老後の必要なお金と、困らないために今できること

誰しもが老後はやってきます。しかし、若いと自分の老後が想像つかないと思います。老後に必要な資金をご存知ですか?老後に必要な金額を知って今からできることをやってみてはいかがですか?今回は今からできる老後の資金の貯め方を紹介したいと思います。



老後に必要なお金はいくら?

老後に必要なお金は約3,000万円が必要だと言われています。実際に本当に3,000万円が必要なのか調べてみました。老後に必要な資金とは一体いくらが必要なのでしょうか?今からできる老後資金の貯め方を知って貯めておきたいですね。

老後に必要な資金は総務省家計調査では、夫婦無職世帯一カ月当たり270,395円が必要だとありました。そして、厚生年金ですと月に夫婦2人で230,940円が手元に来るお金だと考えます。(厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬36.0万円)で40年間就業し、妻がその期間全て専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合の給付水準)国民年金ですと、月に65,541円が手元に来るお金となります。これが年金として支給される金額になります。

厚生年金ですと、月の生活費が270,395円ー230,940円=39,455円が足りない計算になります。65歳から年金をもらう予定での計算ですので、60歳で定年で会社を辞めたら、5年間が無収入になります。そうしますと、270,395円×5年間=16,223,700円が必要になります。65歳から90歳までの25年間年金をもらうと計算しますと、39,455円×25年間=11,836,500円が足りない計算になります。

お金が必要で足りないお金の合計額は16,223,700+11,836,500=28,060,200円となります。やはり約3,000万円が必要ですね。今から老後のために貯金しましょう。そして、20代、30代、40代別に今からできる老後の資金を貯める方法を紹介したいと思います。

他の年月の統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020102
参照元:総務省 統計局(2015年11月 著者調べ)

平成25年4月から9月までの年金額は平成24年度と同額 |報道発表資料|厚生労働省
参照元:厚生労働省(2015年11月 著者調べ)



20代の方が老後困らないためには

20代の方はまだ老後まで時間があると思っていませんか?しかし、老後に必要な資金が約3,000万円必要となると、今からできることをしたいですよね。今の年齢が20歳だとしたら60歳までは40年間あります。

40年間で3,000万円を貯めようとすると、単純計算で一年に75万円を貯めると60歳までには3,000万円貯まる計算になります。月に換算すると62,500円が必要です。それでは20代のうちから老後の資金を貯めてお金に困らないようにする方法を紹介します。そして、20代のうちから老後の資金を貯めようと思うと余裕のある生活が送れますよね。早めに老後について考えたほうがいいと思います。

給料天引き

貯金の仕方がわからない方や、貰った給料を使いきってしまう方などは給料天引きがお勧めです。給料天引きは給料が手元に来る前に貯金に回してしまう方法です。今まで貯金ができなかった方でも給料天引きを利用することで確実に貯金をすることが可能になります。まずは、確実に貯金をするようにしましょう。

段々とお金が貯まっていくと楽しくなると思います。きちんと老後の資金を貯めましょう。

個人年金

個人年金は、銀行預金よりも利息が高く、所得税と住民税の控除制度があるのでお得です。しかし、年金を受け取る際に課税される場合があります。しかし、将来の老後のことを考えると個人年金は今から入っておいたほうがいいと感じました。

個人年金に加入し、給料天引きでお金を貯めていくと老後の資金が段々と貯まっていくと思います。今からできることをしたいですね。個人年金で上手に老後の資金を貯めていきましょう。

投資

投資は余裕資金で行いたいですが、余裕資金ができたら、投資を考えてみましょう。20代の方ですと、投資初心者の方が多いと思いますので、初心者の方に向いている投資方法を紹介したいと思います。

国債
国債とは国が発行している債権のことです。国が債権を発行して利子を支払う投資方法です。投資初心者には向いている投資方法だと思います。

投資信託
投資信託とは、株式投資などの投資をプロに任せて運用してもらう投資方法です。自分では運用しないので自信がない方や初心者の方に向いている投資方法だと思います。

外貨預金
外貨預金とは、日本よりも金利の高い国にお金を預け入れる投資方法です。高金利を目的とした投資方法です。しかし、気を付けなければいけないことがあります。それは、円高・円安に関係があるのです。

日本以外にお金を預け入れるわけですから、預け入れた時よりも円高になって引き出したら元本割れしてしまう恐れがあります。金利を目的とした投資が円高になって引き出すことで損をしてしまうので、きちんと円高・円安に注意をしてお金を引き出すことをお勧めします。

自分にあった投資方法で投資を行って資産を増やせるようにしましょう。上手に資産運用をしましょう。

自己投資

20代のうちに自己投資は惜しみなくしましょう。自己投資をすることで、今のお金の価値観よりも、より一層お金に対する考え方が変わると思います。

お金に対する考え方が変わるだけで、貯金や資産が増えることが可能になると思います。たくさんの本を読んだり、ネットでわからないことがあったら検索したり、お金持ちの方と会話をしたりするのも必要だと思います。考え方ひとつで貯金額が増えると思います。

そして、貯金が増えたらどのように運用していくのが一番いいのか、段々とわかってくると思います。自己投資はとても大切なことだと感じます。老後の資金を増やすためにも自己投資をしましょう。

30代の方が老後困らないためには

30代の方もまだ老後が先だと思っていて今何もやっていない人がいるのではないでしょうか?30歳だと仮定すると老後の60歳までは一年で100万円貯金をすれば3,000万円が貯まる計算になります。一カ月では約8万円貯金をすると大丈夫です。

