ケアハウス(軽費老人ホーム)とは?老後の住まいの選択肢

「老後の住まい」について考えたことはありますか?入居基準が60歳以上となっている福祉施設もありますから、そう遠くない将来「老後の住まい」について考えるときがくる可能性は誰にでもあり得ることですね。老後の住まいの選択肢、「ケアハウス」「都市型軽費老人ホーム」についてご紹介します。



老後の衰えに備えておくこと

食事作りがしんどくなるとき

誰でも「生活するための機能を低下させずに」年を重ねたいと思っています。でも、そうとばかり言っていられないことを、街中で沢山見かける福祉施設の送迎車を見ながら思うことがあることでしょう。

なんとか自立はできていても食事作りがしんどくなってきた、一人暮らしでは心もとない、そんな人が老後の住まいとして選択する一つに「ケアハウス」があります。

ケアハウスとは一体どんな住まいなのでしょうか?具体的にどのくらいの費用で、どんな立地でどんな暮らしができるのでしょうか?

ケアハウスの概要について、また具体的なケアハウスの例を通して「ケアハウスとはどんなところか」ご紹介しましょう。



ケアハウスとは?

老人福祉施設の一つ

ケアハウスは、「軽費老人ホーム」の一つです。軽費老人ホームというのは社会福祉法(及び老人福祉法)に基づく老人福祉施設の種類の一つとなっています。1990年に新設された施設で「軽費老人ホーム(C型)」と称されることもあります。

全室が個室、施設内はバリアフリーの構造で車イス使用の人にも対応しています。食事を提供することを主なサービスとしており、1日3食高齢者に適した献立を提供します。

軽費老人ホームには、国や自治体からの助成があります。法律にも「無料又は低額な料金で」と記載されており、実際に低額な料金で入所できる施設となっています。有料老人ホームよりも比較的安い料金でサービスが受けられるということです。

ケアハウス以外にも軽費老人ホームにはA型、B型があり、3つのタイプが存在していました。しかし平成20年に、従来あったA型、B型及びケアハウスの全てがケアハウスの基準に統一され、A型、B型の施設は建替えを行うまでの経過的軽費老人ホームとされました。そのため現在では「軽費老人ホーム」は、ほとんど「ケアハウスのこと」を指しています。A型B型においては、

軽費老人ホームA型:食堂が併設されていて食事の提供がある
軽費老人ホームB型:自炊が基本

という違いがあります。

養護老人ホーム・軽費老人ホームの今後のあり方も含めた社会福祉法人の新たな役割に関する調査研究事業
参照元:一般財団法人日本総合研究所(2015年11月時点、著者調べ)

2,000施設あります

ケアハウスの特徴として「高齢者が車いす生活となっても自立した生活が送れるように配慮した居室等の環境を有する施設」ということが言えるようです。

「無料又は低額な料金で、身体機能の低下等により自立した日常生活を営むことに不安があると認められ、家族による援助を受けることが困難な高齢者を入居させる施設。食事の提供、入浴等の準備、相談及び援助、社会生活上の便宜の供与その他の日常生活上必要な便宜を提供し、入居者が安心して生き生きと明るく生活できるようにすることを目指す施設」と定義されています。

「平成23 年社会福祉施設等調査」(厚生労働省)によれば、平成23年10月現在で軽費老人ホームは全国で2,001 施設(定員85,220 人)あり、79,648 人(入居率93.5%)が入居しているとのことです。

入居条件

入居できる人は、満60歳以上(夫婦の場合は、どちらかが60歳以上であれば入居可能)でなおかつ、独立した生活に不安があるか、自炊ができない程度の人です。施設によっては施設内にホームヘルプ事業所(訪問介護事業所)・特定施設入居者生活介護事業所が併設されていて、万が一介護が必要になった場合も安心して生活することもできるようです。

認知症を患うなど他の入居者との共同生活に支障が出る場合には、転居しなければならない場合もあります。

軽費老人ホームケアハウスゆうあい | 湘南遊愛会
参照元:湘南遊愛会2015年11月時点、著者調べ)

