国立大学の費用はどれくらいかかる?

もうすぐ子供が進学するけどどのくらいお金がかかるのかわからない…。奨学金を借りないと大学には行けないかも…。子どもの進学にあたってそんな悩みを抱えている保護者の方も少なくないと思います。そこで国立大学に進学した場合の費用がおそよどのくらいかかるかを、いくつかの例をあげて紹介していきたいと思います。



はじめに押さえておいてほしいこと

大学入学時に必要になる主な経費について

入学金、授業料についてはすでにご存知の方も多いと思いますが、入学金は入学手続き時、授業料は年間前期、後期の二回に分けて納入する必要があります。
また、教材費(教科書代)については大学や学部によっても異なる上、大学HPなどにも記載されてないところも多く一番忘れがちな費用なので、入学時に慌てて用意しないで済むよう事前にどのくらいかかるを見越して用意しておくことが大切です。
それ以外にも大学、学部により、「保険料・同窓会費・研修(実習)費」等の諸費用が必要になる場合があります。

国立大学進学にあたってかかる費用は主に「入学金・授業料」+上記の「教材費・諸費用」で決まることを念頭に置いておきましょう。



納付金額の実例(国立大学:昼間学部の場合)

①国立A大学(教育学部)に進学した場合

【初年時】
〈入学金〉282,000円〈授業料〉535,800円
〈教材費〉20,000円 ※2〈諸費用〉78,000円
=915,000円

【2年次以降】
〈授業料〉535,800円 〈教材費〉20,000円
 =555,800円

②国立B大学(医学部)に進学した場合

【初年時】
〈入学金〉282,000円〈授業料〉535,800円
〈教材費〉130,000円 ※2〈諸費用〉195,500円
 =1,143,300円

【2年次以降】
〈授業料〉535,800円〈教材費〉130,000円
 =665,800円

③国立C大学(美術学部)に進学した場合

【初年時】
〈入学金〉282,000円〈授業料〉535,800円 
 ※1〈教材費〉30,000円~200,000円 ※2〈諸費用〉164,460円
 =1,012,260円~1,182,260円

【2年次以降】
〈授業料〉535,800円 ※1〈教材費〉30,000円~200,000円
 =565,800円~735,800円
※1学科によって教材費の差が大きいため最低額と最高額を記載しています。また2年次以降は初年時に比べ、教材費が大幅に下がることがあります。
※2初年度のみ納付する金額となります。ただし、上記に紹介した大学以外では、諸費用に含まれる同窓会費等が毎年必要になる大学もあるので注意してください。

※ここでは比較的学費が高めの大学を参考にしています。実際には上記の金額を下回ることもあります。

金額を計算する上で重要なポイント

国立大学の場合、授業料は535,800円、入学金は282,000円と標準額が定められており、この金額でない場合(夜間等)でも合計の81,7800円を超えることはありません(2015年11月現在)。
(※授業料については、2割増しまで認められていますが、現状では研究科(大学院)にとどまっています)

上記の点を踏まえると初年度の必要経費は

81,7800円+「教材費・実習費・保険料・同窓会費」等の諸費用

で決まることになりますが、この3つについては各大学、学部により異なるためここでは大まかな費用の判断条件を紹介します。

医療系学部、または美術・音楽系学部など、教材費にお金がかかる学科であるかどうか。

国立大学の場合授業料に差はありませんが、上記学部の教材費については、他の学部に比べて高くなる傾向にあります(医療系学部では、保健・医・薬・歯・看など)
教材費については大学HPに記載しているところもあるので、受験前にチェックしておくようにしましょう。HPに記載していない場合は、直接大学に問い合わせることも可能です。

実習・実験を行う学部であるかどうか。

これも上記と同じく、実習等を多く行う学部は実習費用がかかります。大学によっても費用に若干の差はありますが、理系学部は基本的に実習を行うところがほとんどです。
また、文系学部では主に、教育学部、福祉・心理系学部などがあげられます。
これも教材費と同じく、大学HPに記載されている場合があるので、チェックしておきましょう。

諸費用に含まれる保険料について

半数以上の学部で必要になりますが3,000円~7,000円程度の場合がほとんどです。(ただし、看護学部等では10,000円を超える場合もあります。)



知っておくと有利になる制度

奨学金制度

大学生の50%が利用していると言われている制度ですが、奨学金には貸与型のもと給付型のものがあり、その中でも貸与型は無利息、利子付のものに分けられ、給付型については返済の義務がありません。
ここでは奨学金を支給してくれる団体や機関について紹介します。

1.貸与型の奨学金制度

ここでは日本学生支援機構の奨学金制度について紹介しますが、最も利用者が多い制度のため、名前を聞いたことがある人もいるのではないのでしょうか。
制度には第一種奨学金(無利息)と第二種奨学金(利息付)があり、これはどちらも貸与型のため返済の義務があります。
第一種の場合、自宅から通う場合は月額45,000円または30,000円、自宅外から通う場合は51,000円または30,000円が支給されます
第二種の場合、自宅・自宅外問わず月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円からいずれか、一時金の場合100,000円、200,000円、300,000円、400,000円、500,000円からいずれかの額が支給されます。
※第二種の場合でも、在学中に利息はつきません。

2.給付型の奨学金制度

返済する必要のない給付型奨学金は、家計が苦しい家庭の人にとっては一番役に立つ奨学金制度なのではないでしょうか。
この奨学金は大学や住んでいる都道府県、市区町村からもらえる場合もありますが、公益財団法人からも多く支給されています。また貸与型奨学金に比べ、審査が厳しくなる傾向にあります。

給付型奨学金を支給している公益財団(一例)

コカ・コーラ 教育・環境財団
大桑教育文化振興財団
三菱UFJ信託奨学財団
アイザワ記念育英財団
伊藤謝恩育英財団
石橋奨学会

など

まとめ

・国立大学の入学金+授業料=817,800円

・諸費用に含まれる教材費は、芸術系学部および医療系学部において高くなる傾向にある

・また研修(実習)費は、理系学部および研修の多い一部の文系学部において高くなる傾向にある

・奨学金制度には貸与型と給付型のものがあり、貸与型のものは無利子と利息付きのものにわけられ、給与型については返済の義務がないが貸与型のものより審査が厳しい

国立大学に進学するにあたり、どれくらいの費用がかかるのかイメージは湧きましたか?
国立とはいえ、目指す学部により学費に数十万の差がでてくることもあるので、事前におおよその費用を計算して備えておくようにしましょう。

※本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。