それでは30代の方が老後に困らないためにはどうすればいいのでしょうか?30代でも十分若いので、今からできることを早くしておきたいですね。

投資

30代の方は20代の方の投資方法で紹介した投資に加え、もう一つレベルをアップした投資方法を紹介したいと思います。そして、余裕資金で投資を行ったほうがいいでしょう。

株式投資
株式投資とは、将来性のある会社の株を購入して、その株の価値が高くなるのを予想して投資をする方法です。そして、株式投資は配当金や株主優待がある会社もあるので、楽しみながら投資ができると思います。

しかし、自分でルールをきちんと決めて、損切りも利益確定も徹底しましょう。株式投資は土日を除いて、午前9時から午前11時30分までと午後12時30分から午後3時までが売買可能となっています。株式投資はある程度まとまったお金が必要になるので注意が必要です。

FX
FXとは正式名称は外国為替証拠金取引と言います。FXは為替を売買する投資方法です。FXでは株式投資と違い、まとまったお金がなくても投資可能です。しかし、FXをやる前にきちんと勉強をしなければいけないので注意が必要です。そしてFXは円高・円安に関係なく取引ができ土日を除いて24時間売買が可能なので、仕事から帰宅した後でも取引が可能になります。そしてFXでも自分のルールを決めて利益確定と損切りを徹底しましょう。

自分にあった投資方法で資産を運用したいですね。そして資産を上手に増やしていきたいですね。

節約

節約をして老後の貯金に回すお金を作りましょう。今まで無駄遣いしていませんでしたか?私がお勧めしたい節約術はクレジットカードを使った節約術です。クレジットカードも上手に使うと節約ができるのです。

クレジットカードでもいろいろなクレジットカードがありますよね。買い物をしたらその値段から1%引きになるクレジットカードもあります。そのようなお得なクレジットカードが存在します。そして、当然年会費は無料のクレジットカードを選びましょう。

そして、固定費をクレジットカード払いにするとお得になりますね。1%引きになるとその分お金が貯まりますよね。「1%しか」と思った方もいると思いますが、老後まで1%引きのクレジットカードを使っていると大きい金額になると思います。塵も積もれば山となるですね。

是非こういった節約方法も試してみて下さい。



40代の方が老後困らないためには

40代の方は60歳まであと20年間あります。20年間というと長いように感じますよね。しかし、お金は今から貯めないと老後が大変になってしまいます。単純計算をすると一年間で150万円の貯金が必要になります。月に換算すると125,000円が必要になります。月に125,000円を貯金するのは結構大変だと思います。

今から頑張って老後の資金を貯めましょう。それでは、今からできる貯金の方法を紹介したいと思います。

投資

20代や30代で紹介した投資方法も参考にしてみて下さい。そして40代にお勧めする投資方法は不動産投資です。40代の方だとある程度まとまったお金があると思うので不動産投資を紹介します。

不動産投資は不労所得だと思います。不労所得とは働かなくてもお金が入ってくる仕組みです。老後働けなくなった時にあると有り難いですよね。それでは、不動産投資について見てみましょう。

不動産投資とは、利益を目的として不動産を購入して家賃収入や購入した物件が高くなったら売り、利益を得る方法です。空室になるリスクも考慮して、ある程度勉強したほうがいいと思います。きちんとリスクも考慮し、不動産投資をして、賢く資産を運用したいですね。

今まで様々な投資方法を紹介しましたが、自分にあった投資方法で資産を運用したいですね。そして、分散投資もしたほうがいいと思います。一つの投資に全力を注ぐのではなく、様々な投資をして、リスクを分散したほうがいいと思います。

サクサク副業

副業をしたら月に125,000円を老後の資金に貯金できることが可能になると思います。時間が空いた時にサクサク副業ができたらいいですよね。副業をしたら貯金額も増えて老後も安心できますよね。しかし、仕事が終わってやっと休めると思っていてもまた仕事をすると考えると憂鬱になりますよね。

憂鬱な気持ちにならないために、自分ができる範囲で副業をしたいですね。そんな副業はあるのか?と思いますよね。紹介したいと思います。

時間が空いた時にサクサクできる副業は、ネットを使った仕事が一番効率がいいと思います。様々な案件のものが充実しているので、自分の好きな仕事が見つかる可能性が高いと思います。自分の空いた時間に仕事ができるので、疲れているときは休むこともできますよね。

効率よく副業ができるといいですね。そして、会社には副業が禁止されている会社もあるので、注意が必要だと思います。

まとめ:老後の資金は今から組み立てる

20代、30代、40代の方の老後、お金に困らないために今からできることを紹介しました。老後に必要な資金は約3,000万円ほど必要なことが明らかになりました。3,000万円はすぐに貯められない金額だと思います。ですので、若いうちに老後の資金を貯めるべきだと思います。

20代、30代、40代の方は給料天引きで確実に貯金をし、投資で資産運用をしてお金を増やす方法がいいと思います。そして、結婚をして子供が産まれるとお金もかかると思うので、貯金はあった方がいいですね。最終的には老後の資金をきちんと確保して、楽しい老後を迎えられると幸いです。

老後はお金に困ることなく幸せに暮らしたいですね。今からできることを行ってみましょう。少しずつ始めるだけでも違うと思います。老後は約3,000万円必要ということを頭に入れておきましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ※本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・