結婚したら生活費はどれくらい?知って得する新生活情報!

結婚したら、独身時代と変わるのがお金の管理です。お金はデリケートな問題ですが、安心して新生活がスタート出来るように生活費のシュミレーションは必要です。収支のバランスが取れるように結婚してからの生活費の相場と、収入に対する生活費の割合についてまとめました。毎月の生活費以外にも準備しておかないといけない経費もあります。



共働き世帯の生活費

新生活をスタートする前が大切

最近は女性の社会進出が進んできているので、結婚をしてもそのまま仕事を続けることを希望する人も増えてきているようです。子供が出来るまでは仕事を続けたいというケースや、仕事にやりがいを感じていて社会で活躍していきたい人もいます。

結婚をして夫婦になり一緒に生活をする為には、生活費については一度話し合わなければならない課題です。お金の話はデリケートな部分ですが、将来を共に過ごす為には新生活をスタートする前にきちんと話し合うことが大切です。

夫婦のどちらも正社員で働いている場合は、お互いに安定した収入があって金銭的に余裕がある為に、結婚して生活費をどうするべきかピンとこないことがあるようです。しかし、収入がある時こそ将来の為の取り決めをしっかりしておくことがお勧めです。それは、夫婦のどちらかが仕事を辞めた時に急に収入が減ってしまい収支のバランスがとれなくなってしまいます。収入が減ってから生活を見直そうと思っても、生活費の実情が把握出来ていないと難しいので、結婚生活をスタートする前に家計について話し合っておくことが必要だと思います。

生活費の振り分けは?

お互いに収入がある場合、生活費を折半するか男性がすべて生活費を出して女性の収入を貯蓄とレジャー費にするなど、夫婦で取り決めをする選択肢が何パターンもあるようです。

まず結婚して新生活を始めた場合、必要になる生活費はどのような項目があるか挙げると話がスムーズに出来ると思います。

生活費の内訳(金額は目安)
・家賃・住宅ローン・・・7.5万円
・食費・・・3万円
・光熱費・・・1万円
・上下水道費・・・5千円
・通信費・・・1.5万円
・各種保険費用・・・2万円
・車維持費(ガソリン代)・・・1万円
・雑費・交際費・・・2万円
・医療費・・・1万円

 合計・・・19.5万円

共働きの世帯では、食費や交際費が目安の金額よりも高くなるようですが、収入の範囲の中であれば問題ないと思います。生活費の内訳の中で大きなウエイトを占めているのが、家賃と食費と各種保険費用なので、ウエイトの大きい項目を男性で残りを女性にするのも1つの方法です。また、自動引き落としで給料の入る口座で手続きできる、家賃、光熱費、上下水道費、通信費、各種保険費用を男性にして、現金で支払う項目を女性にしても、仕事を辞めて家庭に入った時に、引き落とし口座の変更の手間が必要なくなると思います。

理想の振り分け方や正解がない課題です。共働きの新婚という同じ条件でも、収入と支出は家庭によって違うので二人でルールを決めることが必要です。

統計局ホームページ/家計調査の概要,結果等
参照元:統計局(2015年12月時点、著者調べ)



1人の収入で生活する場合

収入に対する割合について

結婚を機に仕事を辞めて家庭に入るケースや、今は仕事をしていても辞めるかもしれない為に最初から主人の収入で生活をするという場合もあります。1人の収入で生活する場合は、生活費が足らない月が出ないように収支のバランスを考えてから生活を始める必要があると個人的には思います。

生活費の内訳それぞれが収入の何割が相場かを知っていると、収入に見合った家賃の家や住宅ローンを検討することが出来ます。新生活を夢みて理想を追求しても、収入に見合った家賃の支出でないと、生活を圧迫することになります。

収入に対する生活費の割合
・住居費・・・25%
・食費・・・15%
・光熱費・・・5%
・上下水道費・・・3%
・通信費・・・6%
・各種保険料・・・4%
・雑費・交際費・・10%
・車維持費・・・5%
・貯蓄・・・20%
・小遣い・その他・・・7%

毎月の収入が平均で30万円の場合であれば、住宅費は30万円×25%になるので、7.5万円以内で検討すると安定した生活が出来るようです。食費や光熱費は生活を始めてみないと実際にいくら必要か解らない項目ですが、目安の金額よりも大幅に支出していたら、家計を見直す必要があるかもしれません。

収入が少なくても大丈夫?

