専業主婦でもクレジットカードは持てる!審査基準とおすすめ

無収入の専業主婦でもクレジットカードは作れるのか?申し込みの際の注意事項や、専業主婦でも審査に通りやすいカードをご紹介!旦那様の情報も記入しなければいけないのかなど、気になる点もチェック!



専業主婦でもクレジットカードは持てる?

あると便利!クレジットカード

ポイントが貯まったり、ネットショッピングがしやすかったり、なにかと便利なクレジットカード。もちろん、収支のバランスを考えずに使い過ぎると危ないものではありますが、やはり1枚ぐらいは持っている、あるいは欲しいという方が、多いのではないでしょうか。

各カードによって、特定のお店での買い物や公共料金の支払いを優遇していたり、海外旅行の際の保険を手厚くしていたりと、ただの現金の代わりと考えるのはもったいないくらい、お得な点も多いですよね。

無収入の専業主婦なんだけど…

そうは言っても、クレジットカードは、誰でも作れるわけではありません。その名の通り、クレジット(信用)に基づいて、現金がなくても支払いができるものですから、カード会社も、支払い能力のない人にはカードを使ってほしくないですよね。

では、収入のない専業主婦は、クレジットカードを作ることができないのでしょうか。さすがに無理かと思いきや、銀行などでクレジットカード申し込みの勧誘を受け、「専業主婦なので」と言っても、「申し込んでみないとわかりませんから」と言われることがあります。そこで申込書を見せてもらってみると、職業欄には選択肢の一つとして「専業主婦」がちゃんと用意されているんですよね。

そのことから、専業主婦でもクレジットカードが作れる場合はあると考えられますが、果たしてどんな審査があるのか、どのカードでも作ることができるのか。専業主婦がクレジットカードを作るための、いろんな選択肢を見ていきたいと思います。



家族カードを持つ手も

家族カードとは

「専業主婦だけどクレジットカードを持ちたい!」という人に、しばしば勧められる「家族カード」。例えば、旦那様があるクレジットカードを持っていて、奥様の家族カードを作るとなると、契約者はご主人でありながら、奥様名義の別のカードを手に入れることができます。

「じゃあそれでいいじゃないか!」という前に、それがご自身の希望に合った選択かどうか、そのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

家族カードは、契約者があくまでも旦那様なので、奥様が無収入でも関係なく作ることができます。家族カードにも、メインのカードと同じ特典がつくことが多いので、海外旅行傷害保険や、場合によっては高級ホテルの部屋のグレードアップなど、専業主婦個人での申し込みでは受けられないようなサービスが、受けられるかもしれません。

また、家族カードは、年会費が無料あるいは安いので、単独で年会費のかかるカードを持つよりも、お得に持つことができそうですね。家族分もまとめて請求や引き落しがなされるため、家計管理がしやすいです。ポイントもまとめてつくので、バラバラといろんなカードを使って、なかなかポイントが貯まらない、知らないうちにポイントの有効期限が切れて無駄にしてしまった…ということになるよりも、貯めやすいしわかりやすいというメリットがあります。

デメリット

家族カードは、限度額をメインのカードと分け合う形になるので、例えば、旦那様が大きな買い物をして限度額に達したという場合、奥様のカードは利用できなくなります。また、家族カードの場合は、旦那様のカードで利用した分も、奥様のカードで利用した分も、一緒に請求・引き落しされるので、ご主人に利用内容を知られたくない奥様には向かないかもしれませんね。

もちろん、旦那様名義の請求書のチェックも含めて、お金のことは全て自分が管理しているという奥様なら、知られる可能性は低いでしょうし、ご家庭の事情を考慮して問題なければ、家族カードは有力候補になりそうです。

自分名義のカードを作るために

やっぱり自分名義で持ちたい

以上を読んで、やっぱり自分名義で契約したい!という方もいらっしゃることでしょう。専業主婦はクレジットカードを作るには不利だろうと思いがちですが、少し考えてみて下さい。日常的にクレジットカードを使うこと、つまり買い物をすることが多いのは、主婦ではないでしょうか。

カード会社も、信用できない人には作らせたくない一方で、やはり使ってもらえなければ意味がないわけで、実は、買い物や家計管理をすることの多い主婦にこそ使ってほしい!と考えているところもあるのです。また、専業主婦でいられているということは、基本的には旦那様に安定した収入があると考えられますし、お金の管理をしていることが多い主婦が、カードの利用代金を踏み倒す可能性は低いと判断されることが多いです。