2つのタイプ

ケアハウスは、二種類あるようです。一般型ケアハウスと特定施設の基準を満たした介護型ケアハウスです。既存のケアハウスの約8割が一般型とのことです。

●一般型ケアハウス
・対象:主に自立している人
・年齢:原則60歳以上
・居室面積:21.6㎡以上
・居室設備:洗面所、トイレ、収納、ミニキッチン、緊急通報装置
・介護保険サービス:居宅サービス(ホームヘルパーやデイサービスなどを利用)
・サービス内容:食事提供(1日3食)、入浴サービス(隔日以上)、緊急時の対応、日常生活上の相談と世話、夜間は宿直職員が担当

スタッフは、介護サービスを提供しません。介護が必要な場合は在宅サービスの訪問ヘルパーを利用することになり、要介護度が重くなった場合や認知症になった場合には、退去することになります。食事は、1日3食食堂で食べることができます。

●介護型ケアハウス
・対象:主に要介護の人
・年齢:原則65歳以上
・居室面積:15.63㎡以上
・居室設備:洗面所、トイレ、収納、ミニキッチン、緊急通報装置
・介護保険サービス:特定施設入居者生活介護(ケアハウスの職員が24時間体制で直接介護を提供)
・サービス内容:入浴や排泄及び食事などの介護、機能訓練や療養上の世話、日常生活上の相談と世話、夜間体制は介護職員が担当

入居条件は、65歳以上の要支援1以上の人。ただし、地域密着型介護型ケアハウスの場合は、要介護1以上の人が入居条件になっています。入居費用は、一般型に比べて初期費用がかさみ、月額利用料にも介護サービスの自己負担分が加わります。

ケアハウスってどんな住まい?
参照元:シニアライフ情報センター(2015年11月時点、著者調べ)

都市型軽費老人ホームとは?

都市部限定の小規模ホーム

都市型軽費老人ホームは次のように定義されています。

定員20人以下の小規模な軽費老人ホームであって、原則として既成市街地等に設置され、かつ都道府県知事が地域の実情を勘案して指定する軽費老人ホーム。居室面積や職員配置基準など都市部の実情に合わせて要件を緩和している。

出典:

www.jri.or.jp
「都市部の状況に合わせた小規模ホーム」ということですね。

覚えている方もいることでしょう。平成21年3月に群馬県渋川市の未届け施設で火災があり、死者10 名という惨事になりました。犠牲者の多くは都内で生活保護を受けていた高齢者の方だったのです。これを契機に、大都市における低所得高齢者の問題が社会問題として取り上げられました。その結果、東京都が「都型ケアハウス」を提案、国に要請した結果平成22年に法律が改正され、従来の軽費老人ホームの基準を大きく緩和した「都市型軽費老人ホーム」が創設されたのです。

【対象地域】
●首都圏:東京23区、武蔵野市並びに三鷹市、横浜市、川崎市、川口市の特定の区域
●近畿圏:大阪市並びに京都市、守口市、布施市、堺市、神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市の特定の区域
●中部圏:名古屋市の特定の区域

大変な出来事がきっかけでしたが、速やかに法整備がされ、対応したことがわかりますね。

都市型軽費老人ホームとは?
参照元:東京都福祉保健局(2015年11月時点、著者調べ)

都市型軽費老人ホームの概要
参照元:鳥取県(2015年11月時点、著者調べ)



具体例

一般型のケアハウス(福岡県)

福岡県にあるケアハウス「ゆうあい」の例をご紹介しましょう。まずは利用料金です。居室のタイプと年収によって異なります。

【居室タイプ(専有面積):入居一時金(20年分)】

●Aタイプ(36.82m²、11.13坪):128万3900円
●Bタイプ(23.99m²、7.25坪):51万2000円
●Cタイプ(25.26m²、7.64坪):62万8000円
●Dタイプ(36.82m²、11.13坪):128万3900円

次に毎月かかる費用です。

●サービス提供に要する費用(人件費、施設運営費):10,000円~34,200円
※前年分の収入により決定
●生活費(食事代、共益費):46,090円
※11月から3月までは暖房費として月々2,120円が別途必要
●居住に要する費用(月額家賃)
・Bタイプ:14,100円~19,500円
・Cタイプ:17,100円~20,600円
・A・Dタイプ:27,500円~35,800円
※居室のタイプにより異なる
●個人使用料(電気代、水道代、電話代):10,000円~15,000円
※個室ごとにメーターあり