1人での収入で新婚生活の生活費をやりくりする場合不安なのが、収入が支出の相場よりも少ない場合だと思います。結婚してからの生活費の相場は19万円~21万円ですが、ボーナスを入れないで毎月の手取りが相場よりも低い19万円以下のケースがあります。

対策として、Wワークで収入を増やすか、夫婦で働いて収入を増やすなど家計にあてる世帯収入を増やすことが1つです。今の収入のままで生活を検討する場合は収入に見合った収支のバランスをしっかり見直す必要があります。頑張って食費を減らす、といった曖昧な目標ではなく、固定される支出を減らす必要があります。

収入の手取りが15万円であれば、住居費は4万円前後で検討することがお勧めです。妥協出来るポイントを見つければ毎月安心して生活出来ます。通勤に車使っている場合であれば軽自動車やバイクに買い替えて維持費を抑えるのも対策です。夫婦二人のうちは固定電話の契約をしないで通信機を携帯だけにすると通信費が減らせます。保険料の見直しをしてみるのも節約につながるかもしれません。

結婚後に気になる夫の小遣い

夫の小遣いの相場は?

結婚して新生活を始める場合、独身時代と大きく変わるのはお金の管理です。独身の場合であれば、自分の収入を自由に使っても良いですが、家庭を持つとそういうわけにはいきません。独身であれば、旅行に行って欲しいものを買って自由に楽しんだ後、給料日までピンチで毎日もやしでも良いですが、結婚すると、お互いに生活を守る心構えが必要です。

お金の管理をすると、必然的に自由に使えるお金が決まってきます。気になる夫の小遣いの平均額は36,909円という報告があります。小遣いの内訳の中に昼食代を含むか含まないかで金額は前後しますが、収入に見合った小遣いの額は事前に相談して決めておかないといけない項目です。

小遣いを減らす場合は、昼食のお弁当と水筒は必ず準備して、小遣いの中での出費を少なく出来るようにしてあげる努力は必要です。毎日缶コーヒーを買うのが日課の人であれば、マイボトルに毎日コーヒーを入れて持たせてあげたり、食費の中で安い缶コーヒーをまとめ買いして持たせてあげたりするのも小遣いの出費を抑える方法だと思います。

歩み寄りがないままで小遣いだけを減らすのでは少々可哀想ですよね。夫婦間でのトラブル発生の要因にもなりかねません。

【プレスリリース】「夫のお小遣い額の平均は36,909円!前回調査より1,223円増!30代以下では増加傾向も、40代以降は現状維持が9割!〜夫のお小遣い実態調査〜」 | リテールサポート・フィールドリサーチ・店頭調査ならソフトブレーン・フィールド
参照元:ソフトブレーン・フィールド株式会社(2015年12月時点、著者調べ)

小遣いって必要?

社会に出て働いている大人がお金を全く持たないということは出来ませんが、小遣い制にするかしないかは生活を始める前に二人でルールを決めて良いと思います。小遣い制にしている家庭のほうが多い傾向がありますが、生活費と貯蓄の残りを夫が自由に使って良いお金としているケースもあるようです。

収支のバランスをシュミレーションしてみて、生活費の残りが1万円以下になるようであれば、いくら残りは自由に使って良いとしていても、急な出張や付き合いに対応出来なくなり社会での立場も悪くなってしまいます。生活費の内訳に、夫の小遣いの項目を入れてシュミレーションし直して、小遣いとして3万円は確保するようにすると良いと思います。

逆に生活費の残りが10万円となると、10万円を自由に使うのではなく生活費の内訳において、貯金の割合を増やすことがお勧めです。夫の小遣いの相場より多い5万円を自由に使ってよいお金とするか、小遣いとして渡すかは、二人でルールを作ると良いと思います。

結婚して生活をしてみないと小遣いがどれくらい必要かは予測できないものです。独身の時と同じ使い方は出来ないとしても、昼食代や飲み物代がいらなくなると独身時代に自由に使っていた金額よりも少なくて済むかもしれません。何か月か生活をしてみてから、再度見直しをしてみても良いのではないでしょうか。