ただし、どんな条件でも、どのカードでも作れるというわけではありません。各カード会社が何を基準にしているかは不明瞭で、同じ条件でも審査が通るカードと通らないカードがあったり、なかには、一度審査に落ちたカードの申し込みが数ヶ月後にはできたり、というケースもあるようです。

この場合なら必ず作れるという絶対的な基準はありませんが、少しでも審査に通る可能性を上げるために、以下を工夫してみましょう。

キャッシング枠は0にする

直接現金を借りられるキャッシングの機能をつければ、さらに信用が必要となり、審査に通るためのハードルが上がってしまうので、キャッシング枠は0にしておくのが無難です。海外旅行など万が一のために、どうしても設定しておきたいという場合も、できるだけ低めの額にしておきましょう。

連続して申し込みをしない

短期間に複数枚のカードを申し込んだ、あるいは審査に落ちた事実は、各カード会社にわかるようになっています。そのような事実を知られると、「こんなに続けてカードの申し込みをしているということは、この人はお金に困っているんじゃないか」と怪しまれ、支払いができないかもしれないということで、審査で落とされる可能性が高いですよね。

クレジットカードの申し込みをした情報は、6ヶ月間残りますし、他社で審査に通らなかった情報が残ったままで申し込みを受けても、当然カード会社としては慎重になります。そこで、短期間の複数申し込みは避け、以下のような、比較的主婦でも作りやすいと言われているカードに、優先的に申し込むことをおすすめします。



専業主婦におすすめのカード

ここでは、専業主婦でも審査に通りやすいと言われるカードをいくつかご紹介します。専業主婦におすすめなのは、年会費無料のもの、普段のお買い物でポイントが貯まりやすいもの、審査が比較的甘いものなどになります。大まかには、大型スーパーなど主婦が主に使うお店が発行している流通系カードと、広く使いやすい女性向けの銀行系カードが、主婦に選ばれていることが多いようです。

イオンカード

イオン、ビブレ、マックスバリュなどでのお買い物がお得なカードです。毎月20日、30日のお客様感謝デーは5%オフ、毎月5日、15日、25日はお客様ワクワクデーでポイント2倍など、イオン系列のお店が近くにある方にはおすすめです。

クレジットカード : イオンカードのご案内 | 暮らしのマネーサイト
参照元:イオン(2015年11月、著者調べ) イオンカードは全国のイオンのお店での割引きやポイント付与など、おトクな特典が満載です。

ウォルマート・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

SEIYU、LIVIN、サニーのお買い物が毎日3%オフ、毎月5日、20日は5%オフなど、対象店舗が近くにある方にはお得なカードです。また、無期限にポイントが貯まる永久不滅ポイントも、一つの特徴ですね。

ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス®・カード|クレジットカードはセゾンカード
参照元:セゾンカード(2015年11月、著者調べ)

セブンカードプラス

イトーヨーカドーやセブンイレブンでポイントが3倍貯まったり、8、18、28日はイトーヨーカドーでのお買い物が5%オフになったりと、これらの店舗をよく利用する方にはお得なカードです。

セブンカード・プラス 特長 – 株式会社セブン・カードサービス
参照元:セブンカード(2015年11月、著者調べ)

三井住友VISAカードアミティエ

海外・国内旅行傷害保険最高2,500万円、最高100万円のショッピング補償などがついた、女性専用カードです。18歳以上の女性なら誰でも申し込み可能とされており、専業主婦でも作れるカードとしておすすめされていることが多いです。

三井住友VISAアミティエカード|クレジットカードの三井住友VISAカード
参照元:三井住友VISAカード(2015年11月、著者調べ)

楽天PINKカード

海外旅行傷害保険最高2,000万円、楽天市場での買い物はポイント2倍など、楽天カードの性能はそのままに、女性向けの保険や各サービスの割引特典などを安く使える、オプションサービスが充実したカードです。女性専用ではありませんが、女性を意識して作られているので、専業主婦でも比較的審査に通りやすいと考えられます。

楽天カード: 女子の味方 楽天PINKカード
参照元:楽天カード(2015年11月、著者調べ)

どうせならお得に作ろう

インターネットで申し込もう

以上を含め、多くのクレジットカードが存在しますが、いずれにせよ、できれば店舗ではなく、インターネットで申し込みをしたいところ。というのも、インターネット申し込み限定で特典を付けているカード会社が多いのです。どうせ同じカードを持つなら、少しでもお得に手に入れたいですよね。

カードによっては、インターネット申し込みで初年度年会費無料とか、オンライン入会限定で○円相当のポイントをプレゼントとか、インターネットからの申し込み限定のキャンペーンを行っていることが多いので、ぜひ活用しましょう。