前年所得とサービス費用の関係は下記となります。

【前年所得:サービス費用】
・1,500,000円以下:10,000円
・1,500,000円以上1,600,000円以下:13,000円
・1,600,001円以上1,700,000円以下:16,000円
・1,700,001円以上1,800,000円以下:19,000円
・1,800,001円以上1,900,000円以下:22,000円
・1,900,001円以上2,000,000円以下:25,000円
・2,000,001円以上2,100,000円以下:30,000円
・2,100,001円以上:34,200円

モデルケースもありますので続けて紹介しましょう。
◆利用料金の例(一人暮らしだったA子さん(79歳、年収165万円)の場合)

・サービス提供に要する費用:A子さんは前年分の収入165万円のため16,000円
・生活費:46,090円
・居住に要する費用:Bタイプを選んだため16,000円
・電気・水道などの個人使用量は月によって異なりますが平均で10,000円位
【合計:88,090円】

安心して暮らせる月額費用ということがわかりますね。

暮らしぶりについてですが、家を所有したままでも入居できるようです。自宅と施設を行ったり来たりしながら生活している人もいるとのこと。夫婦で入居希望の場合、どちらか一方が年齢条件を満たしていれば大丈夫のようです。また、各々が入居条件を満たしていれば兄弟、親子で一緒に入居できるそうです。長期入院の際も退去する必要はなく、 事務費、管理費を納めればいつまでも入居可能です。

外出、外泊ができるのは当然で、個人のマンションと同じ感覚でいいそうです。そのため門限等もありません。管理上連絡は入れるようになっているそうです。 友達や家族の宿泊も可能、ゲストルームを用意することも可能のようです。ケアハウスを拠点に仕事へ行くことも可能です。

ご入居のしくみ|ご利用料金 ≪ケアハウス ゆうあい≫
参照元:ケアハウス ゆうあい(2015年11月時点、著者調べ)

介護型ケアハウス(大阪府)

介護型ケアハウスの例として、大阪府にある介護型ケアハウス「豊泉家住之江」をご紹介します。こちらは大阪市で初の介護型ケアハウスということです。コンセプトはあくまでも「家」とのこと。入居者50名のアットホームな雰囲気の中、それぞれが「自分らしく」充実した生活を謳歌しているそうです。

●介護について
要支援状態の軽度の人でも入居でき、認知症や介護が必要となっても生活環境を変えることなく長期に渡って住み続けられます。自由度の高い生活を大切にしており、外出や生活スタイルはこれまでの在宅生活を継続できるよう支援してくれるとのこと。

●住居について
完全個室に夫婦で入居できるコネクティングルームも完備。部屋にはミニキッチン、洗面、トイレ、シャワールーム、クローゼットがあり、ナースコール等の装置も設置してあるそうです。各フロアにコーナーリビングを有しており、入居者同士が集える場所も確保。自由に利用できるカフェや明るいダイニングが2階にあり、読書や趣味などの時間にも活用可能。

●食事について
栄養士が栄養バランスを考えた季節感を味わえる食事を提供。2階のダイニングで朝食は7時30分から8時30分、昼食は12時から13時、夕食は17時30分から18時30分の間で好きな時間に食べることが可能。

●医療について
月4回、近隣のクリニックによる往診があり日々の健康管理や年1回の健康診断を実施。慣れ親しんだクリニックを引き続き受診することも可能。

●コミュニティについて
NPO法人と連携して、日々のアクティビティや春・秋のお祭りや外出、月1回のエンターテイメントとして演奏会や落語の会などのサービスもあります。年に数回近隣の幼稚園から園児が来訪、地域との交流もあります。

気になるのは費用ですね。ご紹介しましょう。

●入居に必要な費用
・保証金 30万円(退去時全額返金)
・H.C.C(※)入会金 324,000円(入会時一括払い)
・TLP料 324,000円
●居住に要する費用前払い 1,838,400円(5年分60ヶ月×30,640円)