景気が悪くなると夫の小遣いが削られるという現状が報道されることがありますが、結婚した時に小遣い制に決めた時に設定した金額よりも、将来減らさないで済むように二人で頑張って生活していくことは、将来の目標にもなると思います。



毎月の生活費以外の出費

住宅費について

毎月の生活費の中で住宅費のウエイトは大きいですが、住宅費は毎月の支払だけではありません。結婚してからの生活費の内訳について、毎月の支払のシュミレーションが出来たら、次は年に一度の支払いがある項目について知っておくことがお勧めです。

住宅費は毎月の支払だけではありません。1戸建の住宅を購入した場合は、毎月は住宅ローンの支払いになりますが、別途に固定資産税の支払いが必要になります。マンションを購入した場合も、毎月のローンの支払いとは別に固定資産税が課税されます。更にマンションの管理費が別途必要なケースがあります。賃貸契約の住居の場合は、住居によって違いますが管理費が必要なケースや規定によって更新料が必要な場合があるようです。

別途支払いが必要な住居費については、貯蓄の中から出すか、ボーナスから出すなど決めておくことがお勧めです。毎月の生活が成り立っていても、別途支払いが発生した時に支払えなくなっては収支のバランスがとれていないことになってしまいます。

予測できない予定外の出費が出てくることもありますが、住宅費の別途支払いは、事前にシュミレーション出来る予算です。生活を始める前にシュミレーションしておくと安心だと思います。

東京都主税局<税目別メニュー><固定資産税(土地・家屋)・都市計画税>
参照元:東京都主税局(2015年12月時点、著者調べ

車の維持費

生活費の中で忘れてはいけないのが車の維持費です。毎月の生活費内訳の中で車の維持費を入れていても、それはガソリン代やオイル交換代などの消耗品や駐車場代などの経費です。車の維持費の中には修理代やその他の消耗品など予測できない予算もありますが、必ず支払義務が発生するのが、自動車税と車検です。

自動車税は普通自動車と軽自動車では管轄も支払額も違ってきます。また、車検も消耗品の交換や整備内容で価格は変わってきますが、大きな出費になります。

税金と車検費用の概算を出して、貯蓄やボーナスから支出するのが難しい場合は、車検費用をカードで分割払いにして毎月の車維持費の内訳に入れてシュミレーションし直してみるのもお勧めです。普通自動車の維持が難しい場合は軽自動車に乗り換えて維持費を安くする方法もあります。

税金や車検は支払いが発生する時期は事前に解っているので、逆算して毎月貯金して予算を確保するのもお勧めです。結婚して生活費を考える時に、支払い義務がある大きな出費についても考えておくことは必要です。支払が発生してからお金を工面するのではなく、事前に準備できることはやっておくことも、新生活を安心してスタートさせるポイントだと思います。

自動車税の額(早見表):自動車税info
参照元:自動車税info(2015年12月時点、著者調べ)

車検費用を計算 | 平成27年5月1日の税改正にも対応済
参照元:車検と車の手続きセンター(2015年12月時点、著者調べ)

まとめ

結婚するということは、愛する人と一生一緒に過ごせる幸せなことですが、お互いが責任を持って生活をしていかないといけません。独身時代との大きな違いは、お金の管理が必要になることです。1人で生活しているときは、給料日までにお金を全部使ってしまっても、1人でピンチを乗り越えれば良いですが、家庭をもつとそういう訳にはいきません。

お金の話はデリケートなことですが、家族になるからこそ安定した生活を送る為に新生活を始める前にシュミレーションしておかないといけません。

毎月の収入と支出の相場から、生活費の内訳の項目に対する割合が予測できます。負担を少なくするためにも収支のバランスがとれた支出計画をたてることがお勧めです。理想や希望もありますが、決まった収入の中で出来る範囲で妥協することも必要だと思います。

結婚してからの生活費は、毎月の収支だけではなく、年間で検討しないといけない項目があります。予測できない出費もありますが、支払いが必要な項目が事前にわかっているものついては、予算の中に入れて準備しておくと安心だと思います。