報酬がもらえるやり方も

キャンペーンにとどまらず、カードを作るだけで報酬がもらえる自己アフィリエイトという仕組みがあります。

ブログなど、アフィリエイトサイトを作る時に提携が必要になるアフィリエイトプロバイダー(A8.netやバリューコマース等)のセルフバック(自己購入システム)に、無料で会員登録しておき、その中に作りたいカードがあれば、なんと数千円以上の報酬をもらってクレジットカードを作ることもできるので、利用してみることもお勧めです。

セルフバックとは?:アフィリエイトサイト(AS)会員サポート:アフィリエイトのA8.net
A8セルフバックを利用方法などをご紹介。A8セルフバックで成果報酬をゲットしよう!:アフィリエイトのA8.net

お小遣い稼ぎでポイント貯めるならバリューポイントクラブ(バリュポ)
バリューポイントクラブはバリューコマース運営の登録無料のポイントサイトです。有名ショップでのショッピングや資料請求・予約申込みなどでポイントが貯まり、貯めたポイントは「1ポイント=1円」で口座へ自動でお振込み!

旦那の情報も書かなきゃダメ?

細かく聞かれることは少ない

当然と言えば当然ですが、専業主婦がクレジットカードを作るにあたっては、一般的には旦那様に安定した収入があることを条件としている会社が多いようです。では、旦那様の名前や勤務先、年収なんかも書かなければいけないのでしょうか。また、旦那様の勤務先に在籍確認の電話が入るのでしょうか。

これについては、体験談も様々です。年収は書いたけど、名前も勤務先も書くことなくカードが作れた。職業欄で専業主婦を選んだ時点で、年収の欄は0と書くように言われた。旦那様の勤務先やその勤務先の記入をし、在籍確認の電話もあった、など。どうやらこれは、カードによる違いはもちろん、各個人の信用情報によって、対応が違ってきているようです。

信用情報とは?

では、信用情報とはどのようなものなのでしょうか。一般社団法人日本クレジット協会のホームページには、以下のように書かれています。

「信用情報」とは消費者のクレジットやローンの支払状況のことです。また、「信用情報機関」とは機関の会員(クレジット会社)から登録された信用情報を管理し、会員が行うクレジットやローンの審査のために信用情報を提供する機関です。

信用情報機関に登録されている信用情報は以下のようなものです。

本人を識別するための事項
氏名、生年月日、郵便番号、住所、電話番号等
取引事実に関する事項
契約の種類、契約年月日、商品名、契約額、支払回数、入金履歴、残債額等
申込内容に関する事実
本人申告コメントなど

出典:

www.j-credit.or.jp

クレジットの審査 | クレジットの基礎知識 | 消費者のみなさまへ | 一般社団法人日本クレジット協会
参照元:一般社団法人日本クレジット協会(2015年11月、著者調べ) つまり、例えば既にクレジットカードを持っており、ちゃんと支払いをしていれば、その情報も見られるようになっているので、この場合は疑わしい点がないということで、在籍確認なしで審査に通る可能性が高くなります。

逆に、初めてクレジットカードを作る場合など、信用情報を見ても勤務先などが載っておらず、申込書に記入された勤務先が正しいものだと判断できない場合は、在籍確認がなされるかもしれません。在籍確認の電話といっても、あくまでもその会社に存在するかどうかだけの確認なので、堂々とカード会社を名乗ってかけてこられることはほとんどないようです。

カード会社によって、在籍確認を高確率で行う会社とそうでない会社があるものの、100%在籍確認はしないという会社はないようなので、その点が気になる方は、申し込み前にカード会社に問い合わせてみましょう。

まとめ

無収入の専業主婦でもクレジットカードが作れる場合がある一方で、実際に審査に通るかどうかについては、実に様々な要素が関わってくることがわかります。1円でも節約したい主婦にとっては、クレジットカードはぜひ味方につけたいものですし、可能な方は旦那様にも協力してもらいながら、チャレンジしてみて下さい。

ただし、上でも述べたように、むやみな申し込みは信用情報を傷つけます。審査に通らなくたって、状況が許せば、パートに出てご自身の収入を得ることで、審査に通る可能性を上げることもできるし、審査の担当者によって判断が異なることがあるので、期間をあけて再チャレンジすれば、通る可能性もあります。そもそもクレジットカード自体は、必ず持たなければいけないというものではありませんし、それ以外の選択肢も含め、目的に合った選択をしましょう。 ※本記事の情報は、一般的または筆者個人の調査によるものです。法令などの改正、前提事実や個人状況の違いや変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。