※豊泉家コミュニティークラブ(H.C.C):娯楽、健康、リース、レンタル

●月額利用料 116,980円~
【内訳】
・賃料 0円~4万2299円
※0円は、居住に要する費用前払いの場合
※分割の場合は、月額43,520円と金利(3,520円)を負担。
・食費 1万8190円(特別な食費)
・管理・運営費(施設維持費、事務費、間接部門人件費等の費用) 4万4810円
・介護上乗せ金 (生活サービス費)1万円
※10,000円~52,299円:入居者の申請により『対象収入』に応じた助成が受けられます
・水道光熱費 (居室部分):実費
・介護保険負担額(要介護1:6,280円~要介護5:26,850円/月)
・個別負担額:居室内レンタル品、消耗品、その他個別マッサージ、リハビリ、理美容、医療、娯楽費等

やはり一般型に比べて負担が増えるようですね。

介護型ケアハウス住之江 高齢福祉事業|豊泉家 社会福祉法人福祥福祉会
参照元:社会福祉法人福祥福祉会(2015年11月時点、著者調べ)

都市型軽費老人ホーム(東京都)

東京都渋谷区にある広尾グリーンハウスの例をご紹介しましょう。

●利用条件(すべてに該当すること)
・渋谷区に2年以上居住している人
・年齢が60歳以上の人
・独立して生活するには不安がある、または自炊が難しくなっている人で日常生活が維持できる人。
・家族による援助を受けることが困難な人
・生活費を賄う所得等があり、利用料を継続的に支払うことが可能な人

●暮らし方
・住まいと食事、入浴設備の提供や相談・助言等の援助、緊急時の対応、居宅サービスの利用への協力、余暇活動への支援等が行われます。
・入居後も介護保険の居宅サービスを受けることができます。
・東京メトロ日比谷線広尾駅徒歩5分と便利な立地です。

●利用料
・居住費:47,000円
・生活費:44,810円
・水道光熱費:5,000円
【小計:96,810円】
・サービス提供費(所得階層により費用が別途かかります)

●保証金
利用開始時に利用料2ヶ月分

都市に住んでいた人が、便利な立地の慣れた土地にそのまま住めるということですね。

当施設を利用されるには | 都市型軽費老人ホーム 広尾グリーンハウス
参照元:広尾グリーンハウス(2015年11月時点、著者調べ)

自ら考える「時間の過ごし方」

シニアライフ通信で紹介されていたケアハウス利用者の体験談をご紹介しましょう。

自宅でのご主人の介護に限界を感じ、ケアハウスにお世話になればすべて安心と思って入居した女性の話です。ケアハウスへの入居後、食事作りの手間から解放され、さらにお風呂掃除などからも解放され、時間を持て余すようになったそうです。

そこで、ケアハウス近くにある介護施設のボランティアに参加しました。入居者の衣服のボタンつけなど繕い物をするひとがいないという事を知り、ケアハウス内で繕い物サークルを立ち上げ、10人位で定期的に活動するボランティアクラブになっているそうです。

地域のサークルやカルチャーセンター、ボランティアに参加するなど、積極的に外出して施設以外での人間関係を築くことも大事と言えそうです。

施設ばかりに求めるのではなく主体性をもって動くことが「生き甲斐」につながるようですね。このことはケアハウスに限らず共同生活をするどこのホームでも同じです。

与えられた環境や提供されるサービスに不満を言う「お客様気分」ではなく、自分で工夫して解決する「自分の人生」だという意識を持つことが必要ですね。

老後の選択

いかがでしたか?老後の住まいの選択の一つとして「ケアハウス」を、そして都市部での選択の一つとして「都市型軽費老人ホーム」をご紹介しました。あちこち見て回るのが大変になる前に、どのような「老後の住まい」が良いのか、見学しておくことも大事と言えます。

「老後の住まい」について考える際に、今回の知識を活かしてみてはいかがでしょうか。

*本記事は一般的な情報に過ぎず、適用法令等の改正、前提事実や個人状況の違いおよび変化によって、掲載内容と実際の結果が異なってしまう可能性があります。従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。