思います。

マウスピース矯正の場合は、期間も影響してくるようなので、これも個人で選択できるものではないかもしれませんが、参考にしてみてください。

傾向としては、同じ系統の方式でも、より新しい方式はその分費用が多くなる傾向にあるようです。

かかる期間は?

期間は、歯の状態と矯正の方式に左右されてしまいます。効率がいい方式の場合はだいたい1年ぐらいで、基本的には2年ぐらいはかかる覚悟で挑んでおいた方が良いでしょう。

マウスピース矯正の場合は、脱着できますが、装着時間が決められていて、外している時間が長くなればなるほど、治療自体の期間が延びてしまうらしいです。金額が半年で区切ってあったりするので、装着時間はかなり重要そうです。

永久歯が生えそろう頃のお子さんの場合

大人と少し治療の形式が変わってきます。歯が生えそろう前に骨格矯正というものを行い、永久歯がきれいに生えそろう土台を準備する治療と大人と同じ歯列矯正を行っていく2段構えの治療の形式になるようです。

お子さんによっては骨格矯正で終わる場合があるので、その分費用は安くなると思われます。

まとめ

・費用は方式や期間によって左右されるので10万~100万円
・保険が適用されれば年間10万円の費用に軽減
・期間はだいたい1年~2年が一般的
・お子さんの場合は、2期に分かれる まずは、保険適用かの確認をしてください。そして器具の目立ち加減、効果の高さを選択してください。マウスピース矯正のように受けられるかは、歯医者さんによるので、通える範囲の歯医者さんがどの方式を扱っているのは、それぞれ確認してみてください。

費用で悩んでいる方は、まずは無料の説明会などを探して行ってみてはいかがでしょうか。さらに、方式や費用について詳しい説明が聞けると思います。

また、上記の費用は大まかな金額なため、歯医者さんによって料金に差があったりします。その場合、契約の仕方などが違う場合があるので、上記を参考程度にして、具体的な金額は歯医者さんに確認してみてください。